あざとい女。 あざとい女!ってよくいうけど・・あざといとは?その特徴とモテる理由

あざとい女の特徴的な行動とあざとい女がうざいときの対処法とは?

あざとい女

あざといの意味とは、その行動ややり方があくどかったり、抜け目がなく小利口に振る舞うといった意味です。 そして「あざとい」とセットで使われやすいのが女性です。 あざとい女は特に恋愛や仕事面で本領を発揮するものですが、その行動ややり口は人によって様々です。 そこで今回はあざとい女の特徴的な行動についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。 また、あざとい女のことを嫌いだと思っている人も多いことでしょう。 そんなあざとい女をうざいと思っているときにはどうすればいいのか、その対処法についても触れていますのでぜひ参考にしてみましょう。 【目次】• スポンサーリンク あざとい女の特徴的な行動 できないふり、弱いふりをする あざとい女は、わざと自分を実体よりも低く見せ、できないふりや弱いふりをするという特徴を持っています。 仕事を例に説明しましょう。 たとえば、上司からある一定量の仕事を任されたとします。 それを今日中に仕上がるように言われた場合、「自分の力ならこれくらいの仕事は一人で仕上げられる」と思っても、人にはそうは言いません。 同僚の男性がその仕事の量を見て、「大変そうだね。 一人で仕上げられる?」と聞くと、「ちょっと自信ありません」と答えるのです。 その答えを聞いた同僚男性は、「手伝おうか」という申し出をするかもしれません。 実は、あざとい女はそうした申し出を相手がすることを計算して、わざと「自信ありません」と答えたのです。 重い荷物を持つような場合も同様です。 体力に自信があり、平気で自分で運べるような荷物だったとしても、軽々と運ぶ姿を人には見せません。 わざと重そうな様子を見せて、近くにいる男性が「持ってあげるよ」と申し出ることを期待するのが、あざとい女の特徴と言っていいでしょう。 あざとい女は、わざと自分ではできないふり、弱いふりをすることによって、周囲の人、特に男性の気を引こうとするのです。 スポンサーリンク 人によって態度や接し方を変える 相手と自分の関係性などに応じて、人に対する態度や接し方を変えるというのも、あざとい女の大きな特徴と言っていいでしょう。 あざとい女は、常に自分の損得を考えながら行動します。 損になりそうなことには手を出しませんし、特になりそうだと計算したことは積極的に行います。 その損得勘定が、人によって態度を変えるということにもつながると考えていいでしょう。 たとえば、職場の上司との関係は、良好にしておくことが自分の得になることは間違いありません。 ですから、あざとい女は上司には最高に感じの良い接し方を心がけ、上司の役に立てそうなことは積極的に申し出るのです。 逆に、「できない後輩」など、自分にとってなんの得にもならない相手に対しては、冷淡な対応をするのが、あざとい女ということになるでしょう。 男性に対しても同様です。 自分が好意を寄せている男性には、相手を喜ばせるために最善の努力をし、媚びを売って自分をアピールしようとしますが、関心のない男、好きではないタイプの男性に対しては、そっけない態度を見せるのです。 自分にとっての損得を考えるため、相手によって、まるで別人のような態度や行動を見せるのが、あざとい女のいやらしい特徴と言っていいでしょう。 スポンサーリンク 涙を有効利用しようとする 涙を有効利用しようとするのも、あざとい女の特徴の一つです。 涙は女の武器という言葉がありますが、あざとい女にとって、涙はまさに最高の武器になると考えていいでしょう。 たとえば、職場内で、同僚から傷つくようなことを言われたとしましょう。 そんな時、あざとい女はわざと席を外し、部屋の片隅に移動して、そこで一人静かに涙を流して見せるのです。 そんな様子を見ていれば、他の同僚は「かわいそうに」と感じるはずです。 「だいじょうぶ? 元気を出しなよ」と声をかけてくる同僚もいるかもしれません。 人から関心を持たれたい、人から同情されたいと考えているあざとい女にとって、それは計算通りの反応と言っていいでしょう。 同時に、彼女を傷つけるような発言をした同僚も、彼女の涙を見れば、「悪いことをした」と感じるに違いありません。 これも、あざとい女の計算です。 自分を傷つけた相手にそのように反省させ、他の同僚からは同情される、そのことを計算した上で涙を見せるのが、あざとい女ということができるでしょう。 ここにも、「そうすることが自分にとって得」という計算が働いているわけです。 スポンサーリンク 男性を見る目がある あざとい女性で最も多く感じる要素として、男性を見る目があります。 特に、恋愛関係に持ち込みたいと考えている男性に対して、野獣のような欲望に満ちた眼光が特徴的です。 第一印象から感じることが多いですし、男性の言葉や見た目など、表面的な特徴しか見ようとしない様子が伺えるでしょう。 肉体関係を持ちたいと考えることも、あざといと感じる女性で多く、異性にモテたい・目立ちたい考えからの行動も多いです。 ぶりっこ体質と非常に似ていると思いますし、男性を見る目からは強い性欲を感じて、その気がない男性にとっては脅威の存在となります。 あざとさは女性の武器でもありますが、その要素を制御せずに、欲望のままに他者にぶつけてしまう女性がたくさん存在します。 恋愛で悩む女性があざとくなる傾向もあり、行遅れたそうな方や恋愛で充実した生活を送れない女性たちが、あざとさを身に付けているのです。 ですから私生活や恋愛を含めて、多くの悩みを抱える女性があざとさというモンスターを抱えてしまい、なりふり構わず男性を誘惑するといった環境が構築されるのです。 スポンサーリンク 自分のことが分からない 女性特有のあざとさには天然も存在しますが、多くの方が「自分のことが分からない」や「自分のことを理解しようとする」意思があります。 誰かに認められたいという承認欲求も存在し、その女性の中で試行錯誤を繰り返している場合もあるのです。 発展途上中の人格から、あざとさ溢れる行動を起こすなど、良い意味でも悪い意味でも成長の途中なのです。 温かい目で見られる大人には、そのような女性を対処する術を持っていますが、厄介なのは、対処する術を持たない若い男性や、同世代や後輩の女性に対する攻撃的な立ち振る舞いが目立ちます。 ヒステリーと呼ばれることもありますが、自己の考えや意思が社会でどう映っているのか、または何故生きているのかなど、自分自身を理解しようと必死です。 家庭を持つ女性が性格的にも落ち着く方が多い理由も、お子さんの存在や社会的な充実度があってこそで、あざとい行動や仕草から卒業したからです。 まず精神的な安定には自分を理解することが大切で、天然以外の作られたあざとさは、女性の社会的欲求や精神面が否応に大きく影響しています。 性格の裏表が激しい あざとい女性の特徴として、親しい人や好かれたい人には優しく振る舞うことが挙げられます。 嫌いな人には無視するなど、人間関係の好き嫌いがはっきりと表れ、仕事やプライベートでも性格の裏表が激しいですし、猫を被っているような振る舞いも目立ちます。 あざとい振る舞いをしている姿よりも嫌いな人に対する姿のほうが本当の姿で、二重人格のようにさえ見えます。 要は日頃からあざとい自分を演じている女性が多く、演じることに疲れているともとれます。 一度、荷が下りれば感情が爆発することも少なくありませんし、性格も激しく変化する様子もあざとさが生活に邪魔になっています。 だから、感情の起伏が激しい女性はあざといと感じることが多いのです。 演じることに疲れて心の余裕が無い場合もあって、精神的な疲れは本人以外の他者でも感じられるほどです。 ただ異性にモテたい、認められたいという理由以外でも、あざとさで自分の本性を隠すといった女性も存在します。 そのような部分で、どうしても性格の起伏が激しくなってしまい、人間関係が複雑化することが多いことも特徴的です。 スポンサーリンク あざとい女が嫌いなときの対処法 できるだけ関わらないようにする あざとい女の言動を見ていると、こちらが不快になるばかりです。 そんな女とは関わらないのが一番。 身近にあざとい女がいるなら、できるだけ距離を置いて、関わらないようにしましょう。 あざとい女というのは、あざとさが身に着いてしまっていますから、注意したところでかんたんに直るものではありません。 何か言葉を発したり、行動を起こすたびに、いちいち人を不快にさせてしまうのが、あざとい女なのです。 たとえば、同じ職場にあざとい女がいたとしましょう。 職場の同僚である以上、まったくコンタクトをとらないというわけにはいきません。 仕事上のコミュニケーションは図る必要があります。 時には雑談をするということもあるでしょう。 しかし、その場合でも、必要なコミュニケーション以外は、できるだけ話をしないようにし、あちらから何か話しかけてきても、適当にあしらってスルーするようにしましょう。 その人のことを「あざとい」と感じているのは、あなた一人ではないはず。 他の多くの人も同じように感じているはずですから、あなたがそのように冷たくあしらったとしても、誰もあなたを責めることはありません。 関わらないようにして、放っておくこと、これがあざとい女の対処法ということになるでしょう。 スポンサーリンク あざとさを指摘し不快感を伝える あざとい女があまりに近いところにいる場合や、どうしても深くかかわらなければならない関係にあるというケースもあるでしょう。 そんなケースでは、実害を受けることもありえますし、その女のためにストレスが溜まってしかたがないということにもなりかねません。 放っておくことができないこうしたケースでは、本人に直接不快感を伝えるという方法がおすすめです。 たとえば、相手が会社の同僚で、デスクを並べて仕事をしている関係だとしましょう。 そんな身近にあざとい女がいると、実害をこうむることもありえます。 その場合は、本人にはっきり「いやな思いをしている」と伝えるのです。 ポイントは、その人のあざとい言動を具体的に指摘すること。 あざとい女は自分があざとい言動をしているという自覚を持つことはあっても、他の人がそのあざとさに気づいていることを知らないケースが少なくありません。 つまり、自分が人からあざとい女だと思われていると思っていないケースが多いのです。 ですから、「あなたのここがあざとい」と指摘するだけでも、かなり効果があるに違いありません。 その上で、「不快だからやめてほしい」と伝えれば、以後、注意するようになるでしょう。 スポンサーリンク その人の長所に目を向けるようにする 人間には誰しも、多面性があります。 あざとい女は「あざとい」という一面を持っているわけですが、それがその人のパーソナリティーのすべてではないでしょう。 どんなにあざとい女でも、たとえば、「明るくポジティブ」とか、「人に親切なところがある」とか「約束はきちんと守る」といったような、長所も持っているにちがいありません。 そうした長所に注目するようにすれば、あざとさばかりが目につくということがなくなるのではないでしょうか。 あざとさというのは、どうしても目につくものです。 そのため、身近にあざとい女がいると、その点ばかりに注目してしまい、不快な思いをすることが多くなってしまいます。 相手のあざとさを変えることはできなくても、こちらの意識を変えることはできるでしょう。 「この人にはこういう良い面もある」というように意識することによって、その人に対する見方も変わってくるに違いありません。 「この人はあざとい一面もあるけど、それはあくまでもこの人のパーソナリティの一部に過ぎない」という見方をするのです。 そうすれば、これまでよりは、その人とのつきあいにおいて不快に感じることが減ってくるはずです。 その人の長所を見るようにすること、これもあざとい女への対処法の一つです。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

あざとい女の意味とは?あざとい女子の特徴は外見と行動に表れる!

あざとい女

男性からモテるために計算高く行動したりぶりっ子したりする、「あざとい」女性に騙された経験のある人もいるのではないでしょうか? あざとい女性は、女性から見ると全ての行動が計算だとすぐ分かりますが、なかなか見抜けない男性も多いですよね。 では、そんな計算高くあざとい女性に騙されないためには、どのようなことを理解してどのような行動を取れば良いのでしょうか? この記事では、「あざとい」という言葉の意味や「あざとい女」の特徴、騙されないようにする方法などについて解説します。 あざとい女性の特徴や行動の傾向を知ることによって、計算を見抜いて騙されにくい行動が取れるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。 「あざとい」とは? 日常的に何気なく使われる「あざとい」という言葉について、そもそもどのような意味を持っているのかよく分からないという人も多いでしょう。 現代ではネット用語として広く使われるようになり、「計算で可愛さを演じたり装ったりして相手の気を引くような状態」を意味しますが、本来の意味は少し違っています。 「あざとい」とは本来、小賢しい・たちが悪い・悪知恵が働くなどの意味で使われている言葉です。 女性に対して使う現代のあざといに対し、本来は自然や社会に対して広く使われていました。 マイナスなイメージを持たれやすい言葉ですが、あざとさが可愛いと感じることもありますよね。 あざとくても可愛いから許せると考え、わざと騙されてしまう男性が多いのかもしれません。 男が騙されやすい「あざとい女」の特徴9選 あざといという言葉の意味は分かりましたが、あざとい女子にはどのような特徴があるのでしょうか? マイナスイメージが強く同性から嫌われることもある存在ですが、男性からするとあざとい女子の行動が良く見えることも多いです。 男性にモテそうな可愛らしい見た目だけでなく、言葉や会話、行動からもあざとさが伺えます。 可愛い外見をしている人から分かりやすく好意的なアピールを受けると、男性は嬉しくなったり気になったりしますよね。 女性に嫌われやすいぶりっ子をしているあざとい女子でも、甘えられるとほっとけないという気持ちにもなるでしょう。 しかし、この行動は好かれるために計算していることが多く、男性から好かれる可愛い女子を演じている場合も多いです。 ここからは、男性が騙されやすいあざとい女の特徴を9つご紹介します。 あざとい女子に騙されることが多いという人は、自分の周りにこのような女子がいないかどうか、また自分の好きな女性のタイプに特徴が当てはまっていないかをチェックしてみてくださいね。 かわいい 顔がかわいい人は、どんなにわざとらしくぶりっ子しても甘えるように上目遣いをしても、かわいいので許せてしまいますよね。 あざとい女子は自分の顔がかわいいということを自覚している場合が多く、どうしたらよりかわいく見えるのか分かって行動しています。 自分が一番可愛く見える角度や表情を理解しているので、ぶりっ子しても不快感がなく、あざといけれどかわいいから好きになってしまうのです。 同性に嫌われがちなあざとい女子ですが、このように自分磨きを頑張っている人は嫌われていないことも多いんですよ。 そんな頑張り屋さんな所も含めて、健気に努力してかわいい外見をアピールしてくるあざとい女子に騙されてしまうのかもしれませんね。 服装・コーデの特徴 計算高いあざとい女子は、気になる男性の好きなファッションに合わせた服装をしていることが多いです。 あざとい服装の特徴としては、ふんわりとした可愛い系と露出の多いセクシー系に分けられます。 可愛い系では、優しい色合いのフリルがたくさんついた服装やふんわりとした印象の花柄ワンピースなど、男性が好きそうな可愛い清楚系の服を着ている人が多いです。 冬場は白やピンクのふわふわとした少し袖の長いニットワンピースを着て、萌え袖で可愛さをアピールすることも。 セクシー系では、露出の多い服で隙を見せたり、体のラインが分かりやすい服装に高いヒールを履いて色気をアピールしたりします。 このような服装に引いてしまう男性もいますが、本人に似合っているコーデだとしたら魅力的に感じることもあるでしょう。 メイク あざとい女子のメイクは、派手な印象ではなくナチュラル感がある優しい印象のメイクが特徴です。 すっぴん風メイクは男性から人気が高いので、あまり濃すぎないようにして透明感を重視しているんですよ。 血色を良く見せるため、アイシャドウやチークなど全体的にピンク色を取り入れて女の子らしい可愛い雰囲気を演出しています。 リップは、思わずキスしたくなるようなぷるぷるでツヤのある唇になっていて、濃すぎないピンク色を使うことが多いです。 ナチュラルな黒やブラウンのカラコンを使うと目が大きく綺麗に見えるので、自然で魅力的な目元にするためにカラコンを付けている人も。 全体的にナチュラルで女の子らしい印象にすることで、男性ウケするあざとい外見を作っているのです。 こんなポーズは要注意 あざとい女子は自分を可愛く見せる方法を知っているので、思わず好きになってしまうような可愛いポーズをたくさん知っています。 定番といえば上目遣いやアヒル口などは誰もが知っているようなポーズですが、たとえあざとさを狙っていると気付いても、可愛く見えてしまいますよね。 目をつぶって両手を合わせてお願いするポーズや、頬をぷくっと膨らませて可愛く怒る表情も、まるで少女のような可愛らしさで人気が高いです。 ただ、両手で頬杖をついて話を聞くポーズはぶりっ子の定番で、上目遣いやアヒル口と合わせて使ってくるあざとい女子もいるので要注意! このポーズをすれば男性から好かれる、何でも言うことを聞いてもらえると分かってやっている場合もあるので、可愛さに惑わされないように注意してくださいね。 あざとい言葉 言葉からもあざとさが見えてくる部分があります。 男性を頼りにしていることで特別感を出し、また男性に守ってあげたいと思わせるのもテクニックです。 また、言葉の語尾に方言を使い、たまに「方言使っちゃった」と自分で言うのもあざとい女性の特徴です。 まれに「これって方言だったの? 知らなかった~」などと言う姿に可愛いと感じるかも知れませんが、それは全てあざとい計算で行われているので注意です。 LINEの特徴 あざとい女性は、LINE(ライン)でもテクニックを披露しています。 伝えたい内容はストレートに表現し、言葉だけでなく顔文字やスタンプで送って男性に期待を持たせることが得意でしょう。 スタンプで送ってきたメッセージの意図や先の気持ちを知りたいと思わせるのが得意なあざとい女性は、多くのスタンプを駆使して飽きさせない工夫もしています。 また朝出勤する時間や帰宅する時間を狙ってLINEで顔文字を送り、自分だけではないかと特別感を味あわせ、帰宅時には疲れた時の癒しになるようなタイミングを狙っています。 すぐ既読になったのに返事が来なくなるなど相手を不安にさせつつ、程良いタイミングで返事をしたり、男性が喜ぶワードを使って相手のテンションを上げさせたり、いつの間にか男性にとって気になる相手になってしまうのがあざとい女性の手法です。 あざとい料理 あざとい女性は、料理を使ってあざとさを披露する場合もあります。 得意料理の中でもメニューの選び方によっては、あざとさ全開になってしまいますが、それをあざといと感じないで嬉しいと感じてしまう男性もいるでしょう。 特にあざとい料理とされているのが「肉じゃが」「オムライス」「ハンバーグ」です。 家庭的な一面を披露し、あなたのために頑張りましたと言わんばかりの肉じゃがは、あざとい料理No. 1でしょう。 さらに、ケチャップでメッセージが書けるオムライスもあざとい料理と認定されています。 男性が好きだと思われがちなハンバーグは、まさに男性の胃袋を掴む定番に認定されているため、上記のメニューを披露されたら純粋に喜ばない方が良いかもしれません。 こんな仕草は要注意 あざとい女性は、仕草からも分かる部分が多くなります。 仕草1つにしても男性から可愛いと思われると分かって行っているため、純粋に取っているリアクションではないことを理解しておきましょう。 あざとい女性の特徴として、「リアクションが大きい」「素直で可愛いがぶりっこではない」「上目遣い」「肩にちょっと頭を乗せる」などがあります。 自然なリアクションよりも少し大げさなリアクションを嬉しく感じる男性が多く、また素直な表現がぶりっこではなく純粋な可愛いと感じてしまうようです。 他にも身長差から上目遣いになりやすいため、可愛さを増し増しで感じてしまう男性も多いでしょう。 肩にちょっとだけ頭を乗せてくる控えめな甘え方をするのもあざとい女性の特徴です。 無意識にやっている 無意識に男性の前に行くと態度が変わってしまったり、声がワントーン高くなってしまったりするのもあざとい女性認定できるでしょう。 また無意識に洋服の袖を伸ばして着たり、ペットボトルの蓋が開かないから開けて欲しいと要望したり、些細なことを男性にお願いする女性は、計算ではなく無意識であざとさを身に付けている可能性があります。 また会話の途中で自然とボディタッチしてくる女性も、相手との距離感を近くして自分に意識を向けさせるテクニックを無意識に身に付けている可能性があります。 作られていない天然モノのあざとさは見抜きにくく、特定の男性ではなく全ての男性に対して行われているため簡単に判断できないのが特徴です。 自然と身についているため簡単に判断できないことが、男性の気持ちを混乱させやすくなるでしょう。 男性が騙されないようにするには 上記のあざとい女性の特徴を参考にして、騙されないようにするためには何に気を付けると良いのでしょうか? 同性同士であれば、あざとい仕草や言葉だという部分が見えてきますが、男性からすると騙されてしまうものでしょう。 また男性もあざとい女性は好きではないとしつつも、やはりあざとさを女性が自分だけに見せる特別な部分だと勘違いしてしまうことから騙されてしまいます。 男性が騙されないように気を付けるとしたら、一度女性を客観的に見てみると良いでしょう。 自分にだけ見せる姿なのか、誰にでも同じ態度なのか、相手を対自分として見るだけでなく、一歩引いて見てみると相手の本質的な部分まで見えてくるでしょう。 自分の魅せ方を知っているあざとい女性は計算高い一面があり、なかなか違った一面を出さないかもしれません。 しかし男性も欲目で見るのではなく、人間として女性を見ようとすれば、結果は自然と分かってくるでしょう。 自分自身の気持ちを落ち着かせて冷静になることで、あざとい女性かどうか判断できるだけでなく、騙されることもなくなるはずです。 騙されないようにするためには、相手をよく見ることが重要です。 まとめ あざとい女性は、単純に計算高いだけでなく複雑な計算を常に行い、今自分がどのような行動に出て、どんな言葉をかけたら良いのかを瞬時に計算しています。 また、自分を数倍も魅力的に見せる方法を知っているため服装やコーデ、メイクやポーズまでも完璧にしてしまう、自己プロデュースの天才とも言えるでしょう。 完璧すぎる女性の姿に純粋に喜んでしまったり、嬉しく感じてしまったりする素直な男性はあざとい女性の魅力にハマってしまいがちであり、素敵な女性なら振り回されても我慢できるかもと思ってしまいます。 しかし、あざとい女性は付き合ってから豹変してしまったり、手に入れたら他の男性が欲しくなってしまったりする場合もあります。 あざとさに騙されないためにも女性の特徴を知っておき、騙されにくいように一歩下がって客観的な判断ができるようにしましょう。 WRITER ライター歴8年。 彼氏いない歴5年、2年前より婚活開始。 今まで交際してきた男性の特徴は全て「束縛男」。 言われたことを忠実に守った結果、最終的に飽きてしまい別れるパターンが多い。 心が広い人と出会いたいと願っている。 男性心理、恋愛テクニック、男性のタイプと特徴をテーマに多数執筆するフリーライター。 【ライターより】 本気で彼氏が欲しくて婚活を始めるも……2年間出会いゼロ。 最近は女子力を磨くために、料理教室に週2回通いながら、綺麗なボディラインを磨くためジムに通っています。 束縛しない、心の広い男性を見つけるにはどうしたらいいのか……毎日模索している毎日です。 【こんな人に読んでほしい】 理想の男性に出会うためには自分は何をしたらよいのか? 心安らぐ場所を見つけるためにはどうしたらよいか……疲れた心を癒したい人にぜひ読んでほしいです。

次の

「自覚のないあざとい女」診断。わたしが嫌われている理由はあざとさ?(全ての診断結果)

あざとい女

1:「あざとい」の意味とは? 小学館デジタル大辞泉によると、「あざとい」の正式な意味は下記。 <1 やり方があくどい。 ずうずうしく抜け目がない。 思慮が浅い。 あさはかだ。 なんだかどれも悪そうな意味で、「あざとい」が悪口っぽく使われるのもうなずけます。 「あざとい恋愛テクを使う」などという使われ方をよくしますが、「やり方があくどい。 ずうずうしく抜け目がない」という意味でありますし、それでいて、そのやり方が周りに透けて見えている点で、「思慮が浅い。 あさはかだ」という意味も含んでいる気がしますね。 「あざとい」という言葉は、1と2、両方の意味を含蓄させたダブルミーニングの形で、うまーく悪口をオブラートに包める……とはいえ、包みきれてはおらず、「あの子、あざとい!」なんて言っちゃう子自体も、「あざとい」と言えるのかも? 2:女が嫌う「あざとい女」の特徴9つ (1)好きな人の好みに合わせる たとえば、Aくんのことが大好きなB子さんがいたとします。 Aくんはみんなの前で、「俺、おっぱい大好き。 巨乳の子が本当に好き」と言いました。 それを聞いたB子さんは、次の日、自分の胸を盛りに盛って、しかも胸元を開いて、登場して見せたのです。 (2)目標達成のために手段を選ばない 周りの子は、それを見て唖然としながら、ヒソヒソと「見た!? あざとーい……」とB子さんの悪口。 しかし、B子さんは胸を盛りに盛った甲斐があってか、そこまでやる根性が身を結んだのかは定かではありませんが、ついにAくんをモノにするのです……っ! (3)女の体という男の弱点をつく 「胸とか超押し当ててたらしいよ……」 「超盛ってるくせにね」 「よくそこまでするよね? 本当、あざとい」 周りの子はB子さんの悪口を陰で言いますが、勝ったのはB子さん。 手段は選ばず、大好きなAくんを自分のモノにしました。 (4)笑えない成功をおさめる もちろん、B子さんの勝利を周りは祝福できません。 もし、B子さんが胸を盛りに盛って、胸元まで開いて見せて、それでもAくんに見向きもされなかったら、 「本当、よくやるよねー(笑)!」 と笑い者になっていたことでしょう。 「周りから悪く思われる」という意味では、「思慮が浅い、あさはかな」戦略ですが、たとえそう思われても、「ずうずうしく、抜け目なく」Aくんをゲットしたのです! (5)イケメンの近くに座る C子さんは、合コンでいちばんイケメンのDくんにひと目惚れ。 でも、みんなだって絶対にDくん狙い。 熾烈な席取り合戦……、無残にも幹事に案内されたのは、Dくんの遥か遠く、いちばん奥。 しかし! ここで負けないのがC子さん。 「私、すぐ酔っちゃうから、こっち座るー」 と出入り口近くに座っていたDくんのとなりにちょこん。 「見た!? あれっ!」とほかの女性陣が目配せしあったのは言わずもがな……。 (6)思惑が透けて見える 「私、Dくん狙いだからとなりに座っていい?」なんて断りはもちろんありません。 でも、どう考えてもDくん狙いから生じたこの行動、 「あの子、お酒超強いよね!? 」 「あざと〜……」 なんて悪口を言われてしまうのはしかたのないこと。 思惑が透けて見えています。 しかし、やっぱり、ずうずうしくて抜け目なし。 (7)「酔ってきちゃった〜」 ほかの子だって負けていられません。 合コンで唯一のイケメンDくんのそばへ近づこうと、C子さん抜きのグループLINEでやりとりしながら、ほかの男子も味方につけ、「そろそろ席替えターイム」……と言おうとしたら? 察していたのかC子さん、「酔ってきちゃった〜」とDくんにふにゃっとしなだれかかり……。 (8)空気を読まないイイ子キャラ そこそこ可愛いC子さんにイチャつかれて、まんざらでもないDくん。 「大丈夫? いける?」 と性格もイケメン。 「あ……っ、すみません。 本当に。 大丈夫でーすっ」と急にイイ子キャラになって立ち上がったC子さんですが、「キャー」と豪快に、わざとらしくコケます。 (9)周りをおいてけぼりにし、完全に主役 「おいおい大丈夫ー?」と、周囲の男子は完全にC子さんに注目。 みんなに心配かけないよう、キャピっと元気に明るく振舞うフリをするC子さんに、女性陣は唖然……。 「あなた、酔ってもないですよね? その酒量じゃ……」 なんて言える空気ではなく、「C子さんておもろいねー」と人気者になった謎の知らないキャラを、ただただ生暖かい目で見守ることしかできませんでした。 3:男は「あざとい女」が好き?嫌い? というわけで、「女が嫌うあざとい女」の特徴を見てきましたが、男子から見て「あざとい女」はどんなイメージなのでしょうか。 好き? 嫌い? そもそも見抜けない? ダイレクトに「あざとい女は好きですか?」と聞かれれば、「あまり……」と答えるでしょうが、実際あざといテクニックを使われたら、メロメロ〜としてしまうのが男子という生き物。 たとえバレバレでも、一生懸命なその姿に、「そんなに俺のこと好きなのか……」とも思えますからね。 ですが、「自分を落とす」以外に「女のあざとさ」が発揮されたら……? きっと「あいつは最悪な女だな!」と怒りを爆発させることでしょう。 4:男が嫌う「あざとい女の」特徴3つ (1)権威に取り入る 出世競争などで、あざとい女が敵に回ると、男にとってこれほど恐ろしいことはありません。 なにせ、決定権のある上司に色仕掛けで取り入って、いいポジションをキープしつつ、ライバルの男を蹴落としまくりますから。 数字や結果で判断しないような会社だと、こういった「あざとい女」の独壇場に。 業績がガタガタになったころに、これまたあざとくほかの部署へ移り、前の部署の悪いところをケチョンケチョンに言いふらします。 自分がめちゃくちゃにしたくせに……。 (2)あざとい女気取り あざとい女になりたがり、あざとい女気取りの「あざといワナビー」も男に嫌われる存在。 「君には誰もあざとさとか求めていないから。 もっと優しさとか、そういうとこアピールしたほうがいいよ」と心から伝えてあげたいと思っています。 「顔が悪くて性格も悪かったら最悪だよ?」ということなのでしょうか……。 (3)本性があざとい 誰にだって、あざとい一面はあるでしょう。 でも、常にあざとかったら、それはもうその人の性格としか言いようがありません。 超好きになっちゃったから……とか、この仕事はどうしても欲しいから……とか、「よし、ここはあざとくいくべきだなっ」なんて考えられる女性は、(本気であざといですが)、まあ男性から見てかわいいもの。 ですが、常に自分の利益が最大になるように小賢しく振舞うような「あざとさ」があったら、さすがの男性も「いいかげんにしろ!」と怒るでしょう。 5:「あざとい男」の特徴5つ 次に、あざとい男の特徴も見ていきましょう。 (1)ブスに優しい 残念ながら、ブスに対して世の男性は冷たいもの。 そんな男の性を知っているから、世の女性たちはみな美しいのです。 ところが、あざとい男は、ブスにも優しくできます。 この、「本能に逆らってる」と言っても過言ではない行動が、いかに女性の人気を勝ち取ることができるか、よく知っているのです。 今まで優しくされたことのないブスが、彼を好きになってしまうことは明白なのに、ほかの女性の人気のために思わせぶりな行動をするなんて、まったくひどい。 (2)権力者におもねる いちばんえらいと思われる上司を狙い撃ちして、しっかりとお酌。 お世辞も言いまくり。 おもねられた権力者のほうもまんざらではないため、まさに「あざとく」出世していきます。 自分が権力を手に入れたらなんとでもできるので、周りの雑魚の評価なんて気にしません。 (3)勉強してないフリ ちゃんと勉強しているのに、周りには「全然勉強してないよー」宣言。 しかも自分は点数がいいから、本当は入っちゃいけないはずの、みんなの「マジ、むちゃくちゃだったわー」「完全にヤバい……」みたいな話にもちゃっかり参加。 「なんか部屋片付けとかはじめちゃってさー。 終わったころには、疲れ果てて寝てたわ」なんて作り話までする始末。 彼の点数を知らない周りが「わかる! それ!」と呑気に笑っているのを、心の中であざ笑うのです。 代表としてしっかり寝る毎日w」 ……みたいな。 言いたいことは「慶応大学経済学部主席入学」「博報堂入社」「NPO法人代表」なんだけど、自慢に思われたくないためか、なんかちっちゃな自分落としみたいのを必ずつけるプロフの人、周りにいませんか? (5)彼女いるのに「いたらこんなとこ来るわけないじゃん」 合コンに行くと必ずひとりはいますね。 本当は彼女がいるくせに、「彼女いるのー?」と聞かれると、「いたらこんなとこ来るわけないじゃん」と言う男。 本当に彼女がいない人は、まずこのセリフを言いませんから。 合コンを「こんなとこ」呼ばわりする根性もすごくて、「俺は彼女ができたら、合コンとか嫌いなタイプなんですわ」という軽くイイ男アピールになっているんですね。 6:あざとい女から学ぶこと 以上、「あざとい」について見ていきましたが、いかがでしたか? あざとい女はやっぱり悪いヤツだと思ったでしょうか? しかし、激しい競争社会を勝ち残っていくには、「あざとさ」だって大事。 「ああいうの、やだねー」と笑っている周囲なんて、「あざとい女」から見れば、ただの「負け犬の遠吠え」。 「口惜しかったら自分の手を汚してみれば?」なんて椎名林檎チックなことを思っているかもですね。 この記事を書いたライター 月島もんもん M. Tsukishima プロのゴーストライターとして、芸能人、医師、文化人の代筆を手掛けること10年。 各業界の裏話やぶっちゃけ話に精通している。 路上パフォーマーとしても活躍。

次の