セレナ グレード 違い。 スズキ ランディとセレナの違いは?価格・値引き・燃費など徹底比較

セレナC26前期・後期の違い|中古車選びで失敗しないために

セレナ グレード 違い

価格差は結構あるんだね!! 走行性能や先進性、燃費の差とe-POWERが優れている点は多いです。 まあ色々な理由はありますが・・やっぱり・・• 新型セレナに乗るんだったら、e-POWERに乗りたいじゃないか!! これが一番のポイントでしょう!!だって電気で動くんですよ(笑)。 おすすめグレードはe-POWERから選んでいきたいと思います。 インテリジェントキーをバッグやポケットに入れたまま、スライドドアの下に足先を入れて引くだけで、ドアが自動でオープンまたはクローズします。 画像で分かるように、日常シーンでよくある場面って方も多いのでは!?価格差を考え得てもハンズフリーオートスライドドアは欲しいですね。 そして乗り心地を大幅に改善してくれるハイウェイスター専用サスペンション。 口コミでも評価が高いサスペンションなので。。 【ハイウェイスターG】VS【ハイウェイ スター V】の違いはプレミアムインテリアなど高級感 そして最後に残ったのが、最上級グレード【ハイウェイスターG】との比較です。 プレミアムインテリア• インテリジェントルームミラー• 16インチアルミホイール• プラズマクラスターエアコン ですね。 一言でまとめれば、高級感がぐんっとUPしているよって事。 価格を考慮して、おすすめグレードを決定していきましょう! 新型セレナの【本命】おすすめグレードはe-POWER【ハイウェイ スター V】で決定です!! 絶対に後悔しないおすすめグレードとして選んだのは・・• e-POWERハイウェイスター V• 3,435,480円 スポンサーリンク まとめ 人気グレードもやはりe-POWERハイウェイスター V 新型セレナのおすすめグレードを決定していきました。 まとめると・・• 本命はe-POWERハイウェイスター V• コスパ重視ならハイウェイスターV• セレナらしさが重要なポイント といった結果に。 絶対に後悔しないおすすめグレードを選べたと思っています。 せっかくセレナを選ぶなら、セレナらしさをしっかりと体感できるグレードを選びたいですね。 是非試乗いく際は、今回の記事を参考にしてくださいね!! VIVAミニバン!!• おすすめグレードはe-POWERハイウェイスターV!ガソリン車なら•

次の

【日産新型セレナvsスズキ新型ランディ】OEMで違いは?装備まで徹底比較

セレナ グレード 違い

今、ミニバン界の中で最も人気があるのはセレナではないでしょうか。 ラインナップにe-Powerが加わり、ハイパーエコドライブがミニバンでも可能となっただけではなく、9月のマイナーチェンジで基本装備が強化されました。 発展が目覚しいですよね。 トヨタではノア・エスクァイア・ヴォクシーのミニバン御三家に分散していますが、それらの差がいまいち分かりにくい。 更にその中でグレードが分散しています。 トヨタの中でミニバンを選ぶのはなかなか苦労するのではないでしょうか。 その点、日産のミニバンはセレナしか存在しませんから、悩むのはグレード選びだけで良いのです。 それでもいろいろなグレードがあって、検討が必要ではあるのですが・・・。 今回は、ベースグレードと、スタイリッシュで精悍な外観がカッコいいハイウェイスターを比較・検討していきたいと思います。 セレナのベースグレードって? まずセレナのグレードにはS・X・G・ハイウェイスター・ハイウェイスター G があります。 以下、日産HPの主要装備一覧から、重要そうな装備を列挙して比較してみました。 セレナ S• ハロゲンヘッドランプ• ハイビームアシスト• インテリジェントオートライト• アドバンスドドライブアシストディスプレイ• VDC(横滑り防止装置)• ヒルスタートアシスト• インテリジェントエマージェンシーブレーキ 必要最低限、といった感じでしょうか。 どれも近年の車には必ずと言っていいほどついている機能ですよね。 ただ一つだけ特徴的なのは、アドバンスドドライブアシストディスプレイでしょうか。 タコメーターや車輌情報、時計等が表示されるディスプレイです。 これだけですとありきたりの機能ですが、その真価はオプションを付けた場合に発揮されるのです。 そのオプションとは標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)です。 認識した際に警告やアラート音でお知らせしてくれます。 警告がアドバンスドドライブアシストディスプレイに表示されるということです。 安全性への社会的配慮が伺えますね。 セレナ X セレナ S がハイブリッドになったもの、と考えていただければOKです。 装備に関しては大きな違いはありません。 アイドリングストップが追加になったくらいでしょうか。 セレナ G セレナ X に対して、• LEDヘッドランプ• 革巻きステアリング• 両側のワンタッチオートスライドドア• プラズマクラスター• 専用アルミ 等が追加となったものです。 LEDヘッドランプはハロゲンと比べて非常に明るく、HIDと比べて最大光量に至るまでの時間が早いことが特徴です。 また消費電力が少ないので、バッテリーにも優しいのです。 はっきり言ってハロゲンは時代遅れです。 あまりに暗く、夜道では大変危険です。 特に年をとり、視力や視野角が狭くなってくると尚更その重要性をひしひしと感じます。 ちなみに S にはオプション設定がありますが、X には設定がありません。 何故そこで標準にしなかったのか、実にややこしいですね・・・。 セレナ ハイウェイスター 意外かもしれませんが、X の 外装・インテリア変更版であるのみです。 その分、全長・全幅がそれぞれ80mm・50mm伸びています。 ではハイウェイスター Gは? そうです、G の 外装・インテリア変更版です。 但し何故かハイウェイスター G には4WDの設定がありません。 つまりハイウェイスターは見た目にこだわる人向けの車ということです。 セレナ と セレナ ハイウェイスターの値引きは? 引用元:日産HP 性能や外観は大事なんですが、一番気になるのはお値段ですよね。 みなさんはディーラーでどれくらいの値引きをされているのでしょうか。 口コミを集めてみました。 セレナ X の値引き額 30万〜40万 セレナ ハイウェイスター の値引き額 40万〜60万 もちろん時期にもよるとは思うのですが、かなり引いているなという印象です。 ところで車を買うなら月末に行けって話を聞いたことがありませんか? ノルマを達成するのに必死な営業マンを捕まえて限界値引きさようって魂胆なんだと思います。 実はその話、ホントですが事実として足りない部分があります。 月末になって台数を確保したいから限界値引きして売るという話はホントです。 ただ、月末最終日に訪れても意味はありません。 これは正規ディーラー・代理店に限った話とお考えください。 彼らの成績は「受注数」というよりは「登録数」で管理されています。 登録というのは車検証情報をお客様名義に変えることを言います。 会社全体で何台登録できたかで、国内・世界でのランキングを争っているのです。 さて、登録の為には陸運局に行かなければなりません。 陸運局の営業時間は平日の16:00までと決まっています。 また登録の前段階として車庫証明を用意しておかなければなりません。 東京ですと早いところでは中1日で交付されますが、大体中2日くらいはかかることがほとんどです。 つまり、月末最終日に商談が入ったところで月内の登録は不可能ですから、営業マンは必死に売ろうとはしません。 もちろん次月の受注残案件として繰り越せるのですが、当月登録前提の追い込み時期になって始めて限界値引きが許されることが多いのです。 ですから狙い目は月末かつ平日の中3日程を残した日ということになります。 プラス、決算が近づいていると尚更拍車がかかります。 つまり、2019年3月26日が最も値引きを期待できる日となります。 しかしこれは国産正規ディーラーに限った話です。 輸入車正規ディーラーの決算月は12月です。 輸入車の大幅値引きを引き出す場合はクリスマスくらいのシーズンが適当でしょう。 また、中古車に関しては値引きはあまり期待できません。 一物一価で個体ごとに仕入れ値や加修費(仕入れてから店頭に並べるまでにかかった修理費)が異なり、中古車市場もまた超流動的で1週間後に平均売値が30万以上下がることも多々あり、利益を考えると値引きの余地すら残らないことがほとんどだからです。 もし「値引き」を重視するなら、選択肢は新車しかありません。 セレナとハイウェイスター、どちらを買うべきか? 以上比較してきた通り、セレナ X とハイウェイスターには外観や内装の違いしか無いことがわかりました。 つまり、ノーマルを求めるならセレナ、見た目の違いを求めるならハイウェイスター。 というありきたりな結果に帰結します。 通常、ゴテゴテとしたパーツが追加されるとその分車重が重くなり、燃費に悪影響を及ぼすのですが、ハイウェイスターの場合は追加ではなくデザインが異なるのみのようですね。 燃費に影響するほどのデザイン変更ではないようです。 どちらも安全性能に差はありませんので、ご家族とよく相談して決めると良いでしょう。 実際乗ってしまえば運転者から外観が見えることは無いわけで、 個人的にはノーマルグレードで良いと考えています。 その差分を旅行資金の頭金にすれば、家族はより喜んでくれますから。 以上、ご購入のご参考となれば幸いです。

次の

新型セレナのグレード比較!違いは?価格(値段)は?人気やおすすめはコレ!

セレナ グレード 違い

グレード 特徴 B 通常カタログには未掲載の法人向け最廉価グレード S 一般消費者向けの一番安いベースグレード X 価格と装備のバランスが取れた標準グレード X Vセレクション Xをベースに人気オプションを標準装備とした特別仕様車 G ノーマルシリーズの最上級グレード ハイウェイスター ノーマルシリーズにエアロパーツ等を加え、外観や内装が豪華になったシリーズ「ハイウェイスター」のベースグレード ハイウェイスター Vセレクション ハイウェイスターをベースに人気オプションを標準装備とした特別仕様車 ハイウェイスターG ハイウェイスターの最上級グレード B、S以外は2WDと4WDを選択できる ベースグレード「S」は、FFの2WDのみとなっていますが、それ以外のグレードは2WDか4WDか選択できます。 2WDと4WDの価格差はグレードによっても違いますが約24~29万円となかなか大きいです。 これは4WDになると、オートデュアルエアコン、寒冷地仕様が標準装備になるなど、駆動の違いだけでなく、装備も充実するからです。 自動運転「プロパイロット」はグレード別メーカーオプション 新型セレナには日産の最新技術がふんだんに搭載されています。 そのひとつ「プロパイロット」は高速道路での渋滞時や高速巡航時のアクセル・ブレーキ・ステアリングを自動で制御してくれる自動運転技術です。 プロパイロット目当てでセレナの購入を検討している方も多いと思いますが、プロパイロットはメーカーオプション(セーフティパックB:243,000円)となっており、さらにオプション設定できるグレードは特別仕様車の「X Vセレクション」と、最上級グレードの「G」のみとなっており、「B」「S」「X」には装備できないので注意しましょう。 B・S以外はスマートハイブリッドが標準装備 セレナに初めて搭載された日産の新しいハイブリッドシステム「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」は「B」「S」以外の全グレードに標準装備となっています。 プリウスなどの本格的なハイブリッドシステムではないため劇的に燃費が良くなるというわけではありませんが、ハイブリッドシステムがエンジンルームにコンパクトに収まるため、ハイブリッドカーの懸念である車内空間の狭さを克服しています。 ただし、GやX Vセレクションは重たくなるため一番燃費が良いのはXとなっています。 グレード 燃費(JC08モード) FF(2WD) 4WD B 15. ただし、アズライトブルー、ブリリアントシルバー、シャイニングブルーの3色以外だと、43,200円~86,400円の追加となります。 ただし、プレミアムインテリアはメーカーオプション54,000円となり、X Vセレクション、Gのみで選択可能です。 踏み間違い衝突防止アシスト• インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)• 進入禁止標識検知• インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)• インテリジェント DA(ふらつき警報)• ヒーター付ドアミラー• 踏み間違い衝突防止アシスト• インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)• 進入禁止標識検知• インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)• インテリジェント DA(ふらつき警報)• インテリジェント ルームミラー• 電動パーキングブレーキ• オートブレーキホールド• プロパイロット• インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)• ヒーター付ドアミラー• 踏み間違い衝突防止アシスト• 進入禁止標識検知• インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)• インテリジェント DA(ふらつき警報)• 下記から順番にグレードを絞り込んでいきます。 ハイウェイスターの選択肢は「ハイウェイスター Vセレクション」のみ ハイウェイスターは、ベースグレードの「ハイウェイスター」、特別仕様車の「ハイウェイスター Vセレクション」、最上位グレードの「ハイウェイスターG」の3つとなっていますが、実質的な選択肢は「ハイウェイスター Vセレクション」のみとなります。 まずベースグレードの「ハイウェイスター」とノーマルシリーズの「X Vセレクション」の価格差は4320円とほぼ同価格となっています。 ですが、装備内容を見てみると、X Vセレクションに軍配が上がります。 よっぽど ハイウェイスターの外観が気に入ったなら別ですが、そうでもないならX Vセレクションを選んだ方がコスパが良いです。 「G」を選ぶメリットはない 新型セレナの発売当初は最上位グレードとして人気だった「G」ですが、2017年5月24日に特別仕様車「X Vセレクション」が発売されてからは、存在意義を失っています。 というのも、「X Vセレクション」には、セレナの多くの人気オプションが標準装備され、メーカーオプションで追加できる装備も多彩です。 「G」にあって、「X Vセレクション」にはない装備といえば、「LEDヘッドライト」と「エアコンのプラズマクラスター」の2つくらいです。 それなのに、「G」の価格が2,847,960円、「X Vセレクション」の価格が2,674,080円と、「X Vセレクション」の方が173,880円も安いです。 「LEDヘッドライト」も「X Vセレクション」にはメーカーオプション64,800円で追加可能です。 以上のように、「G」を選ぶメリットはありませんので、 実質的な選択肢は「S」「X」「X Vセレクション」「ハイウェイスター Vセレクション」の4つとなります。 プロパイロットをつけるなら「X Vセレクション」か「ハイウェイスター Vセレクション」の2択 高速道路での運転が格段に楽になる自動運転支援技術「プロパイロット」は、多数の安全装備がパッケージングされたメーカーオプション「セーフティパックB(243,000円)」として、「X Vセレクション」「G」「ハイウェイスター Vセレクション」「ハイウェイスターG」にのみ追加可能です。 上記で書いたように「G」「ハイウェイスターG」は選択肢から外れるため、 プロパイロットが欲しいなら「X Vセレクション」「ハイウェイスター Vセレクション」の2択となります。 「S」と「X」の違いはスマートハイブリッドの有無のみではない 極力、コストを重視したグレード選びをするなら、「S」か「X」が選択肢になりますが、「S」と「X」の違いはスマートハイブリッドの有無のみではないので注意が必要です。 グレードの並びや価格差(Xの方が54,000円高い)から、一見「X」の方が「S」よりも装備が充実しているように思い込みがちですが、実は 「X」にはスマートシンプルハイブリッドがついているものの、その他の装備で見ると「S」の方が充実しています。 2kmの燃費向上を取るか、81,000円相当のワンタッチオートスライドドア(助手席側)等が標準装備となっている「S」に、その他の必要な機能をメーカーオプションで追加するか、といったところです。 「X Vセレクション」か「ハイウェイスター Vセレクション」かどっちを選ぶ? ハイウェイスターには専用のフロントグリルやエアロパーツ等が装備され、ノーマルシリーズとの違いは主に外観ですが、ひとつ大きな装備の違いがあります。 それは 「ハンズフリーオートスライドア」です。 ハンズフリーオートスライドドアは、子どもを抱っこしていたり、荷物をたくさん持っていたりして両手が塞がっているときに、キーを取り出したり、ドアを操作することなく、足をスライドドアの下に入れて引くだけでスライドドアの開閉ができる便利機能です。 ノーマルシリーズの場合、最上級グレードの「G」でもメーカーオプションで選ぶこともできず、 「ハンズフリーオートスライドア」が欲しい場合は、ハイウェイスターを選ばないといけません。 ですので、 ハンズフリーオートスライドドアが欲しいなら「ハイウェイスター Vセレクション」、不要なら「X Vセレクション」を選ぶという考え方でOKです。 もっと詳しくノーマルシリーズとハイウェイスターの違いについて知りたい場合は、下記記事をご覧ください。 [セレナ ノーマルとハイウェイスターの違い(作成中)] 2WDか4WDかどっちを選ぶ? 北海道や東北など雪国に住んでいるなら寒冷地仕様も標準装備として付いてくる4WDのみとなるでしょうが、「雪国に住んでいるわけではないけど、たまにスキーやスノボなどウィンタースポーツにも行ったりしてたまには雪道やオフロードなんかも運転するかも?」というような場合、2WDと4WDのどっちを選ぶべきかは迷うところですね。 とはいえ、2WDと4WDの価格差はグレードによっても違いますが約24~29万円となかなか大きいので慎重に選びたいところです。 これについては別ページで詳しく解説しています。 メーカーオプションは、踏み間違い防止アシストやアラウンドビューモニターなど安全装備がセットになった「セーフティパックC」と、スーパーUVカットやサードシートスライドなど車内環境を良くする装備がパックになった「快適パック」を付けました。

次の