失業保険 支給額 計算方法。 失業保険はいくらもらえる?基本手当の支給額の自動計算はこちら

【いくら?】失業保険でもらえる金額の計算方法を解説【2020】

失業保険 支給額 計算方法

失業手当の支給額を調べるためには、次の順番で計算を進めています。 社会保険料(健康保険・厚生年金など)や税金などを差し引く前の金額ですね。 ただし、賃金日額には、離職時の年齢ごとに上限額・下限額が設定さています。 計算で出た金額が、以下の上限額(下限額)を超えている(下回る)場合は、上限額(下限額)を使って計算を進めていきます。 <離職時の年齢が29歳以下> 賃金日額 給付率 2,500円以上~5,010円未満 80% 5,010円以上~12,330円以下 80%~50% 12,330円超~13,630円以下 50% 13,630円超~ 上限額 -(上限額 6,815円が基本手当日額になる) <離職時の年齢が30~44歳> 賃金日額 給付率 2,500円以上~5,010円未満 80% 5,010円以上~12,330円以下 80%~50% 12,330円超~15,140円以下 50% 15,140 円超~ 上限額 -(上限額 7,570円が基本手当日額になる) <離職時の年齢が45~59歳> 賃金日額 給付率 2,500円以上~5,010円未満 80% 5,010円以上~12,330円以下 80%~50% 12,330円超~16,660円以下 50% 16,660円超~ 上限額 -(上限額 8,330円が基本手当日額になる) <離職時の年齢が60~64歳> 賃金日額 給付率 2,500円以上~5,010円未満 80% 5,010円以上~11,090円以下 80%~45% 11,090円超~15,890円以下 45% 15,890 円超~ 上限額 -(上限額 7,150円が基本手当日額になる) 例えば、年齢が29歳以下の人で賃金日額が 「4,500円」だった場合は、賃金日額 「2,500円以上~5,010円未満」の範囲内になりますので、給付率 「80%」を使い計算していきます。 ですが、年齢が29歳以下の人で賃金日額が10,000円だった場合の給付率は 「80%~50%」と、はっきりとしていませんね。 「80%~50%」の欄に該当する場合は、次の計算式で「基本手当日額」を求めます。 計算式1: 基本手当日額=0. ) 例えば、 <離職時の年齢が60~64歳>で 賃金日額が10,000円だった場合は、給付率が 「80%~45%」になるので、今回の計算式1と計算式2で計算した基本手当日額を比べます。 計算式1:基本手当日額= 5,128円 0. ただし、基本手当日額にも、離職時の年齢ごとに上限額・下限額が設定さています。 計算で出た金額が、以下の上限額(下限額)を超えている(下回る)場合は、上限額(下限額)を使って計算を進めていきます。 ) このように、賃金日額と基本手当日額は給与が少なかった人ほど80%に近い額になる一方で、給与が多かった人は、50%に近い額になるように設定されています。 また、「どんなに給与が安くても下限額」と「どんなに給与が高くても上限額」までと決まっています。 離職日によっては、自己都合で退職した方も対象になりますので、よろしければこちらの記事も参考にしてみてください。 こちらの記事では、 「失業手当の初回はいつ振り込まれるのか?」について、まとめていますので、よろしければあわせて参考にしてみてください。

次の

失業保険受給手続きと必要書類・方法・支給額・支払い期間を詳細解説

失業保険 支給額 計算方法

データの見方 基本手当日額 失業保険(失業給付)で受け取れる1日当たりの金額を「 基本手当日額」と言います。 この基本手当日額は、平均賃金(過去6ヶ月の賃金を180で割る)のおよそ50%~80%になります。 上限額と下限額はそれぞれ決まっています。 (後述参照) 下限額は全年齢変わりませんが、上限額は年齢によって異なります。 以下に詳しく説明していますので、こちらをお読みください。 ・ ・ 月額手当(28日分) 月額手当とは基本手当日額の28日分です。 なぜ28日分かというと、失業保険の認定日が4週間に1回(約28日)行われるからです。 ただし初回と最後の認定日は28日に満たないことがあります。 失業状態であること、定められた求職活動を行っていることを確認する場です。 失業保険を受けている間に仕事をした場合は申告しなければなりません。 これを4週間ごとに行います。 最低でも90日間は受け取ることができます。 退職理由や、雇用保険加入期間によって変わってきます。 自己都合退職よりも会社都合退職が優遇されています。 実際に受け取ることができる総額です。 この計算式で大体の目安にはなると思います。 【具体的な変更内容】 【上限額】 年齢 2019年8月~ 2018年 30歳未満 6,815円 6,750円 30歳以上45歳未満 7,570円 7,495円 45歳以上60歳未満 8,335円 8,250円 60歳以上65歳未満 7,150円 7,083円 65歳以上 6,815円 6,750円 上限額が決まっているため、たとえ50歳で毎月100万円の給与を受けとっていたとしても、1日の基本手当の上限額は8,335円です。 それ以上は支払われません。 【下限額】 年齢 2019年8月~ 2018年 全年齢対象 2,000円 1,984円 失業保険(雇用保険の失業給付)は、年齢、平均給与額によって、この範囲内での支給となります。

次の

失業保険(失業手当)計算方法&計算式|賃金日額・受給額・給付金額

失業保険 支給額 計算方法

退職したときの年齢 6ヶ月間の給与 円 (半角数字) 退職日以前の6ヶ月間の給与総額を入力してください。 給与総額には交通費、残業手当、家族手当、住宅手当などを含めますがボーナスは含めません。 また、直近6ヶ月間に勤務日数が11日未満の月がある場合は、その月は計算に入れず、更にさかのぼって(最大2年間まで)勤務日数が11日以上ある月だけで計算してください。 在籍期間 在籍期間は雇用保険の加入期間のことです。 過去2年間に複数の会社で雇用保険に加入していれば通算した期間を選択してください(但しその間に失業保険を受けていないことが条件となります)。 退職した理由 「」または「」に該当する場合は「会社都合」を選択して下さい。 所定給付日数をすべて消化すると上限額に達します。 なお失業保険受給中に再就職が決まった場合は、所定給付日数が残っていても、その時点で失業保険は打ち切りになります。 自己都合退職の場合は、ハローワークでの受給説明会を受けたあと3ヶ月間が給付制限の期間となります。 一方、会社都合退職の場合は給付制限は免除されます。 給付制限については後ほど詳しく解説します。 自己都合退職の人は失業保険がもらえるまで3ヶ月待たなくてはならない!? 自己都合退職した人には、失業保険が支給されまでに3ヶ月間の給付制限が設けられます。 その理由は「失業保険に頼った生活を送るのではなく、率先して再就職活動を行うため」という趣旨によるものです。 一方の会社都合退職の場合は給付制限が設けられません。 これは「意思に反した離職の為、準備が整わない状態で無収入になったと想定されるため社会的な支援が必要」とされているからです。 ただし給付制限がなかったとしても、ハローワークから紹介された仕事を理由なく断ったりすると、1ヶ月~3ヶ月の給付制限を与えられることがありますので注意してください。 まとめ 計算結果はいかがだったでしょうか? 失業保険は無職(無収入)の状態である人を社会的にサポートして、再就職活動に専念してもらための制度です。 失業保険を受給するためにはハローワークでの手続きの後、受給説明会に参加したり、毎月失業認定日に報告書を提出したりしなくてはなりませんが、再就職活動を円滑に進めるためにも、生活資金を補助してくれる失業保険はなくてはならないものです。 これから失業保険の手続きに向かう人はしっかりとこの制度を活用し、再就職を成功させましょう。 このサイトは現役で労務管理業務に従事する管理人の知識や経験、さらに社会保険労務士やハローワークOBなどの専門的意見を取り入れながら執筆しております。 より専門性の高い記事をご提供できるよう内容には細心の注意を払っていますが、万一記事内容に相違がある場合はからお問合せください。

次の