ミンキーモモ。 仕組まれた最終回、ミンキーモモを襲った「交通事故」の真相

魔法のプリンセス ミンキーモモ

ミンキーモモ

ミンキーモモというアニメをご存知だろうか?1980年代に放送されたアニメであり、少女の間で大人気になったアニメだ。 実は、このミンキーモモにはなんとも不思議な都市伝説が伝えられている。 今回は、ミンキーモモの都市伝説についてご紹介したい。 最終回は大地震が起こる? ミンキーモモは2部構成になっており、前期と後期に分けて放送された。 ミンキーモモの前期と後期の最終話で 2回とも「地震」が発生しているのだ。 特に後期の最終回が放送された時には「日本海中部地震」が発生しているのだ。 これは動画サイトなどでも確認することができる。 ミンキーモモの最終回には 地震速報が流れているのが両方共確認することができるであろう。 これは1回目の最終話の放送だけの話ではないのだ。 何と、ミンキーモモは何回か放送されているのだが、再放送の最終話においても 同じように地震が発生している。 さらに1995年1月の阪神淡路大震災の時もどこかでミンキーモモの最終話が放送されていたということである。 真相までは不明だが、なんとも不気味に一致していることから驚きを隠せない人も多く、この都市伝説は話題となっている。 続きます・・・ スポンサーリンク ミンキーモモの都に隠された真実… ミンキーモモの最終話では、ミンキーモモは車との事故で亡くなってしまう。 それ以前から内容が急にシリアスに、そして重苦しくなっていったとされる。 観ている世代が小学生程度であることを考えると、最後に亡くなるというストーリーにするのは、かなり冒険がいることだ。 そして、暗黙の了解として 「主人公は死なない」というルールをミンキーモモでは打ち破ったことになる。 これは何故だろうか? 実は、ミンキーモモは途中で放送が打ち切りになる予定だったのだ。 しかし、制作側はそれに猛反発し、最終話をあのような結末で迎える 「嫌がらせ」をすることになったのだ。 打ち切りが言われる前後から人気が上昇してグッズなどの売り上げが伸びたこともあり、打ち切りにならず、前期、後期と 長いアニメ放送になった。 ミンキーモモが亡くなったのには、 別の見方も存在する。 それは、魔法少女として「自意識を持つのが早すぎた」というものがある。 魔法を使えるのに、自分の夢をかなえてはいけないのは何故か?という部分に葛藤が生まれた。 そして、自分の夢をかなえるには、一度死んで生き返らなければいけないと判断し、最後の結末に向ったとも言われている。

次の

【事故で死亡】ミンキーモモという魔法少女アニメについて語ろう【両親が重病】

ミンキーモモ

ミンキーモモ46話を放送すると地震が起きる 魔法少女のブームを引き起こしたといわれている「魔法のプリンセス ミンキーモモ」には、少し怖い都市伝説がある。 それはとある回を放送すると 大地震が起きてしまうというものである。 その回が46話なのだが、初めて放送されたのは1983年1月27日である。 46話の内容はなかなか重く、ミンキーモモが魔法だけでは人を助けることが難しいことを知って、交通事故で亡くなってしまうというもの。 衝撃の展開だったために有名な回でもあるが、それ以上に驚かされたのは、放送中にミンキーモモが交通事故に遭った直後のことである。 現実の世界で 地震速報が流れたのだ。 これだけであれば都市伝説にはならなかっただろうが、問題はその後である。 大体のアニメは、時を経て再度放送されることが多く、ミンキーモモも例にもれず再放送が行われていた。 次に放送されたのは1989年だったのだが、その時にも地震が起きた。 初回は関東だったが、今度は岩手県沖にて地震が発生したのである。 そして少々時間が空いて2008年、地上波ではなくYahoo!で放送されたことがあったのだが、その時には岩手県、宮城県で マグニチュード7. 2の地震が観測された。 また、TOKYOMXでの放送の際は茨城県沖で地震が発生している。 地震と言えば、大きな被害をもたらし人々の心に強く傷を残すことになった「 阪神淡路大震災」だが、この時にもミンキーモモは放送していたのである。 そして、やっぱり46話が放送されていた。 偶然というには一致しすぎているため、都市伝説とはいえ本当に何かあるのでは?と思われている。 ミンキーモモの最終回は必ず地震が起きる 上記で46話を放送すると地震が起きると言ったが、実はミンキーモモを放送して地震が起きるのは46話だけではない。 ミンキーモモは前期と後期に分かれて放送されていたのだが、前期の最終回、後期の 最終回でも地震が発生していたのである。 前期の最終回が放送された時は、関東地方での弱い地震が観測された。 そして後期の最終回では、日本海中部地震が発生しているのである。 現在では見ることが難しいかもしれないが、実際に放送された最終回の録画を見ると、地震が発生したというテロップが見られるらしい。 ただ今では少々確かめるのが難しいため都市伝説となっている。

次の

【事故で死亡】ミンキーモモという魔法少女アニメについて語ろう【両親が重病】

ミンキーモモ

都市伝説ファンには有名な話だが「『魔法のプリンセス ミンキーモモ』は最終回が放送されると地震が発生する」とい噂がある。 「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(1982年)の本放送46話目(空モモの一期最終回とも呼ばれる)放送時には、主人公ミンキーモモの衝撃的な交通事故死を悼むように突如地震が関東地方で勃発した。 また10年後に制作された、第2シリーズの最終回63話目(海モモの二期最終回とも呼ばれる)放送時には日本海中部地震が勃発した。 また、1989年の再放送「空モモ」最終回にも東北で地震が起こっている。 これらの一件によりアニメファンの間では「ミンキーモモの最終回では地震に気を付けろ!」と都市伝説となったのだ。 ところが「ミンキーモモ」と同じようにシリーズの最終回に地震が発生したアニメはもうひとつある。 それは「おねがいマイメロディ」という女児向けのテレビアニメだ。 「マイメロディシリーズ」(2005年)第1期の最終回放送中、石川県の能登半島にマグニチュード3. 7の地震が発生した。 なお、お話のラストはマイメロディの活躍によって「温泉が湧く」という不条理なもので「マイメロが地震を起こして温泉を湧かしたのではないか」と噂になった。 シリーズ第2期「おねがいマイメロディくるくるシャッフル」(2006年)の最終回でも同じ能登半島でマグニチュード7の地震が発生。 しかも、ラストシーンは第1期同様、マイメロディが温泉を沸かすシーンが登場し幕を閉じた。 能登半島で発生した2つの地震による被害は少なかったものの、なんとも怖いジンクスである。 なおマイメロディシリーズは計4期が放送されたが、第3期および第4期には地震は発生しなかった。 2016年8月31日には「マイメロディシリーズ」全208話が初のブルーレイとして発売されるので気になる方はチェックしてみるのはいかがだろうか。 (穂積昭雪 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部).

次の