リモート デスクトップ vpn。 リモートアクセスとは?メリットやデメリット、リモートデスクトップやVPNとの違い

遠隔地から社内PCにアクセス可能な「Chromeリモートデスクトップ」、VPN環境との違いは?

リモート デスクトップ vpn

デバイスの多様化に伴い、外出先からでも社内ネットワークへ接続できるリモートアクセスが普及してきています。 OSやアプリに備わっている「リモートデスクトップ機能」を利用すれば、外出先でもオフィス同様の環境で作業できることから、テレワークの導入にも不可欠といえます。 しかし、こうしたリモートデスクトップ機能を利用するには、社内のVPN構築が必要です。 VPN構築には専用機器の準備や複雑な設定を伴うため、VPN導入に踏み切れないという会社も少なくありません。 そこで視野に入れたいのは、Googleが提供している「Chromeリモートデスクトップ」サービスです。 本記事では、Chromeリモートデスクトップの機能や使い方、VPN環境との違いについて解説します。 Googleが提供する「Chromeリモートデスクトップ」とは? 遠隔地から社内PCへのアクセスを可能にする、リモートデスクトップ機能が備わったGoogle Chromeの拡張機能・アプリケーションのこと。 「Google Chrome」ブラウザの拡張機能として提供されています。 デバイスに「Chromeリモートデスクトップ」をインストールすることで、2台のPCをインターネット上で結び、外出先からでも社内PCへアクセスして遠隔操作ができるようになります。 最大の特徴は、社内にVPNを構築しなくても良いという点です。 インターネット環境があれば無料でリモートデスクトップ機能を利用できるため、VPN機器の準備や複雑な設定は必要ありません。 VPN構築に比べて手間やコストを抑えられるという利点から、小規模オフィスやテレワークなどで、手軽にリモートアクセス環境を導入したい企業に便利といえるでしょう。 Chromeリモートデスクトップの対応OS Chromeリモートデスクトップは、WindowsをはじめとするさまざまなOSに対応しており、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスに向けたクライアントアプリも無料で提供されています。 ) 対応OS Windows、Mac、Linux、Chromebook、Android、iOS Chromeリモートデスクトップを利用する 利用にあたり、まずインターネット環境があること、そしてデバイスに「Google Chrome」がインストールされていることが条件です。 その後、各デバイスに拡張機能「Chromeリモートデスクトップ」をインストールしましょう。 スマートフォンなどのモバイルデバイスで利用する場合には、Chromeリモートデスクトップのアプリをインストールしてください。 接続する双方のデバイスでの設定について、主な流れは以下の通りです。 PCからChromeを開き、アドレスに『remotedesktop. google. 「リモートアクセスの設定」をクリックし、画面の手順に沿ってインストール 3. Googleアカウントやパスワードの入力が求められる場合は入力 4. デバイス間を認証するためのPINを設定(任意の数字で構いません) PINはリモートデスクトップの接続を保護するための認証パスワードです。 不正アクセスを防ぐために、推測されないものを設定しましょう。 PCからChromeを開き、アドレスに『remotedesktop. google. アプリを起動し、リモートアクセスするPCを選択 3. 接続先のPCのPINを入力 うまく接続できない場合、ファイアウォールなどのセキュリティ設定によって接続がブロックされている可能性があります。 利用可否については、企業のセキュリティポリシーを踏まえた上で検討することが重要です。 VPN環境との違いとは? 「Chromeリモートデスクトップ」機能を用いたリモートアクセスは、手軽に導入できる非常に便利なサービスです。 しかしその一方で、外部から自由にアクセスできること、セキュリティ認証が十分でないなどの問題点があることから、不正アクセスや情報漏えいのリスクを把握しておかなければなりません。 その点、VPNは各拠点間を仮想プライベートネットワークで接続しており、通信時にはトンネリングやカプセル化といったデータを保護する技術が用いられています。 部外者がデータを盗み見しようとした場合でも、通信内容が見えないよう暗号化されます。 重要なデータを抱える企業にとって、ネットワークの安全性は妥協できないポイントの1つ。 実際に、多くの企業ではリモートデスクトップ機能の使用を禁止しているところも多く、テレワークなどのリモートアクセスの構築には、安全性の高いVPNを用いるケースが増えてきています。 VPN機器の導入や設定は必要ですが、社内で安全にリモートアクセスを行いたいケースでは、「Chromeリモートデスクトップ」よりもVPN構築を選ぶ方が安心といえるでしょう。 各拠点の重要度や、企業のセキュリティポリシーに合ったサービスを選ぶことが重要です。

次の

リモートアクセスとリモートデスクトップの違い|一目でわかる解説!|ITトレンド

リモート デスクトップ vpn

リモートアクセスとリモートデスクトップの違い 近年では、在宅勤務やサテライトオフィスで業務を行うワークスタイルが広まっています。 このような働き方の幅が広がった要因の1つは、遠隔地でも仕事ができる「リモートアクセス」があります。 このリモートアクセスは会社以外の場所でも、専用のツールを使って社内ネットワークやコンピュータに接続し、社内と同じように業務を行うことが可能です。 今までは、USBメモリを使って社内の情報を持ち出し、自宅などで作業を行うことが多かったですが、USBメモリを紛失することで情報漏えいを起こす危険性があります。 そこで、安全なリモートアクセス環境を構築することで社内のセキュリティレベルを上げ、情報漏えい対策を行えます。 リモートアクセスと同様の言葉に「リモートデスクトップ」があります。 リモートデスクトップもリモートアクセスと同様に、遠隔地から社内環境に接続を行う目的を達成しますが、その接続方法や仕組みが異なります。 ここからはリモートアクセスとリモートデスクトップの詳細や違いを説明をしていきます。 人気の製品や気になる製品には当サイトから直接資料請求することが可能です。 具体的な導入時期や費用など簡単に問い合わせられるので、「至急導入したい!」「すぐに資料を集めたい!」とお急ぎの方はぜひ無料の資料請求をご利用ください。 リモートアクセス=遠隔地のPCやネットワークに接続すること リモートアクセスは遠隔地のPCやネットワークに接続を行うことです。 リモートアクセスを実現するためには、リモートアクセスツールを使い社内ネットワークに接続できる環境を作ります。 しかし、社外から社内に接続する場合は通常のインターネット回線を使うため、データの送受信を行う通信から情報が流出する危険性があります。 リモートデスクトップ=リモートアクセスできるツールの1種 リモートデスクトップはリモートアクセスを行うツールの種類であり、コンピュータのデスクトップ画面を遠隔から操作することができます。 大きな違いはリモートアクセスは社内ネットワークに接続し、リモートデスクトップはデスクトップ画面を転送することです。 このリモートデスクトップは一般的なリモートアクセスと異なり、VPN環境を接続しなくても社外から社内にアクセスすることが可能です。 しかし、セキュリティを確保するために個別で対策を行う必要があります。 一般的なリモートデスクトップは「PC遠隔操作型」といわれ、画面・マウス・キーボードの情報を社外の端末に転送し、遠隔操作を可能にします。 リモートアクセスツールの種類には他にも「社内LAN延長型」「Webアプリ型」の2種類あります。 VPNで接続する「社内LAN延長型」 リモートアクセスツールの「社内LAN延長型」は、VPNを使用し安全に接続する方法です。 この方法は社内ネットワーク・サーバと社外の端末の間にVPN(Virtual Private Network)を構築し、暗号化したトンネル状の仮想空間を利用することで、外部からのアクセスをシャットアウトできます。 社外から社内の環境にアクセスできるため、社内と同様の業務を行うことが可能ですが、高速な通信が必要になるなど設備を整えるためにコストがかかります。 モバイルで接続できる「Webアプリ型」 「Webアプリ型」のリモートアクセスツールは、専用のアプリケーションをインストールするだけでスマートデバイスから社内のWebシステムに接続できます。 リモートデスクトップツールの中にもモバイル対応しているものもあり、スマートフォンやタブレットを使ってPCのデスクトップ画面を共有できます。 リモートアクセス導入前の注意点 リモートアクセスを導入することで従業員の働き方の幅が広がり、業務を改善することが可能ですが、注意点も存在します。 ここからはリモートアクセスを導入する前の注意点を説明していきます。 在宅勤務の社員・勤怠時間の管理 リモートアクセスを導入することで自宅やカフェなど場所だけでなく、時間の制限もなくなります。 しかし、多くの企業では勤務時間をもとに勤怠管理・給与計算を行っていますが、リモートアクセスを導入することで実際の勤務時間が不透明になりやすくなります。 そのため、リモートアクセスを導入する前には、自社の勤怠管理の方法を見直す必要があります。 また、リモートアクセスツールの中には、アクセスできる時間を制限するものなどがあり、ツールの選定の参考にすることがおすすめです。 セキュリティの管理 リモートアクセスを利用し、社外で業務を行う場合は情報漏えいのリスクがあります。 セキュリティ対策を行っているリモートアクセスツールを導入することが大切ですが、社員のセキュリティ意識も重要です。 例えば、社内のネットワークに接続し、業務で使用するデータが入っている端末に保存することができると、そこから外部に情報が漏れてしまう可能性があります。 また、社内システムやリモートアクセスツールが万全なセキュリティ対策を行っていたとしても安心できません。 操作を行う端末のセキュリティが不十分であればウイルスの被害に遭い、情報が流出する危険性もあります。 このような場合では、デスクトップ画面だけを共有しているリモートデスクトップの方がセキュリティ強度は高いといえます。 また、リモートアクセスツールの中には端末に情報をダウンロードできないものもあるため、注意して選定することが求められます。 リモートアクセスツールの基本機能 リモートアクセスツールを導入するときにはどのような機能があるか正しく理解することが重要です。 リモートアクセスツールの基本機能を活用することで自社の業務を改善したり、メリットを感じることが可能になります。 ここからはリモートアクセスツールの基本機能を紹介していきます。 データの転送機能 リモートアクセスツールを活用することで、業務に必要なデータを社外の端末に転送することが可能です。 従来のデータをやり取りする方法は、USBメモリを使ってデータを移動させていました。 この方法だと実際に使わないデータも持ち出す可能性が高くなるため、情報漏えいの危険性も高くなります。 また、リモートアクセスツールを使えば、データを転送する機能を従業員ごとに制限することも可能であり、重大な情報を社外に流出させるリスクも低くなります。 データの閲覧機能 リモートアクセスツールを利用すれば、社内でないと見られないメールやファイルにアクセスすることが可能です。 そのため、ノートPCやタブレットで活用することで、外出先で資料が必要になったときにも、スムーズに対応できます。 セキュリティ対策機能 社外で業務を行う最大の懸念は不正アクセスや情報漏えいなどのセキュリティリスクです。 リモートアクセスツールは、ID・パスワード以外にも指紋認証や電子証明書など複数の要素による認証を行っています。 このような対策を行うことで不正アクセスを防ぐことが可能です。 また、通信を暗号化しているため、ネットワーク上で通信を盗聴されたとしても、内容が流出する心配もありません。 リモートアクセスツールを理解して効果的に導入しましょう! 今回はリモートアクセスツールについて紹介してきました。 リモートアクセスを最大限活用することによって、社員の働き方は大きく変わります。 育児や体調不良でやむを得ず退職をするような社員にも、新しい働き方を提案することが可能になります。 また、外出先でも業務を行うことができれば、事務所に戻って残業を行うことも少なくなるため、労働環境も改善できます。 まずは、リモートアクセスツールの特徴やメリット・デメリットをよく理解することが大切です。 自社に合ったリモートアクセスツールを導入し、業務を効率化しましょう。 自社に合ったリモートアクセスツールを導入するには、製品に関する正しい理解が不可欠です。 以下の記事や資料請求を通して適切な製品を見つけていきましょう。

次の

リモートアクセスとリモートデスクトップの違い|一目でわかる解説!|ITトレンド

リモート デスクトップ vpn

2020年1月26日、GMOインターネットグループは従業員の9割にあたる4000人の社員に対して、新型コロナウイルスの感染を未然に防ぐという目的で、在宅勤務を指示したことを発表しました。 ネットワークに強い企業であることもあり、既に在宅で安全にシステムへと接続できることが保証されていたため、BCP対策としてのリモートワークが可能となったのです。 2020年2月現時点で新型コロナウイルス拡大により多くの企業が「不要不急の外出を避けるべき」という政府の方針を受けて、テレワーク・在宅ワークの検討をしています。 安全に企業のシステムに接続する上で重要となってくるのが、リモートアクセスの検討です。 どのようにリモートアクセスを実現させれば良いのでしょうか。 今回は、ネットワーク回線・ソフトウェア選考と、様々な種類のあるリモートアクセスについて解説いたします。 リモートアクセスとは? リモートアクセスとは読んで字のごとく、「遠隔制御」を意味します。 アクセスしたいシステム・ネットワークから物理的に距離の離れた地点において、なんらかの通信手段を用いて通信・制御することです。 相手はシステム単体(コンピュータ単体)に限らず、社内のローカルネットワークであったり、社外のクラウドシステムであったりと、アクセスする対象は特に限定されていません。 かつて日本の企業において一般的で、現在も多く使用されている「リモートデスクトップ」の機能とは、Windows OSにおいて遠隔地のコンピュータから操作したいシステムと全く同じ画面を制御できる機能であり、リモートアクセスを実現するための「ソフトウェア」の1つであると言えます。 リモートアクセスについて調べた際に頻出する単語が「VPN」です。 VPNとは「バーチャルプライベートネットワーク」のことであり、これはリモートアクセスを実現するための「通信回線」の「暗号化」の1つの実現手段になります。 リモートアクセスに関する言葉には様々な用語があり、どうしても混乱してしまいがちです。 セキュリティ担当者としては、下記の2点を覚えておきましょう。 ・どのように通信回線の安全化を実現化するか ・どのようにシステムとの通信をするか 通信の安全化は一般的にVPNで実現されるべきですが、拠点間通信などの場合は自社の専用通信回線を引くことも検討に値します。 このあたりはぜひ当サイトのをご確認ください。 また、遠隔制御にも様々な手段があります。 小規模な環境下でも導入可能なソフトウェアだけでもWindows PCのビジネス向けOSで利用されるリモートデスクトップ機能を始めとして、オープンソースであるVNCを源流とした「」や商用利用で一般的となりつつある「」、新興の「」、Googleが提供を始めたChromeブラウザによるリモート制御機能など様々な方法が存在しています。 また、大規模なネットワーク環境下であれば各通信ベンダーや、セキュリティソフトメーカーによるリモートアクセス手段が提供されていますので、それも検討に値するでしょう。 リモートワークにどの程度使えるのか では実際のところ、リモートワークにおいて上記のリモートアクセスシステムはどの程度活用できるのでしょうか。 これには重要な尺度が2点あります。 ・ネットワークの品質・安全性 ・操作できる権限の提供・データのネットワーク性 ・ネットワークの品質・安全性 まずネットワークの品質が良くなければ、根本的にリモートワークの実現性が著しく下がります。 操作したいボタンを押してから、数秒後に画面に反映される…といったような環境下ではユーザのモチベーションも大きく下がるためです。 幸いにも今年中に5Gネットワークの実用化が始まれば、これらの問題は大きく解決されていくことでしょう。 その上でそのネットワーク上を流れるデータの安全性・機密性を高めるためにVPN回線を導入していくわけです。 ・操作できる権限の提供・データのネットワーク性 リモートワークは離れた場所で作業をするため、管理側としてはセキュリティのためにその権限を狭めておきたいと考えがちです。 その結果として「社内ではできたことが、どうしてもリモートではできない」という状況になってしまうことが多々あります。 これは筆者の意見ですが、リモートワークにおいてアクセス権限を絞ったところで、安全性はほとんど変化しません。 そもそも安全性に問題があるならば、社内であっても同様の事象(セキュリティインシデント)が発生する可能性が大きいと考えます。 この点において重要なのは、セキュリティポリシーや啓蒙教育と言えるでしょう。 リモートアクセスのメリットとデメリット リモートアクセスの最大のメリットは「どんな場所においても作業ができる」ことに尽きます。 BCP対策はもちろん、育児や研修等、やむを得ない事情がある時にも企業の活動を持続することが可能となるため、これまで退職や休職を選んでいた社員に対する大きな道が開けることになります。 また、通勤時間がなくなることにより、社員個人の自由時間の活用も見込めます。 様々なストレスからの解放が期待できるのです。 一方でリモートアクセスは万能の解決策ではありません。 まず1つに、コミュニケーションの不足があげられます。 テレビ会議やチャットなど、多くのコミュニケーションツールが存在していますが、どうしても画面を通しての会話だとその情報や感情の機微が伝わりづらいものです。 また、セキュリティ面も重要です。 ネットワークに対してしっかりとVPNなどの安全策をとらずに公衆無線LANなどを活用してしまい、それにより情報が搾取される可能性はゼロではありません。 リモートアクセスは便利なものですが、使用するにあたっては十分な配慮が必要となるのです。 ネットワーク管理者の観点から見たリモートアクセスの注意点 さて、管理者側ではリモートアクセスを設定する際に注意しなければならないポイントが複数存在しています。 最も重要なのが、操作される側のシステムの安全性です。 アクセス元がどこなのか。 何を接続されているのか、データが何なのかといった情報をしっかり管理するためにもセキュリティソフトの導入は大前提となります。 さらに、リモートアクセスする側のシステムにも安全性が担保されているかが重要です。 中小企業では多くの場合、私物のPC等からアクセスすることになります。 事前にその私物PCの環境を確認し、十分な安全性が担保されているのか。 必要に応じてロギング等が可能な状態にしておくことが可能か、また、会社側からセキュリティソフトを指定し導入させるべきか…等と、セキュリティ担当者が事前に準備しなければならない内容は山積みです。 個人の端末はどこまでコントロールして良いのか 上記であげた通り、個人の私物PC等をリモートアクセスの道具として利用する場合は、その個人のプライバシーに多少なりとも干渉することになります。 これはどちらかと言うと、会社と社員の契約の問題です。 契約上、リモートアクセス使用時に社員のプライバシーに関わる可能性がある点を指示した上で、納得してもらう必要があります。 多くの場合はリモートアクセスの申請の際に ・アクセス元端末に指定のセキュリティソフトを導入してもらうことの確認 ・必要に応じて操作ログをとる可能性のあることの確認 等が盛り込まれた申請書を用意しておくべきでしょう。 もちろん、セキュリティ担当者はそれに合わせて、監視ソフト等を用意する必要があります。 リモートアクセスのサービス リモートアクセスは通信手段とセットになったソフトウェアが存在しています。 中小企業等、十分に手配のできない場合はこれらであれば最初から万全なリモートアクセスが構築可能です。 上記にあげたものではありますが、ソフトウェアをご紹介いたします。 ・ 複数のOSに対応した遠隔制御ソフトです。 1:複数のアクセスにも長けています。 ソフトウェア管理においてリモートサポート等にもよく利用されており、操作性・安全性は抜群ですが、商用利用では比較的コストがかかります。 ・ こちらも複数のOSに対応しています。 安全性も担保されており、1:1アクセスにおいてはかなりの安定性があります。 コストも比較的廉価ですが、まだ進歩の途中と言えます。 などがあります。 また、自社の通信業者によっては回線パッケージと同時に導入可能な遠隔ソフトウェアなども存在しています。 ぜひ一度ご確認ください。 まとめ BCP対策においてもリモートワークは必須 この記事を執筆している現時点で 2020年2月 、新型コロナウイルスの猛威はいよいよ現実的なものとなっています。 各社がリモートワークを選択し、社員と不特定多数の接触を避けようとしているのです。 今こそが抜本的にリモートワークを導入する最善のタイミングと言えます。 リモートアクセスを導入するソフトウェアとともに、最善なセキュリティソフトを導入することで社員と企業をあらゆる困難から避けることが可能です。 セキュリティ担当者がするべき作業はセキュリティだけにあらず。 企業を強く、価値のある、かつ持続可能なものとするためにも、今こそリモートワークを検討してください。

次の