ハニー セレクト wiki。 ハニーセレクトで東方 キャラ配布 二十五 ~配布第24弾~ とIwara:ハニセレ×東方

ハニーセレクト

ハニー セレクト wiki

即Hでき、余程の理由がない限り拒否権がないのは娼婦のみ。 恋人でも自由恋愛でもない。 フリーセックスでもタイプじゃなければ女は拒否する。 処女が居ない……最初のエッチでも何の物理的・心理的抵抗もなくセックス達成 初めての相手……女の子は「初めて」を強調するが、セックスが初めてではなく、売春が初めて 初対面でも……いきなり鞭とかアナル可能 嫌いなのに……女の子が拒否できない、射精時に「無事射精できて、なにより」、「ご満足いただけましたか?」のようなセリフ 不審者扱いしてくるのに、セックスできる。 「精算済み」……主人公の男は接待されている。 現実の吉原嬢のユーチューブ(藤村)を見たのだが、吉原で22歳とあっても、実年齢は28歳とかだという。 そして高級店になる程、実年齢との差が開く。 (格安店では、開かない傾向) 年齢は嘘ではなく「その年齢という設定で接客します」という意味だそうだ。 ハニセレの女達は「素人という設定で接客します」という高級娼館なのだ。 娼婦のコスプレに対して「お前、本当は看護婦や女子高生じゃないだろ」というのは無粋なのだ。 ハニセレ2には、施設内に教室がある。 学校ではなく、プレイルームとなる。 今までにない進化! ただ、スタジオ自体の機能で欠けている所がまだまだある。 例……キャラクターを複数選択して、一括で衣装をチェンジできない。 例……キャラクターの衣装をそのままに、体だけをチェンジできない。 例……下着だけのパーツがない。 例えば、タンスの中に下着が大量にあるシーンや、脱いだ下着が散らかるシーンが作れない。 実際には改造のデータが先に出るかも。 フュル:ルシファー……悪魔 シトリー……悪魔 バエル……悪魔 というわけで。 予想通り、AI少女のキャラは流用できると公式発表。 魅力が薄く感じるかも知れないが、AI少女では作り方次第で、それなりにいい顔が作成できるので、ハニセレで種類が強化されればバッチリのはず。 3Dカスタムメイドですら、八重歯(バンパイアとか鬼で使用)がある。 差し当たり、出っ歯と八重歯があれば、最低限の歯並びは存在できる。 歯抜けとか、その手の歯並びもあればリアリティが増す。

次の

ハニーセレクト2 リビドー 攻略wiki

ハニー セレクト wiki

2018年にはより、のタイトルとしては初の公式英語版となる『Honey Select Unlimited』が海外向けの無修正仕様で発売されている。 2020年5月29日には、本作の続編にあたる『ハニーセレクト2 リビドー』も発売された。 システム [ ] カスタマイズ [ ] 本作は2015年9月11日に発売された『』のカスタマイズ要素を強化し、ゲーム性をほぼ排除、作成したキャラクターとのセックスに内容を特化したものとなっている。 『Sexyビーチ プレミアムリゾート』の衣装やアクセサリはすべて収録されているほか、『Sexyビーチ プレミアムリゾート』でカスタマイズした女性キャラクターをコンバートすることも可能である。 プレイヤーは、案内人シトリー・レンブラント(声:)に導かれ、パートナーを見つけて一緒に甘い時を過ごすことになった旅人としてゲームを進めていく。 プレイヤーはまず、明るい(声:)、ツンデレ(声:)、おっとり(声:)、無口(声:)、ヤンデレ(声:)、大雑把(声:)、生真面目(声:)、ボーイッシュ(声:)、元気(声:)の9タイプのキャラクターの中から1人を選び、カスタマイズをする。 キャラクターの容姿は体系や筋肉量から声の高さまで細かくカスタマイズすることができ、エルフのように耳を長くする設定することも可能である。 また、心情・主人公に対する第一印象・H特性もカスタマイズすることが可能である。 このほかにも、シトリーに頼んで女の子を探してもらう形でランダムにキャラクターをカスタマイズすることも可能である。 カスタマイズした女性キャラクターは「ルーム」に登録して、会いに行くことができる。 ゲーム内では「日常的なイベント」「Hなイベント」「家出」といったイベントが発生し、カスタマイズした心情の内容や段階によって普段の態度やイベントの内容が変化する。 本作ではやりこみ要素として実績システムがあり、実績の中にはヒロインを精神崩壊させることで解放されるものもある。 特定の条件を満たすとカスタマイズ可能なタイプのキャラクターに几帳面(声:春日アン)が追加され、さらに条件を満たすと、案内人であるシトリー もカスタマイズ対象として追加される。 ただし、シトリーは容姿のみカスタマイズ可能であり、心情などのカスタマイズはできない。 カスタマイズした女性キャラクターはアップローダーへ投稿できるほか、ほかのユーザーが投稿した女性キャラクターをダウンロードしてゲームに追加することもできる。 また、プレイヤーが操作する男性キャラクターのカスタマイズも可能である。 ダウンロードコンテンツ・追加パック [ ] 公式ウェブサイトにて、VR化パッチが配信されている。 2016年12月22日に発売された『ハニーセレクト 性格追加パック -活発-』では、カスタマイズ可能なキャラクターのタイプに活発(声:)が追加された。 2017年4月28日に発売された『ハニーセレクト ~パーティー~』では、カスタマイズ可能なキャラクターのタイプに妖艶(声:)と誠実(声:) が追加されたほか、キャラクターにポーズをとらせてシーンを作成するスタジオ機能が導入された。 また、購入特典として、カスタマイズしたキャラクターたちでユニットを組んで戦うバトルアリーナ機能が追加された。 評価 [ ] ASCII倶楽部のハッチは、『ハニーセレクトVR』について『Sexyビーチ プレミアムリゾート』よりも肌や服装の描写がリアルになったと評した。 のジータ・ジャクソンは『Honey Select Unlimited』について「開発元がアメリカの褐色肌のバイセクシャルのユーザーを引き込むことを想定していたかはわからないが、私は自分が魅力的だと感じる性的な特徴を持った女の子を自らの手で作りたいと感じた」と述べ、キャラクターのカスタマイズの自由度が高く、キャラクターの性的嗜好や性格までをもカスタマイズできる点を評価した。 その一方でジャクソンは、当初キャラクターのカスタイマイズは無限だと感じたが遊ぶうちにだんだん限界が見えてきたほか、Hシーンで女性キャラクターが男性キャラクターの後ろにいるプレイヤーを見ているように見えると指摘した。 脚注 [ ].

次の

イベント

ハニー セレクト wiki

・序盤やっておくと良いポイント ゲーム冒頭、謎の館に右も左も分からない状態でプレイヤーは放り出されます。 とりあえず最初はシトリーに言われたように、女の子を作ってHをしましょう。 H後、シトリーに会うと、こんな画面が覗けるはずです。 これが「実績」というヤツです。 この項目を解放していくと新たな服装や女の子の新たな反応、果ては媚薬といったものまで機能が解放されていきます。 基本的に『ハニーセレクト』で何をすれば良いか迷った時は、この実績リストを見て目指す場所を決めていくと良いかと。 さて、ここまで進めば後は自由に好きな子をキャラメイクして楽しめば良いのですが、さきほどの実績リストを効率良く解放していくために以下のポイントを踏まえてプレイすると良いです。 例えば「利尿剤」解放や「発汗剤」等ですね。 ちなみに全部解放していると女の子選択画面ではこのような画面になっているはず、 便利機能が多数解放されたりもするので性格別に一人づつ作っておくと後々楽になると思います。 実は彼女、ある条件を満たすと他の女の子同様、仲良くなる事が可能です。 その条件とはずばり「5種類の性格の女の子とで出会う」コト。 女の子を性格別に作った方が良い理由の一つですね。 お尻系のプレイ特殊モーションは「お尻が敏感」な女の子。 苦痛系のプレイ特殊モーションは「M」な女の子。 大体想像通りの紐付けになっているので意識していなくても好きなH属性でやっていれば確認出来る要素ですね。 とりあえずこれくらいでしょう。 他にも隠された要素は上記の全開放画面の通り、たくさんあります。 大抵の場合は女の子の性格・H属性に左右されるモノが多いので、多種多様なキャラメイクを心掛けましょう! ちなみにランダムで女の子のシャワーシーンやトイレシーンを覗けるラッキースケベイベントに出くわすなんて事もあります 笑 その際に「無理矢理」してしまうと好感度が下がってしまいますのでご利用は計画的に......

次の