ツールボックスミーティング。 アイアンハンガーパイプ

安全ワンポイント(安全くん 解説コーナー他、掲載記事より収録)

ツールボックスミーティング

班前会• 工具,刀具• 英 box 箱;箱型;包厢;[棒球]打击区• 会议,集会• tool box工具箱。 【vaulting box】〔田径〕撑竿跳高的插穴。 【tool box】工具箱。 斜板箱;倾转箱• 【tin box】铁皮箱。 电话亭• 英 class meeting 班会• 英 top meeting 首脑会议• 【meeting house】 〔基督〕 教友会 聚会所。 蜡膜;蜡涂层• 控制箱• 按模数设计的箱型构件(作为构成建筑物的单位)• 小型汽车• プールボックスpull box分线盒。 【volvox】〔植物〕团藻 营群体生活的淡水生物,1至2000个个体形成3至400微米的球状群体,每个细胞都含叶绿素。 【camp meeting】〔宗教〕野营集会 在野外生活的同时举行的宗教集会。 town meeting城镇会议,市民会议。 stuffing box填料涵,填料箱,填密槽。 填料函;填料箱;气密箱• 刀具调整;刀具安装• 【marketing tool】〔商业〕销售手段 市场经营方式,包括价格、广告、促销、信息活动、流通途径。

次の

作業前の5分間ミーティングが、危険を回避する。

ツールボックスミーティング

皆さんは「ツールボックスミーティング」という言葉を聞いたことがありますか?「ツールボックス」とは文字通りでは「道具箱」という意味ですが「ツールボックスミーティング」というのは現場作業などの危険回避のために行われるミーティングのことで日本語では「危険余地訓練」と呼ばれています。 しかしこの「危険予知訓練」は工事現場などの現場仕事でのみ行われるわけではありません。 仕事をする上で大きな間違いを起こさないためにプロジェクトに参加しているメンバーで情報を共有し、問題点などを話し合うことも「ツールボックスミーティング」と呼ばれています。 「ツールボックスミーティング」の由来 先に述べたように元々は工事現場などで作業前にその日の作業の確認や注意点を全員で共有するために作業前に行われるミーティングのことを指し、「道具箱(ツールボックス)」に座って行われたことから「ツールボックスミーティング」と呼ばれるようになりました。 「ツールボックスミーティング」の効果 工事現場のような危険な場所での作業はちょっとした油断が大怪我につながります。 例えば昨日の作業でなにか不具合があった場合にそれを全員に知らせておかなければまた同じミスを犯す可能性もありますし、もしもそれが大変な危険をはらんでいるような事象の場合、周知徹底しなければ大事故につながります。 このような大事な情報をすべてのメンバーで共有するために「ツールボックスミーティング」が行われるのです。 オフィスでも使える「ツールボックスミーティング」 現場仕事で使われている「ツールボックスミーティング」ですが、もちろんチームで行われる仕事の場合はどんな仕事でも有効です。 作業の進捗状況を確認し、気づいたことを話し合って仕事を円滑に進められるようにするなどの効果があります。 まとめ 「ツールボックスミーティング」とは作業前に前日までの作業の進捗状況や不具合などを全員で共有してその日の作業を円滑、安全に行うために行われるミーティングのことで工事現場や鉄道運行などの危険回避のために行われていますが、現場作業以外にも応用することでチームで行われる仕事を円滑に進めることができるのです。 いかがでしたか?「ツールボックスミーティング」とは「危険予知訓練」という意味だとわかりました。 どんな仕事でもチーム全員で情報を共有することで失敗を防ぎ、成功に導くためには「ツールボックスミーティング」を有効活用したいものですね。

次の

危険予知訓練

ツールボックスミーティング

危険予知訓練(きけんよちくんれん)は、工事やなどの作業に従事する作業者が、やを未然に防ぐことを目的に、その作業に潜むを予想し、指摘しあうである。 による表記 Kiken Yochi Training のをとって KYT(ケーワイティー)、あるいは KY訓練/KY活動 KYK とも呼ぶ。 ツールボックスミーティング ToolBoxMeeting およびその頭文字 TBM(ティービーエム)の呼び方も、特に建設・土木工事現場で用いられている。 や職場内研修を通じ、危険性の情報を共有することで、予測できる災害の発生を未然に防止させる仕組み。 毎日の始業時や動作時にを行い危険性の再確認をし、さらに安全性を高める行動も行われている。 歴史 [ ] 、派遣の欧米安全衛生視察団に参加していた 現在の の労務部長は、の社を訪れた際、教育用のシートに目をとめる。 危険を自らが危険と感じることにより、各自安全行動に努めるようになると考え、社内にプロジェクトチームを結成。 その成果としてKYTが誕生した。 手法 [ ] 種々の活動手法が用いられるが、4ラウンド法が最もポピュラーである。 その一例は次のとおり。 まず、職場や作業現場等の何気ない日常の風景を写真に撮ったりイラスト図を書いたりして、それらの図表を作業チームの前に提示する。 現状把握 -- どんな危険が、ひそんでいるか どのような危険が潜んでいるか、問題点を指摘させる。 問題点の指摘は自由に行わせ、他のメンバーの指摘内容を批判するようなことは避ける。 本質追究 -- これが、危険のポイントだ 指摘内容が一通り出揃ったところで、その問題点の原因などについてメンバー間で検討させ、問題点を整理する。 対策樹立 -- あなたなら、どうする 整理した問題点について、改善策、解決策などをメンバーにあげさせる。 目標設定 -- 私たちは、こうする あがった解決策などをメンバー間で討議、合意の上、まとめさせる。 合意結果は、工場内に掲示したり、朝礼などで発表したりして、メンバー間の共通認識として情報を共有し、事前の危険回避を図る。 このような活動を定期的に行ううちに、日常の作業をただ流すだけでなく、常に、何か危険は潜んでいないかと各自に考える習慣を持たせることも期待できる。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - のサイトにある解説。

次の