パワースポット バス旅行。 2020年08月≪スピリチュアル添乗員 五斗美湖 と行く≫毎月13日のみ!芦ノ湖を船で渡る≪九頭竜神社≫の「月次祭(つきなみさい)!」への日帰りバスツアー≪関東全域のパワースポットの中でもここはスゴイ!≫|その他|日帰りバスツアー【バス比較なび】

2020年08月≪スピリチュアル添乗員 五斗美湖 と行く≫毎月13日のみ!芦ノ湖を船で渡る≪九頭竜神社≫の「月次祭(つきなみさい)!」への日帰りバスツアー≪関東全域のパワースポットの中でもここはスゴイ!≫|その他|日帰りバスツアー【バス比較なび】

パワースポット バス旅行

日本を代表する山岳観光地「上高地」。 長野県松本市、標高1500mに位置し、登山家に人気の穂高連峰や槍ヶ岳などの名峰が立ち並ぶ北アルプス登山の玄関口でもあります。 大自然に囲まれた上高地全体が大地のエネルギーの強い土地ではありますが、上高地のシンボルともいえる「河童橋」から歩いて1時間ほどの場所にある「明神池」は、奥上高地の穂高神社奥宮境内にあり、神域となっているエリアです。 池はひょうたん型で「一の池」と「二の池」に分かれており、湖面へ映る木々が美しく、静かで神秘的な感覚を味わうことができます。 晴れた日には、穂高神社の御神体でもある「明神岳」が池に映りこみ、一層「気」が高まると言われています。 美しい山岳風景と避暑を求めてくる人が多い中、神様のパワーが降り立つこの場所で、ゆ〜っくりと深呼吸を。 澄んだ空気がからだ中に広がり、自分自身が自然の一部となったようなパワーがあふれてくるのではないでしょうか。 「日本で一番『気』が出ている場所は分杭峠」とも言う人もいるほど注目されているパワースポットのひとつであり、長野県伊那市にある、南アルプスの西側を走る伊那山脈の峠の一つで、標高1424mの地点にあります。 中国湖北省蓮花山の「ゼロ磁場」を発見した張志祥氏により発見され、杭を分ける峠という名の通り「長谷」と「下伊那郡大鹿村」の境に位置する、古くから遠州秋葉神社へ至る「秋葉街道」の峠のひとつでした。 日本最古で最大、最長の巨大断層地帯ともいわれる「中央構造線」は、陸上部分だけで全長1000kmにもなる大断層ですが、地質の全く異なる地層同士がぶつかり合っており、「地球のエネルギーが凝縮されている地点」と言われています。 「ゼロ磁場」というのは、電磁誘導の原理(電流の変化が磁場を作り、磁場の変化が電流を起こす現象のこと)でいう2つの磁界の方向が向き合って、「ゼロ」になっている場所を指しています。 つまり、2つのエネルギーが向き合うことによって、本来発生するはずのエネルギーが見かけ上、ゼロになっている状態です。 両側から強い力で押しているのに、見かけ上静止しているように見えるだけで、実際には双方からエネルギーが加わっており、断層にはものすごく強いエネルギーの蓄積があるといえます。 分杭峠のような本当の「気場」では、ただそこに立っているだけで、身体中に「気」が浸透していきます。 ただただ時間の流れに身をまかせて、リラックスしましょう。 日本最大の巨大断層から湧き上がる「ゼロ磁場」のパワーが伝わってきます。 戸隠神社(とがくしじんじゃ)は、長野県長野市北西部にある、「戸隠山」という山の周りに建つ五つの社の総称です。 この戸隠を語るうえで、高千穂地方に伝わる「神話」に詳しい人ならば誰でも知っている「岩戸隠れ」というエピソードがあります。 中でも、奥社へ向かう参道と、中社と奥社の中間に位置する「鏡池」には、緑のパワーが満ち溢れています。 最近では、「恋愛運に効果のあるパワースポット」として若い女性が多く訪れるため、より活気のある強いパワーが満ち溢れるようになったと言われています。 これからの季節、「鏡池」は紅葉の名所でもあります。 森のパワーを感じにぜひ信州へお出かけください。 岩戸伝説(天岩戸隠れ) その昔、天照大神は、弟の乱暴を怒って天の岩屋へ入ってしまいました。 世の中は真っ暗闇になり、いろいろな悪い神々が出てきて、恐ろしいことや、悲しいことが次々におこりました。 大勢の神様たちは、岩屋の前に集まって、天照大神に岩屋から出ていただくにはどうしたらいいだろうかと、相談をしました。 その時、戸隠神社の中社にお祀りされている天八意思兼命のアイデアで「私たちが岩戸の前で踊ったり歌ったりして楽しそうにしていると、気になって岩の外を覗かれるはず」となり、神々達は岩屋の前で楽しそうに歌ったり踊ったりしていました。 岩屋のなかの天照大神が気になって、そおっと岩戸をあけて外をご覧になった瞬間、岩戸のかげで待ち構えていた天手力男神(戸隠神社・奥社にお祀りする神様)が岩戸に手をかけ一気に岩戸を開け、天照大神を岩屋からお出しすると、世の中は再び明るくなり、悪い神々は、にげ去ったと言われています。 そして、その岩戸を「エイッ」と持ち上げ下界へなげすてた際、岩戸は勢いよく宙を飛んで日本のだいたい真ん中…「戸隠」へ落ちたと言われています。 榛名神社(はるなじんじゃ)は、群馬県高崎市にある関東屈指のパワースポット。 赤城山・妙義山と共に上毛三山の一つとされる「榛名山」の神を祀る神社で、主祭神は「火の神様・火産霊神」と「土の神様・埴山姫神」です。 榛名山の中腹に位置し、神社周辺一体が「神域」とされており、約1400年ともいわれる長い歴史をもつ神社であり、過去には修験道の修行場としても名を馳せていました。 もっとも強い「気」を持つ場所は、榛名神社本殿の後ろにそびえたつ巨岩「御姿(みすがた)岩」といわれています。 本殿を飲み込むように建つこの岩は、神様自身のお姿であるともいわれており、この巨岩を前にすると、えもいわれぬ強いパワーを感じる人も少なくありません。 「御姿岩」以外にも、神社一体には巨木や巨岩が数多く残っており、独特の雰囲気と力強いパワーが伝わってくるようです。 巨岩奇岩に囲まれながらゆっくりと参道を歩き、神秘の力にゆっくりと身体をなじませると、まるで自分が自然の一部になったかのような「おだやかな気」に包まれます。 首都・東京の真ん中とは思えないほど、豊かな森に囲まれた社「明治神宮(めいじじんぐう)」。 この森の北端には都内屈指のパワースポットと呼ばれる「清正井(きよまさのいど)」が、今日もこんこんと清水を湧かせています。 明治神宮は東京都渋谷区にあります。 元日には必ずニュースをにぎわす、初詣客日本一(約300万人)の名社です。 御祭神は「明治天皇」と「昭憲皇太后」。 この森を造るために各地から献木が寄せられ、ゆくゆくは自然林化するように、と計算されて作られたこの場所は、生前の両陛下が好きだった代々木御料地でした。 その中にあった、湧き水の井戸こそが、今、注目を集めている「清正井」なのです。 江戸初期より約300年、こんこんと絶え間なく湧き水を溢れさせてきたその井戸は、「土木の神様」と呼ばれる戦国武将・加藤清正が掘ったといわれています。 計算しつくされた巧妙な掘り方と、都内屈指の水質のよさが、雄大な自然のエネルギーと調和し、井戸そのものにパワーがもたらされたのでしょうか。 ふらりと気軽に立寄ることができる、都内でもっとも支持されているパワースポット。

次の

【公式】パワースポットツアー特集|四季のバス旅

パワースポット バス旅行

鳥居の向こう側は急勾配の階段になっています。 車ではなく、ふもとの下宮から徒歩で登ってきた場合は、この階段が最後のラストスパートの箇所となります。 下宮から山頂の本宮まで徒歩で行く場合、片道40~50分の軽めの登山となります。 登山と思えばそうでもないですが、観光気分ではかなりハードです。 でも徒歩で登りきったあとの感動もひとしおです。 弘法大師(空海)の生まれた場所として知られ、和歌山県の高野山、京都府の東寺と並び、弘法大師三大霊場に数えられる寺院です。 さまざまな修行体験ができることでも有名で、「四国八十八ヶ所お砂踏み」では、砂の上を歩いて礼拝していくことで四国八十八ヶ所霊場の巡拝と同じ功徳を積むことができるそうです。 東院にある善通寺のシンボルともいえる五重塔や樹齢1,000年を超える大楠は、神聖な力を感じられる場所でパワースポットとしても人気です。 美しい曲線が特徴の石垣は日本一の高さを誇り「石垣の名城」とも呼ばれています。 重要文化財に指定されている天守は「日本一小さい」天守として知られていますが、全国に現存する木造天守十二城の内の一つでもあります。 また、二の丸にある井戸は深さがなんと65mあり、井戸の深さとしては日本一と言われています。 ということで、丸亀城には「3つの日本一」がありますので、ぜひご自身の目で確認してみてください。 屋島の山上にある屋島寺は、四国八十八ヶ所霊場の第八十四番札所にあたる寺で、全国的にも珍しい「たぬき」がご神体として祀られています。 屋島寺のたぬき「太三郎狸」は、一夫一妻の契りを固く結んでいたことで知られており、そのことから、家庭円満、夫婦円満、子宝授け、縁結びの神として信仰されています。 ちょっとほっこりするたぬきの神様がいる屋島寺へお参りしてみてはいかがでしょうか。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 屋島寺(やしまじ) 住所 香川県高松市屋島東町1808 電話番号 087-841-9418 アクセス ・ことでん「屋島駅」からバスで約10分終点下車、徒歩2分 ・ことでん「屋島駅」から徒歩約40分 営業期間・時間 宝物館9:00~17:00 記帳の受付時間は7:00~17:00 料金など 宝物館入館 大人500円・中学生以下300円 平均滞在時間 約30~40分 3分 10 獅子の霊巌展望台 屋島は標高290mほどの台地で、山上にはいくつもの展望台があります。 屋島寺のすぐそばにある「獅子の霊巌(ししのれいがん)」は、、談古嶺(だんこれい)、遊鶴亭(ゆうかくてい)と並ぶ屋島三大展望台のひとつで、高松市街の街並みはもちろん瀬戸内海の多島美を一望することができる人気の展望台です。 三大展望台の他2つ、談古嶺は山上駐車場から徒歩2分と近く、そのまま徒歩で行けてしまいます。 遊鶴亭は山上駐車場から徒歩30~40分と、ちょっと距離がありますが屋島の北端に位置しているため瀬戸内海の眺望は随一とされています。 獅子の霊巌からの景色で十分満足できますが、時間に余裕があれば、ぜひ3つの展望台を制覇してみてください。 【観光地・店舗】の基本情報 名称 獅子の霊巌展望台(ししのれいがんてんぼうだい) 住所 香川県高松市屋島東町 アクセス ・ことでん「屋島駅」からバスで約10分終点下車、徒歩約5分 ・ことでん「屋島駅」から徒歩約40分 平均滞在時間 約30~40分 約20分 11 栗林公園 国の特別名勝に指定されている文化財庭園の中で日本最大の広さを持つ栗林公園。 大きな池の周りに起伏に富んだ地形で山や谷を表現し、池の周りを散策できるように造られた大名庭園は、広い園内を回りながら様々な景色を楽しむのが最大の魅力です。 ミシュラン・グリーン・ガイドで三ツ星を獲得したこともあり、庭園に興味がない方でも一見の価値がある観光スポットです。 料金など 大人410円、小人170円 平均滞在時間 約1時間 約30分 12 高松空港.

次の

パワースポットバスツアー特集

パワースポット バス旅行

2019年2月から始まり毎月多くのご予約を頂戴してきた「世良田八坂神社などの群馬県御朱印めぐりツアー」。 限定御朱印やカワイイ御朱印がたくさんのツアーです。 八坂神社様では10月は秋祭り、12月はお正月の準備などがあるため、10月以降はお忙しい時期が続くそうです。 御朱印もかなりの待ち時間が発生してしまうため、10月以降はツアーの受け入れは難しいというお話をいただきました。 そのため、残念ながら現在の行程でツアーを実施できるのは9月までとなりました。 残すところあと3回で、しかも9月は珍しく開催日が日曜日に重なっています。 これまで平日開催が多かったためなかなか参加できなかったという方は、ぜひこの機会にご参加ください。 残り3回のみです!• 8月12日掲載 ・[日程追加] 好評につき新たに9月28日 土 の日程を追加いたしました。... ・この日しかもらえない例大祭限定のお札 ・【四季の旅】のツアー限定の御朱印 という大変貴重な品が頒布されます。 この日に合わせて【四季の旅】が初めてツアー化したオリジナルツアーです。 一般公開に先がけて、メールマガジンをお読みの方限定で特別に先行予約を実施いたします。 6月27日 木 11時45分頃のメールマガジンで予約を開始。 24時間以内のご予約で500円割引です。 昨年は予約開始から24時間で100名様以上のご予約をいただいた大人気ツアーです。 キャンセル待ちも多数いただいたツアーですので、気になる方はすぐにご予約ください。 6月27日 木 のメールマガジンで予約開始です!予約開始まであと1週間。 今しばらくお待ちください。 メルマガ会員登録は• 6月20日掲載 ・[イベント] レイライン上にあるこの神社では... シンプルなもの、墨書きが力強く迫力があるもの、カラフルで可愛らしいもの、見開き1ページ全体を使った珍しいもの、期間限定の貴重なものなど、全国には様々な御朱印があります。 【四季の旅】ツアーの中でも、特に素敵な御朱印を出されている神社仏閣をピックアップしました。 特に人気が高い御朱印については、をご覧ください。 また、以下ではジャンル別に御朱印を紹介していますので、ぜひ御朱印めぐりの参考にされてください。 さあ、次はどこの神社仏閣に行きますか?.

次の