個体値チェッカー ソード。 【ポケモン剣盾】ジャッジ機能の入手方法と使い方|個体値を判別しよう!【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】ジャッジ機能の入手方法と使い方|個体値を判別しよう!【ポケモンソードシールド】

個体値チェッカー ソード

ポケモンの厳選には個体値を持つメタモンが必要になり、今作ではマックスレイドバトルを使ってゲットすることになります。 この記事ではメタモンのレイドができる場所について、レイドを出現させる方法についてまとめていきます。 確実に4V以上が手に入り、他のプレイヤーと協力すると一気に効率を上げることができます。 5V以上のメタモンも存在するので、4V以上を狙うには何度も何度メタモンのマックスレイドバトルに挑むことになります。 メタモンレイドの場所・巣穴のリセマラ方法 メタモンのマックスレイドバトルができる場所は固定されています。 ハノシマ原っぱとストーンズ原野の境目(マップ東端)、岩の手前にある草むらに囲まれた巣がメタモンのレイドが出現する場所となります。 メタモンレイドを行う前にいくつか準備が必要になるので、まずは準備から始めましょう。 実際の手順 1. ストーンズ原野へ行く 2. 画像の場所へ行き、レポートを書く 3. ねがいのかたまりを使用し、レイドを呼び出す 4. レポートの確認の瞬間にホームボタンを押す 5. 太い光の柱からメタモンのレイドが登場 『ねがいのかたまり』を入れる際、抽選をリセマラできることが判明しました。 「ここまでの冒険をレポートに記録しますか?」というメッセージが表示されるので、Aボタンを押した後にホームボタンを押してください。 タイミングが遅いとレポートを書かれた状態になるので、リセットすることができない点に注意が必要です。 レポート中にソフトを落とすという推奨しがたい行為でもあるので、この方法は 自己責任でお願いします。 ポケモン剣盾 初心者向け記事リンク 当サイト『ポケモンまとめマスター』では、ポケモンソードシールドからポケモンを始める人、対戦を始めようと思っている人に向け、初心者向けの記事を用意しています。 攻略や調べ物にお役立てください。

次の

【ソードシールド】ジャッジ機能の解放方法!個体値を確認できる厳選用機能【ポケモン剣盾】

個体値チェッカー ソード

ポケモン育成において個体値の判定が必要となるときは次の2つのパターンがあります。 努力値を最も無駄なく振るためにはポケモンの正確な個体値を知る必要があることがあります 詳しくは 参照。 また、めざパのタイプ・威力は一定手順を踏めば必ず欲しいタイプで威力65以上のものが出ます 詳しくは。 しかし、タマゴ孵化による厳選ができないポケモンや、めざパ厳選した訳ではないが、タイプ・威力がよければめざパを使ってみたいというときなどは、正確な個体値からタイプ・威力を判定するしかありません。 すると上の個性表から個性は「すこしおちょうしもの」となります。 これとは逆に、個性からポケモンの個体値をある程度判定することができます。 例えば、あるポケモンの個性が「ちからがじまん」だったとすると、攻撃の個体値は5で割って余りが「0」の数となり、「U」 =30 の可能性があります。 もちろんこれだけでは確定しませんが、個性を見ることでUまたはVの可能性が分かります。 正確な個体値判定は手間がかかりますが、もしこの時点でUまたはVの可能性がないポケモンを排除できれば多少は時間短縮になります。 ただ、2Vや3Vの場合だと、最も高い個体値であっても個性として表示されるのはどれか1つだけであり、個性として表示されず隠れてしまった能力のVの可能性は判定できないため注意が必要です。 【ステップ2】「ふしぎなアメ」でレベルを上げる UまたはVの可能性が判明したら、次は「ふしぎなアメ」でレベルを上げていきます。 レベルを上げることで個体値による能力差が顕著になり、その能力差から個体値を判定できるようになります。 「ふしぎなアメ」でレベルをいくつまで上げれば個体値がUまたはVか判定できるかには次の2つの法則があります。 種族値の1の位が5の能力は、レベル5まで上げれば個体値30以上か判定できる。 種族値の1の位が0の能力は、レベル10まで上げれば個体値30以上か判定できる。 ではこのレベルまで上げたとき、能力値がいくつになればUまたはVなのかということですが、もちろんステータス計算式からその都度計算しても構いませんが、今は様々なサイトで「ステータス計算機」という便利なツールが用意されていたりします。 例えば、トレーナー天国様の で「ポケモン」「レベル」を入力し、「性格指定なし」で調べれば、個体値に対応するステータスの一覧が表示されます。 そこで個体値30、31に対応するステータスを見れば、具体的な値が分かります。 レベルを上げてもこの値に達していなかったらUまたはVではないということです。 レベルを上げてこの値に達し、個体値が30以上だと分かれば、ステップ1の個性の情報と合わせて個体値がUなのかVなのかが一意に確定します。 30以上であることは分かったが、個性からはUかVか確定できない場合 2V、3Vの可能性がある場合 は、後に述べるような方法で正確な個体値を判定する必要があります。 【参考】「ふしぎなアメ」について• 「ふしぎなアメ」でレベルを上げる理由は、使うだけで簡単にレベルが上がるということと、努力値が入らずに済むということです。 敵を倒してレベルを上げると、努力値が入ってしまい判定の計算が面倒になります。 育て屋を使ってもよいですが、「ふしぎなアメ」があるに越したことはありません。 「ふしぎなアメ」は希少なので、実際に使ってしまうとまた集めるのが大変です。 「ふしぎなアメ」を使用する前にレポートを書いておき、個体値の判定が終わったらリセットしましょう。 「ふしぎなアメ」は特性「ものひろい」のポケモンが戦闘終了後にときどき拾ってきます 「ふしぎなアメ」以外も拾ってきます。 個体値判定において「ふしぎなアメ」は大量に必要なので、手持ちが空いているときはできるだけ特性「ものひろい」ポケモンを連れて歩くようにするとよいです。 また、バトルフロンティア DP・Pt やポケスロン HG・SS やバトルサブウェイ BW の景品として入手することもできます。 【種族値の1の位が5でも0でもない能力のU、V判定】 ここで面倒なのが種族値の1の位が5でも0でもない能力のU、V判定です。 第4世代以降このような半端な種族値をもつポケモンが多く登場しましたが、おそらくこれはゲームバランス調整のためと思われます。 このような半端な種族値の能力のU、V判定には上の2つの法則をそのまま使えません。 ではどのようにすればよいかというと、 「ドーピングにより努力値を振ってやる」ということをします。 ポケモンの能力値 ステータス の具体的な計算式は次のようになります。 個体値判定をするポケモンが1匹だけという場合は、必要な努力値をドーピング以外にも普通に敵を倒すことで調整してもよいですが、タマゴ孵化によるポケモン厳選時などで個体値判定するポケモン数が多い場合は、1匹1匹調整しているとかなりの手間がかかってしまいます。 そのため、厳選前にステータス計算機を用いていくつドーピングしていくつまでレベルを上げれば判定できるか求めてメモを取っておき、厳選中はそれを利用します。 個性が分かっている能力のU、V判定だけなら、ステータス計算機により個体値27以上と判別が付くレベルとドーピング数が分かれば、個性の情報と合わせて一意に確定できます。 この場合もステータス計算機を用います。 やり方としては、• まず個体値を知りたいポケモンのレベルを「ふしぎなアメ」で5~15程度まで上げる。 次に、ステータス計算機でそのレベルでの個体値とステータスの対応を調べる。 レベルを上げたポケモンのステータスの値と比較して、個体値が取り得る範囲をメモする。 次に、適当にドーピングにより努力値を振り、「ふしぎなアメ」でレベルを上げる。 ここで再びステータス計算機と比較して、個体値が取り得る範囲をメモする。 この時点で、 2. の範囲との共通部分のどこかに正解の個体値があることが分かります。 この共通部分がある一定値を取るように、3. の手順を繰り返して範囲を狭めていく。 この一定値がその能力の正確な個体値となります。 上記の 1. や 2. で、適当にドーピングにより努力値を振り「ふしぎなアメ」でレベルを上げると言いましたが、実際は先にステータス計算機上でいくつドーピングするか、いくつレベルを上げるかなどをシミュレートしておくとよいです。

次の

【ポケモン剣盾】個体値とは?調べ方は?【ソードシールド】

個体値チェッカー ソード

もくじ• メタモンの出現場所 野生で出現する場所 メタモンは、 ワイルドエリアの「げきりんの湖」の草むらに出現します。 草むらに出現する方は、低個体値の確率が高いのでおすすめできません。 ただ、孵化厳選で性格を合わせる目的であれば、野生のを大量に捕まえるのはありです。 マックスレイドバトルで出現する場所 マックスレイドバトルでは、 ストーン原野の東端の巣から出現します。 ハシノマ原っぱの「預かり屋」に飛んで、壁沿いに左側に進み、くぐれる場所から北に進んだ先の草むらの奥です。 この場所で 「太い光の柱」が出ている場合のみに、3V以上のメタモンが出現するようになっています。 特に強くはないので、適当にLvの高いポケモンを出しておけば勝てます。 個体値の詳細は以下からご確認ください。 高個体値メタモンの簡単な厳選方法 確定で出す方法 高個体値メタモンは、野生ではなくマックスレイドバトルで狙いましょう。 先ほども紹介した場所で 「太い光の柱」を出せば、3V以上のメタモンが確定で出現します。 この「太い光の柱」は確定で出す方法があります。 ワイルドエリア8か所にある光の柱を全て消す• ストーン原野の東端の巣に「ねがいのかたまり」を入れる• 確定でメタモンが出る太い光の柱が出現する この方法の場合は、 光の柱の出ているすべての場所で マックスレイドバトルに勝利せねばなりません。 マックスレイドバトルにスムーズに勝てる環境にない場合は、おすすめはできない方法ですね。 「ねがいのかたまり」は、 ワットショップで3000Wで購入したり、トーナメントの初回報酬などでゲットできます。 「ねがいのかたまり」の数に余裕がある場合は、確定ではないが以下の方法を使ってみて下さい。 確率で出す方法• ワイルドエリアの「太い光の柱」を消す• ストーン原野の東端の巣に「ねがいのかたまり」を使う• 「太い光の柱」が出ればメタモン確定 「太い光の柱」は、ワイルドエリアに一か所しか存在できません。 太い光の柱を消すことで、新たな太い光の柱を出すことが可能です。 ただし、 太い光の柱は低確率でしか出現しないので、何度も戦った後に「ねがいのかたまり」を使う事になります。 「ねがいのかたまり」は安くはないですし、この方法はワット数に余裕がないとおすすめはできませんね。 他のトレーナーのところに参戦してゲットする この方法は、ワイルドエリアで 「YY通信」のインターネットにつなぐと可能になります。 YY通信につなぐと、他トレーナーの情報がステッカーで知れて、 マックスレイドバトルのステッカーから他のマックスレイドバトルにも参戦可能です。 メタモンを狙っているトレーナーは多いですし、自分で出すよりは他力本願の方が効率が良かったりします。 YY通信のステッカーをこまめに確認し、メタモンが出たら直ぐに参戦するようにしましょう。 【危険性あり】メタモンリセマラの解説動画.

次の