モザイク 破壊 原理。 AVの外せるモザイク

モザイク

モザイク 破壊 原理

参考動画:BuzzFeedVideo|有名なディープフェイク動画の例。 この偽動画を作成したのはコメディアンのJordan Peele氏(画面右に登場)とのこと。 フェイク動画の将来の危険性について警告しています。 ディープフェイクとは? によれば、 「ディープフェイク(deep fake)」とは、人工知能の重要技術である「ディープラーニング(deep learning)」と英語で捏造・にせものを意味する「フェイク(fake)」から作られた造語、とのことです。 人工知能によって、本人が実際には話していないことを話させたり、人物の顔を巧妙に入れ替えたりして、本物と見分けがつかないような偽動画などを作ることができる技術のようです。 一人の男が、盗んだデータで何億人ものあらゆる秘密、生活、将来を完全に支配している様子を。 )などと発言しているフェイク動画です。 しゃべるモナリザ?たった1枚の画像からディープフェイク動画を作成 参考動画|tech 4tress:ディープフェイク動画を作成できるフリーソフトツールとして有名な「FakeApp」のダウンロード・インストール方法や使い方などが解説されています。 — VICE VICE 他にも、スマホなどで簡単にフェイク動画や画像を作れるアプリがどんどん出てくるのも、もはや時間の問題といえそうです。 有名人だけでなく、どんな人でも被害者になりうるため、非常に怖い脅威となりつつあります。 このように偽動画などを簡単に作れるようになることで、有名な政治家のフェイク動画が選挙結果に影響を及ぼしたり、捏造動画が新たないじめの手段に使われたりと、様々な可能性が懸念されています。 ディープフェイクを見破る方法や対策など 参考動画|東京新聞:フェイク動画を見破る人工知能AIについての報道。 ディープフェイクのアルゴリズムによる巧妙な偽動画は、すでに人間の目では本物と見分けることは難しくなりつつあるため、AIによってディープフェイクを見破る技術の研究が進んでいるようです。 ただ、偽造技術の方も日々進歩しているため、結局いたちごっこになってしまうのでは?と個人的には危惧しています。 他にも、たとえば透かしを入れる方法などが検討されているようですね。 法律の整備などもこれから急速に進んでいくでしょう。 どんな情報も鵜呑みにせず、各自が総合的に判断していく能力が今まで以上に求められることになりそうですね。 ダーウィン・ジャーナルにご訪問いただきありがとうございます!管理人のチャールズです。 当サイトでは生物学や心理学・テクノロジー分野のクリエイティブ・コモンズの論文を中心に、管理人が個人的に興味を持った世界の最新の研究成果や面白い科学ニュース雑学などを、できるだけわかりやすくまとめて紹介しています。 各分野の専門家ではない管理人が個人で運営しておりますため、恐縮ですが、誤りなどを含んでいる可能性がありますことを予めご了承下さい(参考:)。 記事中には原則としてソースの学術論文をリンク付きで明記していますので、学術・医療分野などにおける正確性・厳密性を求められる方はそちらを直接ご覧下さいますようお願い致します。 もし誤りについてのご指摘やご意見・ご感想などありましたら、コメント欄に記入あるいはからお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

次の

ディープフェイクとは?偽動画の例や仕組み・作り方・危険性などをまとめて紹介

モザイク 破壊 原理

「」の「」という記事が興味深かった。 雑誌のやや怪しげな通販広告で見かける「モザイク消し器」なるものについては、以前よりその動作原理について興味があったのだけれど、なにせ実物が無いだけに、深く考えたことは無かったのだ。 「できるかな? 」の検証レポートによれば、問題の「モザイク消し器」は、果たすべき機能を果たしていないという。 さらに、強いて利用方法があるとするならば、それは「 いままさにモザイク消し器を通してこのビデオを鑑賞しているんだから、モロ見え状態になっているに違いない」と思いこむことにより、何となく真実の姿が見えたような気になれるといったような、 想像力豊かなプラシーボ効果に期待した代物であると結論している。 もっともなことだ。 そうそう簡単にモザイク処理されたあのマズイ部分が、あのマズイままに復元できるとは思えない。 しかしである。 電脳的エロの世界では、いわゆる「 外せるモザイク」なるものが現に存在する。 そう、ある方法でモザイク処理された画像をあるソフトでちょいと処理すると、あら見事、あのマズイ部分がマズイままに復元されるのだ。 性衝動の処理をなるたけ効率的に行うべく、虚構でありながらより現実に近いオカズを求めてやまない人間という需要と、そして刑法第175条という壁に阻まれながらも、欲望に応えようとする供給がある続けるかぎり、そのような発想はいくらでも出てくるだろう。 そしてこの構図は、電脳やビデオといった媒体の違いのみによって変わりようはずがないのだ。 つまり、 エロビデオの世界にも「外せるモザイク」が存在していたとしても、何ら不思議ではないのである。 「外せるモザイク」の詳しい原理は知らないが、平たく言えば、バラバラの ジグソーパズルに印刷された図画を、人間が認識できないことと同じようなものだと思う。 すなわち、元の図画から必要な情報を間引いたり冗長な情報を足したりしなくても、目視での認識が能わないような処理を施すことは可能であり、それも一種のモザイクと考えられるわけだ。 そこで、ここではモザイクを「 人間が元の映像を認識できなくするための処理」とだけ定義してみよう。 つまり、エロビデオを観察することによって言えることは、あくまで「 目視による観察では元の映像に映っているものが何であるかを認識できない」ということだけであり、そのことをもって「 元の映像が欠落している」と断言するための根拠とすることはできない。 認識こそが我々を取り巻く現実そのものであるとすれば、「認識できない」ことと「映像が欠落している」こととは、ほぼ同義と言えるかも知れない。 しかし、それはあくまで観察の都合上そう言わざるを得ないだけのことだ。 人間の目視による観察だけでは見えてこないところに、別の現実が隠れている可能性は、いつだってある。 だから人間には、見えないものを見ようとする欲望がある。 「モザイク消し器」も、人間のそうした本質的な欲望に基づく観察装置なのだ( 詭弁だ!! NTSCについて 一般的に、エロビデオを再生したときにビデオデッキから出てくるものは、NTSC(= National Television Standards Commitee,日本で使われているテレビ映像の信号方式)のアナログの映像信号だが、果たして「 外せるモザイク」なんてものが可能なのだろうか。 デジタル映像は、本質的には数値の行列に過ぎないので、およそどんな「外せるモザイク」の小細工だって考えられる。 しかし、ビデオから出てくるものはアナログの信号だから、そう簡単にはいかないのである。 モザイクや、その復元方法を考える以前に、まずこの信号方式について少し知っておく必要がある。 NTSCカラー映像は、モノクロ映像として映像の明暗だけを表した 輝度信号(Y信号)と、モノクロ映像に色を付けるための 色差信号(C信号)という二種類の信号で表現されている。 もっとも、色を遍く表現するには三原色(赤・緑・青)が揃わないといけないので、厳密に言えば色差信号は、赤から輝度成分を減算した成分(R-Y信号)と、青から輝度成分を減算した成分(B-Y信号)からなる二次元の情報である。 なぜ三色分すべてを用意しないのかというと、残りの一次元(G-Y信号)は、受像器で計算すれば出てくるからだ。 RGB 形式の標準画像 lena()をソフトウェアで Y、R-Y、B-Y 画像に分離し、NTSC的なカラー映像をシミュレートしたものが、写真1である。 実際にNTSCで伝送されている色差信号は、帯域節約のため圧縮されているので R-Y および B-Y 情報の解像度はこの半分程度しかないが、シミュレーションの再現性を言い出すとキリがないので、気にしないことにした。 テレビ放送は歴史的に白黒放送から始まり、現在のようなカラーテレビ放送が始まったのは、日本国内では1960年のことである。 時は、3Cといった言葉が出てくるよりもまだ前のこと。 いまだからこそ、 「そのうちデジタル放送に変えるから、いまのテレビは使えなくなります」 みたいに多少乱暴なことも言えるが、1960年代といえば、モノクロ受像器ですらまだまだ高価な代物であった。 ようやくテレビの普及にも兆しが見え始めてきたかなあという時代に、カラー放送を始めるにあたって 「そのうちカラー放送に変えるから、いまの白黒テレビは使えなくなります」 という寸法が認められないことは、論を俟たない。 そこで、モノクロ放送において従来より伝送されていた輝度信号に殆ど手を加えることなく、色の差分を多重化して伝送する方式になっているわけだ。 また、RGB の情報をそのまま伝送する方法は、あまり効率的ではない。 モザイクの掛け方を考える 任意の NTSC 信号を作り出せる装置と実物のモザイク消し器があれば実験できるのだけれど、生憎ながらそんなものはないし、わざわざ買ってくる気にもならない。 そこで、モザイクの実験は、ソフトウェアでシミュレートしてみた。 突撃実験室初の体を張らない論理実験である。 まず、Y、R-Y、B-Y の全ての情報に対して、同じように縦横10ドットのブロックでモザイクをかけてみたものが写真2である。 画像をRGB方式で扱っているわけではないので少し妙に見えるかもしれないが、合成した結果はレタッチソフトなどのフィルタで「モザイク」を行った場合と同じである。 全てのチャンネルにおいて情報が欠落しているという意味では、これは「 外せないモザイク」だと言える。 そこで、まず輝度情報のみにモザイクをかけて、未処理の色差信号と合成したものが、写真3である。 輝度・色差に処理 輝度のみに処理 色差のみに処理 こうしてみると、 輝度情報だけにモザイクをかけた場合でも、かなりモザイクらしく見えることが分かる。 若干の輪郭は残っているが、実際のNTSC画像では殆ど分からなくなると思う。 ところが、 色差情報だけにモザイクをかけても、顕著な変化は見られないことが分かる。 写真の入れ間違えを疑いたくなるほどで、よ〜〜〜く注意して見ると、やっと微妙なブロックノイズが分かる程度だ。 人間の目は、明るさの変化に比べると色の変化には極めて鈍感なので、かなり荒いモザイクをかけても人間は元の映像を認識することができるのだ。 したがって、色差情報だけにモザイクをかけても「人間が元の映像を認識できなくするための処理」という定義においては、モザイクをかけたことにはならない。 すると、NTSCカラー映像にモザイクをかける方法として、• 輝度情報と色差情報の双方に対して処理を行う• 輝度情報のみに対して処理を行う 上記の二通りの方法が考えられる。 モザイク復元 映像を特徴づけ、人間に物体の形を認識させるものは、映像の 輪郭に他ならない。 モザイクのみならず、ぼかしやベタ塗りなど映像を隠蔽するために使われる処理は、共通して元の映像に存在していたはずの輪郭を消し去ってしまう。 逆に、モザイクを復元するには、失われた輪郭を何らかの方法で補完してやれば良いのだ。 輝度情報と色差情報の双方に対してモザイクをかけてあれば、その部分では映像を構成する情報の全てにおいて輪郭が欠落しているので、補完の際に参考になる情報がない。 そのような映像でも、ある程度「モザイクっぽくない」ように見せることは可能であるかも知れないが、復元したとは言い難い。 しかし、 輝度信号だけにモザイクがかかっている場合、色差情報には輪郭が丸々残っている。 ならば、色差情報から輪郭のみを抽出し、それを使って輝度情報において失われた輪郭を補完してやれば、モザイクはある程度復元できそうである。 「できるかな? 」の「」で行われている方法に近いが、段取りは• モザイクそのものの輪郭を軽減するために、輝度信号にスムージングをかける• 色差信号から輪郭を抽出する• 2 の輪郭情報に基づき、輝度信号の失われた輪郭を補完する と、こんな具合だ。 以上のことは、あくまで理屈上のシミュレーションなので、実際に使われているモザイクがどのような方法で処理されているのかは分からないし、モザイクを復元すると歌われている装置がどのような方法でそのような機能を実装しているのかも良く分からない。 突撃実験室には、エロビデオもなければモザイク消し器も無いので実物を調べることはできなかったが、機会があればやってみても良いと思う(誰か持ってない?)。 とはいえ、NTSCカラー映像というやや複雑なアナログ信号を電子的に扱うということを念頭に置き、回路設計を行う上で理に叶っているかどうかを考えながら書いたつもりである。 色差信号は扱いが面倒だが、輝度信号が比較的扱いやすい。 デジタル映像処理ならおおよそどんな画像処理でも簡単にできるが、古い時代はアナログ信号のままモザイク処理を行っていたかも知れない。 輝度信号に処理を限定しても実用に耐えうるモザイクが得られるのなら、ちょっと手を抜いて回路規模を小さくしようという意識が働いたとしても不思議ではない。 つまり、エロビデオのモザイクが「外すことを意図したモザイク」だというわけではなく、モザイク処理回路の設計上、色差信号がそのまま残ってしまった。 その点に誰かが目を付けて「モザイク消し器」なるものが作られたのではないかと思えて仕方がないのだ。 モザイクの復元処理に使ったスムージングや輪郭強調なども、テレビの映像は水平走査しているので、水平右方向に対する処理に限定すれば、アナログ処理でも比較的簡単に行えるはずである。 完全ではないにしても、ある条件が揃えば、アダルトビデオの「外せるモザイク」は原理的に可能だろう。

次の

モザイク除去装置ってどういう原理なの

モザイク 破壊 原理

先月、Googleが衝撃的すぎる研究を発表した。 それは低解像度でほぼ状態の画像を復元して、クッキリでハッキリな鮮明画像にしてしまうということ。 かつてのモザイク除去機の正体は、四角いモザイク部分をボカシて滑らかにするだけ。 実は薄目でモザイクを見るのとなんら変わらない代物だったんです。 アレ買ったことあるんですか? 石川 買って即分解しましたよね(笑)。 そもそも、モザイクは元画像から必要なデータを削除した状態で表示されているので、画像をボカすだけの機械で復元できるわけないんです。 例えば、モザイクによって元画像から失われた部分を鮮明にするのではなく、新規でAIが失われたパーツを作り出すんですね。 石川 ただ、AIが判断するためのソースとなるデータは、Googleの画像検索のものになると思われますから、新規で作られた画像は必ずしも本人のものとは限らないってことですね。 なので、モザイクの裏側も、別人のものである可能性もあるんですよ。 ただ、これだと再現画像が他人の顔になってしまう可能性があるので、実用はまだ先でしょう。 不正アクセス禁止法の施行(2000年2月13日)以前は、バリバリのハッカーとしてやんちゃなことも 外部サイト.

次の