ピオ フィオーレ の 晩鐘 攻略 順。 ピオフィオーレの晩鐘 攻略制限と攻略順おすすめ

ピオフィオーレの晩鐘 感想【ネタバレON/OFF有】

ピオ フィオーレ の 晩鐘 攻略 順

こんにちは、けいです。 あけましておめでとうございます。 まさか前回の記事から2か月以上も経ってしまうとは…。 あれから風邪も引かず元気に過ごしております。 乙女ゲーは2019年入ってやっと1作品クリアする、という亀ペースですが、オトパ発表もありましたし、またプレイ計画をたててガシガシやっていきたいと思います! ではでは、感想です。 ピオフィオーレの晩鐘。 マフィアものです。 このジャンルで萌えられるかどうかは少し不安だったものの、すぐに惹き込まれました。 まず 美術面。 画面のデザインがおしゃれで立ち絵もスチルも眼福でした…!全員、顔が良すぎる。 絵師さんはと同じ方なのですが、雰囲気がガラッと変わってます。 色彩がクラシカルでめちゃくちゃ好みです。 それからマフィア同士の抗争に負けず劣らず飯テロの被害に遭いました。 MSシステムは残念ながら合わなかったです。 流れがブツッと切れてしまう感じや、文字を読んでいる途中で強制的に場面が切り替わるのはよろしくない。 演出はかっこいいのになあ…。 萌えられるかどうかについてそもそも何が不安だったかっていうと、 その世界での恋愛についていけるのか、恋愛によってマフィアとしての彼らが丸くなってしまわないかどうかが気がかりでした。 どちらもいらない心配でした。 3つの組織はそれぞれで見える部分と見えない部分があるけど、やってることは同じでした。 組織間の因縁もお互い様と思いました。 恋愛によってそれが変わるってこともなく、主人公は彼らの仕事には恐れを抱き、素の部分に触れて惹かれる…という感じで、おおむね「優しくても犯罪者」っていう認識があったのでホッとしました。 だって顔が良くて優しいとこだけに惹かれてたら心配になるよ…。 怖いし理解もできないけど、ふとした時ときめいちゃって、相手をもっと知りたくなる、そんな主人公に、「そうね、恋って理屈じゃないよね…」と楽しんだ私もちょろい。 ルートによって攻略キャラ同士の敵味方が変動するので、思わぬところで敵になるとスリルがありました。 ただ、犠牲が多くてしんどいキャラもいたなあ…。 バッドエンドをしっかり書いてくれていて、ルートの途中から分岐していくも面白かったです。 私は楊の最高に最悪なバッドエンドが好きです。 ありがとうございました! momoumashi.

次の

白と黒のアリス【ゲーム紹介・タイトル一覧&プレイ順・攻略順】

ピオ フィオーレ の 晩鐘 攻略 順

攻略制限が多いのでこの順で進めましたが、ダンテはもっと後にしたかった。 彼で燃え 萌え 尽きてしまって、オルロックが面倒でした 苦笑 次のギルバートは良かったですよ、森久保さん流石。 アンリ 真相 ルートがあって良かった、立花君を堪能。 のぶくんの楊も凄かったですね、怖かったよ。 お話の先が気になって、するすると進みました。 大団円のCG。 マフィア3勢力、簡単には集わないと思いますけど 笑 そっぽ向いてる楊が良いです。 アンリルートのCG。 アンリへの気持ちの推移がちょっと乱暴でしたけど 苦笑 傷は癒えていくんでしょうか。 CGフルオープンご褒美CG。 予約特典CD、限定盤CD、店舗特典CDと画像、etc. ささっと消化して次は何しよう!! 積んでるとこから引っ張り出さなきゃ!! そうそう!! 任天堂SwitchLite!! 好きなカラーが無くて購入を延ばしていたのですが... とうとうきたよ!! オトメカラーのコーラル!! 3月20日発売 3月7日予約開始 中国の生産が1月で終わってて、その分の販売だから、 これに漏れると、暫く当たらない... ゲットしなくちゃ!!

次の

ピオフィオーレの晩鐘 感想【ネタバレON/OFF有】

ピオ フィオーレ の 晩鐘 攻略 順

本編BESTエンドのその後を描いたストーリーを追加• 本編BADエンドのその後を【攻略キャラクター視点】で描いたSSを追加• 本編大団円エンドのその後を描いたSSを追加• 舞台は、第一次世界大戦直後の南イタリア『ブルローネ』。 この街を支配するのは、ブルローネ・マフィアと呼ばれる3つの組織。 ブルローネで静かに暮らす主人公『リリアーナ』は、 とある事件をきっかけにいずれかの組織へと身を寄せることとなる。 なぜ彼女が狙われるのか。 なぜ彼女は求められるのか。 otomate. ヒロイン紹介 主人公:リリアーナ・アドルナート(名前と愛称変更可) 物心ついた頃から、教会で暮らしている。 とある事件をきっかけに、ブルローネマフィアに関わることになる。 自身の家族のことや、生い立ちについての一切を知らない。 otomate. 狙われている一般人という立場的に、どうしても 『守られ主人公』になりますし、教会育ちということで傷ついている人を見過ごせないタイプなので、最初の頃は正直苦手なタイプかな…?と思ってしまいました。 ですが周りの意見に流されず、自分で物事をしっかり考えていたり、怖いことを怖いとはっきり宣言しつつも 逃げない強い一面を見て、結構強かで好きかもしれない…!と印象が変わりました。 リリィはお世話になっている人によって、服装が大きく変わるのが面白いし可愛かったです。 ミニストーリーで他勢力の動きが見られるのは大変良かったのですが、アイコンが表示されている時間が短すぎて、巻き戻しで読みに戻ることが多く地味にストレスでした。 バッドエンドが もはやバッドルートといえるボリュームになっていて驚きました。 クリア後に『好感度とルートごとに異なる隠しパラメータ? 』を選択して、チャプターから開始できるため、エンドの回収は割と楽でした。 ただ好感度の高低だけでなく、 特定の選択肢で分岐することもあるので、攻略情報に頼らない場合の難易度は高めかもしれません。 個人的レビュー ピオフィオーレの晩鐘の良いところ 演出が凝っている 全体的に 映画的な演出が格好良くて素敵でした! MSとの切り替え時や、各キャラクターのベストエンドクリア時に出る真相ルートへのカウントダウン、OPなど、細かい部分まで凝っているなと感じました。 派手な格好良さというより場面に合っていて主張しすぎない、 正にBGMといった感じが良かったです。 上手く言葉にできなくてごめんなさい… 個人的にお気に入りなのが老鼠のBGM。 物々しさと妖しさが混在していて楊にピッタリだ…!と思いました。 そのため途中で「う〜ん…」と思われた方も、とりあえず2人目 できれば1人目と別派閥のキャラで を遊ばれることをお勧めしてみます。 流血表現が多め 内容の過激さ・グロさについてはルートによりけりですが、 結構流血表現が多めに感じられました。 画面にブシュッと血飛沫が飛ぶような演出がある他、拷問シーンの演出には謎の気合が入っていたように思いますので、 苦手な方は要注意かもしれません。 ナイフがチャッ…と当てられるシーンはヒッとなりました笑 キャラクターはとても良く死にます。 物騒なルートでは 攻略キャラほぼ全滅とかしばしばありました。 2周目は楊・オルロックが追加され、全員のGOODまたはBESTを見ることで、ギルバートが解放されます。 更に全員終わるとFINALEルートが解放。 正直中盤過ぎまでは、リリィは半軟禁状態で事情も教えてもらない状態で、話の進みも遅いので、すごく退屈でした。 ダンテがリリィを守るのは使命のためですが、一緒に暮らす内に愛情に変わっていったという流れが自然で良かったです。 ニコラがこのルートでは結構なキーマンとなるのですが、表面上は友好的でもリリィのことをよく思っていないので 笑顔で嫌なことをチクチク言ってきます 笑 拷問を見せられるシーンであっこの人敵だなと認定。 それにしてもこの感じどこかで見たなと思ったらあれです。 ダンテとリリィちゃんは赤い糸で結ばれてる的な運命的な関係でしたね。 最後の聖堂での告白シーンがとても良かった。 そこを襲撃され楊と共闘するシーンがアツかったです。 ダンテを解放しようとして、邪魔なリリィを殺そうとしたニコラを撃ってしまい、現れたギルバートの部下からダンテを庇いリリィも意識不明に。 1人残されたダンテは、リリィが目覚めるのを待ちながら老鼠と共に街の統治に尽力するのでした。 1人になっても、やるべきことを見失わないダンテがすごいなと純粋に思いました。 本音を言わずのらりくらり避けるニコラにどんどんぶつかっていき、根負けさせて一からスタートの関係を始める辺りではすごいなー!とリリィのガッツを称えました。 ようやくニコラの本音が聞ける、ダンテルートの裏側が分かるといった内容でした。 本当は世話焼きで優しい人なんですよね。 汚名を晴らすことが出来ず、ファルツォーネからの信頼も失ったニコラはブルローネを出ることに。 駆け落ちエンドでした。 追っ手はかかるし幸せとは言い難いですが、自由で楽しそうでしたね。 ・バッドエンド ダンテを失ったことで、ギルバートを殺してファルツォーネに戻ったニコラ。 カポになり他マフィア撲滅に力を入れるもどんどん不安定になって行きます。 唯一側にいてくれるリリィを失わないよう、籠の鳥状態にしてしまうというエンドでした。 何度酷い結末を迎えたか分かりませんw とりあえず武器がえぐいですよね。 となりました 笑 逆に受け入れる、とか従順な選択肢を選んでいても、飽きられて即バッド行きになります。 やがて楊を理解しようと努力するリリィに惹かれ恋人同士? 特に印象に残ったエンド: 正直楊ルートはどのエンドもインパクトがあり選べませんでした…! ・ベストエンド 本国からの指示でブルローネでやるべき事を終えた楊はロンドンへ行くことに。 当然のようにリリィを連れて行くつもりの楊さんかわいい。 エレナは酷い目に遭っても、優しくしてくれた愛する人と一緒に居たかった。 1人で生きていたくなんてなかった。 結局助けたのは、リリィのエゴだったというのが何とも辛かったですね。 楊は人質になったリリィをギルバートもろとも斬り捨てようとしますが、最後の最後で無意識の内に躊躇し討たれてしまいます。 生きてはいるものの幸せを失ったリリィはエレナと同じだな…と切なくなりました。 ・バッドエンド 老鼠の拠点が占拠されファルツォーネに攫われるリリィ。 本で読んだ戯曲のように、時々窓から会いに来てくれる楊がロマンチックで素敵だなぁ…と思っていたら、最後まさかの展開に ウワアアァァァ!!となりました。 全部演技だったとか本当に恐ろしい男だよ! でも全く救いのない感じでもなく…楊は遊んでいたつもりだったのに、後から案外好きだったのだと気付くのがまた良かったです。 それにしても回が増すごとに下がっていくニコラの好感度よ。 *** 危険人物ですが不思議な魅力溢れる楊さんでした。 とってもアダルティなルートでした。 が好きでした 笑 オルロック(CV:豊永 利行さん) 1番血みどろなルートでした。 オルロックは教国の使徒という立場で、信託を受けた聖女であるリリィを守ろうとしてくれます。 老鼠はリリィの護衛という名目で教会を占拠したり、聖女の噂を流して中立地域に手を出したりとやりたい放題。 途中まで本当にベストなのかな?!と不安になりました。 このルートではダンテが不幸すぎて…辛かったですね。 ・バッドエンド ドロドロすぎて爆発した。 しかし目の前でモニョモニョとか脚の腱を切って牢屋に放り込んだり、鍵の件もわざとか…?と思うと、その怒りの深さに震えました 文句なしに本作で1番印象に残ったエンドでした。 恋愛の方は自然な流れで、ギルがいい男すぎて こんなの惚れるわ!といった感じでした 笑 あとはオリヴァーとギルの信頼しあってる感がとても良かったです。 リリィを教会に帰してくれて時々会いにくる、というのがとても良かったです。 まとめ 真相ルートと隠しキャラについて 全員クリアすると解放されるFINALEルート 真相ルート では、隠しキャラのエンドと大団円エンドの2種類がありました。 隠しキャラのエンドがあるのは良かったのですが、お話の流れがギルと同じなので少し冗長に感じました。 ギル・隠しキャラ・大団円は 同一ルートからの派生で良かったんじゃないかな…と思います。 最後に 「悪いところ」に書いた通り、私的にはちょくちょく不満点がありましたが、人によっては気にならないレベルだと思います。 全体的なクオリティは間違いなく高い作品なので 『気になっている!』という方には、是非遊んで頂きたいなと思います。

次の