ホーンテッド マンション 花嫁。 ホーンテッドマンションの恐ろしくも悲しいストーリー

スプーキーBOOに花嫁ダンサー登場!どこのポジションで見れる?

ホーンテッド マンション 花嫁

にあるに1度は乗ったことがあるでしょうか。 きっと皆さん1度は乗ったことがあるのではないでしょうか。 では、 ストーリーを意識して乗ったことはあるでしょうか? アナウンスでも流れるおおまかな設定としては、 「には999人の幽霊たちがいて1000人目の幽霊を今か今かと探している」というものがあります。 『』 2003年 という映画がありますが、これは、 アトラクションが元になって映画が制作されたという非常に稀な作品のひとつです。 この映画のストーリーは、ある不動産業を営むジム(演じる)が、屋敷()を売りたいという依頼を受け、家族を連れ屋敷に向かいますが、悪天候により立ち寄るだけだったはずがこの屋敷で一晩を過ごすことになります。 屋敷で過ごす中、段々と屋敷の異変に気がついていきます。 それもそのはず、この屋敷の住人は全員が幽霊なのです。 この屋敷の主は、昔、恋人の死によって失恋したため、その未練から幽霊となってこの屋敷に住み着いていました。 そこに、かつての恋人のジムの妻が現れたので、ジムの妻を無理矢理花嫁にしとうとし、永遠にこの屋敷の住人にしようとするのです。 それをジムは止めるために、この屋敷の謎に迫るのです。 この 物語の元になったようなしかけがアトラクションには眠っています。 登場人物はもちろん、 マダムレオタや ザ・シンギング・バスツなどアトラクションのキャラクターたちが映画にも登場しています。 アトラクションには、花嫁になる前に死んでしまい未練が残り屋敷に住み着いてしまった ウエディングドレスの幽霊がいます。 幽霊であるにも関わらず、その心臓はドクドクと屋敷中に鳴り響いています。 (グリムグリニングゴーストが流れる庭に出る直前にいます)この幽霊は、映画に登場する、 屋敷の主のかつての恋人のモデルになっているのではないでしょうか? また他にも 幽霊たちの台詞をよく聞いているとそのシーンごとの背景が見えてきます。 どこまでも続く廊下が見えたあとに置かれている棺からは、 「出してくれ!」という声が聞こえてきます。 Send us a message from somewhere beyond Goblins and ghoulies, from last , awaken the spirits with your tambourine. Creepies and crawlies, toads in a pond. 魂からの声がして、そこら中で机が音を立てる。 今こそ答えるときだ。 こないだののときの、小鬼や悪魔たちのところから何かが聞こえる。 お前のタンバリンの音で霊魂たちを目覚めさせよ。 身の毛のよだつようだろう。 沼には蛙。 魔法使いと魔女たちの音楽を奏でよ、どこにお前たちがいようとも、その居場所をベルの音で教えよ。 ) と 呪文のようなものを唱えています。 どこにいようと、わたしたち客人の居場所を把握しておきたいのですね。 また、出口にいるマダムレオタは、 "Hurry back, hurry back, be sure to bring you death certificate, if you decide to join us. Make final arrangements now. We've been dying to have you... " (はやく帰ってきて。 わたしたちの一員になる覚悟が出来たら、必ず死者証明書を持って来なさい。 この場で認証してあげるわ。 わたしたちはあなたを 死ぬほど待っているのだから…) と言っています。 ゴーストホストも、 「おめでとう。 あなたが1000人目の亡霊だ。 亡霊たちの祝福はあなたがまたこの館に戻ってくるまで続くのです。 それに、亡霊の一人をあなたの家までお供させよう。 」 という言葉で最後をしめくくります。 この言葉に小さい頃は、家に帰っても幽霊がついて来てしまっている、と怖がったものです。 しかし、この台詞たちを通して、 いかに幽霊たちはゲストのことを焦がれているかが伝わってきます。 また、ソリを降りて、屋敷の外に出たところには、記念碑のようなものが刻まれています。 一見、この屋敷に関係のある人々の名前でも刻まれているのかな?と思います。 人名に見せかけて、ゲスト(もしくは幽霊たちの焦がれ人)に またはやく会いたいという気持ちが刻まれているのです。 にはたくさんのしかけがあります。 並んでいるときに、庭を経由すると思うのですが、庭には、蛙やうさぎ、鳩などの墓石も作られています。 彼らもこの屋敷に宿る999人の亡霊のひとりなのです。 どうでしたか? そんなの知っているよ!という方にはごめんなさい。。 笑 いつもなんとなく乗っているアトラクションを、 そういえばどういうストーリーなの?と思い返してみるのは楽しいかもしれません。

次の

「舞踏会の亡霊」「消える天井」 ホーンテッドマンションの仕組みとは?

ホーンテッド マンション 花嫁

ホーンテッドマンションの台詞 「ホーンテッドマンション」の台詞 ファンタジーランドにある「ホーンテッドマンション」のアトラクションの台詞です。 少しでもアトラクションを体験した雰囲気を味わえてもらえれば・・・。 1.最初に通される部屋(変わる肖像画) 天井にロウソクのシャンデリアが・・・。 ゲストの目の前には、みているうちに次第に骸骨へと変わってゆく肖像画が・・・。 <セリフ> 扉一つ無い部屋で身の毛もよだつ不気味な響きが館の中に広がる 蝋燭(ろうそく)の炎が 風も無いのに揺れ動く ほら、そこにもここにも亡霊達が・・・ 諸君の恐れおののく姿を見て、彼らは喜びの笑みを浮かべているのだ 紳士ならびに淑女(しゅくじょ)の諸君、ホーンテッドマンションへようこそ。 私はこの館の主、ゴーストホストである ッフフフフフ... さあ、もっと奥へ・・・ 後ろの方のためにもうちょっと詰めてもらえるかな もう、引き返すことは出来ませんぞ 全てはここから始まる まずは私の一族を見るがいい この魅力的な姿を・・・ 2.のびる部屋 <セリフ> この不思議な気配を諸君は感じただろうか 部屋がのびているのか、それとも諸君の目の錯覚なのか、よぉく見るがいい この部屋には窓も扉も全く無い フフフフフッ・・・ 慌ててももう遅い 果たして諸君はこの部屋から出ることができるかな ウァッハッハッハッハ・・・ 私ならこうやって出るがな (雷鳴) キャー(悲鳴) これは失礼 脅かすつもりじゃぁなかったんだが・・・ ハッハハハッ・・・ まだこれはほんの序の口 本物の恐怖はこれから、これから さぁ、案内するとしよう みんな一緒に付いてくるがいい この乗り物が諸君を恐怖の世界へ御案内する さぁ、諦めて乗りたまえ 足元には十分気をつけてな 3.ゲストはオムニーバー(ドゥームバギー)に乗り込みます。 <セリフ> セーフティーバーに触ってはいけない それを引くのは私の役目 動きだしても決して立ち上がらぬように そうすれば亡霊達は喜んで諸君を迎えるのです もう一つ、絶対にフラッシュを使わないで欲しい 亡霊達は強い光が好きではないのです ここに有るのは沢山の貴重な書物 それも、ぞぉっとするものばかり この大理石の胸像は、文学史上に名を残すゴーストライター達のものです ここには999人の亡霊が住んでおり、1000人目が来るのを待っているのです 誰か希望者はおりませんかな いや、私が勝手に選んでもいいんですぞ もし、亡霊になる決心がついたら後でお会いしよう ッフフフフフ・・・ この廊下は何処まで続くのか私にも分からない 凍るような寒さになったり、焼け付くような暑さになったり、嬉しいくらい住みにくい シィーッ ほら、聞こえるでしょう 4.マダム・レオタ Madam Leota (水晶の中にうつっている女性のこと。 Goblins and ghoulies, from last Halloween, awaken the spirits with your tambourine... Cree pies and crawlies, toads in a pond; Let there be music from regions beyond... Wizards and witches, wherever you dwell, give us a hint, by ringing a bell... (ゲストたちのために舞踏会を開催するべく、降霊を行っています。 ) 君たちの心が通じたらしい 一族が甦り、舞踏会の準備を始めたようだ 私も楽しんでくるとするか 君たちとはまた後ほど・・・ 5.グリム・グリム・ゴースト Grim Grinning Ghosts! <セリフ> おめでとう あなたが1000人目の亡霊だ 亡霊達の祝福はあなたがまたこの館に戻ってくるまで続くのです 8.ゲストの上の方に見えるリトル・レオタ Little Leota <セリフ> Hurry back, Hurry back. Be sure to bring your death certificate, if you decide to join us. Make final arrangements now. hmm hmm hmm hmm... (訳) 急いで! 仲間になりたいなら、死亡証明書を持ってきてね あなたには死ぬほどこちらに来てほしいの 9.オムニーバー(ドゥームバギー)を降りる前 <セリフ> セーフティーバーは私が上げる それに、亡霊の一人をあなたの家までお共させよう さぁ、足元に気をつけて またここに帰る日までどうぞご無事で・・・.

次の

「舞踏会の亡霊」「消える天井」 ホーンテッドマンションの仕組みとは?

ホーンテッド マンション 花嫁

町の長老たちから神聖なインドの埋葬地を汚すなという警告を受けていたにもかかわらず、 川を見下ろす丘を建設地として選びました。 建設中は、原因不明の事故に悩まされたりしましたが、1671年10月31日に無事完成し、家族と共にこの 館に引っ越してきました。 しかし、市長はこの館に引っ越してきてから気がおかしくなり、墓地に自らを密閉しました。 それにより、ヴァン一家はこの館から出て行くことになりました。 その後10年間、この館はホームレスの溜まり場や兵舎として利用されました。 1871年、その土地の有力者であるロナルド・スティーヴンズにこの館の権利が渡り。 ロナルドは館の修復工事を始めましたが、以前と同じく原因不明の事故が多発し、石工のフレッドが落石で事故死しましたが、ロナルドが石工の仕事を引き継ぎました。 1871年10月31日、スティーヴンズ一家がこの館に引っ越してきた直後、ロナルドは心を失ったようになり、墓石に自分の名前を刻んだ日にボイラーの爆発で死亡。 ロナルドの死後スティーヴンズ一家はアメリカ降霊術協会に館を売り。 協会は館のあるひとつの部屋を降霊術の会のための部屋に変え、夜中に霊を呼び出すために使われました。 1914年の協会の解散までに降霊の回数は900回を超えました。 その後、館はジョージ・グレイシーへと渡されました。 <グレイシー一族> ジョージ・グレイシー(称号、サー)は冬に過ごすための別荘としてその館を買いました。 しかし、ジョージが殺害された後、彼の未亡人はその館以外のグレイシー家の受け継がれた土地をすべて手放しました。 <初めの肖像画のある部屋> 肖像画の男性はこの館の主人であるゴーストホストです。 最初は普通の絵なのですがどんどん老いていって最後には白骨化してしまいます。 <伸びる部屋> ここでは、壁に四つの肖像画が飾られています。 真ん中の画像がそうです。 肖像画は、基本的に描かれた人たちの最後を表しているといわれています。 「まずは、左側の傘をさし、ワニのいる川の上で綱渡りをしている絵から。 この人は、主人の最初の妻です。 リリアン・マリー メアリー ・グレイシーです。 マダムレオタとの仲はかなり悪く、マダムレオタはリリアンが、昔サーカスの綱渡りをしていた事に目をつけました。 まだ、結婚して3ヶ月のある夜のパーティーで、「屋敷の横を流れる川を綱渡りして欲しい」とマダムレオタは頼みました。 リリアンはあまり乗り気ではありませんでしたが、あまりにマダムレオタが頼んでくるので結局やることにしました。 綱渡りをはじめてちょうど川の半分くらいまで来たところで、綱が切れワニの口の中へ・・・。 彼は、1937年にビルマの大使に任命されました。 ある日のパーティで、自分のズボンの用意ができるまで自分のスピーチに目を通していました。 そのとき、武装した軍団が大使館に入ってきました。 彼は地下室へと飛び込みんだのですがそこには、武装した者たちの仕掛けたダイナマイトが置いてありました。 そして彼はダイナマイトの上に乗り、こう叫びました。 「お前たちがこの建物を爆破するならば、お前たちも私と一緒に死ぬのだぞ」と。 その後大使館と一緒に死にました・・・。 彼らは、リトルレオタにだまされて森にある流砂に飲み込まれて死にました・・・。 」 「次に一輪の花を持ち、墓石の上に座っているのが主人の母、メアリー・ギルバート・グレイシーです。 その座っている墓石は夫のものです。 メアリーは、斧で夫を殺害しました。 だから墓石の胸像に斧が刺さっているのです そして彼女はどうしてか無罪になり、ヨーロッパへ移りました。 それから彼女からの連絡は途絶えたのです・・・。 」 <廊下の目が動く絵> 描いた人は主人のおばElma Belle。 年老いてから描いた作品と言われています。 題材としては館を訪れた御客さんです。 <ゴーストライターについて> 屋敷の図書室の職員が、本を取ろうとしてハシゴに登ったらバランスを崩し、それを助けようとしたゴーストライターの3人もハシゴと本の下敷きになり、4人とも死んでしまいました。 その事件を悔やんだ館の主人が図書室に胸像を置くことに決めました。 今でも本やハシゴが動いて今に落ちてきそうなのは、霊となった彼らたちが動かしているのか・・・。 <亡霊のピアノ弾きについて> ピアノを弾いている亡霊はLudwing Von Baroketchと言い、スイスの田舎の村で生れました。 15歳の時にドイツに移り、作曲家を目指しましたが彼の飲酒癖がたたり、結局作曲の途中で死んでしまいました。 しかし、死神にお願いして彼は13日間だけ死を延ばしてもらいました。 だが13日目の夜、死が迎えにきました時点でも曲は完成してませんでした。 彼は、また死までの期日を延ばしてもらおうとしましたが、願いかなわず死んでしまいました。 その後、彼の亡霊は曲を完成させるために夜になると自分のピアノにやってきているのです。 そんな曰く付きのピアノですが、このマンションにこのピアノがやってきたのはマダムレオタのおねだりからで、曰く付きだったからではなく、たまたまのことだったのです。 <無限の廊下> ここの場所は本当にお化けが出る率が高い場所だよ!!廊下の横を小さい子供が通ったり・・・。 <棺おけの中身> この亡霊はJamie Padgettと言います。 リトルレオタの婚約者でもありました。 彼はリトルレオタにだまされ、ドラキュラになってしまったのです。 この世に未練のある彼は棺おけからいつも出てこようとする為、リトルレオタが釘でフタをとめるのですが、それでも出て来ようとするので、リトルレオタは毎日午後になると、釘を打ち直しているのです。 何故、リトルレオタが彼を押し込めたがっているのか、その理由は彼女だけが知っているのです。 <無数の扉> 扉の中の亡霊たちは、リトルレオタによって閉じ込められた亡霊たちです。 夜中になるとリトルレオタは屋敷中の部屋をノックし、みんなの怖がる声を聞くことを楽しみにしています。 <マダムレオタについて> 水晶玉の中にいるのがマダム・レオタです。 マダムレオタと主人の関係と水晶球の中にいる理由は、マダムレオタは生まれつき特殊な能力を持ち、降霊術でとても有名でした。 しかしマダムレオタは、かなり悪賢い女でしたが、そんなことは知らない主人はマダムレオタを屋敷に住まわせるようになったのです。 マダムレオタは最初の妻 八角形の部屋の絵画に描かれている と二番目の妻 屋根裏部屋にいる を殺害した後、屋敷を『別の世界への入り口』にして欲しいと主人に頼みました。 しかし主人はその要望を拒否しました。 それにマダムレオタは怒り、二人の妻を殺したことを主人に告げます。 そして彼女は占いで使水晶玉の中に主人を閉じ込める呪文を唱えはじめたのです。 しかし、二人の妻を殺したのがマダムレオタであると知った主人は、気が狂ってしまい屋根裏へと行き、首を吊って自殺してしまいました。 そして彼女が唱えた呪文は、対象者がいなくなった為自分に降りかかり、水晶玉の中に入ってしまったのです。 <踊るカップル達> 舞踏会で踊っているカップルは6組います。 彼らは、マダムレオタのパーティーに招待された人たちだったのですが、ダンスを踊っていて調子に乗りすぎて、マダムレオタの怒りをかうこととなり、永遠にダンスを踊り続ける呪いをかけられ、踊り続けながら死に、なお今も踊りつづけているのです。 <永遠の決闘> 舞踏会場の上の方で撃ち合っている絵(向かって左のほうにあります)の亡霊の二人は、幼い頃から仲良しだったのですが、マダムレオタに会ったときから歯車が狂い始めました。 彼らはマダムレオタのことを好きになり、銃で決闘することになりました。 しかし、どちらの腕も互角だったので、相打ちとなり二人とも死んでしまったのです。 しかし、死んでしまった今でも彼らは決着をつけようと撃ち合っているのです。 <屋根裏部屋の花嫁> 彼女は主人の二番目の妻Emily Cavanaugh Graceyと言います。 彼女もマダムレオタに殺された一人です。 結婚式前日に主人とおふざけでかくれんぼをしていたのですが、彼女がトランクの中に隠れた時、マダムレオタがそのトランクに鍵をしてしまったのです。 彼女は主人がきっと見つけてくれると信じて待っていましたが、主人は花嫁が逃げたと思ってしまったのです 近くの商店の息子が疑われ、主人によって殺されてしまいます。 結局、花嫁はそのまま見つけてもらうことなくトランクの中で息絶えてしまうのです。 そして彼女は当時のときめきが止まらないのか、亡霊になった今でも心臓の音を悲しそうに鳴らしているのです。 自分を殺したトランクのそばに立って・・・。 <リトルレオタが小さいのは?> 最後に出会う彼女はとても小さいですが、彼女が三人の使用人(八角形の部屋の肩車をしている三人)を流砂で殺した時に木の枝から落ちて川に落ちました。 そして川から上がって来た時には人形の大きさまで小さくなっていたのです。 何故小さくなってしまったのかは不明です。 使用人たちの呪いだとも言われていますが・・・。 しかしリトルレオタには、色々な説があってちゃんとした事はぶっちゃけ分かりません><!! マダムレオタとリトルレオタは、親子関係とかマダムレオタとリトルレオタは、同一人物とかレオタは、昔ウォルトディズニーカンパニーで働いていたキャストの一人で、実在していた女性がモデルとか色々な説があります。 唯一生きてる人です。 そして隣りにいる犬は、管理人の犬です。 <その他の話し> ホーンテッドマンションに関わらずアトラクの見回りは絶対に一人では見回りには行きません!!必ず二人で見回ります。 昔・・・ホーンテッドマンションで・・・一人で見回った時に30分経ってきても帰ってこず、また30分経っても戻ってきませんでした。 そして次の日オムニムーバーを試運転していたら・・・その人が・・・。 <Gracey家の一族> ・屋敷の主人(ロビーの年老いていく肖像画の人それと天井が伸びる部屋で首吊りをしている人) 生 1890年10月31日 死 1943年2月29日 ・主人の最初の妻(天井が伸びる部屋でワニの上で綱渡りをしている人) 生 1896年8月3日 死 1937年6月14日 ・主人の2番目の妻(屋根裏部屋のウエディングドレスを着た人) 生 1925年3月17日 死 1941年11月1日 ・主人の父。 だからこの人がいなかったら・・・もしかしたらディズニーで知ってるいる音楽はなかったでしょう!! バディベーカーさんは、1918年生まれで2002年にお亡くなりました。 最後の曲が東京ディズニーシーの音楽でした・・・。 今日この人の名前を知ってくれて本当に嬉しいです。

次の