大麻 吸引 器。 【女性が選ぶ】クリトリス吸引器の選び方とおすすめ10商品

吸引器

大麻 吸引 器

「大麻最前線の最新の発明は、3Dプリントされた大麻吸入器であり、医師は医療大麻を遠隔管理することができます。 ハイファ(イスラエル)のラムバム病院は昨年、この装置を使用しました。 3Dプリントで作られた大麻吸入器は、リモートで制御でき、患者に正確な量を投与することができます。 テルアビブに拠点を置くスタートアップ企業が立ち上げた発明についてクオーツがレポートしています。 この発明は、医師または医療関係者がいなくても、既知の正確な用量で大麻中の有効成分を患者に供給することができます。 医師にとっての利点は、医療関係者が正確な用量を処方でき、患者にバランスのとれた投与の問題の解決法を提供できることです、とイータン・ハイアム医院長は述べています。 吸入器には2つのモデルがあり、1つは個人に、もう1つは公共施設に適しています。 病院用の吸入器は介護者のためのインターフェースを持っており、遠隔投薬に利用できます。 ペインクリニック、集中治療室、癌センター、医療施設向けに開発されました。 温度および流量制御、肺インターフェースおよび、研究者、医師および健康管理機構に提供するデータベースへの無線接続を有しています。 この新しい吸入器は、世界最大のジェネリック医薬品製造会社を通じて販売されます。 保健省は、登録された医療大麻患者による幅広い使用のために、吸入器を承認しました。 イスラエルには、装置の恩恵を受ける可能性がある医療大麻患者が現在26,000人います。 彼らは、患者の90%のように、喫煙によって発癌化合物を吸入する必要はありません。 吸入器は、大麻たばこに火をつけるよりはるかに目立ちません。 2018年までに患者数が2倍に? 多くの評論家は、医療大麻の需要は2018年までに2倍になると考えています。 医療大麻を使用している患者数は過去数年間で大幅に増加し、これからも増加し続けるでしょう。 あらゆる3D印刷物が成功を収めるには、広範な市場が必要ですが、吸入器のメーカーは広い需要を満たしていると考えられます。 吸入器は、異なる用量での研究ができるため、研究および科学にさらなる利益をもたらし、大麻治療における精密投与の開発を助けています。 医師は新しい吸入器を歓迎 ラムバム医療センターのイーロン・アイゼンバーグ疼痛研究部長は、信頼性が高く正確な大麻投与量を容易に管理できるようになったため、この装置が満たされていないニーズに対応していると語っています。 彼はそれをイスラエルと世界の大麻の医学的使用における非常に重要な突破口と考えています。 この発明は研究の進歩を加速させるでしょうか? 植物試料全体を使用する場合、標準化された用量のカンナビノイドを提供することは、研究者にとっては困難な問題でした。 大麻がどのように「構造的に改良された」のかを知ることはできませんでしたが、私たちは、植物材料全体から作られていることは理解しています。 これは医学研究の進歩を速めてくれるでしょうが、そうしている間に、医師にも患者にも役立ってくれるでしょう。

次の

大麻(マリファナ)はなぜ違法なのか?医療用との違いは?

大麻 吸引 器

「大麻最前線の最新の発明は、3Dプリントされた大麻吸入器であり、医師は医療大麻を遠隔管理することができます。 ハイファ(イスラエル)のラムバム病院は昨年、この装置を使用しました。 3Dプリントで作られた大麻吸入器は、リモートで制御でき、患者に正確な量を投与することができます。 テルアビブに拠点を置くスタートアップ企業が立ち上げた発明についてクオーツがレポートしています。 この発明は、医師または医療関係者がいなくても、既知の正確な用量で大麻中の有効成分を患者に供給することができます。 医師にとっての利点は、医療関係者が正確な用量を処方でき、患者にバランスのとれた投与の問題の解決法を提供できることです、とイータン・ハイアム医院長は述べています。 吸入器には2つのモデルがあり、1つは個人に、もう1つは公共施設に適しています。 病院用の吸入器は介護者のためのインターフェースを持っており、遠隔投薬に利用できます。 ペインクリニック、集中治療室、癌センター、医療施設向けに開発されました。 温度および流量制御、肺インターフェースおよび、研究者、医師および健康管理機構に提供するデータベースへの無線接続を有しています。 この新しい吸入器は、世界最大のジェネリック医薬品製造会社を通じて販売されます。 保健省は、登録された医療大麻患者による幅広い使用のために、吸入器を承認しました。 イスラエルには、装置の恩恵を受ける可能性がある医療大麻患者が現在26,000人います。 彼らは、患者の90%のように、喫煙によって発癌化合物を吸入する必要はありません。 吸入器は、大麻たばこに火をつけるよりはるかに目立ちません。 2018年までに患者数が2倍に? 多くの評論家は、医療大麻の需要は2018年までに2倍になると考えています。 医療大麻を使用している患者数は過去数年間で大幅に増加し、これからも増加し続けるでしょう。 あらゆる3D印刷物が成功を収めるには、広範な市場が必要ですが、吸入器のメーカーは広い需要を満たしていると考えられます。 吸入器は、異なる用量での研究ができるため、研究および科学にさらなる利益をもたらし、大麻治療における精密投与の開発を助けています。 医師は新しい吸入器を歓迎 ラムバム医療センターのイーロン・アイゼンバーグ疼痛研究部長は、信頼性が高く正確な大麻投与量を容易に管理できるようになったため、この装置が満たされていないニーズに対応していると語っています。 彼はそれをイスラエルと世界の大麻の医学的使用における非常に重要な突破口と考えています。 この発明は研究の進歩を加速させるでしょうか? 植物試料全体を使用する場合、標準化された用量のカンナビノイドを提供することは、研究者にとっては困難な問題でした。 大麻がどのように「構造的に改良された」のかを知ることはできませんでしたが、私たちは、植物材料全体から作られていることは理解しています。 これは医学研究の進歩を速めてくれるでしょうが、そうしている間に、医師にも患者にも役立ってくれるでしょう。

次の

マリファナ吸引の危険性

大麻 吸引 器

法で厳しく規制されている大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」が、繁華街などで蔓延(まんえん)の兆しを見せ始めている。 大麻が合法化されている海外から密輸され、利用者が急増している電子たばこと組み合わせて使用されているという。 乾燥大麻や自生大麻のような独特の臭いがなく、周囲に使用が発覚しにくいことが特徴だ。 幻覚成分を濃縮した「大麻ワックス」の摘発も相次いでおり、巷には大麻の加工品があふれている。 捜査当局は「大麻乱用を助長する恐れがある」と警戒を強めている。 愛好家の間で広まる 大麻リキッドは、大麻草を煮詰めて麻薬成分を抽出した液体。 サラダ油のような色で、加熱して発生させた蒸気を吸い込むと、乾燥大麻などと同様に、脳神経に作用して多幸感や高揚感をもたらすとされる。 捜査関係者によると、大麻リキッドの所持は大麻取締法上の違法行為だが、昨年ごろから繁華街などでひそかに流通しているという。 「繁華街にたむろする一部の愛好家が仲間内で広め、ユーザーの裾野が拡大しつつある」という。 背景にあるのは電子たばこの普及だ。 電子たばこは一般的に、タバコや果実などさまざまな味や香りのリキッド(液体)を専門の容器に注入。 容器を吸入器に接続し、加熱して発生した蒸気を吸引する。 嫌煙機運の高まりとともに、近年、紙巻きたばこの代用品として利用者が急増している。

次の