やら ざる を 得 ない 環境。 やらざるを得ない環境に身を置くことの大切さ|Tatz|note

「やらざるおえない」は間違い。「やらざるをえない」が正解。その理由を説明します。

やら ざる を 得 ない 環境

突然ですが、あなたは 「プログラミングって何から勉強すればいいかわからない」と思った事はないですか? 当プログラミングスクールでは、このような声を学習者の方から数多くいただきます。 当然のことながら、闇雲に学習を始めればそれだけ壁にぶつかる回数は増えてしまいます。 学習の道しるべをしっかりと立てることによって作業効率や挫折率を軽減できることは多くの生徒さんを見て実感しております。 スティーブジョブズの名言の中に right time , right place という言葉があります。 直訳で 「 正しい時に正しい場所にいる」。 今回は、侍エンジニア塾が考える 「3つの環境」についてご紹介していきたいと思います。 プログラミングの実行環境 実行環境とは 1つ目の環境は 「実行環境」です。 実行環境とは 「使いたいプログラミング言語を使える環境」のことを指します。 プログラミングを学習する場合、学習する言語を自分のパソコンで使えるようにしなくてはなりません。 HTMLやCSSなどのマークアップ言語を使用する場合はエディターを通せば簡単に使うことができます。 しかし、WEBサービス開発に使用するプログラミング言語(RubyやPHP)を使用する場合は、話が変わってきます。 というのも、そのプログラミング言語自体のインストールしなければならないからです。 実はこのインストールがかなり曲者で、中級者でも数日間つまづいてしまうことも多々あります。 初心者にとってはハードルが高すぎるので、インストールができず挫折してしまう人もいるほどです。 実行環境をたった3分で?!最強ツール「Cloud9」とは 参照元URL: そういった挫折を解消するサービスとして、弊塾ではをオススメしています。 「」でご紹介させていただきましたが、本当に数分の設定で面倒な実行環境を構築できます。 開発元がアメリカになるため、日本語対応していないのが欠点にはなりますが、簡単な英語しか使われていませんので初学者でも難なく使用できます。 どうしてもローカル開発環境を構築したい!という方はドットインストールで「」で紹介していますので、そちらを参考にしてみて下さい。 効率化するためのプログラミング学習環境 学習環境とは 2つ目は 「学習環境」になります。 プログラミング学習の実に8割は「つまづいている時間」であるというのはご存知でしたでしょうか。 仮に100時間の学習であれば20時間しか前へ進めていないわけです。 プログラミングスキルを効率よく習得していくには、いかにして「つまづいている時間」を削れるかが鍵となります。 その鍵となるのが学習環境の構築になります。 つまり、学習環境とは 「学習効率を上げる環境」という意味になります。 では、実際に何をすれば、その環境を手に入れることができるのでしょうか。 学習効率を格段に上げる4つのアクション 人それぞれ学習効率を上げるために何かしらのアクションを起こしているとは思いますが、基本的に以下の4つのアクションに集約されます。 仲間を作る• 先生を作る• 勉強会に参加する• アウトプットする この4つのアクションを起こすことができれば、学習効率は飛躍的に向上します。 そんなのわかってるよ やれるなら最初からやってる などと怒られてしまいそうですが、実はとっても簡単なアクションなんです。 「」で、具体的なアクションの例をご紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください。 現実にはこの様なアクションを起こさずとも習得できる方もいらっしゃるでしょう。 しかし、今まであまりコンピューターと向き合ってこなかった人からすれば、この4つのアクションは効率化もでき、挫折率も抑えられます。 一石二鳥とはまさにこのことです。 成長につながるプログラミング実践環境 実践環境とは プログラミングスキルを習得する上でもっとも重要になるのがこの 「実践環境」になります。 書籍や無料動画学習サービスに沿ったやり方をしているだけでは、実践(仕事)で使えるスキルを習得するのはほぼ不可能に近いです。 では、どうすれば「実践で使えるスキル」を身につけることができるのでしょうか? その答えは非常に明瞭です。 それは、実際にプログラミングを使って仕事をしたり、オリジナルサービスを開発したりする環境を自ら作りだすということです。 ここでいう実践環境とは 「学習したプログラミングスキルを実践する環境」のことを指します。 脱初心者をする唯一の方法 プログラミング初心者の大きな勘違い 多くのプログラミング初心者が勘違いをしていることがあります。 それはプロのエンジニアに対するイメージです。 プロのエンジニアはコードを全て覚えていて、ひたすらプログラムを書きまくることができる と。 実のところ、そのイメージは間違って解釈している場合がほとんどです。 もちろん、多くのコードを暗記している素晴らしいエンジニアもいます。 がしかし、プロでもエラーにぶつかりますし、プロでもグーグル検索に頼りますし、プロでもわからないことはたくさんたくさんあります。 プログラミング初心者とプロの違い プログラミング初心者とプロの大きな違いは、 「プログラミングを行っている環境が違う」ということです。 プロである以上、仕事として行います。 責任や期限など様々な制約が生まれます。 語弊が生まれるかもしれませんが、 「やらざるを得ない環境」で戦ってるのです。 必然的に覚える量やプログラミムと向き合う時間は長くなります。 初心者もその環境を作り出していく必要があります。 結論、初心者から脱却する唯一の方法は、 「やらざるを得ない環境」を自ら作るということです。 イメージが悪く聞こえてしまうかもしれませんが、例えば• 自分の作りたいサービスを期限を決めて作成してみたり• 友達と一緒にサービス開発してみたり• 週末バイトでITベンチャーで働いてみたり などなど、やろうと思えばいくらでも「やらざるを得ない環境」は作り出せます。 そういった工夫一つで、プログラミングは確実にあなたのものになっていきます。 プログラミング初心者は知識を深めよう 初心者の方は、まずプログラミングに対する知識を深めるところから始めましょう。 プログラミングとは何か?といった根本的な疑問から、どのようなプログラミング言語があり、どの言語が何を作るのに適しているのか、などの知識を知っておくと役立ちます。 開発環境の構築方法はもちろん学習方法や、未経験から仕事を得るためにやるべきことなど、前提知識があると、プログラミング学習がより効率良く、スムーズです。 初心者におすすめの役立つ知識は、に詳しく書いてあるので、参考になさってください。 スクールで環境を作る プログラミングを学習するためには学習環境が重要だとお話しました。 ですが、なかなか自分でその環境を作るのは難しいですよね。 自分で環境を作るのにがないと感じる人は、プログラミングスクールで学習することでその環境を作ることが可能です。 プログラミングを学ぶためのスクールなのでその環境を作るための工夫がされています。

次の

やらざるを得ない環境があれば結果は50%アップする!

やら ざる を 得 ない 環境

しゃべる、歌う、笑う、といった時は全然眠くないのですが、読書を始めた途端、凄まじい睡魔に襲われるということのくり返して、大事なお勉強が一向に進まない今日この頃です。 若い時と違って、呑み込みが遅くなったのか、本を読むことがあまり楽しめていないというか、仕事のための読書で、知識が無いものを補強するために読んでいるので、根本的に楽しい読書ではないからかな、とは思います。 だから、睡魔と戦いつつ、読書としゃべりをセットにしたアウトプット型、読書に取り組んでいます。 読んですぐに、自分でツッコミ入れるの。 笑 「どういうこと?」とか、 「意味わからんし!」とか、 「漢字が読めな~い!!!」とか。 一応、そんなマイナスなことばっかりでもなくて、時には、要約したりして、 「要するに、こういうことですか?」 みたいな感じで、自分の言葉でまとめられるように、本と対話をしております。 こうでもしないと、前に進まないです。 40代の慢性睡眠不足が仕事用の読書をするには。 だから、1人の時間を確保しないと集中できないです。 周りに人がいたら、完全に「変な人」と思われるでしょう。 昔は結構集中して読めたんですけどね。 最近、じっとしているとムズムズする。 (多動性ってやつですかね?) 家にこもって一日中読書していても苦ではない人もおられますね。 心構えが大事みたいですね。 心理学の偉い人が言ってたのですが、「やらなくてはいけない」という心の態度からやっても効率が悪いみたいです。 「やりたいからやる!」 「進んで喜んでやってみよう!」 「楽しみだなあ!」 など、プラスの心構えで取り組むと良い結果につながるのだとか。 ということで、今日は、プラスの気分に切り替えて、環境を変えて取り組んでみましたよ。 行きたいから、行くし、読みたいから読むの。 おしゃべりしている人もいるんだけど、ちょうどいい感じの騒がしさで、環境良い! 図書館は苦手なんですよ。 静かすぎて逆に眠くなる。 スタバはすごく居心地の良さが研究されているらしいですね。 さすが! エネルギー満タン、作戦も立てましたし、目の前がクリアになった感じで、目標に向かって頑張って行こうと思いました。 今週は、酒蔵の多い大野市に下見に行こうかと。 そして、来週は、なんとなんと、世界遺産白川郷のライトアップ見学ツアーに行く予定。 そんな感じで、今週頑張って引き続き、読書と勉強、ガイドネタ作成、頑張りたいと思います。 treasureboxes.

次の

勉強で確実に結果を出す方法。「やるざるを得ない」環境に、自分を追い込め!

やら ざる を 得 ない 環境

夢を叶える方法 さて、先週の金曜日はキングコング西野さんの講演を聞ききに行ってました。 僕の塾にも参加して下さっていたマネバナの高田さんが主催した「大・恩送りフェスタ」 このスペシャルゲストとして西野さんが登場したのです。 せっかくなので共感した話の一部をシェアしますね。 どんな事かというと、「夢を叶える方法」です。 これは島田紳助さんが漫才のネタで言ってたこと、と話していましたが 飛行機はなぜ飛べると思いますか? 機体が軽い素材でできてるから、とか 大きなエンジンで噴射するから、とか 普通はこんなことが思いつきそうなものですよね。 でも紳助さんがネタで言ったのは 飛行機は、お金を払った人を沢山載せて 滑走路を凄い勢いで走っていく。 そのまま走って行ったら海に落ちてしまう。 だから飛ぶんだ(笑) お笑いのネタですが、西野さんはここから やらないといけない環境に身をおくことが大事だ ってことを伝えてくれました いつまでも同じ環境にいるのでは、何も変わらないし、夢なんて叶うわけがない、と。 やらざるをえない環境に身をおいてみる 英会話も授業で何時間も勉強するよりも、単身海外に行った方が身につきます。 なぜなら、英語話せるようにならないと生きていけないからです。 慣れ親しんだいつもと同じ環境では変化、成長は起こりにくいのです。 やらざるをえない環境に身を投じるから変化すしるし、夢にも近づきます。 大きく事を成す人って、今いる環境から飛び出て挑戦していますよね。 西野さん自身も「ひな壇」には出ない、と宣言することで環境を変えたからこそ、絵本という新しい分野に進めました。 環境をガラッと変えるのが難しい場合は、小さな環境替えでもいいと思います。 例えば、僕の親指シフトのように。 僕は年間100万円以上はセミナー受講や講座代として使っています。 それはいつもと違う環境に身をおけるから。 環境を変えることは不安なこともありますが、変化や成長が分かるので楽しいです ぼくもそうやって、楽しみながら成長しようとしています。 夢を持ったり、理想の世界を掲げることは、とても素敵なことです。 でも、今いる環境のままでは大きな変化成長はないかもしれません。 やらざるをえない環境に、思い切って飛び込んでみましょう。 本気ならね。

次の