君 の 膵臓 を たべ たい アニメ 声優。 アニメ『君の膵臓をたべたい』声優に三木眞一郎、福島潤ら、新ビジュアルも

君の膵臓を食べたい劇場アニメの声優は誰?一覧とあらすじとネタバレも

君 の 膵臓 を たべ たい アニメ 声優

アニメーション映画『君の膵臓をたべたい』の追加声優キャストおよび新ビジュアルが公開された。 同作は、昨年に実写映画化もされた住野よるの同名小説をもとにした作品。 膵臓の病気を患うクラスメイト・山内桜良の闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた高校生の「僕」が、死期が迫る桜良と心を通わせていく様子を描く。 人付き合いが苦手な主人公の「僕」の声を高杉真宙、病気を周囲に隠して明るく振る舞うヒロイン・桜良の声をLynnが演じる。 監督および脚本を牛嶋新一郎、音楽を世武裕子が担当している。 声の出演が明らかになったのは、ヒロインの親友・恭子役の藤井ゆきよ、桜良の元恋人・隆弘役の内田雄馬、「僕」の友人・ガム君役の福島潤、「僕」の母役の田中敦子、父役の三木眞一郎。 あわせて公開されたビジュアルでは、教室内で青空と桜を背景に談笑する桜良と恭子、2人に背を向けて読書に耽る「僕」の姿が写し出されている。 また9月1日の劇場公開に先駆け、完成披露試写会を7月24日に東京・お台場のZepp DiverCity Tokyoで開催することも発表された。 試写会には牛嶋新一郎監督をはじめ、、高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、内田雄馬、オープニングテーマ、劇中歌、主題歌を担当するsumikaが登壇予定。 現在映画のオフィシャルサイトでは参加者の応募受付を実施している。

次の

sumika、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』で声優に挑戦 新SGティザー&コラボアニメ映像も公開

君 の 膵臓 を たべ たい アニメ 声優

アニメーション映画『君の膵臓をたべたい』の追加声優キャストおよび新ビジュアルが公開された。 同作は、昨年に実写映画化もされた住野よるの同名小説をもとにした作品。 膵臓の病気を患うクラスメイト・山内桜良の闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた高校生の「僕」が、死期が迫る桜良と心を通わせていく様子を描く。 人付き合いが苦手な主人公の「僕」の声を高杉真宙、病気を周囲に隠して明るく振る舞うヒロイン・桜良の声をLynnが演じる。 監督および脚本を牛嶋新一郎、音楽を世武裕子が担当している。 声の出演が明らかになったのは、ヒロインの親友・恭子役の藤井ゆきよ、桜良の元恋人・隆弘役の内田雄馬、「僕」の友人・ガム君役の福島潤、「僕」の母役の田中敦子、父役の三木眞一郎。 あわせて公開されたビジュアルでは、教室内で青空と桜を背景に談笑する桜良と恭子、2人に背を向けて読書に耽る「僕」の姿が写し出されている。 また9月1日の劇場公開に先駆け、完成披露試写会を7月24日に東京・お台場のZepp DiverCity Tokyoで開催することも発表された。 試写会には牛嶋新一郎監督をはじめ、、高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、内田雄馬、オープニングテーマ、劇中歌、主題歌を担当するsumikaが登壇予定。 現在映画のオフィシャルサイトでは参加者の応募受付を実施している。

次の

【アニメ】 君の膵臓をたべたい:NHK・Eテレできょう放送 人気小説が原作の劇場版アニメ 声優に高杉真宙、Lynn 2020/05/02

君 の 膵臓 を たべ たい アニメ 声優

原作も実写映画も観たことがなく、Eテレでアニメ版が放送されたので、人気な作品らしいので観てみようかと思い立ち、録画してたものを観た。 率直な感想としては、つまらなかった。 ヒロインが病気で余命いくばくもないというありきたりな話にまずうんざりさせられる。 とはいえ、韓国映画の『サニー』はすごく面白かったので、この作品もきっと面白くなるのかと思ったら、陰気な主人公に秘密を知られたからといってヒロインがなぜかやたら親しくしてくるのが、理解できない。 たいして仲良くもない相手と旅行に行くという現実感のなさと、ヒロインの友達と元カレは主人公にやたらうざったく観てて絵空事にしか感じられずつまらない。 映画が後半に入って、急展開ということで、ここから面白くなるのか、犯人が捕まり、裁判を傍聴していくのか、それとも『スリービルボード』や『ゾディアック』『殺人の追憶』のように犯人が捕まらず、事件によって登場人物たちの人生が狂っていくさまを見せることでこの作品は人気なのかと思っていたら、通り魔の話はそれ以降いっさい出てこないのである。 これだったら階段で滑って、うちどころが悪くて死んでしまったでもいいではないかと呆れてしまい、視聴を中断。 映画を観ていると「きみ」という言葉を何回もいうので、何回「きみ」と言うのか数えることで視聴を継続する意欲を高めようと思い、最初から早送りで見返して数えたところ120回ぐらいは言ってました。 特に終盤は「きみ」を畳みかけてくるのでわけがわからなくなり、主人公が前向きになったところで映画は終わるのでなんかよくわからんけど良かったな「きみ」と思いました。 次は合わないのだろうけど実写版が気になったので観ようと思いました。

次の