レティシア 王妃 紀子。 レティシア王妃と義母、不仲の瞬間が「震撼もの」とネット騒然!

紀子さま、海外渡航に「公私混同」の懸念 「私のほうが皇太子妃として優秀です!」|菊ノ紋ニュース

レティシア 王妃 紀子

スペイン王室にも嫁姑問題が勃発!? イースターの礼拝では、レティシア妃、夫フェリペ6世国王、2人娘のレオノール王女 12 とソフィア王女 10 のほかに、フェリペ6世国王の母親ソフィアと父親のフアン・カルロス1世も出席。 翌日は、美しいレティシア王妃や娘たちに注目が集まっていたが、スペインのメディアの間では、レティシア王妃に対する義母の「恐ろしすぎる」振る舞いが大々的に報じられた。 YouTubeで当時の様子をとらえたビデオを見てみると、義母ソフィアが右手で孫娘のソフィア王女の右肩を、左手でレオノール王女の左肩を抱きかかえている。 どうやらメディアに対してポーズをとっていたようだが、レティシア王妃が、ソフィアの前に立って何やら話しかけながら左手でレオノール王女の髪をなで、腕に触れて、何気なく義母から娘を解放しようとしたようだ。 しかし一方で、レオノール王女と肩越しに手をつないでいたソフィアが、レティシア王妃の手を思いきり払いのけたようにも見えるため「不快で緊張感漂う瞬間」と紹介されてしまった。 それについて、元ジャーナリストだったレティシア王妃の元同僚は「レティシア王妃は、メディアの執拗な攻撃から娘を守ろうとしただけなんです。 子供を愛する母親としての自然な防衛反応から来たものなので、特別な問題ではありません。 こういった報道がなされることにとても傷ついています」と心情を代弁。 しかし、それは自己防衛にもなる一方で、間接的には親心を無視した義母の行動に対しての非難とも取れるため、ネットユーザーたちの間でも「嫁姑の確執勃発!」と取られてしまった様子。 「2014年に息子に王位を譲り渡したのに、義母はまだ王妃気分」「あれは義母が悪い!」「義母が出しゃばりすぎ」「義母は、おしゃれに着飾るレティシア妃が気に入らないのね」と義母が非難される一方で「レティシア王妃は王室の出身ではなく元ジャーナリスト。 やっぱり王室のしきたりがわかっていない 義母に従うべき 」「義母は、よそ者のレティシア妃を受け入れられていなかったのね」「これはまさしく嫁姑問題」といった声もあがっており、これまで無敵だったレティシア妃にも、火の粉が降りかかっている。 ちなみにソフィアがレティシア妃の手を振り払ったあとに、もう一度レオノール王女の肩を抱くと、今度は、レオノール王女がソフィアの手を何気なく振り払うシーンもとらえられており、娘は母親の味方だったようだ。

次の

紀子さま、ワクワクで「訪欧準備」 仰天衣装を“ご発注”

レティシア 王妃 紀子

天皇ご一家のご動向 宮内庁が5月25日~31日の皇室のご予定を発表した。 天皇陛下は、25日に歴代天皇に受け継がれてきた伝統である田植えに臨まれる。 この田植え作業は当初19日に予定されていたが、悪天候のため延期となっていた。 秋篠宮家では、引き続きCOVID-19関連のご活動が続いている。 ご一家は、厚労省医務技監、日本商工会議所会頭、国際協力機構(JICA)理事長らと、幅広い分野の専門家から、オンライン形式で説明を受けられたとのことだ。 また、今年学習院大学文学部に入学された長女愛子さまの近況も伝えている。 愛子さまは5月11日より、同大学の遠隔授業を受講されている。 すでに履修登録は済ませて、語学は英語とスペイン語の履修を決められたという。 「同学部では必修単位の第二外国語として、ドイツ語、フランス語、 中国語、ロシア語、スペイン語などの中から履修科目を決められます。 愛子さまは今回スペイン語を専攻なさっということですが、これは今後の国際親善にも大いに役立つことでしょう」(皇室ジャーナリスト) 紀子さまのスパルタ教育 さて、今後の皇室外交を見越しているのは、秋篠宮家でも同様だ。 悠仁さまの通うお茶の水附属中学校は現在学園内への入講を原則禁じ、授業も遠隔で行われている。 紀子さまはこの期間、悠仁さまに錚々たる大学の出身者や学者らの家庭教師を付け、教育環境を充実させているという。 「紀子さまの組まれるスケジュールは、悠仁さまにとっては少々荷が重いものかもしれません。 高校受験を見据え、かなり高いレベルの水準を悠仁さまに要求なさっているのです。 また、将来の皇室外交を視野に入れておられるのでしょうが、特にスペイン語には因縁でもあるかのように、かなり重点的に学習させています。 まだ中学2年生の悠仁さまにとって、スペイン語の読解などはいささか早すぎるかと存じますが…」(秋篠宮家関係者) 悠仁さまの教育、宮家の切り盛りを一身に背負う紀子さま。 スペイン語に重きを置くのは、レティシア王妃との一件が影響しているのだろうか。

次の

レティシア王妃と義母、不仲の瞬間が「震撼もの」とネット騒然!

レティシア 王妃 紀子

Contents• 文/新藤幸人 饗宴の儀 10月22日の「饗宴の儀」では、両陛下と海外王室との温かいご交流の場面が印象的だった。 特にお出迎えの際に、皇后さまがかねてより親交を築いてこられたオランダのマキシマ王妃、スペインのレティシア王妃、デンマークのメアリー皇太子妃と挨拶を交わされた場面は感動的だった。 それぞれのロイヤルとの深い友情が伝わり、我が国の皇后の堂々たるお姿に誇らしさを覚えた人も多いのではないだろうか。 言うまでもなく、皇后さまはかつて超一流の外交官としてご活躍されていた。 卓越した国際感覚をお持ちで、プロトコールへの理解も深く、博識で海外王族とのコミュニケーションも当意即妙だ。 さらに、特筆すべきは陛下と皇后さまのお人柄の素晴らしさだろう。 常に人々の心に寄り添われる姿勢、にこやかで飾らない自然なお振る舞いは、誰しもに安心感を与える。 両陛下が、海外王族から深く慕われていることは疑いようもない。 「特にスペインのレティシア王妃の熱い抱擁は、涙を誘うものでした。 レティシア王妃が心から雅子さまを慕われているのが伝わって来ましたね。 王妃は元国営放送のキャスターでジャーナリストですし、王室入りしてからも大変なバッシングを経験しています。 雅子さまとは共通点が多く、国際親善の枠を超えた深い友情を築いているのでしょう」(皇室ジャーナリスト) スペイン国王夫妻と挨拶を交わす紀子さま 皇后さまへの対応とは明らかに違う様子に、驚いた人も多いだろう。 「国王夫妻からすれば『饗宴の儀』は重要な親善の場です。 傍系宮家である秋篠宮ご夫妻との会話だけに、そこまで時間を割くつもりはないという部分があったのかもしれません。 欧州ロイヤルにとって、あくまでも正統は天皇ご一家であるという認識がありますからね。 また、秋篠宮家はこれまで殆どスペイン王室とのご交流を持っていない、関係性が築けていないのではないでしょうか。 海外ロイヤルとの会話がお得意では無いと懸念されている紀子さまは、共通の会話を持てず『相手を褒め称える』お言葉を矢継ぎ早に述べられる傾向にあるとも言われています。 会場も非常に賑やかですから、国王夫妻は紀子さまのお声が聞こえなかったのかもしれません。 そういった訳で、コミュニケーションがやや難しかったのでしょう。 不自然に引き止められたため王妃も非常に不機嫌な表情をされていましたから、国王も『もう会話は終わりです』とジェスチャーを交えて明確に伝えざるを得なかったのではないでしょうか」(同前・皇室担当記者) 皇后さまとの特別な関係性 このレティシア王妃の塩対応にショックを隠せないのは紀子さまだ。 ある宮内庁関係者は次のように振り返る。 「 紀子さまは、レティシア王妃から相手にされず大変ショックを受けていました…。 侮辱されたと思われたのかもしれません。 また、このようなまさかの塩対応に周りも凍り付いてしまいました。 どう紀子さまを慰めればよいのやら…」(宮内庁関係者) 確かに紀子さまに対してレティシア王妃は驚くべき塩対応であった。 だが一方で、雅子さまとは歓談が盛り上がられたという。 この対応の差には皇后さまとスペイン王室との関係性にも要因はある、と別のジャーナリストは指摘する。 「雅子さまはアメリカのハーバード大学を卒業後、東京大学在学中に外交官試験に合格。 アメリカ通商代表部との会談で通訳をされるなど、国内のみならず海外でも若手女性外交官として脚光を浴び、ご活躍が知られていました。 いわばスペインは両陛下の仲人役でもあったのです。 レティシア王妃が特別な想いを抱くことは自然なことです。 またヨーロッパ王室の共通認識として、そのような輝かしい経歴を持つ雅子さまが過激なバッシングを受けた要因の一つに紀子さまの存在がある、というものがあるようです。 国王夫妻も紀子さまに複雑な感情をお持ちなのかもしれませんね」(別の皇室ジャーナリスト) 今回の「饗宴の儀」は紀子さまにとって苦い経験となったのかもしれない。 天皇ご一家の国際親善でのご活躍が期待される中、秋篠宮ご一家にもいち早く親善力を磨いて欲しい、という期待を抱かずにはいられない。

次の