イラストレーター に できること。 イラストレーターになるには? 資格は必要? 目指す人が知っておきたいことまとめ

イラストレーターになるには

イラストレーター に できること

イラストレーターの働き方• 会社員:安定した給与と福利厚生が魅力• フリーランス:成功すれば高い給与が得られる• 副業:自分のペースでイラストレーターとして働ける イラストレーターとして 初めからフリーで仕事をするには、人脈や実績がないので非常に難しく、年収が100万円に満たない人もいます。 一方で、有名イラストレーターとしてフリーランスで活躍できるようになれば、1,000万円を超える年収を得ることが可能です。 はじめは会社員や副業として人脈や実績を作ってからフリーランスになることが望ましいでしょう。 イラストレーターの仕事をpixivやSNSなどから受ける人も イラストレーターの営業のために、 pixivなどの絵を投稿するサイトや SNSなどWebを使用する人が増えています。 イラストレーターがWeb上で営業するメリット• イラストレーター:無料で作品を多くの人に見てもらえる• 依頼主:力量や作風を知ることができる 投稿サイトやSNSで評価されれば、仕事の依頼が増えます。 Web上での営業活動は、今後もイラストレーターにとって重要と言えるでしょう。 イラストレーターになるために求められるスキルと適性 イラストレーターとして働く上で特別に求められる資格はありません。 作品の実力が評価になりますが、 スキルアップのために専門学校に通ったり資格を取得したりする人もいます。 この章ではイラストレーターになるにはどのような学校に行き、資格を取っておくと良いか、どんな人に適性があるのかを解説します。 イラストレーターを目指す人の進学先• 美術系の大学• 一般大学の美術系学科 デザイン系の専門学校 このような学校は非常に人気が高く 受験の際も高倍率となるため、予備校などに通い受験の準備をする人も多いのが特徴です。 もし学校でイラストの基礎を学ぶ機会がないとしても、イラストレーターを目指す場合は仕事で使用する 「Photoshop」や「Illustrator」などのパソコンソフトの必要最低限の知識・技術は習得しておく必要があるといえます。 現在では紙に描かれた絵をそのまま依頼主に渡すことはほぼないからです。 紙媒体のイラストを扱うとしても、スキャナでパソコンに画像を取り込み、修正したり文字を入力したりといった基本操作ができることはイラストレーターとして仕事をする前提となります。 イラストレーターに向いている人・適性 イラストレーターに向いている人は以下の3つの特徴があると言えます。 イラストレーターに適性のある人• イラストを描くことが好きな人• イラストを描くことが好きな人• コミュニケーション能力がある人 イラストレーターの適性1.イラストを描くことが好きな人 イラストレーターにとって、最も基本的かつ大事なことは 「イラストを描くことが好き」ということです。 趣味を仕事にする人も多いため、とにかくイラストが好きで、イラストを描くことにやりがいや充実感を得られる人でなければイラストレーターは務まりません。 イラストレーターの適性2.オリジナリティのある人 単に絵がうまいというだけでなく、自分だけの オリジナリティがあるイラストを描けなければ成功することは難しい仕事です。 自分なりの個性やアイデアをイラストで表現できる人が向いていると言えるでしょう。 イラストレーターの適性3.コミュニケーション能力がある人 イラストレーターの仕事は人脈によって決まることが多い業界のため、コミュニケーション能力があり人付き合いがよく、誰からも信頼されるタイプが向いているといえます。 イラストレーターが描く作品の掲載先の例• ポスターなどの広告向け• ゲームアプリ向け• 家庭用ゲーム機向け• 商品パッケージ向け• 雑誌・本向け デザイン専門の会社でイラストを描いたり、フリーで仕事を取ったりして仕事を得ることになります。 イラストレーターとして一人前になるまで イラストレーターとして企業に就職したとしても、 すぐにイラストレーターとしてイラストを描く仕事にありつけるわけではありません。 多くの場合は、まずは先輩についてデザインについて学びながら仕事を手伝ったり、 として経験を積んでいったりするというパターンとなります。 そして実力が認められると、ようやくイラストレーターとしてのキャリアがスタートします。 フリーとなる人も多いですが、その場合は版社や広告会社への営業や に関することなどもすべて一人でこなさなくてはなりません。 こうした雑務に関することは、企業勤めをしているうちにこつこつと勉強していく必要があります。 イラストレーターになるにはどんな努力が必要か? イラストレーターになるには、以下の3つを継続して行うべきです。 イラストレーターになるために• 依頼を受けてイラストを描く• 「見る力」を鍛える• デッサン力を磨く 依頼を受けてイラストを描く イラストレーターになるために必要なことは、 「人に頼まれたイラストを描く」ことです。 イラストレーターの仕事は「自分が描きたいイラストを描く」のではなく、「相手が望んでいるイラストを描く」ことです。 「相手が望むものを作る」という意識が大切なので、はじめはボランティアや低額からでもイラストを描く機会を積極的に作っていきましょう。 もちろん、自分の描きたいイラストを自由に描くことも大切です。 仕事の合間に自分の好きなイラストを描いて、リフレッシュしたりスキルを磨いたりしているイラストレーターは多くいます。 「見る力」を鍛える イラストを描く上では 「見る力」がとても重要です。 どんなにうまいイラストを描けるイラストレーターでも見たことがないものは描くことができません。 日常生活のなかで自分の視界に入ってくるさまざまなものを、しっかりと視覚でとらえることがイラストレーターには求められます。 イラストレーターになり経験を積むと、さまざまなものを「図形の組み合わせ」や「色の組み合わせ」としてとらえ、イラストを描くときに生かしていけるようになります。 イラストレーターはこのように 「描く力」だけでなく「見る力」も鍛えておくことが大切です。 デッサン力を磨く イラストレーターとして求められるスキルの一つに、 デッサン力があります。 デッサン力があると、リアルな絵を描くときに有利なのはもちろん、ディフォルメした絵や個性の強い絵を描くときにも有利になります。 デッサンの練習をする場合は、教室などに通わなくても、 自分で身近のものをスケッチするだけでも十分です。 特にデッサンが苦手だという人は、「見る力」を養うためにもとにかく「対象をじっくり観察して描く」ことを繰り返しましょう。 イラストレーターになるには年齢制限がある? イラストレーターになるために年齢制限はなく、 イラストレーターになりたいと思えばいつからでも目指すことができます。 ただしそれはフリーランスの場合で、企業での求人には年齢制限があることもあるので注意が必要です。 いつからでもなることができ、さらに実力さえあれば長く活動することもできる仕事ですが、ずっとイラストを描き続けられるかという体力の問題や、若い人たちのプレッシャーに打ち勝てるかどうかはその人の努力次第です。 イラストレーターになるには まとめ イラストレーターになるには、 特別な資格は必要ありません。 ただし、実際に活躍しているイラストレーターは、 専門の学校でデザインの基礎を学んできた人が多いです。 学校卒業後にすぐにフリーで仕事をできる人はほとんどいません。 ゲームや広告の会社に就職し、人脈と実績を作ってから独立する人が多いようです。

次の

Illustratorでどんなことができるの?実際にIllustratorで作られた作品をご紹介

イラストレーター に できること

このページの目次• illustratorでできること6つの事例 illustratorはその名の通り、イラストを書いたり、文字の装飾やデザインなどができるソフトです。 illustratorでは感覚的な形状はもちろん、数値を入力して正確な形状を描けることができます。 整列ツールを使って均等な配置を行ったり、正確な位置を数値で決めることもできます。 色を変えるのはもちろん、影をつけたり3D風にしたり、好きなようにデザインすることができます。 ペンタブレットを用いてイラストを書く人もいますが、illustratorならマウスでも綺麗にイラストを書くことができます。 自分が紙に手書きで書いたイラストも、illustratorで写し書き(トレース)をすることができるので、綺麗なベクターデータとして読み込むことができます。 シャイプ形成ツールというものがあるので、それを使えば単純なイラストから複雑なイラストまで、ペンを持たずに描くことができます。 アイコン、ヘッダー、メニュー、webページの全てのデザインをillustratorで行うことができます。 写真を配置したり書式を揃えることができるので印刷したあとも綺麗な作品にすることができます。 主な印刷物は、名刺・パンフレット・ちらし・パッケージなどに使われます。 中身の文字部分は「InDesign」というソフトで作りますが、表の装丁はillustratorを使ってデザインします。 モックアップと言って、実物に似せて作ることができ立体的なデザインをすることができるので、デザイナーがイメージを第三者に見せる時に役立ちます。 illustratorの最大の特徴 illustratorで書いたイラストや文字はどんなに拡大しても縮小しても画像が劣化することがないベクターデータで作成されます。 ベクターデータで作られた画像はベクター画像といいます。 街中の大きなポスター、看板もベクターデータで作ることで画像の劣化を防いでいます。 解像度という言葉は聞いたことあるでしょうか? 解像度とは簡単に言うと、画質を数値化した表現ですが、ベクターデータにはその概念は存在しません。 illustratorでできないこと こんなに色々なことができるからillustratorは万能に見えますが、illustratorでも不得意なことがあります。 それは写真のような複雑な色合いを出すことです。 illustratorは先にも言った通り、拡大縮小に左右されない「ベクターデータ」で構成されています。 それに対して写真のようなデータは「ラスターデータ」と言って、1つ1つのピクセル(小さな点)の集合体によって複雑な色の表現(にじみやボケなど)が見えるようになります。 ラスターデータは拡大すればするほど劣化し、ピクセルが目立っていきます。 ラスターデータを扱うソフトの代表がPhotoshop(フォトショップ)です。 一方、ベクターデータは1つの点が位置や方向などの情報を持って線が構成されるので、輪郭がはっきりしてしまい写真のような表現はできません。 このように一見見た目は変わらないように見えますが、拡大すると一目瞭然です。 画像タイプ 代表ソフト 特徴 ベクター画像(ベクトル画像) lllustrator• 拡大・縮小しても劣化しない• 作成後に編集することができ、その際も劣化はしない• 写真のような微妙な色合いを出すのは不得意 ラスター画像 Photoshop• 写真のような微妙な色合いを出す画像に向いている(写真、デジカメ)• 拡大すると劣化する• ピクセル数が多いほど画像は劣化しにくい(高解像度) Illustratorを利用するには イラストレーターを自分のパソコンで起動するには、いくつかの手順が必要です。 ソフトはオンラインのみの購入になっているので、今からすぐにでもイラストレーターを使用することができますよ! イラストレーターを安く購入する方法やインストール方法はこちらの記事をお読みください。

次の

【完全版】作業スピードで格段に差がつくIllustrator(イラストレーター)のショートカットキー150まとめ|ferret

イラストレーター に できること

イラストレーターでトレースするとは 「イラストレーターでトレースをする」というのは、Adobe社が提供しているイラストレーター(Illustrator)というソフトを使って、ラスターデータである元になる絵や写真をなぞり、イラストレーターで自由に編集できる形式であるベクター形式に変換することを意味しています。 もう少し噛み砕いて説明すると、チラシやWebサイトでイラストとして使いたいものを写真や手書きのスキャナデータから編集可能なデータに起こしていく作業になります。 また、トレースする方法としては大きく2つあります。 イラストレーターの機能として提供している「画像トレース」という自動でトレースをやってくれる機能を使う方法と、対象画像の上からペンツールやペジェ曲線を使いながら自分で一からなぞっていく方法です。 時間短縮をしつつある程度の品質を担保したい場合は「画像トレース」で、品質を高く緻密に最初からやりたい場合や、イラストレーターを熟練している人は自分で一からトレースする方法を選ぶ事が良いでしょう。 イラストレーターでトレースのやり方と手順 各ツールの使い方は後で詳しく説明するとして、こちらでは「画像トレース」を使う場合と、自分でなぞってトレースする場合でやり方の流れを説明いたします。 今回はMac環境でAdobe Illustrator CCを使ったロゴのトレースをサンプルに説明します。 画像トレースを使う場合と自分でなぞってトレースする場合の共通部分 画像を配備 まずはトレース対象となる写真やイラストをアートボードに取り込みます。 今回は写真で撮影した企業のロゴをトレースします。 事前にロゴ部分だけを切り取る処理をしておいて下さい。 メニューから「ファイル」>「配備」を選択して対象ファイルを読み込むか、ドラッグでアートボードに配置します。 アートボードに配備されました。 画像トレースを使う場合 1. 画像トレースを適用 対象画像を選択して、「ウィンドウ」>「画像トレース」で画像トレースのパネルを開きます。 プレビューにチェックを入れた状態で、各項目を調整して希望のイメージに近づけて行きます。 この部分が「画像トレース」の自動で楽できている部分であり、細かく調整が難しい部分でもあります。 表示を「アウトライン」に選択して、ある程度きれいになぞれている状態に調整して、プレビュー表示を外して「トレース」を実行してください。 画像のパス化 対象画像をパス化していきます。 「オブジェクト」>「画像トレース」>「拡張」を実行してください。 パスが細かいので、パスの単純化を行います。 「オブジェクト」>「パス」>「単純化」を実行します。 単純化のパネルが開くと、曲線の精度を許容範囲で減らしていってパスの数を減らします。 後はダイレクト選択ツールで微調整をしていって、ロゴのトレースが完成します。 今回、細かな調整をほとんどしていないので、自動でできる「画像トレース」の機能をそのまま使った精度のトレースとなりました。 このままでは使えるレベルではないので、「画像トレース」後に修正に時間をかけるのか、自分で一からなぞっていくのに時間をかけるのか悩ましいところです。 自分でなぞってトレースする場合 1. ペンツールで画像の上からなぞる ペンツールと曲線ツールを使って、ロゴ画像の上からパスを作成していきます。 直線が多いロゴであれば、自分でパスを作成した方が早くて綺麗に仕上がりました。 イラストレーターでトレースする時のコツ ここではイラストレーターでトレースする時のコツをお伝えしていきます。 イラストレーターのトレースをなめらかにきれいにするコツ イラストレーターのトレースの曲線部分をなめらかにするコツをお伝えします。 大きく2つあるのですが、1つは上記でも紹介したパスの単純化をすることでなめらかにする事です。 もう1つは、スムーズツールを使ってなめらかにする方法です。 方法は簡単でスムーズツールを選択して、なめらかにしたいパス部分をなぞるだけです。 イラストレーターのトレースを早く仕上げるコツ イラストレーターのトレースを早く仕上げるコツは 「画像トレース」を上手く使って時短に使う というのが有効です。 特に解像度が高い写真や、色数の少ない 境界線のはっきりした素材を扱う場合は「画像トレース」を使って時短するのが良いでしょう。 イラストレーターのトレースが下手だと感じてしまう時に乗り越えるコツ イラストレーターのトレースが下手だと感じる場合は、Illustratorに慣れるように たくさんのトレースを行いましょう。 特にペジェ曲線は慣れないと上手く使いこなせません。 イラストレーターで画像トレースできない時 イラストレーターで画像トレースができない時に考えられる原因と対処法を解説しています。 イラストレーターで画像トレースできない理由 イラストレーターで画像トレースできない原因の1つに、 オブジェクトが選択できない事が原因の場合があります。 画像が選択できない場合は、レイヤーがロックされていて オブジェクトもロックされている可能性がありますので、 「オブジェクト」>「すべてのロックを解除」 を選択することでオブジェクトのロックが解除されます。 イラストレーターの画像トレースで元画像が消える時の対処方法 イラストレーターの画像トレースを行うと、プレビューの段階だと元画像が見れますが、 トレースを実行すると元画像が消えてしまいます。 トレースをするための元画像なので、元画像が見れなくなっても問題無いと思いますが、 作業上残しておきたい人もいるかと思います。 その場合は、最初に元画像をコピーしてレイヤーを分けておけば 画像トレース後も参照することができます。 イラストレーターの画像トレースで不明なエラーがでる時の対処法 「不明なエラーのため、操作を完了できません。 [cant]」のエラーが出てしまう場合は、環境設定ファイルの再作成を行うことでエラーが解消できるようです。 イラストレーターでトレースする時に気をつける著作権 トレースをする時に気になるのは著作権の問題です。 明確な線引きが難しい問題ですが、基本の部分を理解しておくことで、大きなトラブルは回避できます。 ただし、ここで解説しているのはあくまでも一意見のため、 判断に迷う時は弁護士への相談をおすすめいたします。 イラストレーターでのトレースはどこからパクリになるのか? どこまでのラインがセーフで、どこからアウトなのかというのは難しい問題ですが、 それぞれのケースが著作権侵害にあたるのかどうかと、気をつける点をまとめてみました。 個人利用でどこにも公開しない場合 まず大前提として、個人でどこにも公開しない範囲で練習する場合は 著作権の侵害にはあたりません。 「私的使用のための複製(著作権法第30条)」の著作権法に定められた範囲内での使用になるためです。• 他人の著作物をトレースして第三者に見れる状態にする場合 こちらは他人の著作物であるものをトレースして公開すると著作権侵害にあたります。 注意点としては、営利非営利にかかわらず著作権侵害になるという点です。 ただ、著作者に連絡を取って使用許可が取れたらトレースしても問題無いのですが、 現実的にはそのようなケースは稀でしょう。 他人の著作物を参考に、模写にならないようにアレンジして作成した場合 このケースは判断が非常に難しいのですが、第三者が見て明らかに模写であるという 判断がされるようなアレンジの仕方は危険です。 ただ、どちらにしても著作権違反で 訴えられるリスクが0では無いため、できるだけ避けたほうが良いでしょう。 著作権フリーの写真や自分で撮影した写真の場合 このケースは基本的に著作権の問題はクリアしています。 ただ、注意しないといけないのが、著作権フリーと謳っているサイトが本当に 著作権フリーの写真を扱っているかどうかということです。 個人がアップできる素材サイトの場合は、運営のチェックが甘い場合があり、 他社で有料で販売している写真が紛れている場合があります。 また、自分で撮影した場合でも特定の商品やメーカーが明らかにわかるようであれば 注意が必要です。 特徴的なフォルムをした商品は、そのままトレースしない方が良いでしょう。 イラストレーターでトレースをする時に著作権でトラブルにならない為の方法 著作権でトラブルにならない為の方法の一つは、自分で最低限の知識をつけておく事が重要になります。 上記のようにどのようなケースの場合に著作権違反になるのかをまずは 自分なりに理解しておくことが重要です。 知識としては書籍で勉強しておけば基本はカバーできます。 また、弁護士が回答してくれるサイトもあるので、気になった事があれば まずはこういったサイトで相談をしてみても良いでしょう。 ちなみに、弊社ではトレース代行サービスをしておりますが、 その著作権の取り扱いに関しては以下に記載しております。 イラストレーターでトレースをする時に使うアドオンツール ここでは、イラストレーターに追加することで、トレースが便利になるアドオンツールを紹介致します。 イラストレーターでトレースする時に使えるプラグイン イラストレーターでトレース時に使えるプラグインですが、 今回は海外製のものは省いて1つご紹介します。 トレースを「画像トレース」を使わずに丁寧にやっていく上で、曲線の描画が どれだけ綺麗にスムーズにできるかがポイントになってきます。 プラグインでは、その痒いところに手が届くようなパスを書くことができる機能があります。 これから始める人はいきなり導入するというよりは、 イラストレーターの標準機能を使い込んだ上で、プラグインを検討すると良いでしょう。 XtreamPath2は、Adobe Illustratorの描画、編集、変形の機能を 劇的に向上させる35のツールやエフェクトを搭載した Illustrator プラグインです。 曲線を使った描画を素早く行う「連結円弧/接線描画ツール」がトレースの作業効率化に有効です。 また、その他のプラグインは以下Adobeサイトでも紹介されています。 気になるものがあればのぞいて見て下さい。• イラストレーターでトレースする時に使えるスクリプト イラストレーターには独自のスクリプトを追加して使える機能があります。 自分で作るとなると、プログラミングの知識が必要になってきますが、便利なスクリプトは 無料で公開している人もいるので、使えそうなものがあれば使ってみるのも良いでしょう。 基本的には繰り返しの作業を自動化したり、特定の処理を反映させたりと 手でできるけれど時間もかかるし、間違いが起こりやすい作業を 自動化することが得意なツールになります。 トレースに使えるスクリプトを見てみたのですが、トレースに特化して作業効率化できる 公開されているスクリプトは見つからなかったです。 大量のトレース処理が必要な場合などは、同じ作業を複数回する必要があるので、 スクリプトの作成を検討しても良いでしょう。 イラストレーターでトレースでペンタブレットはあまり使えない イラストレーターでトレースをする時にペンタブレットを使っている人はそこまで多くないようです。 理由としては、ペンタブレットの筆圧に対応しているのは「ブラシ」のみのため、わざわざ ペンタブレットを使ってトレースをする人は多くないようです。 ペンタブレットと相性が良いのはフォトショップなどのペイント系ソフトは 手書き感を出しやすいので相性が良いです。 イラストレーターのバージョン一覧 イラストレーターのバージョン一覧を載せておきます。 最近のイラストレーターはサブスクリプションモデルが主流になっており、 最新版を使うことが多いですがやり取りする相手が古いバージョンを使っていることもあります。 その時に互換性があるのかを確認するのですが、内部的な呼び方のバージョンで 表示されるので一瞬どのバージョンかわからなくなります。 なお、Illustrator 10までに関してはバージョン表記は共通です。 <イラストレーターのバージョン一覧> バージョン 内部的なバージョン Illustrator CS Illustrator 11. 0 Illustrator CS2 Illustrator 12. 0 Illustrator CS3 Illustrator 13. 0 Illustrator CS4 Illustrator 14. 0 Illustrator CS5 Illustrator 15. x Illustrator CC 2015.

次の