日野 脚本。 【クソ映画】ドラクエを越えたとまで言われる究極の映画「二ノ国」【約束された日野脚本の結末】

「花の乱」創作ばなし

日野 脚本

来歴 [ ] 、で生まれる。 幼少期より、プログラミングとに親しみ、『』に出会ったことで、ゲーム業界に入ることを決心する。 コンピュータを卒業後、システムソフトを経てリバーヒルソフトへ。 プログラムを含むディレクションを複数の作品で担当する。 その後、に当時のチームメンバーと共に独立しを設立する。 ではの下請けとしてを開発。 その後『』に目が留まった当時に所属していた渡部辰城、およびの依頼で『』のコンペに参加し、正式に受注する。 日野はディレクターを務め、2004年11月に発売される。 より、福岡に存在するゲーム開発会社を中心とした団体の会長に就任。 と提携しながら活動を行っていく方針を発表した。 2011年10月から2012年9月まで・にて放送されていたアニメ『』では、ゲーム原作以外で初めてアニメのストーリー・シリーズ構成を担当した。 2017年、審査会の委員に就任した。 作品 [ ] ゲーム [ ]• (1989年)PC-8801版プログラム• (1989年)プログラム• (1990年)メインプログラム• (1994年)メインプログラム• (1995年)メインプログラム• (1996年)リードプログラマー• (1998年)ディレクション、シナリオ・ゲームデザイン• (2000年)製作プロデュース、原作・ゲームデザイン• (2002年)ゲームデザイン・シナリオプロデュース• (2004年)ディレクション• (2005年)プロデュース・ディレクション・ゲームデザイン・シナリオ• (2006年)プロデュース• (2007年)企画・シナリオ・プロデュース• (2007年)企画・シナリオ・プロデュース• (2008年)企画・シナリオ・プロデュース• (2009年)企画・シナリオ・プロデュース• (2011年)企画・シナリオ・プロデュース• (2008年)企画・シナリオ・プロデュース• (2009年)企画・シナリオ・プロデュース• (2010年)企画・シナリオ・プロデュース• (2008年)シナリオ・プロデュース• (2010年)監修• (2009年)ディレクション• (2010年)企画・シナリオ・総監督• (2011年)企画・シナリオ・総監督• (2018年)企画・シナリオ・総監督• (2011年)企画・シナリオ・プロデュース• (2012年)企画・シナリオ・プロデューサー• (2013年)企画・シナリオ原案・プロデューサー• (2011年)企画・シナリオ・プロデューサー• (2012年)企画、シナリオ、プロデューサー• (2012年)企画・プロデューサー• (2013年)企画・シナリオ・プロデューサー• (2012年)プロデューサー• (2012年)エグゼクティブプロデューサー・プロデューサー• (2012年)企画・プロデュース• (2013年)エグゼクティブプロデューサー・企画・プロデューサー・ストーリー原案• (2014年)エグゼクティブプロデューサー・クリエイティブプロデューサー・企画・シナリオ原案• (2015年)プロデューサー• (2016年)クリエイティブプロデューサー・企画・シナリオ原案• (2016年)総監督・原案・脚本• イナズマイレブン アレスの天秤 超新作映像「フットボールフロンティア編」(2017年)総監督・原案・脚本 テレビアニメ [ ]• (2008年 - 2011年)企画・総監修・ストーリー原案• (2011年 - 2012年)企画・総監修・ストーリー原案・脚本• (2011年 - 2012年)企画・総監修・ストーリー原案・脚本• (2011年 - 2012年)ストーリー・シリーズ構成・脚本• (2012年 - 2013年)企画・総監修・ストーリー原案・脚本• (2012年 - 2013年)企画・総監修・ストーリー• (2013年)企画・総監修・ストーリー原案・脚本• (2013年 - 2014年)企画・総監修・ストーリー• (2014年 - 2018年)クリエイティブプロデューサー・企画・シナリオ原案・脚本• (2016年 - 2017年)クリエイティブプロデューサー• (2017年 - 2018年)原案・総監督・シリーズ構成・脚本• (2017年 - 2018年)クリエイティブプロデューサー• (2018年)総監督・原案・シリーズ構成• (2018年 - 2019年)原案・クリエイティブディレクター・シリーズ構成• (2018年 - 2019年)クリエイティブプロデューサー・企画・シナリオ原案• (2018年 - 2019年)総監督・原案・シリーズ構成• (2019年)クリエイティブプロデューサー・企画・シナリオ原案• (2019年)クリエイティブプロデューサー・原案・シリーズ構成 OVA [ ]• (2013年)ストーリー監修・脚本協力• (2018年)総監督・原案・脚本 劇場アニメ [ ]• (2009年)企画・プロデュース・ストーリー原案• (2010年)企画・総監修・ストーリー原案・製作• (2011年)企画・脚本・総監修・製作• (2012年)特別協力• (2012年)企画・脚本・総監修• (2014年)企画・総監修・ストーリー• (2014年)クリエイティブプロデューサー・企画・製作・シナリオ原案• (2015年)クリエイティブプロデューサー・脚本・企画・製作・シナリオ原案• (2015年)原作・総監督・脚本• (2016年)脚本・シナリオ原案• (2016年)原案・総監督・脚本• (2017年)製作総指揮・原案・脚本• (2018年)製作総指揮・原案・脚本• (2019年)製作総指揮・原案・脚本• (2019年)製作総指揮・原案・脚本 Webアニメ [ ]• (2016年 - 2017年)総監督・原案・脚本 出演 [ ]• パート6(2011年)本人役(友情出演)• (2015年5月2日、)と対談• (2015年5月31日、)• (2015年8月14日、NHK Eテレ)• (2016年9月30日 - 2018年4月5日、・)• (2018年4月6日 - 9月28日、ニコニコ生放送・YouTube Live)• ゲームズマヤー最後の一日(2018年5月、ニコニコ生放送)ゲストとして出演 楽曲提供 [ ]• 「ムゲン・ザ・ワールド」(作詞)• 「I am a Legend of Hero」(作詞)• 「オレはいつか花になる」(作詞)• 「どん底からのカツ丼」(作詞)• twe'lv• 「」(作詞)• 「」(作詞)• 「とべ青い鳥」(作詞) 受賞歴 [ ]• ゲームデザイン部門最優秀賞(2011年)• MVP(2012年)• 経済産業大臣賞(2014年)• 経済部門(2015年)• ファミ通アワード2014 MVP(2015年)• ARIGATO賞(2015年)• 福岡市文化賞(2015年)• 第26回「福岡県文化賞」創造部門(2019年) 脚注 [ ] []• zakzak. 産経デジタル 2011年2月16日. 2018年6月5日閲覧。 黒川文雄 2016年11月1日. インサイド. イード. 2018年6月5日閲覧。 2013年1月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月16日閲覧。 1 2011年2月10日. 2013年4月16日閲覧。 リクナビNEXT. リクルート 2014年7月16日. 2018年6月5日閲覧。 2 2011年2月10日. 2013年4月16日閲覧。 ファミ通App. Gzブレイン 2014年12月27日. 2018年6月5日閲覧。 週刊ダイヤモンド編集部 2014年7月17日. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド. 2018年6月5日閲覧。 FUKUOKA. 福岡市 2015年6月11日. 2018年6月5日閲覧。 ファミ通. com. Gzブレイン 2005年4月28日. 2018年6月5日閲覧。 御月亜希 2011年6月13日. 4Gamer. net. Aetas. 2018年6月5日閲覧。 - マスコット審査会メンバー• 毎日放送. 2018年6月5日閲覧。 NHKクロニクル. 日本放送協会. 2018年6月5日閲覧。 安田俊亮 2011年9月8日. GAME Watch. インプレス. 2018年6月5日閲覧。 Gueed 2014年9月18日. 4Gamer. net. Aetas. 2018年6月5日閲覧。 PDF. 繊研新聞 日本メンズファッション協会. 2015年6月4日. 2019年7月7日閲覧。 映画ナタリー 2015年10月15日. 2015年10月15日閲覧。 奥原慎平 2015年10月7日. 産経ニュース. 産経新聞社・産経デジタル. 2018年6月5日閲覧。 2019年3月6日. 2019年3月28日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• AkihiroHino -.

次の

二ノ国 : 作品情報

日野 脚本

質問そのものに答えるなら 「日野がひとりでやっていると思っている人はおバカだから」 そして 「日野が一人でやってないことを知ってるうえで批判してるひとが大半」 です 日野が叩かれるのは、通常の構成の仕事を逸脱してまでストーリーに強い口出しをしてあの体たらくだからです ああ、ファンのひとにはピントこないはずですが基本的にAGEの ストーリーは「支離滅裂」というのが紛れもない視聴者の評価です。 体たらくというのはそういうこと AGEはSEEDと00どちらが最低かという不毛な最低ガンダム論争に終止符をうったと言われる「ぶっちぎりの最低作品」として扱われています。 そのもっとも大きな理由が「ストーリー、脚本の無茶苦茶さ、レベルの低さ」なのです そしてAGEのストーリーは特に日野がほとんど全権をもってやっているのが事実ですから あらゆる記事、本人自身が認めていることも含め 日野が叩かれるのは当たり前です まぁ、レベルファイブ発足前にいた会社でも「才能がまったくないから絶対シナリオをやるな」と上司にはっきり言われ、それを自分でやるために自力で会社を興した人間ですからね。 シナリオ作成能力が常人以上に欠落しているのは疑いようがない事実。 そして現に矛盾だらけでイベントをつなぎ合わせただけの紙芝居が流れていると言われているじゃありませんか AGEの原案を作ったのも日野、持ち込んだのも日野、全権をもっているのも日野、シリーズ構成をしているのも日野、メインのシナリオライターも日野、監督を起用したのも使っているのも日野、今この時にもすべてに口出ししているのが日野 だからAGEがクソなら 叩かれるのも日野 当たり前の理屈でしょ? 何、ワケの分からん事言っているの? そもそもシリーズ構成となっている以上は、日野の影響力が一番強いし、この記事で書いているように、やたらと台詞の制限が厳しすぎ。 それで、どんなに優秀なスタッフがいても、推敲が行えるわけ無いじゃないですか。 それに、小説家・宮部みゆきに才能無しの烙印を押されているんですから、日野のシナリオがどれだけ酷いか想像付くでしょ。 大体、宇宙世紀信者がガンダムAGEを叩いているという思考が盲目的。 俺は、機動武闘伝Gガンダムが一番好きだし、機動戦士ガンダム00も結構好きな部類ですけど、日野の脚本とやり口が酷いから怒っているんですよ。 もっと、別の観点で叩かれている原因を考えましょうや。 ストーリー/シリーズ構成に名前がある以上、脚本の決定権は日野社長で間違いはなく、全話の脚本に関わるんですけでね。 すべて書いてないからっていわれても だから? 3 約1380枚 に対し ・ガンダムUC ep. 5 約99000枚 ダウンロードコンテンツ抜き 同じ「ガンダムシリーズ」でも70倍以上の差がある、世間的に見たら誰の目にも失敗作はどちらかわかるだろう、AGEが好きなのは良いことだが現実の評価は素直に受け止めるのが「ガンダムファン」だ、人気がないのを宇宙世紀信者のせいにするのは見苦しい、し筋違い、まぁ世間の評価は気にせずAGEが好きなのは良い事だと付け加えさせてもらう.

次の

二ノ国 : 作品情報

日野 脚本

多くの読者にトラウマを植え付けてきた怪奇漫画家・日野日出志。 本書は、怪奇と抒情が交差する作品の魅力とそれを生み出した人間・日野日出志に迫る一冊。 450作品以上になる全作品紹介と表紙リスト、日野日出志本人のコメントで振り返る作品レビューなど漫画家活動50年の集大成がここに完成。 赤塚りえ子、犬木加奈子、御茶漬海苔、里中満智子、しりあがり寿、ちばてつや、手塚眞、戸川純、人間椅子・ナカジマノブ、のむらしんぼ、ビッグ錠、古谷三敏、みうらじゅん、三浦みつる、山咲トオルなど多くのクリエイター、アーティストによる日野語り、伊藤潤二、俳優・八名信夫とのレジェンド対談を収録。 幻の怪作『あしたの地獄』他、絵本につながる日野日出志の原体験を描いた『少年日記』など単行本未収録作品を複数掲載! 大阪芸術大学芸術学部キャラクター造形学科教授。 1946年4月19日生まれ、旧満州チチハル市出身。 1967年のデビュー以来、雑誌「ガロ」「少年画報」「少年サンデー」などを中心に数多くの怪奇や叙情的な世界を表現し、ホラー漫画界の重鎮として人気を確立。 国内にとどまらず海外でも高く評価され、翻訳作品が多数ある。 1980年、神戸市出身。 日野日出志とともに日野プロダクションを設立。 文筆業のかたわら、地方創生事業に進出し、企画プロデュースした「お化け屋敷電車」「まずい棒」が話題に。 来年公開の映画『電車を止めるな! 』では原作・脚本を務める。 著書多数 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです まずこの本の目玉である、あしたの地獄というマンガ、当時警察からすぐクレームが来て本人も色々あってすぐ掲載が終わった幻の作品ですが、いや日野先生流石です、この年になってまでトラウマになる様な作品でしたね。 内容はおそらく はだしのゲン のオマージュというかパロディというか、こちらの内容にあった兵隊さんが妊婦のお腹を切って胎児を引きずり出したり、女性の性器に一升瓶を突っ込んで殺したりの真似事をしたのだと思います。 まあ今じゃ絶対発売できない内容なのは間違いないですね。 でも普段の先生は大人しい人で、赤い花の主人公のモデルが奥さんだというのがバレて怒られて、以来全く頭が上がらなくなったとか、他の有名な漫画家さんのインタビューを読むと、いかに皆さんに愛されてるかが分かりました。 もちろん私も大好きです!値段は少々張りますが、購入して良かったです。 思わず目を疑った。 ひどい。 いや、すごい。 『少年画報』に一回だけ載って打ち切りになった「あしたの地獄」を再録してくれた。 これは嬉しい。 核戦争後の世界をオムニパスで描く予定だったらしい。 読みたかった。 でも、掲載分を読めば打ち切りにも納得する。 よくこんなもの載せたな。 「人魚残影」は作者のリリカルな側面が出た傑作だ。 エロかわいい。 単行本未収録作の再録は嬉しいが、全体に文字が多くてビジュアル不足だ。 漫画家のムックだろ。 特に縁のなさそうな有名人にインタビューするくらいなら、全単行本の表紙をカラーで載せてくれ。 短編が多いから困難かもしれないが、数行でいいから全作品解説も欲しかった。 作品リストは便利だ。

次の