なす の ユッケ。 ユッケ(ゆっけ)とは

簡単レシピ!なすがあればレンジ調理ですぐできる「とろとろなすのユッケ風」の作り方

なす の ユッケ

野菜の煮物 92品 定番 1品 ラタトゥイユ 28品 かぼちゃの煮物(煮付け) 1品 なすの煮浸し 11品 野菜の煮物 その他 53品 野菜の和え物 52品 野菜の白和え 1品 野菜の和え物 その他 51品 野菜の炒め物 118品 定番 1品 きのこ炒め 1品 野菜炒め 8品 なすの味噌炒め 35品 ゴーヤーチャンプルー 1品 野菜の炒め物 その他 77品 野菜の炒め煮 42品 定番 29品 麻婆なす 29品 野菜の炒め煮 その他 13品 野菜の焼き物 72品 定番 22品 焼きなす 20品 野菜の肉巻き 16品 野菜の焼き物 その他 36品 野菜の揚げ物 42品 定番 2品 野菜の揚げ物 その他 42品 野菜の蒸し物 53品 蒸しなす 48品 野菜の蒸し物 その他 5品 野菜のおひたし 8品 おひたし その他 8品 野菜のおかず その他 24品 定番 1品 野菜のカルパッチョ 2品 野菜のマリネ 20品 ゆで野菜 2品 肉のおかず 牛肉 32品 定番 1品 その他 牛肉料理 32品 豚肉 92品 定番 11品 とんカツ 1品 豚の生姜焼き 4品 豚しゃぶ・冷しゃぶ 4品 角煮・煮豚・チャーシュー 2品 酢豚 2品 ポークソテー 4品 野菜の肉巻き 16品 その他 豚肉料理 60品 鶏肉 46品 定番 8品 チキンカツ 1品 チキンソテー 1品 照り焼きチキン 3品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 4品 その他 鶏肉料理 37品 挽肉 76品 定番 42品 ハンバーグ 7品 メンチカツ 1品 餃子 3品 麻婆豆腐 6品 麻婆なす 29品 そぼろ 2品 つくね 2品 その他 挽肉料理 30品 加工肉 11品 ベーコン巻き 1品 その他 ベーコン料理 2品 ウィンナソーセージ料理 3品 コンビーフ料理 1品 スパム料理 2品 ハム料理 2品 ラム肉 1品 ジンギスカン 1品 魚介のおかず 魚介の煮物 10品 定番 1品 さばの味噌煮 1品 魚介の煮物 その他 9品 魚介の焼き物・ソテー 17品 魚介の焼き物 その他 17品 魚介の炒め物 8品 イカ・エビの炒め物 4品 魚介の炒め物 その他 4品 魚介の揚げ物 10品 アジの南蛮漬け 1品 魚介の揚げ物 その他 9品 魚介の蒸し物 1品 魚介の蒸し物 その他 1品 魚介のカルパッチョ・マリネ 4品 魚介のカルパッチョ 1品 魚介のマリネ 3品 魚介の漬け・刺身 1品 刺身 その他 1品 練り物 4品 さつま揚げ料理 2品 ちくわ料理 1品 かまぼこ料理 1品 魚介のおかず その他 5品 魚介のアレンジ料理 5品 魚介の缶詰 2品 ツナ料理 2品 ごはんもの カレー 24品 野菜カレー 7品 キーマカレー 2品 グリーンカレー 2品 ドライカレー 3品 スープカレー 2品 ビーフカレー 1品 カレー その他 7品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 1品 定番 1品 ハヤシライス 1品 ハッシュドビーフ 1品 寿司 3品 恵方巻き・巻き寿司 1品 混ぜ寿司 2品 炒めご飯・チャーハン 2品 チャーハン その他 2品 炊き込み・混ぜご飯 6品 パエリア 2品 ビビンバ 2品 炊き込みご飯 その他 1品 混ぜご飯 その他 1品 どんぶり 20品 定番 2品 天丼 1品 中華丼 1品 丼もの その他 18品 雑炊・リゾット 4品 定番 1品 おかゆ 1品 お茶漬け 1品 リゾット 2品 アレンジご飯 7品 定番 1品 おにぎり 1品 ドリア 2品 アレンジご飯 その他 4品 卵・大豆製品 なすの基本情報 なすの特徴 原産はインドといわれ、日本へは8世紀ごろに伝わり、奈良時代から栽培されてきました。 地方には独特の品種があり、全国で180種以上とか。 最も多く出回っているのは、用途の広い、長い卵形のものです。 くせのない味わいは、煮る、焼く、揚げる、蒸す、漬けると、どんな調理法・味つけにも合います。 和・洋・中、さまざまな料理に活躍し、特に油と相性がいいので、炒めものや揚げものに。 油を使って調理すると、色鮮やかに仕上がります。 なすの選び方ガイド あまり日もちのしない野菜です。 へたが黒く、切り口が新しく、へたについているトゲがとがっているもの、皮がピンとして全体に張りがあり、光沢のあるものを選びましょう。 低温に弱いので、2〜3日なら常温で。 それ以上長く保存するときは、冷蔵庫の野菜室で、水分が蒸発しないよう、ポリ袋に入れて保存して。

次の

【食の安全考】高かった「ユッケ」が再び庶民の味に戻ってくる? 新たな殺菌法に注目集まり… レバ刺しにも有効か? (1/3ページ)

なす の ユッケ

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月) 原語読みでは「肉」はユク( 육、Yuk)、「膾」は( 회、Hoe)の発音で、連音化して「ユッケ」と聞こえる。 「膾」は獣や魚の生肉を細かく刻んだもの(「」やの一種)の意味である。 名前が示す通り、生肉を使った韓国式の風料理である。 生の(主になどのモモ肉)を細切りにし、や、などのと、や、、、の果汁などの調味料で和え、中央にを乗せて供することが多い。 やの千切りを添えることも多く見られる。 食前にはよくかき混ぜるのが良いとされる。 ユッケをに乗せたものは、 ユッケビビンバ( 육회 비빔밥)と称される。 の郷土料理は特によく知られており、やの上に乗った赤い牛肉をに見立ててファバン( 화반、花飯)とも呼ばれている。 歴史 [ ] この節のが望まれています。 ( 2017年12月) 末期の『 (、)』に掲載されている調理法では、薄く切って血抜きした牛肉を細切りにし、ネギ、、唐辛子、、油、松の実、ゴマ、塩などで和えるとしている。 また食べる際にはコチュジャンと食酢をあわせたチョコチュジャンを加えるのもよいとされている。 日本 [ ] 日本でもかつては店の定番メニューとなっていた。 料理店では様々にアレンジされ、牛の舌(タンユッケ)、牛の内臓、、で作られる場合もあった。 また現在でも、、などの()で作られる場合がある。 安全性 [ ] ユッケは生肉を食するものであるため、やなどの病原体に感染する可能性がある。 内部組織へ菌が侵入しないよう、大きな塊肉を使用し周りを削り落とす「トリミング」によれば菌低減の効果がある。 また、業界団体であるは「生食用食肉の取扱いについて」(2011年(平成23年)5月6日)では「安全性の確保については、お店の対応次第でゼロリスクに近づける」としている。 集団食中毒事件 [ ] 2011年4月19日より26日の間に、焼肉チェーン店の複数の店舗において、「ユッケ」を食べた男児ら複数名が腸管性出血性大腸菌 O-111 によって相次いで死亡および重症化する事件が発生した。 食材となった「和牛ユッケ」の一部に菌が付着していたことが原因であると想定されるが、この店舗ではトリミングされておらず、肉自体も和牛ではなく交雑種であった。 患者が発生した各県は、株式会社に対し、「砺波店」4月27日営業停止処分、「駅南店」4月30日営業停止処分、「福井渕店」5月2日営業停止処分、「富山山室店」5月6日営業停止処分、「横浜上白根店」5月16日営業禁止処分とした。 なお、「焼肉酒家えびす」は4月27日より生食用食肉(ユッケ)の販売自粛、4月29日から全店舗の営業停止を発表し、同年7月8日に廃業している。 2011年の4-5月期には、焼肉チェーン店において165名の患者発生があり、重症者34名、死者4名である。 この事例では(HUS)を併発した患者が31名(患者の18. 肉の生食に関する規制 [ ] 牛肉などの生食による食中毒事件が頻発したことから、(現)は(平成10年)に「生食用食肉等の安全確保について」の通知を出した。 本基準には生食用食肉の成分規格目標、生食用食肉の加工等の基準目標、生食用食肉の保存等基準目標が詳細に示されているが、あくまでも目標であり、法的な規制ではなかった。 さらには(平成18年)に焼肉店を原因施設とする事例が続発し、その原因食品として焼肉、ユッケ、等の刺身肉であることから、飲食店における腸管出血性大腸菌食中毒防止対策について通知が出された。 と畜場、食肉処理施設、食肉販売店、飲食店の各施設における生食用肉の衛生管理に基づいた保健所からの指導要請がなされた。 旧は「生食用食肉の衛生基準」(1998年9月11日 生活衛生局長通達)により生食用食肉の規格や衛生管理について定め、これに沿った食肉に限り「生食用」と表示することとしていた。 この基準については「膨大な金額がかかり、検査に合格する頃には生肉ではなくなるので実質的な禁止措置」との批判が当初からあった。 したがってこれに基づく生食用食肉の出荷実績があるのはとレバーのみで、牛肉の出荷実績のある施設はなかった(2008年(平成20年) - 東京都福祉保健局 2009年(平成21年) )。 この基準が原因で、多くの加熱用食肉が飲食店の自主判断により生のまま提供されることになっていた。 脚注 [ ] [].

次の

ユッケ(ゆっけ)とは

なす の ユッケ

平成23年に起きた焼き肉チェーン店での集団食中毒事件をきっかけに厳格になった生食用牛肉の規格基準によって、今や高根の花となった焼き肉店メニューの「ユッケ」。 高価格となったのは、肉を殺菌するための加熱で可食部分が少なくなったことなどが理由だ。 ユッケを庶民の手に取り戻そうと、京都大などの研究グループは殺菌法を研究。 その成果が7月にまとめられ、注目を集めている。 ユッケが安くなるのはもちろん、今は飲食店で食べられないレバ刺しの復活にも期待がかかる。 ユッケは一般的に牛の赤身の生肉を細く切り、しょうゆ、ごま油などの調味料であえたメニュー。 事件後、ユッケなど生食用牛肉の加工、提供方法を定めた国の基準が厳格化され、飲食店で生食用牛肉を提供する場合、外側を加熱し、表面を1センチ以上の厚さで削らなければならなくなった。 これにより、店によって異なるが、事件前には数百円程度で食べられていたユッケの価格が高騰、千円を上回る店も出てきて庶民には手の届かない1品となった感がある。 そんな中、京都大東南アジア研究所の西渕光昭教授と、食品添加物メーカー、かわかみ(大阪市福島区)のグループが開発した製剤「キンコロスウォーター」が注目されている。 既に、まな板や手などの除菌・抗菌・洗浄剤として市販されているもので、主原料は、北海道産のホタテの貝殻由来の焼成カルシウム(貝殻を1000度以上の高温で焼成したものを細かくしたパウダー)。

次の