アメリカンピットブルテリア。 犬のピットブルの飼い方まとめ!性格や寿命、子犬価格、散歩、ブリーダーは?

【獣医師監修】世界最強の闘犬!「ピットブル」絶対知っておくべき特徴と意外な素顔や性格とは?|hotto(ホット)

アメリカンピットブルテリア

アメリカンブリーの性格 アメリカンブリーは、闘犬のピットブルを元にした比較的新しい犬種です。 一言で言うと、家庭犬として温和な性格に作られたピットブルです。 ピットブルからどう猛な性質を取り除き、家庭犬として飼いやすくするため、温和な性格の個体を選んで繁殖されました。 ただ中には、闘犬としての性質を受け継いで生まれてくる子もいますので注意が必要です。 アメリカンブリーの子犬を迎える時には、親犬の性格などを見極めて慎重に選びましょう。 とはいえ、アメリカンブリーは総じて愛情深く、見た目のいかつさに反して優しい気質だと言われています。 一見こわそうな容貌も、お茶目な性格で何ともキュートに見えてきます。 しつけさえきちんとできれば、アメリカンブリーは人によく寄り添ってくれるので、最良のパートナーになることでしょう。 アメリカンブリーの特徴 アメリカンブリーは中型犬に分類されます。 体高は41cm~51cm、体重は14kg~27kg程度です。 がっしりとした筋肉質な体つきで、強じんなあごを持っています。 両目が離れているのも特徴的ですね。 マズルは短く、ちょっとブルドッグに似ています。 半分立った小さめの耳もかわいいですが、アメリカンブリーは断耳、断尾されることもあるようです。 しっぽは本来垂れていますが、断尾によって短く立ったしっぽになります。 特段の理由がない場合は、耳もしっぽも切らないことをお勧めします。 アメリカンブリーの被毛は短く、白や黒からまだら模様まで、様々な毛色が存在します。 短毛なのでお手入れは簡単ですが、定期的にブラッシングしてあげましょう。 また、よだれの処理や、口周りのしわの間を清潔にすることも大事です。 また、見た目の呼び方として、「アメリカンブリースタイル」というものがあり、ピットブルよりブルドッグに近い容姿を持つことを言います。 頭が大きく、体高が低く、がっしりと横広な体形を指します。 アメリカンブリーは歴史が浅い犬種なので、ピットブルに近い子から、このようなブリースタイルまで存在し、容姿に幅があることも特徴です。 アメリカンブリーの価格 アメリカンブリーは日本ではまだ頭数が少なく、ペットショップで売られていることはありません。 そのため、ブリーダーから直接迎えることになります。 価格は25万円~30万円程度が相場のようです。 アメリカンブリーのブリーダーも国内では数が少ないので、いつでも好きな時に子犬を迎える、というわけにはいかなさそうです。 きちんと繁殖を行っているシリアスブリーダー(優良ブリーダー)にあらかじめコンタクトをとり、アメリカンブリーの子犬が欲しい旨を伝えておくといいでしょう。 そうすれば、出産状況を教えてくれると思います。 ブリーダーを選ぶ際には、犬舎の見学ができるかどうかを確認しましょう。 シリアスブリーダーであれば、見学を受け入れてくれます。 アメリカンブリーには、まれに気の荒い子がいるので、子犬が産まれる前から見学に行って、親犬の気質などを見ておくことをお勧めします。 アメリカンブリーの歴史 アメリカンブリーは、アメリカンピットブルテリアの中で、家庭犬に向くように温和な性格に改良された犬を指します。 アメリカンピットブルテリアは、闘犬タイプ、ドッグショータイプ、ブリータイプの3つに分けられます。 そのため、アメリカンブリーを独立した犬種として登録している団体はありません。 アメリカンブリーの血統書は、アメリカンピットブルテリア、またはアメリカン・スタッフォードシャーテリア、もしくは2つの団体からその両方の血統書を持っていることになります。 なぜアメリカンブリーは、こんな複雑なことになっているのでしょう?それは、アメリカンピットブルテリアが闘犬に使われていた歴史を持つからです。 闘犬として強い犬を作るため、あえて攻撃性を高める方向で繁殖が進められました。 そのため、アメリカンケンネルクラブ(AKC)では、犬種として公認されませんでした。 現在では、闘犬が禁止されているので、アメリカンピットブルテリアも先述のとおり3つのタイプに改良されています。 ピットブルから攻撃性を取り除こうとして作られたのが、アメリカン・スタッフォードシャーテリアです。 こちらは温和な性格を強める方向で繁殖が行われました。 そのため、AKCでも日本のJKCでも犬種として登録されています。 アメリカンピットブルテリア、アメリカン・スタッフォードシャーテリア、この2つはほぼ同じ犬種と言っていいでしょう。 ただ、繁殖の歴史が異なるため、ほぼ同じ犬が2つの犬種に分かれてしまったのです。 アメリカンブリーは、アメリカンピットブルテリアの改良の中で生まれてきた犬です。 家庭犬に向くように、穏やかな気質が尊重されます。 ただし、闘犬の血も流れていることも忘れてはいけません。 犬との信頼関係をしっかりと築ける飼い主に向いた犬種です。 アメリカンブリーを見た目のカッコよさだけで迎えてしまうのは、犬にも人間にも幸せなこととは言えません。 しっかりと犬をコントロールする覚悟を持てる、ベテラン飼い主さんの方が、アメリカンブリーも幸せに暮らせることでしょう。 我が家では2頭のアメリカンブリーを飼育しています。 スイッチが入った時に制御できる人でないと飼うのにむきません。 日々の躾や長時間の散歩なども必要不可欠です。 また、体重管理も徹底しましょう。 性格は遊び好きで明るく、弱者や家族には比較的優しいのではないかと思います。 他犬とも上手くやれる子もいますが、ドッグラン等では注意が必要です。 こればかりはいくら躾ても本能なので、飼い主がしっかりと制御しなくてはいけません。 体を見れば分かりますが、かなりの筋肉量で力はとても強いです。 それ以上に顎の力も強靭。 鳴き声も太く響きます。 多頭飼いもオススメしません。 喧嘩を始めると大怪我をしますので、ケージは別にしましょう。

次の

アメリカンスタッフォードシャーテリアとピットブルの違い

アメリカンピットブルテリア

アメリカンピットブルテリアってどんな犬? アメリカンピットブルテリアの魅力• 強面だけど愛嬌がある• 知らない人や子供にも優しい• 飼い主に対して従順で訓練を好む アメリカンピットブルテリアは「凶暴な犬」というイメージを持っていませんか?確かに、人に危害を及ぶ可能性のある危険犬種に指定している国もありますが、魅力的な部分もたくさんあります。 大きな頭に大きな口元、筋肉が発達した迫力のある容姿が印象的で、近寄り難いという人も中にはいるかもしれません。 しかしよく見ると目は垂れており、優しさを感じられます。 明るくひょうきんな性格で愛嬌もたっぷりです。 また、知らない人や子供にも優しく、人が大好き。 飼い主には大変従順で、厳しい訓練にも耐えうる高い忍耐力があります。 飼い主を喜ばせることが好きなため、信頼関係を築くことができれば、基本的なものから高度な訓練までこなすことができるでしょう。 強面な外見とは裏腹にチャーミングな一面も多いというギャップが、この犬種の大きな魅力といえるでしょう。 アメリカンピットブルテリアの歴史 アメリカンピットブルテリアは純血種の登録や血統書の発行などを行っているジャパンケネルクラブ(JKC)では非公認の犬種であり、JKCにはスタッフォードシャーブルテリアと近い関係にあることが記載されています。 ちなみにスタッフォードシャーブルテリアは、イギリスで作出された闘犬のブルアンドテリアを改良したものです。 このスタッフォードシャーブルテリアをアメリカに持ち込み、他犬種の血統を入れずに改良したのがアメリカンピットブルテリアとなります。 アメリカンピットブルテリアは「より強い闘犬を」と作出された犬種でしたが、犬同士を闘わせる見世物が禁止されてからは、狼や熊などの大きな野生動物から家畜を守る作業犬として活躍していました。 賢く強く、飼い主に従順なアメリカンピットブルテリアはとても人気があったといいます。 しかし20世紀頃になると、犬種の強さや闘犬としての素質を悪用する人々が増え、きちんとしつけされない個体が事故を起こすことが多くなり、凶暴な犬や危険な犬といった悪いイメージがついてしまいました。 21世紀になると所有や飼育を禁止する国も増え、原産国であるアメリカでさえもいくつかの州で制限が設けられています。 アメリカンピットブルテリアの性格・性質• 優しい• 服従心が高い• 友好的 「ピットブルは怖い犬」というイメージを持っている人もいるかもしれません。 しかし実際には、子供や赤ちゃんにも温かく接することができる心優しい犬種です。 とても友好的で見知らぬ人に対してもフレンドリーに接するため、意外にも番犬向きではありませんが、ひょうきんで明るく、いつでも家族を癒してくれるかけがえのない存在となることができます。 また、アメリカンピットブルテリアは飼い主に対しての服従心がとても高く、常に飼い主や家族を喜ばせたいという気持ちで溢れています。 そのため、きちんと訓練を行ってくれる強いリーダーシップを発揮する飼い主を好みます。 凶暴な犬、事故を起こす犬など、悪いイメージを持たれがちなアメリカンピットブルテリアですが、飼い主のしつけや愛情次第で、他の犬種に負けない優秀なパートナーとなれるたくさんの可能性を秘めています。 アメリカンピットブルテリアの飼い方の注意点 アメリカンピットブルテリアは人に危害を及ぼす可能性があるとされ、国内でも自治体によっては飼育に制限を設けている場合があります。 飼育環境や散歩時の注意点など、その内容は自治体によって異なるため、飼育する際には必ず確認しましょう。 また、アメリカンピットブルテリアは強靭な顎を持っており、万が一他のワンちゃんや人に噛みついてしまうと大変な事態に至ることもあります。 特に飼育に制限が無い場合でも、外出する際には必ずリードをつけ、愛犬を制御できる力のある大人が管理するようにしましょう。 危険犬種として冷たい視線を浴びることもある犬種ですが、この犬種による事故は飼い主の管理責任の欠如に直結します。 幼い頃から社会性を育み、たっぷりと愛情を注ぎ、ときに厳しく訓練を行うことも大切となるでしょう。 アメリカンピットブルテリアのお手入れ アメリカンピットブルテリアの被毛は短く、密集して生えています。 触り心地がよく艶のある被毛です。 毛の美しさを保つためにも、獣毛ブラシで週に1度はブラッシングを行います。 ブラッシングは血行促進になる他、スキンシップにもなるため、愛犬との時間を楽しみながら行うといいでしょう。 また、抜け毛が多いため抜け落ちた被毛の清掃も忘れずに行い、飼育環境も清潔に保ってください。 その他、折れ耳の子は耳掃除も週に1度行いましょう。 また、同じような体格の犬を相手に闘っていた闘犬としての歴史も持ちます。 家庭犬と飼われている現在も、闘犬や作業犬としての素質は薄れることなく、本能のままに行動することも全くない訳ではありません。 ドッグランなどで元気よく走り回る大型犬や中型犬を前にして、飛び掛かっていくこともあります。 たくさんの運動量が必要な犬種のため、ドッグランにも連れていきたいところですが、何かあったときのために呼び戻しが確実にできるようにしておきましょう。 また、幼い頃から社会性を育み、日常でも落ち着いて散歩ができる他、飼い主の呼びかけで落ち着きを取り戻せるなど、豊富な訓練を積んでいることが絶対条件となります。 ただ、かつて闘犬として活躍していた犬種であるため、闘いの中で命を落とした個体が多くいます。 こうした歴史があって、平均寿命の統計が取りづらいといわれているのです。 そのため、アメリカンピットブルテリアの寿命は、基礎犬となったスタッフォードシャーブルテリアの寿命がよく参考にされています。 交配の過程で受け継いだ体質だけでなく、20世紀頃に犯罪や暴力に関わる人々の間で乱繁殖された際、疾患が出やすい体質になってしまったともいわれています。 普段から目の異常には注意し、定期的な健康診断を受けるようにしましょう。 アメリカンピットブルテリアをお迎えしよう! photo by アメリカンピットブルテリアの基礎データ アメリカンピットブルテリアの大きさ 46〜56cm アメリカンピットブルテリアの体重 14〜27kg 平均寿命 8〜15年 原産国 アメリカ アメリカンピットブルテリアの人気カラー アメリカンピットブルテリアの毛色は、白、黒、レッド、ブリンドルなど、あらゆる色 や模様が認められています。 艶があり滑らかで、やや硬さのある毛質は犬種の優雅さを際立たせています。 ミックス犬ってどう? アメリカンピットブルテリアのミックス犬には、ボクサーやアメリカンブリーといった似たような雰囲気の犬種が用いられているのを稀に見かけます。 輸入や所有を禁止している国も多く、日本国内でも飼育頭数がそう多い犬種ではないため、ミックス犬も少ないようです。 アメリカンピットブルテリアその他の特徴 現在アメリカンピットブルテリアには3つのタイプがあり、よく知る闘犬タイプ以外に、闘犬としての素質を取り除いたショータイプとブリータイプがあります。 国内で販売されているのは、基本的にショータイプかブリータイプです。 ただ、闘犬としての攻撃性が取り除かれたタイプといえど、安易に飼育できるような犬種ではないということを理解しておきましょう。 普段は穏やかであっても、幼い子供の突発的な行動や、不信な動きをする人や動物に対して本能的に反応することもあります。 何かが引き金となり、攻撃性が高まることもあるということを忘れてはいけません。 実際、ワンちゃんによる噛みつき事故のほとんどが、一緒に暮らしていた子供や飼い主が被害者となっています。 愛犬を加害者にする原因は、犬種に対しての知識不足や管理に欠けていることが挙げられるでしょう。 愛犬を加害者にしないためにも、犬種のことを理解し、飼育環境を整え、責任を持って育てることが大切です。 男の子は女の子よりも体つきがしっかりとしており、犬種ならではの筋肉質な体格がより際立って見えます。 アメリカンピットブルテリアの男の子には、他の犬種にはない迫力があります。 強さや勇敢さを感じる見た目の格好良さは、男の子が好まれている理由のひとつではないでしょうか。 全国平均は61万円台と、他の犬種と比べてもかなりの高値です。 しかし、ブリーダーナビの調べによれば、10〜20万円台とかなり安い価格で売られている地域もあります。 費用を抑えられるに越したことはないため、ぜひとも参考にしたいデータです。 また、賢い頭脳と強靭なパワー、闘犬としての素質を持つアメリカンピットブルテリアの気質を良くも悪くも、活かすことができるのは飼い主次第です。 当たり前のことではありますが、子犬を飼う際には生涯ひとつの命を大切にする強い責任感を持ちましょう。

次の

アメリカンピットブルテリアってどんな犬?歴史や魅力とは?犬種の性格・毛色・子犬の安い地域もご紹介

アメリカンピットブルテリア

アメリカンピットブルテリアの大きさ(体重) 写真は、アメリカンピットブルテリアです。 アメリカンピットブルテリアの成犬時の大きさは41~51cm、体重は14~27kg アメリカンピットブルテリアの散歩の時間 アメリカンピットブルテリアは、とてもスタミナがあり運動が大好きな犬種です。 成犬時の運動量(1歳くらいから)は、1日に2回2時間30分くらいの散歩か 軽いキャンター(小走り)と自由運動を含めた2時間くらいの散歩など、かなりの運動量が必要です。 子犬の時は、骨格形成のため、あまりハードな運動は禁物です。 アメリカンピットブルテリアの毛色の種類 アメリカンピットブルテリアの毛色は、フォーンホワイト、ブルーホワイト、ブラックホワイト、レッドホワイト、マホガニーホワイト、チョコレートホワイト、ブラックタンホワイトがあります。 白い部分の面積が狭いと単色で呼ぶ場合があります。 (その場合でも白い部分はあります。 ) アメリカンピットブルテリアは、基本的に短毛で ダブルコートの犬種ですが 中には、シングルコートの子もいます。 ダブルコートについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。 アメリカのピットブルの種類 写真は、アメリカンピットブルテリアです。 スタッフォードシャーブルテリアを元に交配されて ペット用に生まれた犬種です。 成犬時の大きさは41〜48cm、体重は18〜31kg スタッフォードシャーブルテリアについての詳しい情報は、こちらをご覧ください。 アメリカンピットブルテリア(英語:American Pit Bull Terrier) アメリカ原産の中型犬です。 スタッフォードシャーブルテリアを元に交配されて 闘犬用に生まれた犬種です。 (ジャパンケンネルクラブ非公認の犬種) 成犬時の大きさは41~51cm、体重は14~27kg ピットブルの3犬種とも、オスはメスと比べるとひと回り大きいです。 オス > メス アメリカンピットブルテリアとアメリカンブリーの違い 写真は、アメリカンブリーです。 アメリカンブリー(英語:American Bully) アメリカ原産の中型犬です。 横幅があり重心が低くて頭が大きい、がっしりとして体型です。 アメリカンピットブルテリアを 闘犬タイプ、ショータイプ、ブリータイプ(家庭用)に分けられたうちのブリータイプをアメリカンブリーという犬種としてアメリカでは分けられています。 ブリータイプ以外は、俊敏さも求められるためスポーティーな体型です。 アメリカンブリーは、アメリカンピットブルテリアでもあります。 ) アメリカのピットブルの祖先とルーツ アメリカのピットブル(総称)は、イギリス原産のスタッフォードシャーブルテリア(スタッフィー)を元に交配されて生まれた犬種です。 イギリス禁止、フランス禁止、デンマーク禁止、シンガポール禁止。 危険な犬指定の国 ドイツ、スイス、ウィーン、イタリア。

次の