アゴダ 予約 確認。 最悪悪質な旅行予約サイト、アゴダ(Agoda)!

Agoda(アゴダ)のホテル予約方法!予約確認・変更・後払いなどの支払い方法・キャンセル方法などを照会

アゴダ 予約 確認

「Agodaって何?」 先日、知り合いに海外のホテルをネット予約している話をしたら、こんなことを言われました。 海外、しかも個人でホテルを予約しない人にとっては馴染みのないサービスですし、名前も変ですからね(笑 読み方は、「アゴダ」です。 「詐欺とかに合わない?」 なんていう心配までされる始末・・・。 少し前に、てるみくらぶという格安旅行会社が倒産したのもあって、 こういう系の会社は「怪しい、危ない」という目で見られてるんですかね。 私もはじめてを利用したときは大丈夫かなと思いましたが、今まで10回以上利用していて、トラブルのようなものは皆無です。 それと、ネット上ではトラベルコやトリバゴなどの比較サイトでは料金が安いのに、 いざ予約になると高くなる!というような意見がちょくちょく見受けられます。 こういったことも含めて、Agodaに関する評価をまとめましたので、利用を検討されている方は参考にしてみてください。 Agodaってなんだ? Agodaを熟知している方は飛ばしてください(笑 Agodaはオンラインで世界中のホテルを予約できるサービスで、シンガポールを拠点とした企業が運営しています。 従業員数はなんと2000人以上という、日本の基準でいくと大企業ですね。 別に大企業だから大丈夫と短絡的に判断するつもりはありませんが、やはり数人のベンチャーと比べると相対的にリスクは減ります。 さらに日本にも東京、大阪など5カ所に拠点があります。 日本語対応のカスタマーサポート(コールセンター)が横浜ランドマークタワー内に設けられていて、日本時間の朝9時から24時まで電話対応をやっているそうです。 この事実はつい最近知ったのですが・・・。 以前、領収書の件で電話したことがあるのですが、(声からして)綺麗なお姉さんが丁寧に対応してくれました。 Agodaの予約方法と料金表記について 私の場合は直接Agodaのサイトで予約することはなく、トラベルコやトリバゴ経由です。 ただ、 Agodaは同条件のホテル予約が最安値であることが多いですね。 試しにトラベルコで台北のホテルを検索してみました。 ぶっちゃけ、上のようにそう大差ない場合も多いんですが、様々な理由により数千円安かったりもします。 Agodaでちょくちょくあるのが、メンバー限定の割引です。 この予約でもログインで1,133円割引されます(プランの右端) 予約画面に進むとさらにメンバー限定という値引きが5,559円ほど追加されますが、サービス料も4,740円加算されます。 さらにギフトカードで畳み掛けてきます(笑 トータルで35,314円というのが支払総額ですので、なぜかトラベルコで表示されている料金(39,237円)よりもずっと安いです。 ネットで言われている値段が高くなるとは逆のケースもあります。 でも、これは 海外のホテル比較サイトでは普通にあることですからね。 Agodaだけがそうというわけではなく、エクスペディアや日本のDeNAでも似たようなものです。 褒められたものではありませんが、安い値段を見せておいて客を呼び込むというのは、商売の常套手段ですから。 予約に話を戻すと、宿泊者の情報を入力したら、あとは支払の画面です。 Agodaの決済方法はほぼクレジットカードとなりますが、PayPalもあります。 予約が完了すると、確認メールが飛んできます。 海外ホテルでチェックインするときのバウチャーなんですが、私はスマホの画面を見せますね。 日本の会社だと、予約したときに「必ずバウチャーを印刷して」みたいなことを言われますが、今までスマホの画面を見せて何か言われたことはありません。 紙がよくて画面は駄目なんていう理屈が理解不能です。 Agodaに関しては、印刷しろなんてどこにも書いてないと思いますが、見逃しているだけかも(笑 まあ、これは私の経験談ですので、心配な人は印刷しておいたほうがいいですね。 Agodaへの評価 私はこういう海外ホテルのオンライン予約サービスでを最も評価しています。 エクスペディアも使ったことがありますが、Agodaのほうが好きです。 その理由は単純に Agodaのほうが安いことが多いのと、サポート体制です。 エクスペディアも今は充実してきているのかもしれませんが、Agodaは日本にサポートセンターの拠点があって、 日本人がサポートを担当しています。 それに海外からサポートセンターに電話した場合でも、通話料金をAgodaが持ってくれたりもします。 これに関しては公式サイトには載っておらず、 私の場合がたまたまそうだっただけかもしれません。 いずれにしても、 ホテル予約で一番のリスクは予約が取れていないことです。 その場合に、日本語で相手と話ができるというのは海外系のオンライン予約サービスの中でもそう多くないと思います。 もちろん、私が たまたまトラブルに巻き込まれたことがないという見方もできます。 Agodaでトラブルに巻き込まれた人は、二度とAgodaでは予約しないと心に決めているかもしれません。 しかし、こういうことは確率論でもありますので。 いくらJTBでも予約が取れていなかったり、ミスも必ず起こります。 JTBのほうがよりもトラブルに遭遇する確率は低いかもしれませんが、ある程度の割り切りも含めて、便利で安いをこれからも利用し続ける気でいます。 また、ホテルのトラブルもそうですが、海外旅行のリスクの一つである怪我や病気についても気をつけておいた方がいいでしょう。 それについてはこちら。 海外のホテルを少しでも安く予約したい場合はこちらの記事が参考になるかと。 メジャーなホテル予約サイトをまとめて比較しましたので、よければこちらも参考にしてください。

次の

予約確認・取消

アゴダ 予約 確認

旅行代を節約!最安値のサイトを見つける 私は必ず予約前に複数のサイトを比較した上で、価格含め最も条件が良いサイトで予約するようにしています。 宿泊先の公式サイトはもちろん、Booking. comやExpedia等のホテル予約サイトも複数比較します。 Agodaで年越し旅行のホテルを予約 さて、昨年末のヨーロッパ旅行のホテル予約をしたときのこと。 いつも通り「トリバゴ」で価格を比較していたところ、 Agodaというサイトが圧倒的な安値を提示していました。 部屋のクラス等も見る限り他サイトと同条件。 一度も利用したことの無いサイトだったので多少不安はありましたが、その不安を上回る程の値差によりAgodaでの予約を決意しました。 予約時の表示価格は109,090円。 予約方法は「今すぐ予約・後払い」というもので、後日(宿泊日の3日前)カードに課金されるシステムでした。 予約を完了してみると…。 予約完了画面の合計金額の欄に、 「EUR950. 20相当額がJPY立てで12月26日に課金されます。 為替レートは変動しますのでご了承下さい。 」との記載が。 予約をした際はサイトのどこにもその様な記載はなく 私が見落としていたのかもしれませんが、少なくともわかりやすい場所には記載されていませんでした 、予約時の表示価格 109,090円 が確定されているものかと思っていましたが、 実際に確定しているのは現地通貨建ての金額のみでした。 「今すぐ予約・後払い」の支払い金額は変動する!! Agodaの「今すぐ予約・後払い」では予約時に表示される円建て価格はあくまでも参考で、実際に確定しているのは現地通貨での金額です。 円建て価格は課金日の為替レートで決まりますのでご注意下さい。 ただ今回の場合、現地通貨での金額 EUR950. 20 もそこまで悪い金額ではなかったので、予約は維持することにし、実際に宿泊の日を迎えてみると、しっかりと予約もできており問題なくホテルを楽しむことができました。 問題は、「後払い」としてAgodaからカードに課金されている金額でした。 確定している現地通貨での宿泊代金がEUR950. EUR950. 納得いかず、実際の為替レートからあまりにもかけ離れていることを訴えたところ、予想外にもすんなりと「今回ご不満をお持ちとのことなので、予約時に表示されていた円価との差額を払い戻しさせて頂きます」との回答があり、 差額を返金してもらうことができました。 あまりにもあっさりとしていたので、Agodaは意図的に法外な為替レートを用いているのではないかという考えが強まってしまいました。 後日カードに課金される円建て価格は、現地通貨額をAgoda独自の為替レートで換算した金額です。 信じられないほど不利なレートで換算されている可能性があるので、必ず確認しましょう!! 予約する際はシビアに宿泊料金をチェックするものですが、後日クレジットカードに請求される金額はチェックしないことが多いので、気付かぬ内に損をしている可能性があります。 毎回このような事態が発生するのかはわかりませんが、皆様もお気をつけ下さい。 私は、初利用にして詐欺に近いトラブルに見舞われ、二度とAgodaを利用しないことを決めました。 ちなみに、我が家ではまずトリバゴで複数の予約サイトの価格を比較しているのは先述の通りですが、 結果的に「Booking. com」を利用するケースが多いです。 その理由は以下の通りです。 ホテルの取り扱い数が多い(特にヨーロッパに強い!)• 格安の宿泊代金(最安値保証制度あり)• サイトが使いやすい• 基本的には現地決済• 予約手数料がかからない さらに、同サイトで5回以上予約を行うと Genius会員となり、 さらなる割引やアーリーチェックイン・レイトチェックアウトなどの特典を楽しめます。 Booking. comで何十回とホテルを予約していますが、 今の所トラブルはゼロ。 運が良ければアップグレードの対象にもなります。 我が家は引き続きBookingを使っていきたいと思っています。 今回のまとめ Agodaの「今すぐ予約・後払い」で海外ホテルを予約する際は、以下の点に注意して下さい。 予約時に表示される円建て価格はあくまでも参考で、実際に確定しているのは現地通貨での金額です。 後日カードに課金される円建て価格は、上記現地通貨をAgoda独自の為替レートで換算した金額です。 信じられないほど不利なレートで換算されている可能性があるので、必ず確認しましょう!!.

次の

アゴダで、勝手にホテル予約を確定をされてしまいました。

アゴダ 予約 確認

agoda. com アゴダの予約サイト「agoda. com」はオンラインのホテル予約サイトです。 本社はシンガポールにありますが、リーズナブルな料金が評判を呼び、日本人客の利用も多いとのことです。 アジアを中心とした海外専門のイメージが強いのですが、agoda. comは日本のホテルも多数カバーしています。 ホテル予約でagoda. comは、日本のホテルでも最安値保障をホームページでうたっています。 普段でも激安料金が売りですが、最大80%オフキャンペーンなどでホテルの破格値を連発しています。 海外のホテルと同様、agoda. comを利用して日本のホテルを予約すると、約30分以内に登録したメールアドレス宛に「予約確認メール」が送信されます。 24時間サポートは安心ポイントになりますが、キャンセル料のことなど事前に確認しておくと安心です。 アゴダのホテル予約 アゴダは世界中の約75万軒のホテルをカバーし、とくにアジア最強と評判になっています。 フィリピン・インドネシア・ミャンマーなどアジア方面にはめっぽう強く、東南アジア好きにはたまらないラインナップです。 アゴダは業界でも指折りの格安振りには抗しがたいものがあるからか、Web会員になってリピートしている人が多くいます。 会員登録は無料で、リワードポイントが貯まったり、ホテルが最大75%オフになるなどの会員限定キャンペーンがあったりでメリット大です。 アゴダの予約確認 アゴダのホームページでホテルを予約をすると、申し込みから30分後をめどに、予約確認メールが送信されます。 万が一、確認メールが届かなかった場合、登録したメールアドレスが間違った可能性があるので、その線も含め要確認です。 アゴダで予約ができたかは、ログインして「My予約」で予約確認ができます。 メールにはPDFファイルで作成されたホテルバウチャーもついていて、複数のホテルを予約している場合の予約確認にとくに重宝します。 アゴダで予約確認したら、あとは支払い方法・変更・キャンセルのやり方も要確認です。 とくに支払い方法は前払い・後払いあり、キャンセル方法もホテルによってまちまちなので、とくに注意が必要です。 アゴダの口コミ アゴダは世界中のホテルが予約でき選択の幅も広いので、海外旅行の強い見方になると、口コミで高評価を得ています。 シンガポールの会社ですが、日本のホテルも多数カバーしています。 アゴダは、世界中のホテルに格安で泊まれるのがいいという口コミが圧倒的多数です。 朝食なしの「特別プラン」で費用を抑えることができるほか、Web会員限定のキャンペーンで宿泊代が最大75%オフになるなどのメリット大なのです。 一方、アゴダのホテル予約は、料金がわかりにくいとの口コミも少なからずあります。 海外のホテルは、為替レートの関係で円建て料金の変動は宿命的です。 また税金やサービス料など追加料金の有無も、予約前に要確認です。 これは「アゴダで予約をすると、他の企業のマイル・ポイントが貯まる」というもので、いろいろなプログラムがあります。 たとえば、JAL日本航空、ユナイテッド航空、アシアナ航空といったエアキャリアだけでなく、ワポンポイントといった身近なポイントサービスとも提携しています。 アゴダの管理画面 アゴダの会員は、管理画面からログインしてはじめて各種サービスが利用できます。 はじめての人は「初回申請」で会員登録しますが、エクスプレス・コネクトを使えば、確認メールをもらうまでの所要時間は15分ほどです。 アゴダのホームページでは、ホテルの予約・変更・キャンセルもオンラインでできます。 会員は、管理画面の「登録済ユーザー」ボックスからログインしてから、「MY予約」などのアクセスして手続きに入れます。 アゴダの管理画面では、ユーザー名とパスワードを入力してログインできます。 万が一、パスワードを忘れたり紛失したりした場合、メールで申請してパスワードを再発行してもらえます。 アゴダの問い合わせ アゴダを利用していて疑問点が生じたら、「お客様サポートセンター」に即メールして問い合わせ、通常24時間以内に返信されます。 予約やキャンセルのやり方は、ホームページで説明されていますが、わからない箇所を気軽に問い合わせできるのは安心ポイントになります。 アゴダは、コールセンターに電話することでも問い合わせができます。 電話の受付時間は午前9時〜21時で、海外からは通話料がかかりますが国際電話で日本語が通じます。 アゴダでは、キャンセル方法やポイントの使い方にかんする問い合わせは多いようです。 「友達紹介」でもらえるギフトカードについても然りで、ギフトカードの使い方は大きな関心事になっている模様です。 メンバー登録はこちらから=.

次の