古代 兵器 プルトン。 【プルトン考察】マクシムは伏線!古代兵器プルトンの正体”月へ帰る宇宙船”とインペルダウン

ワンピースの古代兵器プルトン・ポセイドン・ウラヌスの正体とは?

古代 兵器 プルトン

目次(クリックできます)• 古代兵器とは?何個あってどんなもの? ポーネグリフにも記されている古代兵器。 古代兵器と呼ばれるものは現在3種類で、 プルトン、ポセイドン、ウラヌスと呼ばれています。 単行本66巻第650話でも、リュウグウ王国国王・ネプチューンが神の名を持つこの3つの古代兵器について、世界を滅ぼせるほどの力があると語っています。 プルトンとは? プルトンは戦艦! 「プルトンとは…遠い昔この島で造られた『戦艦』の名だ……」 (アイスバーグ) 出典:「ワンピース」36巻第344話p. 160 尾田栄一郎 株式会社集英社 2005年2月9日第1刷 プルトンが戦艦だとロビンに語るアイスバーグ。 クロコダイルがアラバスタを支配しようとしたきっかけとなった古代兵器が「プルトン」です。 一発放てば島一つを跡形もなく消し飛ばすらしいという情報を持っていたクロコダイルが、アラバスタにそれが存在すると考えてアラバスタを標的に定めたわけですね。 その後、元々ウォーターセブンの造船技師であったトムがプルトンの設計図を持っており、それがアイスバーグからフランキーへ受け継がれていることが判明しました。 「何の為にこんなもの…」 アイスバーグ 「こんなもん…人間に造れんのか…」 フランキー 「造船史上最悪の…〝バケモノ〟だ」 トム 出典:「ワンピース」37巻第355話 p. 178 尾田栄一郎 株式会社集英社 2005年4月30日第1刷 世に存在させれば世界が滅ぶと言われるほどの兵器。 それがプルトンです。 それが復活した時のための〝抵抗勢力〟としてウォーターセブンの船大工により代々受け継がれてきた設計図は、最終的にフランキーが燃やしたことになっていますが………。 2年間バルジモアでいろいろと学んだフランキーなら、プルトンを作れるだけの腕は持っていそうな気もします。 プルトンの存在意義を考えると、今後再び重要な場面で登場してくるのではないかとも。 そこで気になってくるのが、64巻で登場した 約束の舟・ノアの存在です。 この巨大な船がプルトンなのではないかということも考えらます。 名前の由来は? ギリシャ神話の冥府の神、 ハーデース(ハデス)の別名で、ローマ神話に取り入れられたものが プルートーと呼ばれるのですが、これが由来となりそうですね。 冥王星の意味もあります。 核兵器の原料であるプルトニウムを連想させる言葉でもありますが、プルトニウムは、プルトンの語源となったプルートーにちなんで名づけられているとのことです。 参考: ポセイドンとは? ポセイドンはしらほし姫! 魚人島、リュウグウ王国の王女 しらほし姫が〝古代兵器〟ポセイドンでした。 生物が古代兵器だということもあり得るのか……! という驚きも大きかったですね。 幼少期のしらほしが泣き叫んだ時に海王類たちが集まってきたことで、数百年に一人誕生する、海王類と意思疎通できる人魚がしらほしだということがわかりました。 (63巻第625話) その後、空島のポーネグリフに記された古代兵器のありかがリュウグウ王国だったということ、そしてノアが運ばれていった海の森のポーネグリフにはジョイボーイが人魚姫に宛てた謝罪文が記されていたということも改めて確認できました。 海王類たちの言葉も決め手となりましたね。 「ぼく達は君が生まれて来るのをずっと待っていたよ この舟はおれ達が引く為に作られたんだ ………… 君は… 生まれた時から私達の〝王〟だ」 出典:「ワンピース」66巻第648話 p. 28 尾田栄一郎 株式会社集英社 2012年5月7日第1刷 世界を滅ぼしうる力が目覚めた瞬間でした。 これらの様々な情報を踏まえて、しらほし姫がポセイドンだと断定できたんですね。 名前の由来は? ギリシャ神話に登場する ポセイドーンと呼ばれる神の名前から来ていると考えられます。 海と地震(大地)を司る神とされます。 嵐や津波を引き起こし、大地を切り裂いて川や島を作るといった、海洋と大陸を支配する強大な力を持っていたとされます。 ちなみに、しらほしの父の名・ネプチューンはローマ神話の神の名であるネプトゥーヌスを英語読みしたもので、これはポセイドンと同じものを指しているとの記述もありました。 また、海王星の意味もあります。 参考: ウラヌスとは? ウラヌスはまだ不明… ウラヌスについてはまだ謎しかない存在ではありますが、それだけに多くのことが推察できます。 名前の由来は? ギリシャ神話の ウーラノスから来ているものと考えられ、天空神を意味します。 全宇宙を最初に統べた神々の王とされています。 ウランの語源でもあり、天王星の意味もあります。 ここまで見てくると、惑星の名前との関連性が高いことに気付かされますね。 参考: 伏線や神話から想像するウラヌスとは? ウラヌスの正体として推測されているのは ・月に行ったエネル ・天候を攻撃に使うことが出来るナミ などの説があります。 前述の通り 天を統べる最高神の名がついていることから、やはり天に関わる人物ではないかとの予想が多いです。 月に行ったとされるエネルが一番に思い出されるのも納得です。 天空や天候に関連のある人物としてはナミを始め、風を操るドラゴン、重力を操る藤虎などがいますが、想像の域を越えるものではありません。 気になるのが76巻第761話でドフラミンゴが話していた 「マリージョア内部にある重要な国宝」。 これを知っているからこそドフラミンゴが権力を持っていたということでしたが、「存在自体が世界を揺るがす」という説明が、他の古代兵器と同じように位置づけられているような表現だったと感じました。 まとめ ・古代兵器とは プルトン、ポセイドン、ウラヌス の3種類 ・プルトンが戦艦、ポセイドンがしらほし姫だということは判明している ・ウラヌスについてはまだ謎のままだが、天に関わるものではないかという予想が多い.

次の

漫画【ワンピース】古代兵器プルトン・ポセイドン・ウラヌスの考察

古代 兵器 プルトン

ロビンは、アラバスタで守られていた歴史の本文(ポーネグリフ)から、プルトンのありかを読み取っているはずです。 クロコダイルとともに王家の墓に進入していった場面では、アラバスタの歴史を淡々と読み伝えていました。 でも、それはウソ。 コブラの言葉では、アラバスタのポーネグリフには、本当は 「プルトンのありか」が書かれていたのだそうです。 繰り返しますがロビンは、アラバスタで守られていた歴史の本文(ポーネグリフ)から、プルトンのありかを読み取っているはずなのです。 つまり、 「プルトンはここにある」 「プルトンはここに隠した」 のような情報を知っているはずなのです。 つまり! そこにプルトンが残っているか、その所在を知っている者(たち)が守り続けている限り、プルトンを「1せき」入手することは、不可能ではありません。 「プルトン=魚人島の方舟ノア」ではない!? ちなみに 「プルトン=魚人島の方舟ノア」説も、あるのだそうですね。 ただ当サイトでは、ちょっと違うかなと思っています。 その根拠は、魚人島編。 この時点でロビンは、プルトンとポセイドン両方のありかを知っていたはず。 ネプチューン王に「ポセイドン=しらほし姫」という事実を、ロビンは確認していますよね? 仮に「プルトン=魚人島の方舟ノア」だとするならば、そのロビンが、ネプチューン王とプルトンの話だけせずに魚人島を出て行くのは不自然な話ではないでしょうか。 よって、ここでは 「古代兵器プルトンは、方舟ノアではない」と仮定します。 プルトンの作り方を知っているフランキー フランキーは師匠トムの死後数年たってアイスバーグと再会し、 プルトンの設計図を託されています。 そこから約4年間、エニエス・ロビーで自身が燃やしてしまうまで、ずっとフランキーが持っていたことになります。 4年の歳月と、少年時代に既にトムからウォーターセブンのほかの船大工たちと腕前が大差ないと評価されていたフランキーの技術力。 これらがあれば、実際に製造しなくとも 「プルトンはこうすれば造れるだろう」という全体像のイメージくらいは、できていたかもしれません。 つまりフランキーは、材料が尽きない限り「何せきでも」プルトンを製造できることになります。 世界のどこかにあるプルトン1せきの所在を知っているロビンと、事実上プルトンを何せきでも製造できるフランキー。 世界政府の、いや世界政府でなくても、より危険と感じるのはフランキーであるはずです。 【仮説】サウザンド・サニー号はプルトンの機能が盛り込まれている!? ここで、1つの仮説を立ててみます。 それが 「サニー号には、古代兵器プルトンの機能や要素が盛り込まれているのではないか!?」という仮説です。 エニエス・ロビーの戦いの後、フランキーは、最終的にはアイスバーグやガレーラカンパニー3人の職長達(パウリー、ルル、タイルストン)も手伝わせて、サニー号を造っています。 このときのフランキーの様子は、フランキー一家のザンバイたちも見た事が無いほど 「嬉しそうな顔」だったといいます。 この「嬉しそうな顔」を、フランキーは過去にも見せています。 それが、プルトンの設計図をトムから見せられたときです。 当時のフランキーは興味本位で「造ってみよう」と言っていますが、設計図はアイスバーグが預かり、実現には至っていません。 その後、フランキーは自身が造った「バトルフランキー号」を、当時スパンダムが率いていたCP5に悪用されてしまいました。 それによって、大切な師匠のトムがエニエス・ロビーへ連行されてしまいます。 現に、ロビンとともにエニエスロビーへ連行されている海列車の中でフランキーはロビンに、 「存在することは罪にならねェ」 (巻三十九・第375話「エニエス・ロビーの超人達」より) と言っています。 そのような考え方を背景にフランキーは、サニー号にプルトンの機能や要素を盛り込んだとしたら、そこにはフランキーの「どのような思い」があったのでしょうか。 アイスバーグがフランキーに託した思い アイスバーグは、フランキーにプルトンの設計図を託しました。 それは、プルトンの設計図を持っている自分が世界政府から狙われそうになっていることを察し、いったんは設計図を守ろうとしたための行動だったと言えそうです。 ただし。 思い返せば、そのときのアイスバーグとフランキーのやり取りに、妙なものを感じるのです。 アイスバーグからプルトンの設計図を受け取ったフランキーが、 「おれァこいつを造るかも知れねェぞ!!?おれを信用していいのか?」 (第358話「復活」より) と言ったのに対し、アイスバーグは、 「それを渡した事で…答えにならねェか?」 (第358話「復活」より) と答えました。 それを受けてのフランキーは驚いたようにも見える表情をしていましたね。 アイスバーグがプルトンの設計図を渡して示した「答え」 もしもアイスバーグがプルトンの存在意義そのものを全否定しているのならば、そもそもフランキーに設計図を渡すことすらためらったでしょう。 フランキーに渡しているということは、 (1)フランキーが「プルトン」を造らないことを信じている (2)兵器とはいえ存在自体は罪にならない という2つのうち、どちらかの考え方が、アイスバーグの考え方のベースとなっているはずです。 当初は、 「それを渡した事で…答えにならねェか?」 (第358話「復活」より) というアイスバーグの発言を、(1)の意味で解釈した読者の方も多かったようです。 でも、それならばフランキーの「おれを信用していいのか?」の質問の答えは、 「トムさんを失って懲りただろうから、危険をおかす兵器をフランキーが製造しないと信じている」 のような返事で良いはずなのです。 ここで、アイスバーグが (2)の意味でプルトンの設計図をフランキーに託したとしたら、どうでしょう? 「それを渡した事で…答えにならねェか?」 (第358話「復活」より) の言葉が、 「おれもフランキーと同様にトムさんの弟子だ、兵器の存在自体は罪にならないから、世界を滅ぼす目的のない船乗り相手になら、造るかどうかの判断は任せる」 という意味でフランキーに言ったようにも、解釈できなくはありません。 フランキーが目指す「夢の船」 上記のとおり「サニー号がプルトンの機能・要素を盛り込んでいる説」を挙げてみました。 ところが、この仮説には続きがあります。 少年時代のフランキーはアイスバーグに「夢の船を造りたい」という、自身の夢を語っています。 そのときのエピソードいわく、フランキーの言う「夢の船」は、ただ造りあげるだけでは「夢の船」になりえない、といいます。 それは、 (1)悪魔の実の能力を宿す (2)武装色の覇気をまとわせる の2つです。 (1)の可能性も無くはないかもしれませんが、悪魔の実の能力を持った時点で、海に嫌われてしまうという宿命を持っています。 なので、ここでは(2)の説を支持します。 2年間の修行を経て成長した19歳のルフィは、武装色の覇気を操ることができます。 ただし、魚人島編でのホーディとの戦闘での発言のとおり、まだ「完全」ではないようですが。 この、ルフィの武装色の覇気がより研ぎ澄まされたとき、それをまとったサニー号は、強力な戦艦にもなりそうです。 ガオン砲や、風来噴射(クー・ド・バースト)での飛行能力、そしてソルジャードッグシステム。 それらが次々に武装色の覇気で強化されたとき、フランキーの言う「夢の船」が完成するのかもしれません。 今日の順位は何位かな? 当サイトでは、人気ブログランキングに参加しています。 この記事が「面白かった」または「面白くなかった」と感じていただけましたら、こちらのボタンを押してください。 この記事の分類.

次の

ビビはプルトンなのか?ネフェルタリ家の伏線を考察【ワンピースネタバレ908話】

古代 兵器 プルトン

ギリシャ神話のプルトン 以前にも少しギリシャ神話の神をまとめましたが、今回はその中のプルトンとはどんな人であるかをまとめます。 プルートーは、ローマ神話における冥界を司る神であり、ギリシア神話のハーデースがローマ神話に取り入れられたものである。 日本語では長母音記号を省略しプルト、プルート、プルトーなどともいう。 ギリシア神話ではの冥府の神。 例外的に一部の神話ではオリュンポス十二神の1柱としても伝えられてもいる。 クロノスとレアーの子で、ポセイドンとゼウスの兄である。 妻はペルセポネー。 その象徴は豊穣の角及び水仙。 ポセイドンと同じく馬とも関連がある。 オリュンポス内でもゼウス、ポセイドンに次ぐ実力を持つ。 後に冥府が地下にあるとされるようになったことから、地下の神ともされる。 普段冥界に居 てオリュンポスには来ないためオリュンポス十二神には入らないとされる場合が多い。 また後には豊穣神(作物は地中から芽を出して成長する)としても崇められるようになった。 生まれた直後はガイアとウーラノスの「産まれた子に権力を奪われる」という予言を恐れた父クロノスに飲み込まれてしまう。 その後、末弟ゼウスに助けられクロノスらティーターン神族と戦い勝利した。 クロノスとの戦いに勝利した後、ゼウスやポセイドンとくじ引きで自らの領域を決め、冥府と地底を割り当てられたとされる。 神話中では女性の扱いに不慣れで、略奪する前のペルセポネーにどうアプローチしていいか悩むなど、無垢で純心な一面を見せる。 被ると姿が見えなくなる「 隠れ兜」を所持しており、ティーターノマキアー(ギリシア神話で語られるゼウス率いるオリュンポスの神々とクロノス率いる巨神族ティーターンとの戦い)ではこれを活用してクロノスと対決するゼウスに助力し、結果的にティーターン神族を打ち破っている。 ギガントマキアー(ギリシア神話における宇宙の支配権を巡る大戦で、巨人族ギガースたちとオリュンポスの神々が戦いを繰り広げた。 最強の英雄ヘーラクレースがオリュンポス側の味方として参戦したことでも知られる)においてもヘルメースがこれを用いて戦った。 また、この兜はペルセウスに貸与されメドゥーサ退治にも貢献した。 その他、ハーデースは二又の槍を持った姿で描かれる。 Sponsored Link 古代兵器プルトン ワンピースで明かされているプルトンは上記のプルートー、ハーデスの名を元にされているでしょう。 冥界の王の名を持つ古代兵器とはどんなものなのか。 現在わかっている点では アラバスタでクロコダイルが狙っていた兵器です。 そしてそのありかがポーネグリフに記載されていると思いオハラの生き残りであるロビンを傘下に入れていました。 一発放てば島一つ跡形もなく消し飛ばすことができるほどの兵器だということが明かされています。 またウォーターセブンではトム、フランキー、アイスバークがプルトンの設計図を目にしていて、そのことで世界政府、CP9にも狙われていました。 そのあまりの兵器としての強大さにフランキーらは驚いていました。 トムは「造船史上最悪のバケモノ」だと述べています。 さらに「遠い昔この島で造られた「 戦艦」の名だ」とされていて、すでに造られたものとされています。 ではどこかに隠されているのか、この世界からなくなってい待ったのかどうなのでしょうか。 ギリシャ神話のハーデスと古代兵器プルトンの共通点は!? ワンピースのプルトンは現時点では「造船」であるとされています。 ものすごい兵器を積んだ戦艦のようなものなのかもしれません。 ギリシア神話のゼウス率いるオリュンポスの神々とクロノス率いる巨神族ティーターンとの戦いで冥界の王ハーデースは隠れ兜でゼウスに手を貸し、クロノスらに打ち勝ったとされています。 この隠れ兜というアイテムがワンピースの古代兵器プルトンに積まれている恐ろしいほどの強大な力を持つ兵器とつながるのではないでしょうか。 すでに造られているプルトンのありかはどうなのか。 もしくは設計図があったということは新たに作ることも可能なのかもしれません。 まとめ 古代兵器はワンピースのクライマックスに関わるキーになるものだと想像できます。 その兵器も今の時点では明確ではないですが、これからポーネグリフが解読され、空白の100年の真相が明かされる時にこの古代兵器が出てくる壮大な戦いが行われるのではないでしょうか。 まさにワンピースの世界のクライマックスの大戦になりなりそうな感じで楽しみですね。

次の