ゼットスケーラー株価。 ジースケイラー【ZS】:企業情報/株価

期待の米国銘柄ゼットスケーラー【ZS】│株式投資(米国株+α)で資産1億円を目指すブログ

ゼットスケーラー株価

Zスケーラー ZS の株価・配当・評判 ナスダックに上場している海外株の銘柄、Zスケーラー ZS の株価・配当・評判・チャート・最新ニュースから、国内証券での取り扱いまで紹介します。 セキュリティをクラウド型で提供するIT企業です。 menu f Zスケーラーとは? fE インターネットアクセス、プライベートアクセスなどで、ウェブトラフィックを監視するネットセキュリティをSAAS型で提供しています。 WebトラフィックをZscalerに転送するだけで利用できるため、サービス活用の敷居が低いのがメリットの一つです。 2007年、カリフォ... スポンサーリンク ティッカー: ティッカー検索 Zスケーラーの株価 スポンサーリンク Zスケーラーとは?インターネットアクセス、プライベートアクセスなどで、ウェブトラフィックを監視するネットセキュリティをSAAS型で提供しています。 WebトラフィックをZscalerに転送するだけで利用できるため、サービス活用の敷居が低いのがメリットの一つです。 2007年、カリフォルニアで設立されています。 Zスケーラーは買い?このZスケーラーは、日本でも活躍しています。 「Zscaler with KDDI」としてKDDIが同社サービスを提供しています。 日本法人自体も存在します。 今後ともウェブ関連のセキュリティは注目される分野です。 バリエーションの評価はさておき、株価動向についてはチェックしておいても面白そうです。 Zスケーラーの最新ニュース.

次の

ZSの株価とチャート — NASDAQ:ZS — TradingView

ゼットスケーラー株価

ゼットスケーラーは世界の著名な組織に対して、モバイルおよびクラウド環境に適したネットワークとアプリケーションの安全な利用を支援しています。 フラグシップサービスであるZscaler Internet Accessおよび Zscaler Private Accessにより、デバイス、ロケーション、ネットワークを問わず、アプリケーションに対する高速かつセキュアな接続を実現します。 ゼットスケーラーのサービスは185ヵ国以上で利用されており、世界最大のクラウドセキュリティプラットフォームを運用することで、膨大な数の企業や政府関連機関をサイバー攻撃や情報漏えいから保護しています。 日本国内におけるeラーニングの導入初期からシステム及び教材コンテンツの受託開発を手掛けており、現在は汎用的なeラーニングの製品及びサービスを提供しています。 ・クラウド型学... 脳トレにより、英語力と潜在能力を最大限発揮する新たな英語習得法です。 標準で全10回のレッスンを受け、目や脳の使い方を変えるだけで、誰でもネイティブより速く英語が読めるよ... add-soft. add-soft. お近くのお引越しから長距離のお引越し、事務所の移転にいたるまで、安心・納得の価格とサービスでオンリーワンのお引越しをご提案いたします。 返済不要の「助成金」もらい忘れていませんか? 1社あたり年間平均受給額が207. 5万円になる助成金のご案内をしています。 1 お客様に代わって3000種類の助成金を調査 2 受け取りやす... データセンターは企業ネットワークの枢軸であり、新しいアプリケーションの運用や業務の遂行を可能にするエンジンです。 しかし、導入や拡張は複雑で難しく、広範囲に及ぶスキル セッ... 弊社は、アプリ制作・販売事業・PR事業などを行っております。 【オリジナルアプリ「poc app」について】 poc app(ポックアップ)は自社・店舗向けのオリジナルアプリサービスです。 ストレスチェック対応でもう悩まない オールインワンパッケージで楽々対応。 一般社団法人フィンテックガーデンは、国内のフィンテックデータを統合する共通プラットフォーム「フィンテックガーデン」を構築および運用する団体として誕生しました。 利便性の高...

次の

注目のITセキュリティ企業「クラウドストライク」がナスダックにIPO(新規上場)! 競合の「ズィースケーラー」も堅調なので、人気化する可能性は高い!|世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン

ゼットスケーラー株価

[スポンサードリンク] Zscaler Inc. 2007年に創業し、上場(IPO)は2018年3月16日、決算7月。 ティッカーシンボルは「ZS」。 英語では「ジースケーラー」と発音しますが、日本では「ゼットスケーラー」と呼ぶのが一般的のようです。 ゼットスケーラーの株主など 大株主にはゼットスケーラーのCEOのJay Chaudhry(ジェイ・チョードリー)氏が、37. 競合企業を上げるなら、同じくクラウドでのセキュリティー提供している「」や、ノートンなどのセキュリティーソフトを扱っている「 Symantec( NLOK)」でしょうか。 日本の企業では「 トレンドマイクロ」でしょうか。 ゼットスケーラーのセキュリティーサービスでは、 クラウド時代の今、コンピューティング、モバイル、IoTと言われるモノのインターネットなどあらゆるデバイスからのアクセスにおいて、ゼットスケーラーのセキュリティーはその力を発揮します。 モバイルデバイス向けで、マイクロソフトより認証を受けている唯一のセキュリティー企業です。 クラウドストライク(CRWD)との違い ゼットスケーラー(ZS)がモバイルやクラウドのデータセンターへの安全な接続を可能とするセキュリティーを提供しているのに対し、クラウドストライク(CRWD)では、クラウド空間での挙動検知などを強みとしており、両社の特徴となっています。 その中でも、ゼットスケーラーの「ZPA」というサービスでは、完全にクラウドで提供されています。 そして、それぞれのデバイスとアプリの間にセキュアセグメントを作成することで、 許可されたユーザだけが特定のプライベートアプリケーションにアクセスできるようになります。 その他にも、 RSA、Okta、OneLogin、Ping Identityなどのシングルサインオンプロバイダーと統合されています。 それらクラウドアプリケーションのセキュリティをシンプルにし、強化します。 ZPAを導入する場合には、クライアント端末に「Zscaler App」をインストールし、利用中のクラウド環境や自社のデータセンターにコネクタ(仮想アプライアンス)をインストールし、「Zscaler Cloud」に接続するだけで導入ができてしまうという簡単さです。 自宅でも業務を行う従業員が、オフィスにいるときと同様の安全性を担保しながら、セキュアな通信環境を提供してくれるのが、ゼットスケーラーのセキュリティーサービスです。 com証券) 日本ではソフトバンクがゼットスケーラーのサービスを提供 ゼットスケーラーのビジネスは、グローバルな電話会社の1つに影響を受けています。 武田薬品や、伊藤忠などでも導入されています。 海外でも、 AT&T、Verizon、British Telecom、Orange Business Services、Swisscomなどが、ネットワークとセキュリティサービスの一部としてZscalerを積極的に販売しています。 テレワークでのゼットスケーラーの強みやメリット 今回の新型コロナウィルスの影響で、在宅勤務が増えました。 そんな環境の中、自宅から、さまざまなデバイスからいろんな情報にアクセスします。 その中で、社内外のリソースやアプリケーションに安全にアクセスできること。 リアルタイムにセキュリティ状況を可視化できること。 コンプライアンスを確保できること、Webとメールのセキュリティが完全に融合されている点などがゼットスケーラーの強みであり、利用する側としてのメリットとなるでしょう。 価格としては、規模や選択するサービスによって違ってきますが、1ユーザーあたり100円~500円程度と安価です。 選べるサービスには、メールやWebのどちらも利用することも、どちらか一方だけ利用することもできます。 ゼットスケーラー、Edgewise Networks社を買収へ 2020年6月4日ゼットスケーラーは、パブリッククラウドとデータセンター向けのアプリケーション間の通信セキュリティの先駆者であるEdgewise Networksを買収したことを発表しました。 Edgewise Networksは、アプリケーションソフトウェア、サービス、プロセスのIDを検証してゼロトラスト環境を実現し、East-West通信を大幅に改善した企業です。 これにより攻撃対象領域が格段に減少し、不正アクセスやデータ漏洩のリスクも軽減されることになります。 [スポンサードリンク] ゼットスケーラー(ZS)の業績・決算 ゼットスケーラーの決算は7月なので、まもなくですね。 前期までは、順調に売上高を伸ばし、営業キャッシュフローも伸ばしています。 2020年期の決算も注目したい所です。 ゼットスケーラー(ZS)の株価の推移と時価総額 (出典:Google finance) ゼットスケーラーは2018年3月16日に株価33ドルでナスダック市場に上場(IPO)してから、現在100ドル近辺まで約3倍ほど上昇しており、現在の時価総額は129億ドル(約1兆3000億円)となっています。 2020年7月の決算が良ければ、さらに株価が上昇しそうです。 決算に注目です! (また決算後に追記するかもしれません。 ) 参考 ・ ・ ・.

次の