アーマーガア 育成。 【ポケモン ソード&シールド】アーマーガアの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

アーマーガアの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

アーマーガア 育成

はじめに 万人に読みやすいよう、なるべく非公式用語は避けていますが、逆にユーザー内で一般化している用語は使用しないと読みづらいと思うのである程度はご容赦ください。 みなさん、鎧の孤島、ようやく解禁されましたね! ぼくは、「鎧の孤島」と言うタイトルを見た時ある一匹のポケモンを思い浮かべました。 それが今回投稿させていただきましたでございます! ご存知は、第二世代で登場以降、そのぼうぎょに圧倒的に偏ったステータス、優れた耐性を武器に 「役割理論の申し子」「物理受けの代名詞」と言っても過言ではない活躍をしてきました。 しかし、第8世代にてまさかのリストラ。 更に新登場した同タイプかつ耐久の高いステータスを誇るがトップメタに君臨すると言う惨状。 長年を使ってきた身から言わせてみれば物理受けがいない・・・はよ・・・って言いつつ解禁を待ちたかったですが、致し方なし。 つい熱くなって前置きが長くなりましたが、この育成論は 憎きとの比較を初心者の方に向けて 最大限わかりやすく明確に行った上で、 第8世代もは戦っていけることをみなさまにお伝えしたく投稿させていただきます! 以下常体にて。 採用理由・差別化 最大の武器は、前項にもある「物理受け」性能の高さである。 はがね・ひこうタイプは、 無効2つ、耐性8つという文句のつけようのない耐久性を持ち、弱点はほのお・でんきのみという特殊寄り気味のタイプに限られると言う物理受けとしてこの上なく優秀なタイプである。 更にのステータスは、HPこそ若干不安の残る65と低めであるが、 ぼうぎょ140と飛び抜けて高い。 また、扱える技を見ても「てっぺき」「はねやすめ」と物理を受けきるために欲しい技は一通り揃っている。 上記の点より、は全ポケモントップクラスの物理受け適性を持つ。 アーマーガアとの比較 さて、本論最大のテーマである物理受け型との差別化を行う。 : 65-80-140-40-70-70 : 97-87-105-53-85-67 まず、単純なステータスの比較だが、はぼうぎょ完全特化、は全体が満遍なく高いことがわかる。 また、ぼうぎょが高いことにより、ボディプレスの威力が高くなる。 こうげきは7の方が高いが、も第8世代で 少し嫌な予感はしていたが期待を裏切らずしっかりボディプレスを習得したため、1ウェポン受け特化だと実質死にステータスとなる場合も少なくない。 特殊耐久においては、にHPとくぼう共に大きく負けている。 だいもんじをはじめとする 役割破壊に弱いと言うのは、登場以来の悩みである。 すばやさは、が僅かだが早い。 抜き調整の低速アタッカーも少なくなく、と言った先制でてっぺきを使いたいポケモンも解禁されているためこの差は大きい。 特性は、するどいめ・ がんじょう・くだけるよろいプレッシャー・きんちょうかん・ ミラーアーマーとなっており、どちらも強力な特性を有している。 また、きあいのタスキと同様にHP満タンから1耐える効果も不意の特殊技による 役割破壊に対する行動保証となり、発動しないに越したことはないが有用である。 効果が違いすぎるため、一概にどちらが強いとも言い切れない。 最後に覚える技の比較を行う。 のみが覚えられる対戦で使える技は、 「ステルスロック」「ふきとばし」「つるぎのまい」「がんせきふうじ」など。 特に物理受け型として、受けサイクルでのダメージソースとなる「ステルスロック」、起点回避かつステルスロックと抜群の相性の良さを誇る「ふきとばし」を持つことは非常に大きい。 一方、の「とんぼがえり」「リフレクター」「ひかりのかべ」「おいかぜ」といったサポート力の強い技を覚えられず、 受けサイクル以外のパーティだとできることの少なさが露呈される。 以上の比較をまとめると、 『アーマーガアを上回る物理耐久だが、特殊面は大敗、物理受けに完全特化した性能』 『より高負荷なボディプレスとステルスロック、ふきとばしを扱える』 と言う点から、 安定した特殊受けを採用したサイクル構築にて強さを発揮しやすい。 『最低限の特殊耐久に加え、特性ミラーアーマーによる圧倒的場持ちの良さ』 『様々なサポート技を覚え、受けプラスアルファの仕事をこなす事ができる』 と言う点にて、特殊耐久と持ち前の場持ちの良さで居座れる対面性能。 また、豊富な技を活かしてのサポートもできる応用性から 様々なパーティに投入して物理受けとしての枠を超えた活躍をできる高い汎用性が強味と言える。 ちなみに、筆者はバルジーナの例もありどくどくを期待していたが、無事没収されて涙の雨を流したのであった。 0のダメージ割合がわかる。 慣れれば試合中のダメージ計算にも応用でき、初心者の方は是非覚えておくと便利。 性格は、ずぶといだとイカサマやこんらんによるダメージを軽減できる。 一方、ダイマックスするとボディプレスがダイナックルに変わる為、威力が下がってしまうと言う欠点もある。 しかし、はダイナックルでこうげきが上がる効果とも相性が悪く、高負荷のボディプレスも失うこととなり、にダイマックスを使いたい場面は HP管理に失敗した対面で次の攻撃をダイマックスで耐えて返しのダイナックルで倒せる場合のみである。 そんな限定的な状況のために試合の切り札であるダイマックスを使う行為は当然強いはずがない。 すばやさ調整に関しては、未だ正式にランクマッチが始まったわけではなく、統計もないため詳細なラインは付けない。 しかし、 の耐久を以ってしてもそこまで数字に余裕があるわけではないため、サイクル性能を重視して精々70族抜き抜きくらいまでに留めておくのが今作でもベターだと思われる。 2-52. 7-34. 9-55. 6-32. 4-45. 4-66. 5-93. 1-100. 8-143. 環境トップアタッカーの珠ダイマックス技でやっと中乱数2発で倒せるという超高耐久である。 3-69. 6-126. 4-104. 8-133. のボルトチェンジで当たりどころが悪ければ即死。 持ち物 ゴツゴツメット のメインウェポンとも称されるアイテム。 つまり のHPをダメージに変換できる。 これにより、接触技を扱う物理ポケモンに受け出しした際に削りが入り、ボディプレスを打つ隙のないサイクル戦でもダメージソースに困らない。 ボディプレス一本だとをはじめとしたゴーストタイプに打点が一切ないため採用したい。 鎧の孤島解禁前環境では、等、接触攻撃をメインウェポンとしない物理アタッカーが強い環境であり、更にダイマックス技は 非接触となるため以前より採用率を落としていた傾向にあった。 鎧の孤島解禁により、など、接触技をメインウェポンに据えた強力なアタッカーが環境入りする事が目下直前であり、一定の評価は取り戻すと予想される。 たべのこし ゴツゴツメットを持たせない場合の筆頭候補。 説明不要の耐久型との相性の良さはでも健在。 回復ソースをはねやすめ以外に得られるメリットは、強気にてっぺきやボディプレスを打ちに行けるなど目に見えない面でも大きい。 他には各種半減実・回復実でてっぺきを積むターンを稼いだりもできるため候補となる。 技構成 物理受け型のため、 てっぺき・はねやすめは確定。 との差別化の観点も含め、最大打点となる ボディプレスも確定。 残り1枠が選択となるが、 アイアンヘッドやドリルくちばしを搭載するのであれば、の方がこうげきが高く、ビルドアップ等もあるため適性がある。 サイクル重視というの特徴を十二分に活かせる技を選択したい。 てっぺき 確定 ぼうぎょ2ランクアップ 2倍。 これを搭載しないと珠ダイマックスなどで押し切られる。 また、火力を上げる手段を切った物理ポケモンを弱点であってもはねやすめ連打が間に合わせる事ができる。 ボディプレスの威力も2倍。 はねやすめ 確定 高速回復技。 ないと受けが成立しないため確定。 先行で使うと地面技で抜群を取られるため、など低速じしん持ちなどの前では要注意。 PPが10しかないのでポイントアップ忘れずに。 ボディプレス 確定 ぼうぎょをこうげきとして計算する相性抜群の技。 よりぼうぎょが35も高いため、火力が一回り高い。 5-41. 9 乱数2発 43. 9-51. 9-51. 5-38. 5-82. 1ターンの消費で永久的なダメージソースを確保できる。 また、突破用に選出されるほのおタイプに突き刺さる。 ふきとばし 優先度高 パーティに他にステルスロックを扱えるポケモンがいるのであれば採用。 積み技を使わせない起点回避的な使い方は勿論、ステルスロックがあれば交代時に使用してダメージ稼ぎつつ有利対面持続など多種多様。 ダイマックスには無効なので注意。 ちょうはつ 優先度高 70族のすばやさを活かしてなど自分より遅い耐久ポケモンの回復やあくびなどを阻害できる。 また、相手の壁貼り展開やトリックルームなどをある程度妨害したり、わるだくみなど起点にしにくる相手に交代際に刺せば起点回避も可能。 他に「がんせきふうじ」「すなじごく」「まきびし」など有用な技はあるが、物理受け基本型では採用スペースが足りないため紹介程度に留めておく。 運用・構築 基本的な仕事は、受け切れる物理アタッカーに繰り出し、交代際にボディプレスなどで相手パーティへ負荷をかけて行くこと。 特殊アタッカーを失った相手をてっぺきで詰ませること。 立ち回り上の注意点は、 『相手のちょうはつ』『ゴーストタイプにゴツゴツメット以外のダメージソースがない』という点。 要警戒である。 しっかり論を読んで下さった方ならお分かりの通り 間違ってもがんじょうの行動保証にモノを言わせててっぺきボディプレスで全抜きを狙う型ではないので、初心者の方は特に気をつけて運用していただきたい。 初心者にありがちな鉄壁を積みエースと勘違いし、の前で10まんボルト程度なら耐えられると踏んで強引にボディプレスを打つプレイング。 受けサイクルを自分で破壊しているようなものである。 交代読み役割破壊技等以外 相性の良い味方 最強の特殊受け。 と一貫する弱点がなく、極端に物理に弱いという最大の欠点を補い合える。 最早特殊版。 ステルスロックを覚えるため、ふきとばしを採用して昆布戦法で荒らせる。 ラキムドーは現環境でも恐らく通用する。 弱点こそ目立つものの、特殊潰しとしてまだまだ現役。 ボディプレスの習得によって、削りスピードが大幅に早くなったため、回復ソースがたべのこししか無いという最大の欠点をある程度カバーできるようになった。 受けサイクルだとダイマックスを切れるポケモンが限られてくるので、そういった面でも打って付け。 あついしぼうならやを止められる。 ダイマックス前提のとつげきチョッキも採用可能。 こうげきが高く遂行スピードが早い点、ステルスロックと相性の良いあくびを扱える点はにはない長所。 でんきの一貫こそ作ってしまうものの、ほのおに強く、の弱点を狙うエスパーじめんにはが出ていけるため相性補完は抜群。 おわりに に物理耐久負けてなくてよかったとホッとしてたら、ボディプレスが結構エゲツない威力であることが判明しすぐに育成しました... 久々のであったため完全に失念しておりました。 今作の無道は剣舞ダイジェッターとしても面白そうですね。 気になるガアとの差別化も分かり易く良かったです。 DとSの実数値が恐らくおかしい(逆V下降補正?)ので意図がなければ直して頂けるとより良い育成論になるかと思います。 驚く程の耐久ですね。 はねやすめも普通に間に合いますし、鉄壁を積む余裕すらありました。

次の

アーマーガア育成論 : 環境に刺さるボディプレスアーマーガア|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

アーマーガア 育成

アーマーガア育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 アーマーガアはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 エアームドとテッカグヤと同タイプでこの2体はポケモン剣盾(ソードシールド)では存在しない。 そのため、アーマーガアは唯一の複合タイプとなる。 合計種族値は高くないが特攻や素早さが低く、それ以外の能力値が高めとなっており、配分がいい。 「ビルドアップ」「てっぺき」といった積み技と「はねやすめ」といった回復技の両方を覚えられる点も優秀。 技構成の選択肢が多く型が読まれにくいのも利点。 隠れ特性の「ミラーアーマー」で能力ダウンを相手に跳ね返し、崩されることを防げるだけでなく相手を弱体化させられるのも強力。 耐久ポケモンとして非常に優れているが、耐久指数は圧倒的に高いわけではない。 特に特殊方面は並よりは高い程度であるため、注意が必要。 受けられる相手を見極めて繰り出していくことが大切だ。 スポンサーリンク アーマーガアの特性 プレッシャー (受けた技のPPを1多く減らす。 ココガラ、アオガラスの時「するどい目」) きんちょうかん (相手のポケモンは木の実が食べられなくなる。 ) ミラーアーマー(隠れ特性) (自分が受けた能力ダウンの効果だけを跳ね返す。 ココガラ、アオガラスの時「はとむね」) 考察 基本的に「ミラーアーマー」一択と言っていい。。 「ダイホロウ」をはじめとする能力低下を跳ね返せるのが強すぎる。。 うらみを使って相手の技のPPを消耗させる立ち回りをするなら「プレッシャー」も選択肢にはなる。 「きんちょうかん」は相手が木の実を使うことを防げる。 だが、木の実を持たせていない相手の場合は無意味であり、発動機会は少なめ。 優先度が一番低い特性と言わざるを得ない。 ただし耐久を削ってしまうのが難点。 そらをとぶ 飛 90 95 1ターン目に空に飛びあがり、2ターン目に攻撃。 タイプ一致技。 相手がダイマックスした場合などにターン稼ぎができる一方で、読まれると相手に有利なポケモンに交換されてしまうので注意したい。 ドリルくちばし 飛 80 100 なし タイプ一致技。 威力は高くないが命中安定でデメリットもない。 アイアンヘッド 鋼 80 100 怯み30% タイプ一致技。 威力は低めだが命中安定。 「ダイジェット」や「こうそくいどう」などで素早さを上げてやれば怯み30%も活かしやすくなる。 ボディプレス 格闘 80 100 攻撃の代わりに防御でダメージ計算を行う。 アーマーガアは元々防御が高く、「てっぺき」も覚えるので活かしやすい技。 とんぼがえり 虫 70 100 自分交代 交代読みで使っていこう。 「ちょうはつ」や「おいかぜ」があるので使うタイミングは図りやすい。 しっぺがえし 悪 50・100 100 後攻で攻撃すると威力2倍になる。 素早さが低めなので、積んで素早さを上げないなら採用の選択肢となる。 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 てっていこうせん 鋼 140 95 最大HPの2分の1を削って攻撃できる。 サポート型で候補。 退場技として使うことができ、相手にも負荷をかけられる。 てっぺき 鋼 - 自身の防御を2段階上昇。 防御を大きく上げることができる。 「ボディブレス」とも好相性。 こうそくいどう 超 - 自身の素早さを2段階上昇。 低めの素早さを補い、先手をとりやすくなる。 はねやすめ 飛 - HPを半分回復する。 使ったターンに飛行タイプを失う。 優先度が高い回復技。 耐久型であれば必須。 先手で使うと格闘・地面タイプの技が刺さってしまうので注意しよう。 ちょうはつ 悪 100 3ターンの間相手は攻撃技しか出せなくなる。 相手の耐久型、サポート型のポケモンに刺さる。 おいかぜ 飛 - 4ターンの間、味方の素早さを2倍にする。 交代しても効果は持続する。 後続へのサポート技として選択肢となる。 リフレクター 超 - 物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 5ターン持続。 自身の物理耐久上昇兼味方サポート手段。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 5ターン持続。 唯一の特殊耐久を上げる手段。 味方サポートにもなる。 うらみ 霊 100 相手が最後に使った技のPPを4削る。 特性「プレッシャー」とあわせて相手PPを減らす戦術が可能。 HPと防御に全振りにして物理耐久を高めており、回復技の「はねやすめ」もあるので、 ゴツゴツメットを持たせていれば、攻撃されているだけでも、相手を消耗させることができる。 攻撃技は環境に多いミミッキュに抜群がとれる「アイアンヘッド」の優先度がやや高い。 「てっぺき」、「ビルドアップ」、「リフレクター」などを使うことで、物理アタッカーに突破されずらくなる。 「てっぺき」を使うつもりなら相性がいい「ボディブレス」はぜひ覚えさせておきたい。 火力を上げて攻撃もしていきたいなら「ビルドアップ」を採用するといい。 「リフレクター」であれば物理受けをこなしつつ、味方サポートをすることができる。 特殊耐久も意識するなら「ひかりのかべ」を採用するのも選択肢となる。 素の耐久値はそれほど高くないので、相性的に有利な相手に出して積む立ち回りが重要だ。 「ダイジェット」で素早さを上げられタイプ一致となる飛行技は確定。 素早さは「ダイジェット」後に最速リザードン1抜き調整となっており、 サザンドラ抜き調整をしているポケモンも抜ける。 タイプ一致でフェアリーに刺さり、素早さを上げていれば怯みも狙える「アイアンヘッド」も確定。 「ダイスチル」で防御を上げられる点も優秀だ。 ボディブレスは「ダイナックル」で攻撃を上げられるので優先度が高い。 特性「ミラーアーマー」があるので、能力を下げられたりすることなく積みが可能。 ダイマックス技で攻撃しながら安定して積みができるのが非常に強力と言える。 積み技読みで「ちょうはつ」を撃たれることが多く、この型でダイマックス技で攻撃すれば、相手の計算を狂わせられることが多い。 他のパーティメンバーとも相談して、物理受けにするか特殊受けにするか決めるといい。 サポート終了後は「とんぼがえり」で交代するか「ブレイブバード」で負荷を与えつつ倒れて退場するのが特におすすめ。 「てっていこうせん」で退場する場合は特攻ではなく攻撃を下げる性格に変更していこう。 どうぐは「リフレクター」や「ひかりのかべ」を長持ちさせられる「ひかりのねんど」の優先度が高い。 「ちょうはつ」による妨害を嫌うなら「メンタルハーブ」もおすすめだ。 スポンサーリンク アーマーガアのパーティメンバー考察 アーマーガアは炎と電気に弱い。 よって、炎・電気に強い交換要員は用意しておいたほうがいい。 なかでも電気・ドラゴンタイプの パッチラゴンがパーティメンバーとして優れている。 パッチラゴンは炎と電気に強く、地面・フェアリー・ドラゴン・氷が弱点。 アーマーガアは地面無効でフェアリーとドラゴンは半減できる。 また、アーマーガアをサポート型にするつもりであれば、エースとなるポケモンも必要だ。 もちろん、 パッチラゴンをエースにするのもおすすめだが、それ以外にも選択肢を用意しておき、 相手パーティにあわせて柔軟に対応できるパーティを目指そう。 アーマーガアの対策 アーマーガアの鋼技・飛行技に強く、弱点をつけるポケモンであれば対策できる。 ヒートロトム、 ウォッシュロトム、 スピンロトムなどが当てはまる。 リザードンも鋼技を軽減でき、アーマーガアを起点にして積むことができる。 補助技を使うアーマーガアが多いため、「ちょうはつ」を使えるポケモンを用意しておくのもいい。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

【ポケモン剣盾】アーマーガアの育成論と対策

アーマーガア 育成

『ポケットモンスターソード・シールド(ポケモン剣盾)』の対戦で強力なポケモンの1匹、「アーマーガア」の育成論を掲載しています。 「オボンのみ」を持たせて繰り出し性能を上げ、物理ポケモンを受ける役割を持たせた「物理受けアーマーガア」の育成論をご紹介します。 5倍 0. 25倍 無効 解説 特殊物理共に安定した耐久を持ち 、回復技や耐久を上昇させる積み技もある優秀な受けポケモンで、特にタイプによる耐性から物理の受け適性が非常に高いポケモンです。 「サニーゴ」「ナットレイ」などの耐久ポケモン相手でも「ちょうはつ」によって動きを封じる事が出来、特殊以外であれば幅広い相手に対応してく事が可能です。 特性の「ミラーアーマー」によって「ダイホロウ」などの防御ダウンも受けずに立ち回れるというのもポイントです。 タイプも相まって非常に広い範囲の物理アタッカーを受ける事が出来、一度てっぺきを積んでしまえばほとんど 物理では突破不可能なレベルの耐久になります。 ウエポンは3択ですが、てっぺきを使用する場合は「ボディプレス」の選択肢が非常に強く1度の行動で防御面攻撃面の両方を強化する事が可能になります。 どれを採用しても半減以下にされてしまう相手は環境に多数存在するので自分のパーティと相談して採用を決めるか、「ちょうはつ」を削って2ウエポンにしましょう。 ちょうはつの優位性は相手の耐久ポケモンに仕事をさせづらい点、アーマーガアミラーに強くなる点、最悪の場合でも起点にはなりづらい点などが挙げられます。 メインメニュー•

次の