出産 祝い 親。 出産祝いの祝儀袋・封筒のマナー|書き方・金額・入れ方・手紙はどうする?|cozre[コズレ]子育てマガジン

【金額相場表】出産祝いの金額相場はいくら?関係性別にまとめました

出産 祝い 親

親からの出産祝い言うのはプレゼントとして物でもらうのか、また現金でもらうのかどちらが一般的なのでしょうか。 実は男性側の親からは現金をもらう事が多く、逆に女性側の親はお祝いはないなんてところもあるそうです。 ただ、よく聞いてみると現金としてお祝いはなくても女性側の実家には里帰りしていることが多いため、その間の生活費や、ベビー用品一式など身の回りの必要なものをそろえているケースが多く、物でのお祝いとなっている様です。 ただ、物で用意する場合、趣味や里帰りが終わった後に持ち帰るベビー用品の置くスペースがあるかなどの問題もあるため、事前に何を買うかの確認は必要になりそうです。 そのため自分で好きなもの必要なものが買える現金は喜ばれると言えるでしょう。 出産祝いの相場はいくらなのでしょうか?一般的な出産祝いを現金で渡す場合の相場は5~10万円と言われていますが、これは双方の両親のバランスや、地域によりかなり差があるようです。 なんと地域や裕福な家庭によっては多い所では100万円なんてところもあるようです。 また、男性側の両親からは現金のみでのお祝いが多いことや里帰りもないため男性側の親からもらう金額の方が多い傾向があります。 ただ、女性側の親は里帰り中の身の回りの世話やベビー用品一式そろえることもありこれだけで20万近くかかります。 最終的にはお互いの両親のバランスがとれた金額が一番いいとされていますので、事前に地域性やお互いの両親の価値観を確認しておくと両親もご自身も困らないかと思います。 また、初孫となるとついつい嬉しくてたくさんお祝いをあげたくなりますが、一人目も二人目も同じように喜ばしいことですので、同じ金額となるようにするのが基本となります。

次の

出産祝いおすすめ21選|現役ママに聞いたもらって嬉しいプレゼントとは?相場も紹介

出産 祝い 親

「 毎日使える尚且つ、長く使えるよだれかけは何枚あっても嬉しいプレゼントです。 男女ともに必須アイテムではありますが、特に男の子は好奇心旺盛なため汚す頻度が高め。 人によっては一日10枚以取り替える家庭もあるほど…。 選ぶ時のコツとしては、子供によって首周りのサイズが変化するため、 ボタン式 or マジックテープ式のスタイの方がお母さんが取り替えが便利ですね。 保育園のお食事エプロンとしても使えるため、迷った時の候補にしてみてくださいね。 そのため、ねんねの時に使えるようなベビーグッズを出産祝いにと、お考えの人もいるのではないでしょうか。 そこでご紹介するのが、『すやすやメロディ ベビーミッキー』です。 人気ディズニーキャラクター「ミッキー」の眠る表情がかわいいぬいぐるみで、子守唄や鳥のさえずりなど、優しい8種類のメロディが流れるようになっています。 男の子が眠たい時や、睡眠中に起きてしまいそうになった時に流せば、 リラックスして睡眠をサポートしてくれるのです。 心地良く眠れて、赤ちゃんもママももらって嬉しいので、ねんねグッズをお探しの時にはぜひチェックしてください。 ディズニーの人気キャラクター「プーさん」と仲間たちがモチーフになったミニサイズのメリーで、ベビーカーのフード部分に取り付けられるようになっています。 ベビーカーの振動や風などで、ディズニーキャラクターたちが揺れ動くため、赤ちゃんが目で追いながら楽しんでくれるでしょう。 赤ちゃんが機嫌よくお出かけできるので、持ち歩き用のおもちゃとして、ぜひ甥っ子や友達の息子さんにディズニーアイテムをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。 30歳女性:埼玉県在住 」 おむつは必ず必要になってくるベビー用品のため、確実に喜ばれる出産祝いと言えます。 ぬいぐるみなどをあしらって可愛らしく仕上げているので、女の子も大喜びまちがいなし。 しかし一方でこんな意見も。 「 場所も取るしサイズも合わないと困るから、嬉しくはないかな。 おむつ自体は必要なんだけどね。 29歳女性:神奈川県在住 」 おむつケーキを作るためにおむつだけでなくタオルやぬいぐるみ等も使って豪華にアレンジするため、収納に困ったりするため、賛否がわかれるそうです。 事前にヒアリングして置くことをおすすめします。 様々な商品がありますが、 見た目が豪華なだけでなく、実用的なものを選びたいという時におすすめなのが、『アンパンマンおむつケーキ』です。 アンパンマンキャラクターで飾った横34センチ、縦50センチのビッグサイズで迫力満点。 紙おむつが40枚も入っており、ママは大助かりです。 さらに、アンパンマンのかわいいぬいぐるみや、3カ月ごろから遊べる歯固めのおもちゃも付いているため、女の子の赤ちゃんにとってももらって嬉しいプレゼントになりますよ。 かわいくてしっかり使えるオムツケーキは、出産祝いにぜひ選んでほしいアイテムです。 一般的なおむつケーキとは違い、おもちゃなどで飾りつけるのではなく、おむつが収納できるおしゃれなケースを使用しています。 おむつを使わなくなってからは、タオルやキッチンペーパーのストッカーとしても使えて、ずっと家庭で長く愛用してもらえるでしょう。 誕生日の日付&名前の刺繍入りで、子供も喜んでくれるため、 実用的で一風変わったおしゃれなおむつケーキをぜひプレゼントにいかがですか。 思わずほおずりしたくなるようなやわらかいぬいぐるみと、おしゃべり機能が付いたボタン型のスピーカーがセットになっています。 無料アプリを使えば、入力した文字や吹き込んだ言葉をぬいぐるみがおしゃべりしてくれて、女の子が喜んでくれますよ。 歌やお話が流れるモードなど多機能で飽きずに遊べるので、 子供とおしゃべりしてくれるぬいぐるみをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。 」と迷ってしまうこともありますね。 そんな時にチェックしてみてほしいのが、『ぞうさんのツーウェイオール』。 50~70センチまで対応できるタイプのベビー服のため、新生児から6カ月ごろまで、比較的長く着用できるのがおすすめポイントです。 スナップボタンの留め方によって、ドレスとカバーオールの2wayで着られるため、元気に足をばたつかせるようになってからはカバーオールにすれば、はだけることもありません。 生まれてからすぐ長く着られるツーウェイオールは、重宝すること間違いなしですよ。

次の

夫の実家から出産祝い、どれくらいいただきましたか?(不満)

出産 祝い 親

親から子へ贈る出産祝いの相場情報と、高額な出産祝いをもらった子供夫婦が気を付けたい内祝いマナーを解説します。 赤ちゃんが産まれたら、夫婦それぞれの両親や親族もとても嬉しいですよね。 子供夫婦に新しい家族ができ、自分には新しい孫ができたことになります。 おめでとうございます。 お孫さんがもうすぐ産まれる予定の人はぜひ参考にしてください。 出産祝い、親から子に贈る相場 それでは、まずは孫ができたときに親から子へ贈る出産祝いの相場について確認していきましょう。 出産祝いの金額相場は高額になる傾向 孫が産まれて祖父・祖母になった方なら、自分の子供たちが頑張ったことを嬉しく思い、出産を祝う気持ちは身内以外の人たちよりもずっと大きいことでしょう。 そのため、親から子供に贈る祝い金は一般的な出産祝いの額よりもずっと多くなる傾向にあります。 これから夫婦に赤ちゃんが加わった新生活をスタートするにあたり、いろいろと出費も重なり大変になることへの応援の意味も込められているでしょう。 親から子に贈る出産祝いの相場はだいたい3万円~10万円です。 ただし、親がお金に困窮しているなど、家庭に特別な事情がある場合にはこの限りではありません。 無理に高額なご祝儀を出すと、受け取った子供側が「大丈夫かな」と、かえって心配してしまいますので、できる範囲で無理のない程度にしておきましょう。 内孫となる婚家の両親から贈る出産祝い相場 産まれた赤ちゃんが内孫となる側の両親は、出産祝いの金額を多くするのが一般的です。 現金で渡す場合には10万円前後を目安にすると良いでしょう。 外孫となる実家の両親から贈る出産祝い相場 逆に赤ちゃんが外孫となる側の実家は、出産祝い相場がやや低くなります。 だいたい5万円から、10万円を超えない範囲の金額にするケースが多いようです。 たとえば内孫となるのが夫側の家だとすると、妻の実家から贈るお祝いを夫の両親から贈る出産祝いよりも少なめに抑えます。 夫側の実家が10万円贈るとすると、妻側の実家は8万円を贈るというケースもあります。 これは伝統的に縁起が良いとされる末広がりの「八」にちなんでいます。 外孫となる側の両親がお祝いを低めに抑える慣習は、内孫となる側の両親を立てる意味合いがあります。 孫のためによかれと思ってご祝儀をはずみ過ぎないように注意が必要です。 婚家と実家の両親で金額の調整をしよう 日本では、親からの出産祝いの金額は、婚家と実家で差があるほうが良しとする文化があります。 ただし、両家の金額の差があまりにも激しい場合、子供側があとあと不満に思ってしまうこともあるようです。 内孫となる側の両親と、外孫となる側の両親とで、出産祝いに贈る予定の金額やプレゼントについて、事前に相談できれば安心でしょう。 お祝いのおおよその目安だけでも確認できれば、外孫になる側の実家両親が「応援したいからたくさん贈りたいけど、こちらのほうが多すぎないか」と迷うことも防げます。 出産祝い、親から贈るおすすめギフト 親から子に出産祝いを贈る場合のプレゼントとしておすすめのものをご紹介していきます。 子供や孫には良い生活をさせてあげたいからこそ、何を贈るかは悩んでしまいますよね。 そんな時にぜひ参考にしてください。 親からの出産祝いは現金がおすすめ 親から子に出産祝いを贈る場合のプレゼントとして、一番喜ばれるものは、ずばり現金です。 赤ちゃんが生まれたばかりのころはなにかと物入りで、必要なものをたくさん買うためどんどん出費がかさんでいきます。 また、夫婦の友達や職場の上司・部下・同僚などからは赤ちゃん用の服やおもちゃなど、ベビー用品を贈られることが多いでしょう。 身内であるからこそ現金を贈り、子供夫婦の好きなものを買ったり新生活の足しにするよう気遣ってあげればきっと喜ばれるでしょう。 親ならではの気遣い、上質なベビー用品セット それでも、自分の選んだプレゼントを孫である赤ちゃんに使ってほしいという気持ちもあるかもしれません。 その場合には、子供夫婦に欲しいものの希望を聞いて、必要なベビー用品を一式セットで揃えてあげるのも良いでしょう。 ただし、ベビー用品はママ・パパの好みに合わせてすでに用意していたり、友人からプレゼントされることもありますから、必ず購入前、なるべく早めに子供夫婦の希望を確認しましょう。 また、お祝い予算のほとんどを現金で贈り、一部をプレゼント代に当てる方法もおすすめです。 これから必要になるのは赤ちゃんが直接使うものだけではありません。 育児に役立つ素敵なおしゃれグッズもたくさんあるので、これから子育てで奮闘することになるママ・パパが使やすいものを併せてプレゼントするのもひとつの方法です。 もし「いまどきの出産祝いはどんなものがいいのかわかならい」「現金とは別にお祝いの品も贈りたい」という場合は、出産祝い専用に作られたカタログギフトを贈ってはいかがでしょうか。 厳選されたベビー用品やおしゃれな育児グッズを選べるカタログギフトで「本人たちが好きなものを選ぶ楽しさ」をプレゼントするのもおすすめですよ。 有名ブランド「ミキハウス」「ル・クルーゼ」「ジェラートピケ」「ヴェレダ」などのかわいいベビー用品を掲載。 その他、ママ・パパ向けのギフトとして離乳食作りの調理器特集ページなどもあり。 また、体験ギフトとして「ベビー&ファミリーの家族写真撮影」など最近話題のプレゼントも取り扱っています。 ベビー用品は対象月齢をわかりやすく掲載しているので、成長に合わせて迷わずプレゼントが選べます。 2品・3品を選べるコースなら双子・三つ子の赤ちゃんへのお祝いにぴったりです。 愛らしいイラストの表紙で、出産祝いだけでなく小さな子供のお誕生日やクリスマスプレゼントとしても贈りやすい、おすすめカタログギフトです。 出産祝い相場が高額ならお返しは? ここまでは親から子へ贈るお祝いについてご紹介してきました。 お伝えした通り、親にとって生まれてきた孫はとてもかわいく、渡すお祝い金額が高くなる傾向にあります。 中にはとても喜んで、相場よりもずっと高い金額をご祝儀袋に包んで渡してくれる人もいるようです。 さて、ここからはお祝いを贈られた子供夫婦の立場になって、出産祝いをもらった後にお返しする「内祝い」について確認します。 出産祝いのお返し相場、基本は3分の1 出産祝いへのお返しという意味もある「内祝い」は、贈られた現金・プレゼント金額の3分の1~半分ほどが相場です。 その予算で品物を贈るのが一般的で、商品券でお返しをする例は少ないようです。 さらに、目上の人へのお返しに商品券を贈るのは失礼だという考え方も年配の人を中心に根強くあるので、相手との関係性も考えて失礼にならない配慮が必要です。 これらを踏まえると、内祝いは品物を選ぶのが無難だといえるでしょう。 出産祝いでもらったプレゼントの金額が分からないときには、インターネットで同じような商品を検索して金額の目安を確認し、その3分の1~半分ほどを贈れば問題ありません。 親への内祝いは相場より少なくても良い 上記は一般的な内祝いのマナーです。 しかしそもそも親から贈られるお祝いは一般的な相場よりもずっと高額になるものです。 その金額の3分の1~半分ほどを贈ろうとすると、ちょっと負担が大きいですよね。 実は、親から贈られたものに対するお返しは、相場よりずっと少なくてもかまわないという考え方が浸透しています。 とくに出産の場合は親戚一同にとっての慶びごとだという側面が大きく、親しい間柄ならマナーにそれほどこだわらなくても問題ないケースがほとんどでしょう。 親は子供たち一家を応援したい気持ちで高額なお祝をくれるので、あまりに返し過ぎるとその気持ちを無下にしかねません。 「こっちは自分たちでなんとかできるから返すわ。 あまり贈らないで」 と、甘えたくない意味のメッセージとも受け取れて、親に寂しく思わせてしまうかもしれません。 本来の出産内祝いの意味は「赤ちゃんが産まれた喜びを周囲の皆さんにお裾分けする」というものです。 親へのお返しは値が張るものでなくても構いませんので、贈る側・贈られる側が一緒に喜び合えることを一番大切にしましょう。 親への内祝いに赤ちゃんの画像入り記念品を 親への内祝いには、赤ちゃんの画像入り記念品が大変喜ばれます。 おじいちゃん・おばあちゃんは自分の孫の近況や成長がいつも気になるもので、顔を見ることを楽しみにしています。 赤ちゃんの画像が使われている記念品や、生まれてきた子供の名前入りアイテムなどを贈ると、ひときわ喜ばれるのは親しい身内ならではです。 食事会や旅行のプレゼントも人気 そもそも親から「お返しは気にしないで、いらないよ」と言われている場合もあります。 応援したいからこその気遣いなので、そのままお言葉に甘えても大丈夫です。 ただ、もしそれでもなんらかの方法で感謝を伝えたい場合には、家族団らんの食事会や旅行を企画するのも良いですね。 祖父母にとっては、赤ちゃんと触れ合う時間がなによりのうれしいプレゼントになります。 この際も金額的に無理をする必要はなく、お手頃価格のプランで大丈夫です。 メインはあなたの赤ちゃんなのですから。 まとめ このように、親から子供に贈る場合の出産祝いと、子供からそのお返しをするときの金額の相場について確認してきました。 親から子に贈る出産祝いの相場はだいたい3万円~10万円。 実家との関係によって相場は異なり、内孫になる側の両親からは金額が多めで、親からの贈り物のおすすめは現金、これらが親から子供に出産祝いを贈る場合のポイントです。 また、子供からそのお返しをする場合には内祝いの金額は少なくてよいこと、贈るプレゼントは赤ちゃんの画像入りの記念品などが喜ばれることがポイントです。 これらの情報を参考に、家族みんなで赤ちゃんの誕生をお祝いしましょう。

次の