くるみ 割り 人形 金平糖 の 踊り。 金平糖の精の踊りを解説。上手に踊るコツを3点挙げてみました。

金平糖の精の踊りを解説。上手に踊るコツを3点挙げてみました。

くるみ 割り 人形 金平糖 の 踊り

バレエのくるみ割り人形の金平糖の踊りについて。 バレエをされる方のお話が聞きたいです。 くるみ割り人形のバレエを観る機会があり、「金平糖の精の踊り」にとても惹かれました。 私はバレエの経験も知識も全くないのですが、音楽をするのでとても興味を持ちました。 あの踊りはお菓子の精の可愛らしさやおもちゃのようなぎこちなさを表現しているのですか?? 何の知識もない状態でみても、あの人間らしからぬ動きは、難しそうだなぁと思うのですが、実際あの踊りはとても難しいのでしょうか? 一概には言えないと思いますが、平均的にいってどのくらいの年齢で踊る曲なのかとか、バレエの世界ではどんな位置づけの曲なのか、など、教えて頂けると嬉しいです。 私には「金平糖の精の踊り」の1つ前のアダージオ(詳しくは名前が分からないのですが、王子の踊りの前の二人で踊るゆったりなところ)より、 あの有名な曲の踊りのところのほうが、リフトアップ(持ち上げるところ)などを除いてはすごく難しそうにみえるのですが・・・ そしてバレエを知らない人にとっては明らかにいわゆる「金平糖の精の踊り」のほうが有名だと思いますが、それはなぜですか?組曲に組まれているからですか? あと、このような不思議な動きは、バレエではなんという動きなのでしょうか? もしほかにもこのような動きの踊りがある有名なバレエ曲がありましたら、教えてください。 可能であれば、実際に踊ったことがある方のお話を聞きたいです(どんなところが楽しかったとか、大変だったなど) いろいろと間違っている箇所も多いかもしれませんが、この踊りについていろいろ知りたいです。 質問ばかりですみませんが、よろしくお願いいたします。 よろしくお願いいたします。 「くるみ」は、音楽の美しさが際立った作品ですよね。 >あの踊りはお菓子の精の可愛らしさやおもちゃのようなぎこちなさを表現しているのですか?? かわいらしさもあると思うのですが、同時に美しく落ち着いた理想の女性(主人公・クララにとっての)という意味合いもあります。 「おもちゃのようなぎこちなさ」というのは、これまで聞いたことがありませんが、解釈としては面白いかもしれません。 Kバレエの「くるみ」はおもちゃの国という設定ですし。 >何の知識もない状態でみても、あの人間らしからぬ動きは、難しそうだなぁと思うのですが、実際あの踊りはとても難しいのでしょうか? 難しいです。 バレエは「5番に始まり5番に終わる」というくらい足の基本ポジションに厳しいですが、金平糖の踊りはそれが顕著に現れているように思います。 派手なジャンプや回転の踊りは、勢いでごまかせてしまうところがあるのですが(経験者が見ればごまかしてるのは一目瞭然ですが)、金平糖はきちんと5番など、きちんとしたポジションがきめられていなければ、ただの地味な踊りになってしまいます。 あんまり、バレエにおいて「どのくらいの年齢」ってない気がします。 きちんと魅せる踊りになってるかは別問題です。 「バレエの世界の位置づけ」では…基本的にはプリンシパル(最高位)の踊りです。 また、あくまで私の周りではですが「本当にうまい人が踊らないと様にならない踊り」という感じです。 >バレエを知らない人にとっては明らかにいわゆる「金平糖の精の踊り」のほうが有名だと思いますが、それはなぜですか?組曲に組まれているからですか? たぶん、チェンバロをつかった革新的な曲だったからだと思います。 >このような不思議な動きは、バレエではなんという動きなのでしょうか?もしほかにもこのような動きの踊りがある有名なバレエ曲がありましたら、教えてください。 どのような動きを指されているのでしょうか?? あまりに漠然としていて回答が難しいですが、「くるみ」と同じくプティパ&チャイコフスキーの古典バレエという意味では「白鳥の湖」「眠りの森の美女」を見ておけば間違いないかと思います。

次の

曲目解説:チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」

くるみ 割り 人形 金平糖 の 踊り

しかし、そのパーティの最中に誰かが、わざとではなく誤って、ねずみの女王を踏みつけてしまうのです。 怒った女王は、誕生した王子に呪いをかけ、くるみ割り人形にしてしまいました。 子どもたちや客人が楽しく遊んだり踊ったりしている広間には、大きなクリスマスツリーがあり、そこにドロッセルマイヤーという人物がやってきます。 彼はクララの風変わりな叔父さんで、おもちゃのプレゼントをあげたり、変わった人形を見せたりして、子どもたちを夢中にさせました。 クララももちろんドロッセルマイヤーからプレゼントをもらいますが、彼女へのプレゼントは、可愛らしくないくるみ割り人形。 でも、心優しいクララは、彼女の弟やその友達が、どんなに彼女をからかっても、そのくるみ割り人形を大切に大切に扱うのです。 パーティも終わり、みんなが寝静まった深夜、時計の鐘の音とともに、クララの体は人形くらいに小さくなってしまいます。 そしてそこに、ねずみの王様とその手下たちがやってきて、くるみ割り人形と仲間の兵隊人形たちと戦いはじめます。 息をのんでクララが見守っていると、くるみ割り人形がねずみの王様に負けてしまいそうになります。 堪え切れなくなったクララは、自分が履いていたスリッパをねずみの王様に投げつけ、くるみ割り人形を救いました。 クララにお礼を言うくるみ割り人形は、いつの間にか美しい王子へと姿を変えています。 美しい王子となったくるみ割り人形は、優しく勇敢なクララを自分の国へ案内するとクララに告げました。 雪の国では、雪の女王や雪の精たちが、舞い踊りながら彼らを見送りました。 くるみ割り人形であった王子の国は、お菓子の国です。 帰ってきた王子と王子の客人であるクララを金平糖の精や、チョコレートの精、コーヒーの精、お茶の精などが歓待します。 華やかなお菓子の国での時間を楽しんだクララは、家族が寝ている間に、くるみ割り人形であった王子に送られて、家に帰ってきました。 クララは、自分の冒険が夢ではないことを確信しながら、眠りにつきます。

次の

くるみ割り人形 金平糖の踊り(チャイコフスキー) ピアニスト近藤由貴/The Nutcracker: Dance of the Sugar

くるみ 割り 人形 金平糖 の 踊り

バレエの初演に先立ち、1892年3月19日初演された()。 この曲は、当時発明されたばかりの楽器チェレスタを起用した最初の作品として広く知られている。 チェレスタの透明感のある神秘的な音色を聞いた世界各国のバレエ団やオーケストラがこぞって取り上げ、世界中からチェレスタの注文が殺到したという。 ポルトガルから伝わった甘いお菓子こんぺいとう ところで、金平糖(こんぺいとう)は、表面の角状の突起が可愛らしい砂糖菓子だ。 語源はポルトガル語の「コンフェイト confeito 」から来ているようだ。 初めて日本に金平糖が伝わった時期については諸説あるが、1550年にカステラ・有平糖などとともに南蛮菓子として伝えられたとされている。 この特徴的な突起がなぜ、またいくつ形成されるのかについてはまだ定説がないらしい。 ちなみに、「こんぺいとう(金平糖)の踊り」は女子フィギュアスケートのが2005-2006シーズンのフリースケーティングで使用したことでも有名。 その他の使用曲については「」特集にて。 【試聴】こんぺいとうの踊り.

次の