使い捨て マスク の 洗い 方 洗剤。 【ガーゼ布マスクの洗い方】中性洗剤選び・消毒方法・干し方

マスクを洗う洗剤の種類は弱酸性か中性?除菌や肌荒れ対策におすすめ洗剤も紹介!

使い捨て マスク の 洗い 方 洗剤

洗剤と漂白剤に10分ずつ浸し漬け 花王が示した「布マスクの洗い方」は、マスクに着いたウイルスの不活化(働きを失わせること)を目的としたもの。 具体的な方法は以下の通りだ。 まずは標準濃度の洗剤でマスクを10分間浸し漬ける。 その後、水1リットルに塩素系漂白剤15ミリリットルを溶かした液の中で、マスクを再び10分間浸漬。 浸し終えたら水道水で十分にすすぎ、清潔なタオルに挟んで水分を吸い取る。 形を整えて干せば、布マスクの洗濯が終了だ。 洗濯の際の注意点としては、炊事用手袋を使うこと、複数のマスクを一度に洗わないこと、洗濯液の飛沫に触れないよう密閉できる容器で処理すること、洗濯後は十分に手を洗うことなどを挙げている。 ただ、これはあくまで再利用可能な布マスクの洗い方。 使い捨てマスクの再利用に関して同社は「ウイルスをキャッチする性能が低下するため、基本的におすすめしません」としている。 洗っても元の機能は有さない 使い捨てマスクは、洗って再利用できるのか。 参考になるのが、全国マスク工業会が2020年3月4日に公開した「マスクの再利用について」という指針だ。 同会は花王と同じように「洗って繰り返し使える表記の無いタイプは、洗うと機能が落ちるのでお勧めできません」としている。 一方で、どうしても再利用したい場合の洗い方も掲載されている。 具体的な方法は以下の通りだ。 (1) 中性洗剤で押し洗いをする。 もみ洗いはしない (2) 十分なすすぎをする (3) 熱に弱い材料が使われているマスクもあることから、型くずれを軽減するために乾燥機は使わず、十分に乾燥させる 花王が「布マスクの洗い方」で示した漂白剤の使用は、こちらでは勧めていない。 また「洗える」という記載のない使い捨てマスクは、洗っても元の機能は有さないとし、 「再利用される場合、あくまでも咳エチケット・濃厚な接触感染や鼻口に直接触れる頻度を少なくする為の使用であることをご理解ください」 としている。

次の

不織布マスクの洗い方は中性洗剤+αがポイント!洗濯機・熱湯は避けるべし

使い捨て マスク の 洗い 方 洗剤

でも、「え、使い捨てマスクって紙マスクでしょ、洗えないよね」と言われたことがあります。 日本でもマスク不足からトイレットペーパー不足をイメージしたデマがありましたから、使い捨てマスクは紙マスクなのだと思っている人が多かったのかもしれません。 でも 一般的な使い捨てマスクは、紙製ではありません。 ポリプロピレンやポリエチレンが原料の「不織布(ふしょくふ)」でできています。 不織布というのは、「織っていない布」という意味。 通常の布のように糸を縦横に通して織るのではなく、樹脂から作られた繊維を絡ませる方法で布のようなシート状に作っています。 紙よりも丈夫で破れにくく、成形も楽なので大量生産が可能なのですね。 ただ、感染症の拡大で、不織布の使い捨てマスクも品薄が続いています。 マスクが手に入らなくて困っているときは、再利用するしかありません。 ということで、この記事では 不織布製の使い捨てマスクを水洗いして再利用する方法を紹介しますね。 洗ってウイルス対策になるのか、洗ってもマスクの効果は大丈夫なのか、という質問にも答えているので、続きからどうぞお読みください。 使い捨てマスクを洗うには中性洗剤がよい・界面活性剤の力で壊す 目に見えないウイルスや菌がついていると思うと、強力な漂白剤なんかで漬け置きすればいいんじゃ?と考えがちですが、 皮膚と密着するものなので漂白剤はNG。 確かに漂白剤の成分である次亜塩素酸ナトリウムは殺菌力がありますが、皮膚を溶かしたり塩素の臭いがきついので、使用に注意が必要になります。 そこで、台所用の食器洗いに使う合成洗剤がおすすめ! 中性洗剤で洗うと界面活性剤がウイルスの膜を壊すので、除菌効果が期待できます。 このウイルスを覆っている膜「エンベロープ」は脂質性のため、洗剤に弱いと考えられています。 新型コロナウイルスでの実証実験はまだされていないようですが、よく似たSARSウイルス(当時「新型肺炎」と呼ばれていた)の時には界面活性剤によるウイルス破壊の効果があったそうなので、やる価値はあると思います。 今年3月2日のNHKあさイチでも、同様の内容が扱われていました。 参考 参考 参考 不織布マスクの洗い方のコツ ぬるま湯に台所用の合成洗剤(食器洗い洗剤)を垂らして泡立て、その中でマスクを優しく揺すり洗いします。 このとき「じゃぶじゃぶ」と勢いよく洗わないようにしましょう。 万が一マスクにウイルスがついていた場合、飛沫が飛び散ってしまわないためです。 勢いよく洗いたい場合、密封できる袋や容器に入れてしっかり閉めてから振る、という方法があります。 「こすり洗い」や「もみ洗い」は毛羽立ちの原因になるのでご注意。 洗剤の界面活性剤成分がマスク全体にいきわたればOKなので、ごしごしこする必要はないのです。 ただメイク汚れなどがついている部分は、原液を付け足して指の腹でそっとこするようにすればきれいになります。 きれいな水で何度かゆすぎ、泡が出なくなったら水を切ります。 そっと絞ってから、キッチンペーパーなどにはさんで水気を取ります。 水気をとったマスクにアルコール消毒液をスプレーします。 洗剤だけで十分ウイルスは減っているはずです。 (を使用) ぶら下げて完全に乾燥させます。 洗って再利用するマスクは劣化することを理解して 乾いたマスクを確認してみると、特に毛羽立ちもなく、つけ心地は違和感なし。 内蔵ワイヤーがちょっとずれていたけれど、指先でそっと移動させて元通りの位置になりました。 見た感じは全くわかりませんが、洗ったことでマスクの不織布のきめが粗くなっているかもしれません。 特に 機能性の高いマスク(3重構造とか抗菌機能など)は洗うと確実に劣化します。 例えば「サージカルマスク(医療用マスク)」の場合は、医療中の飛沫や血液から守るために表面が防水加工されています。 洗剤洗い、アルコール消毒などをすると、この防水機能が失われてしまい、医療用としては機能を果たせなくなります。 洗って見た目が変わっていなくても、機能的にはただのガーゼのマスクと同じくらいウイルスを通しやすくなっていると考えられます。 洗って再利用するときはこうした点を理解した上で、行う必要があります。 それでも飛沫予防、花粉対策の観点ではマスクをつけないよりはずっといいですよね。 気になるときは内部にガーゼや、マスクインナーなどを重ねて使うようにすると気分的にはいいかも。 (マスクの劣化についてやが参考になりました) 使い捨てマスクに煮沸消毒やアイロンはだめ 洗った後の不織布マスクをさらに消毒したい場合、熱湯消毒やアイロンで殺菌する方法が思い浮かびますが、これはあまりよくありません。 「不織布」は耐熱性がないからです。 冒頭でも触れましたが、使い捨てマスクに使われている不織布の原材料は、ポリプロピレン樹脂やポリエチレンの樹脂です。 樹脂を繊維状にし、絡み合わせて布のようにしているわけです。 そして間にフィルターを挟むなど、何重にもなっていて機能を発揮する構造です。 ここに熱湯やアイロンなどの熱をかけてしまうと、溶けたりくっついたりして素材が傷んでしまいます。 そもそも前述の手順で水洗いすることでマスクの素材を痛めているところへ、さらに熱をかけてダメージを大きくしたくないですよね。 熱湯消毒・アイロン殺菌は布製のマスクには効果がありますが、不織布のマスクには行わないようにしましょう。 洗わないでアルコール消毒スプレーだけではダメ? 中性洗剤で洗うのが面倒だからシュシュっとアルコールスプレーを吹きかけるだけでも消毒できるのでしょうか? 実は不織布マスクの場合は、これだけでは十分な殺菌効果がありません。 不織布は前述のようにポリエチレンやポリプロピレンでできていますので、吸水性がありません。 吸水性がないため、繊維の内部までアルコールが入り込むことが難しく、完全な殺菌がしにくいわけです。 ですから アルコールスプレーをかけても、マスク表面だけしか消毒ができないことになります。 また濡れることで洗った場合と同じようにフィルター性能が劣化し、ウイルスバリア機能が落ちてしまいます。 特にアルコール成分は医療用マスクの防水性を低下させてしまうことがわかっています。 ということで、個人的にはアルコールスプレーをかけるだけよりも、中性洗剤で洗う方が内部まできれいにできるのでは、と感じています。 マスクの内側にスプレー除菌する場合 しかし同じマスクを着け続けなくてはいけないけれど、マスクの内側が臭くなってしまうときなどは、内側にかけるための除菌スプレーがあります。 これはウイルス対策ではなく、マスクの内側に繁殖する雑菌を除菌するためのものです。 このマスク用スプレーをアルコールスプレーで代用する場合は、完全に乾かしてアルコール成分を飛ばしてから着用する必要があります。 マスクの内側を除菌する目的なら、50ppm以下に調整した「次亜塩素酸水」のスプレーも利用可能です。 作り方 関連記事 再利用できそうな使い捨てマスクはこんなとき 基本的には、使い捨てマスクは衛生を保つための「使い捨て」なので、頻繁に交換するべきもので再利用は勧められていません。 そもそも、ウイルスがいそうな場所につけていったマスクは再利用しないほうがいいでしょう。 表面を触らないようにして、ビニール袋に包んでゴミ箱へ・・。 でもマスク不足なので、貴重なマスクを大切に使う必要に迫られることもあります。 「念のためマスクをつけていったけれど誰とも接触しなかった」という場合の使い捨てマスクは、再利用してもいいかもしれません。 ただし、保菌者が触った場所に触れた手でマスクに触っている可能性もあります。 だからきれいに見えても安心はできません。 使用済みマスクはできるだけ早く洗って マスクを再利用するなら、できるだけ早く洗うのがおすすめ。 インフルエンザウイルスの場合は、 マスクや衣類に付着してから12時間は生存していると言われています。 表面が滑らかなプラスチックやガラス面、つるつるな手すりやドアノブなどでは最大48時間も生存しているそう。 SARSコロナウイルスの場合は、つるつるな面では 最大9日間生存する可能性があるとのこと。 新型コロナウイルスの場合も同じほど生存力が強い可能性があります。 追記:新型コロナウイルス(COVID-19 の生存期間は、 段ボール等の上で最大24時間、 プラスチックなどつるつる面では最大3日、という検証結果が発表されました(2020年3月の米国立衛生研究所を含む合同チームの実験結果)。 ノロウイルスに至っては、最大2週間も生存している可能性があります。 ということで、再利用しようと思うマスクは汚れていないと思えても放置してはだめ。 万が一マスクにウイルスがついていたとしても すぐに洗うことでウイルスの生存率を下げることができるはずです。 洗剤と流水で洗うなら殺菌はしきれなくても物理的にウイルスを洗い流すことになり、感染リスクが減ります。 同じく布製など「洗って使える」タイプのマスクも、帰宅後すぐに洗うのがおすすめです。

次の

【花粉が限界だ】使い捨てマスクを洗ってみた

使い捨て マスク の 洗い 方 洗剤

不織布マスクは、洗って再利用できる! 「不織布マスク」を塩素系漂白剤につけてもいい? 水洗いはOK。 では、塩素系漂白剤につけても大丈夫でしょうか? 全国マスク工業会が「アルコール消毒はNG。 中性洗剤で洗う」と示したことを受け、改めて考えてみました。 漬けるとどうなるのか? ハイターを薄めた液に漬けおきしたところ、見た目やニオイに変化はありませんでした。 しかしながら、ハイターは非常に強いアルカリ性。 ウィルスを不活性化できたとしても、「素材が変質しないのか」ちょっと気になります。 見た目だけでは分からないだけに、「 控えた方がいいかな」と個人的には思いました。 ハイターで作った次亜塩素酸ナトリウム を「マスクにスプレーして、そのまま使ってもいいのか?」 ハイター(次亜塩素酸ナトリウム)を染み込ませたマスクは、人体に危険なので着用してはいけません。 「吸い込むと、咳き込んだり呼吸器に異常を起こす恐れがあり危険です。 マスクの除菌スプレー「次亜塩素酸水」とよく名前が似ているので混乱しがちですが、全く違う物質。 間違えないようにしましょう。 (スプレー容器にうつして使うこともNGとされています) ハイターなど塩素系漂白剤は、人体に有害。 参考: 不織布マスクが品薄ならガーゼや布製を使おう さて、再利用するにも限りがありますよね。 何度も洗えば、毛羽立ってしまいます。 そこでおススメなのは「 ガーゼマスク」です。 ただガーゼマスクも品薄中。 そんなときは、「 手作り」するという手もあり。 型紙はどこで入手できる? ちなみに型紙は、手芸店にいけば入手することが可能。 私はネットでダウンロードしました。 <参考:nunocoto fabricのサイト> 材料は? 材料は、ガーゼとゴムがあればOK。 手芸店なら好きなデザインを選べます。 100均などにあるガーゼハンカチ、不織性マスクのゴムも代用可能。 長持ちさせたい場合は、 衣服小物用のコットン・ガーゼをおススメします。 作るコツ ガーゼで作る場合、洗うと縮むので、「 水通し」してから作るとGOOD。 それと、ゴムの張り具合で付け心地が変わります。 あまりテンションが強いと耳が痛い。 はじめてつくる場合は、ちょっと長めにゴムを切るなどし「サイズ調整しながら固定する」といいですよ。 ガーゼって「新型コロナウィルス」に効果あるの? ところで、ガーゼって「新型コロナウィルス」に効果あるの? 専門家は、感染・拡散対策として「それなりに 効果がある」と言ってました。 「人は1時間に23回、目・鼻・口など顔を触る」そうです。 上でも述べましたが 「顔を触るのを防ぐ」という意味で、感染のリスクは減らせると思います。 また、「 咳エチケット」にもなりますね。 洗えば、長期間使い回しができる!使い捨てタイプを買えない時におススメです。

次の