ハード コンタクト 外し 方。 ハードコンタクトレンズの外し方をおさらいしよう

知っておくと安心!コンタクトレンズのスムーズな外し方のコツ

ハード コンタクト 外し 方

みなさんはコンタクトレンズ をお使いですか? 「 メガネは似合わないから、コンタクトレンズ に変えたいな」 「視力が悪くなってきたけど、 スポーツをやってるからメガネじゃなくてコンタクトレンズ にしたい」 「カラーコンタクトで お洒落してみたい」 こんな感じで、 コンタクトレンズデビュー を考えている方もいると思います。 しかし、 「 付け外しが上手くできるかな?」 「 外せなくなったら、どうしよう」 なんて不安ありますよね。 また、 コンタクトレンズ初心者 の方からは 「 上手く外せなくて、時間がかかる」 「 外し方が悪いのか、毎回目が痛くなる」 なんて悩みも耳にします。 このような理由でコンタクトレンズ を諦めてしまうのは もったいない。 今回は、そんな 不安や悩みを解決します。 値段もお手頃なので、試してみたいですね。 気をつけよう 目に直接入れるコンタクトレンズ。 安全に使うためには、気をつけたい事がいくつかあります。 紛失防止 落としてしまった時に無くしてしまわないよう、洗面台は綺麗片付けておきましょう。 また、排水口にはフィルターを貼っておくと安心ですね。 爪は短く切っておきましょう 爪が伸びているとレンズを傷つけてしまったり、眼球自体を傷つけてしまう事があるので危ないですね。 手をしっかり洗いましょう 目やその周りを触るので、手が汚れていると菌が目に入り、眼病などにかかる恐れがあります。 石鹸やハンドソープを使って綺麗に洗いましょう。 レンズは正しいアフターケアを 外したコンタクトレンズ は、専用の洗浄液などを使用して、正しく洗浄保存しましょう。 目の洗浄も忘れずに コンタクトレンズ を外した後は、洗眼液などで目を洗うと眼病予防になりますよ。 Point目はとてもデリケートです。 コンタクトレンズ は清潔に使いましょう。 取れない時の対処法 取れない時の原因は、主に「 ズレてしまって黒目の上にレンズがない」「 乾いて目に貼りついている。 」の2通りがあります。 ズレてる時は 目を前後左右にゆっくり動かして探します。 目の中や裏側に行ってしまう事はないので安心してください。 目を閉じて、黒目をレンズの方に持っていくとレンズが黒目に乗ります。 上手く乗らない時は、まぶたの上からレンズを軽く押さえるといいですよ。 貼りついている時は コンタクトレンズ にとって、乾燥は天敵。 まずは目に潤いを与えます。 コンタクトレンズ 用の目薬を1〜2滴さして目を軽く閉じます。 目薬が馴染んだら、目を閉じたまま眼球を少し動かしてみましょう。 レンズが動くようになれば、普段通り外せます。 目薬をさしても貼りついている場合は、水につけて外します。 顔がつかる大きさの洗面器に水を入れ、水の中で瞬きをします。 水の中で外れるので、無くさないように気をつけてください。 この時、 片目づつやらないと左右のレンズがわからなくなるので注意してください。 コンタクトレンズ がズレてわからなくなってしまったり、貼りついてしまって なかなか取れない時は、 無理に取ろうとしないで眼科医に診てもらうのがいいですね。 まとめ 怖い・難しいと思っていたコンタクトレンズ。 少しは「 簡単かも」って思ってもらえましたか?

次の

コンタクトが目の裏に入り込んでしまった! 対処法を紹介!

ハード コンタクト 外し 方

結論としては、裸眼並みに酸素を通せるワンデーの「ソフト」コンタクトがベスト。 まずは結論から言います。 コンタクトレンズでベストなのは、 裸眼並みに酸素を通すことができる ワンデータイプの使い捨てコンタクトレンズです。 今のところ間違いないと思います。 言い切ってしまいました(笑) 多少の独断と偏見も入っていますが それなりに根拠もあります。 ちなみに、「裸眼並みに酸素を通せる」っていう部分が 実は最重要だったりします。 普通のあまり酸素を通さないワンデーコンタクトレンズじゃだめですよ! 「ハード」コンタクトレンズの方が目にいいと言われていた理由。 ハードコンタクトレンズの方が目の健康にいいと 言われていた時期がありました。 というか今もそう言われています。 なんでそう言われているのかというと、 ハードコンタクトレンズは「 高酸素透過性ハードコンタクトレンズ」と 呼ばれるレンズがほとんどです。 その名の通り、 酸素を多く通すことができます。 裸眼並みにですね。 あ、ちなみに「目の健康、目の健康」って連呼していますが、 目の健康のためにとても大事なのは「酸素」なんです。 なんで酸素が大事なのか? ということについては詳しくはを読んでみてください。 簡単に言うと、 目の角膜の部分って 直接、空気中の酸素を取り込んでいる部分なんです。 体の中では珍しい部位だと言えます。 大体の部分は血液から酸素を補給していますからね。 「ソフト」コンタクトレンズってあまり酸素を通さないの? ハードコンタクトレンズは 裸眼並みに酸素を通すことができること。 目の健康のためには酸素が大事なこと。 ゆえに、目の健康のためには ハードコンタクトレンズがいいと言われていること。 が分かったかと思うのですが、 ここで気になってくるのは 「ソフトコンタクトレンズってあまり酸素を通さないの?」 ってことですよね。 ちょっと前まではそうでした。 裸眼時を100%とするなら、 80%台ぐらいしか酸素を通せない ソフトコンタクトレンズばかりだったんです。 酸素が2割減。 これは結構いたいですよね。 酸欠になってしまいます。 ソフトコンタクトレンズをしていると 夕方頃から目が疲れてくるというのは これが原因だったんですね。 簡単に言えば目だけ高山病です。 「シリコーンハイドロゲル」素材の登場で状況が一変。 その状況を一変させたのが 「 シリコーンハイドロゲル」という素材です。 使い捨てコンタクトレンズ用の素材なのですが、 この素材のおかげでソフトコンタクトレンズは ハードコンタクトレンズ並みに酸素を通せるようになったんです。 最近登場している新しい使い捨てのソフトコンタクトレンズには、 この「シリコーンハイドロゲル」が使われることが多くなってきています。 ちなみになんで「ワンデー」がいいの? ちなみに「シリコーンハイドロゲル」は ワンデータイプのものだけじゃなくて 2ウィークタイプのソフトコンタクトレンズにも使われています。 つまりは2ウィークタイプのソフトコンタクトも 裸眼並みに酸素を通せるんです。 でも、私はベストなのは「ワンデー」タイプの ソフトコンタクトだと言いました。 その理由は、「みんなレンズケアを怠りがち」だからです! コンタクトレンズをしていて眼病になる人のほとんどの原因は レンズケアをしっかりしていないことによるんだそうです。 確かにレンズをこすり洗いするとか 結構面倒なときありますもんね。 仕事で疲れて帰ってきたあととか、 遊び疲れて帰ってきた後とか、 はたまた飲んで帰ってきた後とか(笑) それが 「ワンデー」ならば 強制的に毎日新しいレンズが使えるからです。 つまりは眼病になりにくい! ワンデーのソフトコンタクトレンズのデメリットは「コスト」が高いこと! 目の健康を考えるとベストな選択肢である 「シリコーンハイドロゲル素材のワンデーソフトコンタクト」なのですが、 デメリットがひとつあります。 それは。。 そうです。 コストが高いこと! ワンデーソフトはコンタクトレンズのレパートリーの中で もっともコストがかかるんです。 具体的にお値段を言いましょうか? 大体、1箱あたりの値段が2,500円のワンデーコンタクトなら 年間で約6万円かかります。 ちなみに比較対象として2ウィークソフトコンタクトの年間費用を言うと、 大体約3万円です。 これはレンズケア用品を含めた値段ですね。 ワンデーの半額ですね! そして、さらに言うと、 ハードコンタクトレンズの場合は 年間費用が約2万円ほどになります。 こちらもレンズケア用品込みのお値段。 ワンデータイプに比べると約3分の1のお値段! ハードコンタクトレンズの意外な「デメリット」とは? 酸素透過性も高くてコストも安い「ハード」コンタクトレンズなのですが、 レンズケアが必要という他に意外なデメリットがあるんです。 それは。。 「 眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)」 になりやすくなるというデメリットです。 あくまでもなりやすくなるというもので 確実にというわけではないんですけどね。 眼科医の中でもその因果関係は賛否両論あるようです。 眼瞼下垂症というのは、 まぶたの筋肉が衰えてまぶたがパッチリと開かなくなってくる病気です。 分かりやすく言うと目が半開き状態になります。 ちなみになんで眼瞼下垂症になりやすくなると 言われているのかというと、 ハードコンタクトレンズの独特なレンズの外し方です。 ハードコンタクトレンズは まぶたを外側にグイッとひっぱって まぶたにレンズを挟んで外します。 毎日まぶたをグイッとひっぱるわけです。 それがまぶたへの刺激となるということ。 そしてもうひとつは、 ハードコンタクトレンズは目の表面で上下に動くということ。 まばたきをするたびにレンズが上下に動くのも ハードコンタクトレンズの特徴です。 つまりはまぶたの裏側に摩擦が起きてるということですね。 そんなわけでハードコンタクトレンズは 眼瞼下垂症の原因になるのではないかと言われています。 眼瞼下垂症の手術には40〜50万円近くかかる!? ちなみに眼瞼下垂症って手術で治すこともできます。 でも気になるのはそのお値段です。 手術を受ける病院やクリニックにもよるのですが、 高いところだと両目で約40〜50万円ぐらいするそうです。 あくまでも高いところだとですけどね。 でも、これを聞いたらきっと高いところで手術を受けたくなると思います。 眼瞼下垂症の手術には保険が適用されるのですが、 保険適用の場合は、 「まぶたがちゃんと開きさえすれば成功」 なんです。 そうです。 見た目的な部分は無視です(笑) というか先生のセンスによる? それに比べて保険適用外の美容外科とかで手術を受ける場合には 「見た目重視」の手術をしてくれます。 あなたならどっちのほうを受けたいですか? ちなみに保険適用だと3割負担ぐらいのお値段になります。 それでも10万円ちょっとはかかってしまうんですけどね。 眼瞼下垂症の予防という意味でもワンデーのソフトコンタクトレンズはオススメ 眼瞼下垂症は 見た目的に眠たそうな感じになるだけではなくて、 肩こりや頭痛の原因にもなったりするそうです。 視界の上のほうがまぶたでふさがれてしまうので、 無理にまぶたを上げようとチカラが入ってしまったり するからなんだそうです。 そんな眼瞼下垂症を予防するという意味でも ワンデーのソフトコンタクトレンズはオススメです。 約40〜50万円の手術代を考えると ワンデーのコストは安いものでしょうか!? 「ハード・ソフト」メリットとデメリットのまとめ 最後に、「ハード・ソフト」の メリットとデメリットを表でまとめておきます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

ハードコンタクトレンズおすすめTOP5!遠近両用の値段比較やレンズの上手な外し方のコツも教えます!

ハード コンタクト 外し 方

もくじ• ハードコンタクト外し方のコツ?慣れる? 1-1. ハードコンタクトレンズ、痛みはある? ゴミが入ると、痛い! 実際使ってみて、ゴミが入ると「痛い」です。 そのままではいられません。 ハードコンタクトレンズを使っている人からも、お店の人からも、「ハードコンタクトレンズ装用中に目にゴミが入ると痛いので、目薬を差したりレンズを水で洗ったりして取り除く必要がある」と聞いていましたが、確かにそうでした。 我慢すればいいのでは? 「多少ゴミが入っても大丈夫では?」 「ソフトコンタクト使ってて痛くなることよっぽどないし」 「我慢すれば良いのでは?」 と思っているあなた、 私も思っていました。 我慢できる痛みではありません、残念ながら。 ただ痛みには利点もありまして、ゴミが入ったことにすぐ気付いて対処するため目を保護することに繋がりますよね。 というわけで、ハードコンタクトレンズ装用中目にゴミが入ると、我慢できないほど「痛い」です。 1-2. つけ外しは簡単? つけるのは簡単、外すのはコツが要る ハードコンタクトレンズのつけ方はソフトと同じです。 特に困らないかと。 問題は外すときです。 上と下のまぶたを目尻に向かって指で引っ張り、目を強くつむると外れると説明を受けますが、難しい。 ただ落ち着いてやれば大丈夫です。 レンズが目の中で移動したら ひとつ怖いのは、瞳以外のところへレンズが移動することがあるということ。 その際の戻し方も説明を受けますが、これまた難しい。 また、その際に使用する器具も目に当てるのが若干怖いです。 1-3. 装用感は? 慣れるまでは… ・常にレンズの縁の辺りが白くもやがかかったようにみえる ・まばたきの度にレンズが動くのが気になる。 ・その結果、周りから「今日なんか目が変だよ。 」と言われる。 購入時の説明で「慣れるまでに1ヶ月くらいかかります。 」と言われましたが、本当でした。 筆者の場合、毎日装用を始めて3週間程で違和感がなくなりました。 目をこするのはNG 意外と簡単に外れます。 目をこするのは、ハードコンタクトレンズ装用中は控えましょう。 (普段から目はこすらない方がいいですけどね…。 ) 2. 痛くなったら? ・痛くなり、レンズを洗えない場合は目薬を差す ・水洗いができる状況であればレンズを外して水洗いする 痛くなると、それら何かしらの対処は必要になってきます。 結局使えるの? 3-1. 最初の1ヶ月はなかなか辛い ・見え方への慣れ ・外し方への慣れ ・結構頻繁に痛くなるため、都度対処が必要 これらがつけ始めの頃は辛かったです。 ただお店のお姉さんが言っていた通り、3週間〜1ヶ月くらいで慣れました。 信じて頑張ってよかった(笑) 3-2. メガネ装用も検討に 理由によってはメガネ装用も検討に あなたがハードコンタクトレンズにしたい理由はなんですか? 経済的な理由、目への影響など様々あると思います。 コンタクトレンズ装用者であればメガネを併用している方も多いはず。 目への影響を考える方で、メガネが使えるならメガネメインの装用も検討してはいかがでしょうか。 メガネでいいならメガネを選ぶ 私がソフトコンタクトレンズからハードコンタクトレンズに変えた理由は 1. ) 3. メガネなしの方が見た目の印象が良い という三つです。 もし3. の理由がなければ、「基本メガネ、運動時ソフトコンタクトレンズ」という選択をしていました。 やはりメガネの方が楽ですからね。 ただ周りから「メガネでない方が印象が良い」と言われ、接客業をしていることからも印象を考え、ハードコンタクトレンズという選択をしました。 ということで、メガネを使って何も問題ないならメガネを使い続けることも検討してみてはいかがでしょうか。 (そうでないからハードコンタクトレンズにするか悩んでいるんだって!という声が聞こえてきそうですが…。 ) 4. まとめ これまで述べてきたように、ソフトコンタクトレンズに慣れている人がハードコンタクトレンズに変えると、慣れるまでの1ヶ月くらいは正直辛いです。 理由によっては、ソフトコンタクトレンズ継続使用またはメガネメインの使用をおすすめします。 ただ、最初の辛さを乗り越えゴミが入った時の対処ができれば、ソフトコンタクトレンズからハードコンタクトレンズへの変更はアリだと思います。 どうかこの記事が、あなたの参考になりますように。

次の