ヘラ チョウザメ。 ヘラチョウザメとは

チョウザメとは

ヘラ チョウザメ

種類、環境によります。 ロシアチョウザメは陸封型の個体もいますし サケのように産卵のために川に上ってくる種も多いです。 ヘラチョウザメのように一生淡水で暮らす種もいますので 種類、環境等によって様々です。 チョウザメの主な種類を説明します。 黒海、カスピ海沿岸などに分布しており、陸封型と遡河型があります。 旧ソ連のニカリューキン教授が養殖種として1958年頃に ダウリアチョウザメ属のオオチョウザメのメスとチョウザメ属の コチョウザメのオスとを交配して作出したもので、現在、 日本で種苗生産が行われ飼育尾数が最も多いのがベステルです。 ベステルは成長が早いものは3年で4~5kgに達し、 成熟年数は8~10年で10~12kgとなり、 成熟魚の卵巣重量 キャビア は850g~2kgで、 主として食用肉として養殖しており、キャビア生産にも適しています。 、中華人民共和国において、過剰な捕獲やダムの増殖により生息地を脅かされ、 絶滅危惧種に分類されている淡水魚です。 腹側が白く、背側はグレー色をしています。 まぁ種類によっては様々ですが大半の種類は 主に海に生息しています。

次の

【解説】最大級の淡水魚ハシナガチョウザメが絶滅

ヘラ チョウザメ

[画像のクリックで拡大表示] ハシナガチョウザメ(Psephurus gladius)や近い仲間が地球上に登場してから2億年以上になる。 中国、長江(揚子江)を生息域とし、体長7m以上になるこの魚は、想像を絶する大変動を生き抜いてきた。 恐竜や首長竜などが大量絶滅した時代にも耐えた。 顕花植物(花を咲かせる植物)が進化したのも彼らの登場以後であり、長江の川岸にも繁茂するようになった。 それから竹が、もっと後にはジャイアントパンダが登場した。 さらにここ数千年で(進化の歴史ではほんの一瞬だ)陸地は人間であふれ、中国の人口は世界一になった。 一方、ハシナガチョウザメは太古の昔と変わらず、長江の濁った水の中で、刀のように長い鼻先を使って電気信号を探知し、甲殻類や魚などの獲物を捕らえて暮らしていた。 (参考記事: ) しかし、「長江のパンダ」とも呼ばれるこの古い魚は、人間の脅威を耐え抜くことはできなかった。 2019年12月23日付けで学術誌「Science of the Total Environment」に発表された論文は、ハシナガチョウザメが絶滅したと結論づけている。 主な原因は乱獲とダム建設だ。 「非難に値する、取り返しのつかない損失です」と、研究チームを率いた中国水産科学研究院の危起偉氏は言う。 この魚を何十年も探し続けてきた科学者の1人だ。 [画像のクリックで拡大表示] 米ネバダ大学リノ校の魚類生物学者で、ナショナル ジオグラフィック協会のエクスプローラーであるゼブ・ホーガン氏も「とても悲しいことです」と嘆く。 「非常にユニークですばらしい動物が、決定的に失われてしまいました。 彼らが戻ってくる見込みはありません」。 なお、氏は今回の研究には関わっていない。 ホーガン氏は、ハシナガチョウザメの絶滅が人々の危機意識を高め、ほかの淡水魚を保護する動きにつながることを期待している。 氏が専門にしている大型魚類は特に危険な状況にあり、巨大淡水魚のほとんどが絶滅の危機にさらされているという。 (参考記事: ) 「ハシナガチョウザメは絶滅しましたし、ほかにも多くの巨大淡水魚が危険な状態にあり、このままでは絶滅してしまうおそれもあります。 しかし、早めに手を打てば衰退を食い止められるかもしれません」と氏は訴える。 (参考記事: ).

次の

カラチョウザメ

ヘラ チョウザメ

分布 [編集 ] 水域に分布。 特徴・生態 [編集 ] 動物プランクトンや小魚などを中層を泳ぎながら捕食する食性をもつ。 夜間には小魚などを体を反転するようにして捕食する。 長い吻によって小魚の存在を電気信号で感じ取ると考えられ、日中でも水槽内にメダカなどを泳がせておくと反転して捕食する姿を見ることができる。 僅かに電流が流れているこの突起物は、かつては泥底の餌を取るために地面を掘削する役割を果たしていたのではないかと推測されていた。 また、泳ぐ際に身体を安定させるという機能を有するとも考えられている。 多くのチョウザメ類は低層で捕食するが、ヘラチョウザメだけは水面に浮いた餌にも反応する。 平均で約1. 5メートルほどに成長する。 1950年頃はアメリカのミシシッピ水域などで潤沢に漁獲できていたが 、年月を経るにつれて環境悪化や乱獲により個体数が激減しており、保護活動がされている。 視力に頼って捕食したり外敵を認知することはない。 日本で見られる主な水族館 [編集 ]• (福島県)• (神奈川県)• (三重県)• (兵庫県)• (滋賀県 シナヘラチョウザメ [編集 ]• Grady, J. 2004年. Version 2008. 2009年4月27日閲覧. 魚の博物事典・472頁• 魚の博物事典・472頁• 魚の博物事典・472頁• 魚の博物事典・472頁• 魚の博物事典・472頁• 『ニュートン』2000年4月号84頁• CRI - China Radio International 2007年1月12日(英語)• 大陸新聞 NOWnews 今日新聞網 Retrieved on 2011-04-04• 「魚の博物事典」 講談社学術文庫 ISBN 4-06-158883-4 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [編集 ]• この項目は、 に関連した 書きかけの項目です。

次の