こめ らく。 ペリエ千葉エキナカ『こめらく』ニッポンのお茶漬け日和。美味しいメニューはこれ!

【こめらく】横浜駅地下街フードコート『FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA』お茶漬け専門店

こめ らく

こめらくのメニュー おひつごはん(お茶漬け)メニュー おひつごはん(お茶漬け)メニューは、【二度美味しい、おひつごはん】というキャッチフレーズどおり二つの食べ方が楽しめるメニューです。 最初の半分はそのまま食べて、残り半分をお店特製のお出汁をかけてお茶漬けにして食べる、という楽しみ方です! おひつごはん(お茶漬け)メニューは以下の通りです。 ねぎとろ温玉ごはん• 宇和島鯛と境港あじの漁師ごはん• アボカドサーモンごはん• 鮭といくらの北海ごはん• 漬けと中落ちの二色まぐろごはん• しらすたっぷり海鮮ごはん 郷土膳セット 郷土膳セットのメニューは、定食スタイルのメニューと、丼と汁物のメニューがありました。 牛タン東北膳(牛タン焼き、山形芋煮)• 北海道膳(野菜と鮭のちゃんちゃん焼き、豚汁)• 九州膳(チキン南蛮、ちゃんぽん汁)• 牛バラ東北膳(牛バラ焼き、山形芋煮)• 東京膳(あさりときのこの深川丼、ちゃんこ汁)• 北陸膳(混ぜご飯、みぞれ汁)• 愛媛宇和島膳(宇和島鯛のごまだれ和え丼、あら汁)• 大判さつま揚げ• 手羽先5本盛り• 絹ごし豆腐のふんわり厚揚げ• ポテトフライ• 牛すじ煮込み スポンサーリンク 人気ナンバー1【鮭といくらの北海ごはん】食べてみた正直な感想! 鮭といくらの北海ごはん 初めてこめらくで食事するので、人気ナンバー1と表示されていた【鮭といくらの北海ごはん】を注文しました! 人気ナンバー1ということで期待していたのですが、まずそのまま食べてみた正直な感想は少し残念・・・というところです。 メインの鮭が、鮭フレークを使用しているのか少々しょっぱく感じました。 わたしの勘違いだったとしたらとても申し訳ないのですが、焼き鮭をほぐしているのとは違って、鮭フレーク・・・という印象でした。 鮭以外には、いくら、刻みたくあん、小ねぎ、カイワレ大根などが入っていました。 続いて、お出汁をかけてお茶漬けにして食べてみました。 お出汁がとても美味しくてびっくりしました! 優しい味ながら、しっかりとカツオだしの旨みを感じることが出来ました。 お出汁をかけて食べると、先ほど気になった鮭のしょっぱさが幾分和らいで、ちょうどいい塩梅になりました! わたしはそのまま食べるより、お茶漬けにして食べる方が好きでした! まとめ・感想 とにかくお出汁が美味しかったです! 今回は人気ナンバー1のメニューにひかれて、鮭といくらの北海ごはんを食べましたが、次回機会があれば宇和島鯛と境港あじの漁師ごはんを食べてみたいです。 郷土膳セットも美味しそうだったので食べてみたいです。 『FOOD&TIME ISETAN』のフードコートでも店内でも、どちらのスペースで食べてもOKなお店です。 店内にはカウンター席もあって、女性1人でも気軽に入れます! ほっこり優しい和食を食べたくなったら、是非【こめらく】をご利用ください! 横浜市内には3店舗【こめらく】があるようです。 横浜駅東口地下街ポルタ• みなとみらい駅ランドマークプラザ 是非参考にしてみてください。

次の

【こめらく】横浜駅地下街フードコート『FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA』お茶漬け専門店

こめ らく

こめらくのメニュー おひつごはん(お茶漬け)メニュー おひつごはん(お茶漬け)メニューは、【二度美味しい、おひつごはん】というキャッチフレーズどおり二つの食べ方が楽しめるメニューです。 最初の半分はそのまま食べて、残り半分をお店特製のお出汁をかけてお茶漬けにして食べる、という楽しみ方です! おひつごはん(お茶漬け)メニューは以下の通りです。 ねぎとろ温玉ごはん• 宇和島鯛と境港あじの漁師ごはん• アボカドサーモンごはん• 鮭といくらの北海ごはん• 漬けと中落ちの二色まぐろごはん• しらすたっぷり海鮮ごはん 郷土膳セット 郷土膳セットのメニューは、定食スタイルのメニューと、丼と汁物のメニューがありました。 牛タン東北膳(牛タン焼き、山形芋煮)• 北海道膳(野菜と鮭のちゃんちゃん焼き、豚汁)• 九州膳(チキン南蛮、ちゃんぽん汁)• 牛バラ東北膳(牛バラ焼き、山形芋煮)• 東京膳(あさりときのこの深川丼、ちゃんこ汁)• 北陸膳(混ぜご飯、みぞれ汁)• 愛媛宇和島膳(宇和島鯛のごまだれ和え丼、あら汁)• 大判さつま揚げ• 手羽先5本盛り• 絹ごし豆腐のふんわり厚揚げ• ポテトフライ• 牛すじ煮込み スポンサーリンク 人気ナンバー1【鮭といくらの北海ごはん】食べてみた正直な感想! 鮭といくらの北海ごはん 初めてこめらくで食事するので、人気ナンバー1と表示されていた【鮭といくらの北海ごはん】を注文しました! 人気ナンバー1ということで期待していたのですが、まずそのまま食べてみた正直な感想は少し残念・・・というところです。 メインの鮭が、鮭フレークを使用しているのか少々しょっぱく感じました。 わたしの勘違いだったとしたらとても申し訳ないのですが、焼き鮭をほぐしているのとは違って、鮭フレーク・・・という印象でした。 鮭以外には、いくら、刻みたくあん、小ねぎ、カイワレ大根などが入っていました。 続いて、お出汁をかけてお茶漬けにして食べてみました。 お出汁がとても美味しくてびっくりしました! 優しい味ながら、しっかりとカツオだしの旨みを感じることが出来ました。 お出汁をかけて食べると、先ほど気になった鮭のしょっぱさが幾分和らいで、ちょうどいい塩梅になりました! わたしはそのまま食べるより、お茶漬けにして食べる方が好きでした! まとめ・感想 とにかくお出汁が美味しかったです! 今回は人気ナンバー1のメニューにひかれて、鮭といくらの北海ごはんを食べましたが、次回機会があれば宇和島鯛と境港あじの漁師ごはんを食べてみたいです。 郷土膳セットも美味しそうだったので食べてみたいです。 『FOOD&TIME ISETAN』のフードコートでも店内でも、どちらのスペースで食べてもOKなお店です。 店内にはカウンター席もあって、女性1人でも気軽に入れます! ほっこり優しい和食を食べたくなったら、是非【こめらく】をご利用ください! 横浜市内には3店舗【こめらく】があるようです。 横浜駅東口地下街ポルタ• みなとみらい駅ランドマークプラザ 是非参考にしてみてください。

次の

t.u.b associates

こめ らく

「こめらく」博多デイトス店 博多デイトス地下、こめらく博多デイトス店の外観。 今月に入ってバタバタッと福岡各地で新しい店が出店しておりまして、今回のお目当て「こめらく」もその一つ。 訪れたのはオープンの4日後という事もあって、店頭には綺麗な蘭が並べられています。 店頭の食品サンプル。 このお店はお茶漬けをメインにしたお茶漬け専門店、店頭のディスプレイもお茶漬けメイン。 普通にありそうなお店だけど、意外となかった新しいお茶漬けのスタイル。 というか専門の店が無かっただけで、いろんなお茶漬けはありましたっけね。 こめらく博多デイトス店の店内。 訪れたのは11時半くらいだったと思うのですが、あまり広くない店内は既に満席に近い状態。 ここは博多デイトス地下の飲食店街なので、他にもたくさん店があるのに大人気です。 一人で来たんだけども、カウンターが既に埋まっていたので二人掛けのテーブル席に案内されて着席。 新規オープンだけに、地元の人が多く訪れているみたいです。 こめらく博多デイトス店メニュー 席について、まずはメニューをチェック。 最初のページは「おひつごはんメニュー」 最初にあったのが「おひつごはん」というメニュー。 これは丼とお茶漬けを楽しめるメニューで、丼をある程度たべたらお椀に取り分けてお茶漬けにするというスタイル。 鮭といくらの親子ごはんや、宇和島鯛とアジの漁師ごはん、ねぎとろ温玉、二色まぐろといった海鮮中心のメニュー、魚が苦手な人には和牛とろフレークとローストビーフという肉メニューもあるので安心。 追加でトッピングすることも出来ます。 続いて定食っぽいメニュー。 次のページにはおかずとお茶漬けば別になったメニュー。 メイン料理を決めて、お茶漬けのトッピングを二種類えらんで注文するタイプ。 豆乳タルタルのチキン南蛮や、塩だれ風味の鶏唐揚げ善といったガッツリメニューと、アボガド・ツナ・きのこのゴマソースサラダ善や茄子の京風そぼろあんかけ善といったヘルシーメニューもあります。 トッピングにはタコワサや鮭ほぐし、塩昆布などお茶漬けに合いそうな具がありました。 宇和島鯛とアジの漁師ごはん 注文したのはこちら、宇和島鯛とアジの漁師ごはん。 せっかくお茶漬け専門店に来たのだから、おかずとお茶漬けではなく、お茶漬けをメインにした「おひつごはんメニュー」から注文。 二色まぐろと悩んだ結果、宇和島鯛とアジの漁師ごはんをチョイス。 提供時に食べ方の説明があり、まずは丼として食べた後に器にご飯を取りわけてお茶漬けにするとのこと。 お茶漬けの定番、海苔やあられはテーブル席に常備されています。 奥から刻みのり、かつお節、あられ、刻みワサビ。 丼のほうには宇和島鯛とアジ、温泉卵がのっている。 一緒に出されたしょうが醤油を上からかけ、温泉卵の黄身を絡めてひとくち食べてみる。 おっ!これは美味しい、醤油が甘めで生姜との相性が抜群。 アジも鯛も歯ごたえがあって、とても美味しい。 これはご飯がススム。 お茶漬けタイムスタート。 しょうが醤油が美味しいので、パクパクと食べているとあっという間に具が無くなりました。 とても美味しいので味に不満はないのですが、具が少し物足りないかな……1000円オーバーの割にはボリューム不足。 少し残念。 とにかくあっという間に具を食べてしまったので、残ったご飯を器によそってお茶漬けにします。 スタッフが刻みワサビと言っていたのがコレ、葉ワサビの醤油漬けでしょう、おそらく。 お茶漬けの完成。 よそったご飯に海苔、かつお節、刻みワサビ、あられをのせて、出汁を注ぐとお茶漬けの完成です。 これは旨い、さすが専門店。 口の中に入れてまず最初に感じたのは葉ワサビ、これ凄く美味しですよ、持ち帰り用に売って欲しいくらい。 パックで1000円くらいなら買います、それくらい美味しい。 さらにご飯にかかっているしょうが醤油と出汁が合わさった所が、凄く美味しい。 この醤油の銘柄がしりたい、我が家の刺身醤油は鹿児島の醸造所の製品を使っているんだけど、この味は家でも再現できるかな、こんどやってみます。 この味を家で作れたら使いどころがたくさんありそう、それくらいしょうが醤油も美味しいのです。 さすがお茶漬け専門店、納得の味 お茶漬けは美味しかった、出汁も醤油も、そして何と言っても刻みワサビ。 これだけでご飯が何杯もいけそう、お茶漬けとの相性も抜群の美味しさ。 ちょっと優しいランチを食べたい時は、ここのお茶漬けはいいと思います。 ただ残念なのは、少しボリュームにかけるところですかね。 おひつメニューはご飯のおかわりが自由なので、ごはんに刻みワサビでお茶漬けを何杯か食べれば何とかなるか。 最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

次の