いじらしい とは。 「いじらしい」の意味と使い方・いじらしい女性の特徴|かわいい

男性が手放さない「いじらしい女性」の正体|「マイナビウーマン」

いじらしい とは

Contents• 【いじらしい】とは まずは、知っているようで知らない「いじらしい」という言葉の意味について解説します。 「いじらしい」という言葉には、 日本語特有の複雑な意味が含まれています。 だからこそ、正しく意味を理解することや、使い方が難しい言葉です。 英語や古語での表現に置き換え、さまざまな視点から「いじらしい」という言葉の理解を深めていきましょう。 いじらしいの意味 「いじらしい」とは 『子どもや女性など力の弱い者が、一生懸命に努める有様や心根が痛々しく、あわれなさま』に加え 『周囲が共感してかわいそうがるほど、けなげで可憐だ』という意味を持つ言葉です。 「あわれ」「かわいそうがる」といった少しネガティブな言葉が使われているものの「いじらしい」という言葉じたいは、良い意味で用いられることが多いです。 女性にとって「いじらしい」という言葉は、いわれて嬉しい表現のひとつ。 控えめでありながら、芯が強くけなげな女性が持つ「いじらしさ」は、男性の目にとても魅力的に映ります。 だからこそ、「いじらしい女性」はモテるといわれているのですね。 いじらしいの類語 「いじらしい」と似た意味を持つ言葉として 「いたいけ」「しおらしい」の二つが挙げられます。 「いたいけ」は、漢字で「幼気」とあらわします。 小柄な女性が一生懸命にがんばる姿が子どものように愛らしい、そんな場面で用いることができます。 「しおらしい」は、おとなしく可憐な女性を想像する人が多いのではないでしょうか。 しかし、ただ可憐なだけではなく、控えめでけなげな様子、懸命な姿にあわれみや共感を覚えるときにも「しおらしい」という言葉を用いることができます。 どちらも「いじらしい」とほぼ同じ意味で用いることができるので「いじらしい」というニュアンスがうまく伝わらないときには、いい換えてみると良いでしょう。 いじらしいの漢字 「いじらしい」を漢字であらわす場合には、二通りの漢字が当てはまります。 ひとつは 「可憐しい」。 誤解のないよう意味を伝えるには、この表現はぴったりといえますね。 しかし、読み方が難しいため「いじらしい」と読むことができる人は少ないでしょう。 もうひとつは 「意地らしい」。 意地とは、最後までやり通そうとする一生懸命な様子を指す言葉です。 か弱い女性が、意地を見せてがんばっている姿を見て、心が動かされ支えてあげたいと思う気持ちを「意地らしい」と表現しています。 「意地」の意味をきちんと知れば「意地らしい」という漢字表現にとても納得できますね。 いじらしいの英語 「いじらしい」を英語であらわすとするならば 「pitiful」「lovable」「Innocent」などが挙げられます。 「pitiful」は「哀れ、可哀想」というニュアンスがやや強く「いじらしい」よりは少し同情めいた意味合いを持ちます。 「lovable」は「愛らしい」、「Innocent」は「あどけない」「子供っぽい」といった意味を持つ言葉。 「いじらしい」のニュアンスを直訳できる英語はなく、これら三つの英単語が持つ意味をすべて含んだ表現がちょうど良いといえるでしょう。 つくづく、日本語は難しいものですね。 いじらしいの古語 「いじらしい」という言葉やニュアンスは、はるか古来の文書にも記されています。 いたいけなり 「いじらしい」という言葉が持つ、幼さやかわいらしさの要素を強調する意味合いが強い言葉です。 しをらし 現代の「いじらしい」にもっとも意味の近い言葉こそ「しをらし」かもしれません。 優雅、奥ゆかしい• 控えめ、可憐• 殊勝、けなげ と、たいへん幅広い意味で用いられてきた言葉ですが、いずれも「いじらしい」の意味をすべ て取り入れて いるといえるでしょう。 先ほど述べた「いじらしい」の類語「しおらしい」は、この「しをらし」を語源としています。 【いじらしい】の使い方 「いじらしい」という言葉の意味がなんとなくつかめたところで、実際の会話のなかではどのように使用するのか、使い方の例文を見てみましょう。 以下の例文を読めば「いじらしい」という言葉が良い意味で用いられるということがよく分かるはずです。 いじらしいの例文• けなげでいじらしい 「どんなに疲れていても笑顔を絶やさない彼女は、けなげでいじらしい」 か弱い存在である女性がけなげにがんばる姿に同情を寄せる、あるいは共感して応援したくなるという意味で使われます。 いじらしさを感じる頑張りぶり 「嫌な顔ひとつせず仕事をやり遂げる姿は、いじらしさを感じる頑張りぶりだ」 女性が懸命に仕事を頑張る姿に胸を打たれる、感情を揺さぶられるという意味合いがあります。 いじらしくてかわいい 「新入り猫にたじたじの猫がいじらしくてかわいい」 小さいものに感じる「愛おしさ」を表現しています。 犬・猫の里親募集を行っているペットメディアで紹介された「猫マンガ」。 猫の可愛さをあらわす際に「いじらしい」が使われています。 【いじらしい】女性の特徴とは 男性が「いじらしい」と感じる女性には、いくつかの共通点があります。 しかし、女性から見た同性の「いじらしさ」というのは、なかなか分かりにくいもの。 果たして男性は、具体的にどのような女性を「いじらしい」と思い、魅力を感じるのでしょうか? 「いじらしい女性」の行動や性格、特徴をまとめました。 小柄 「いじらしい」は子どもや小さな動物に対しても使われる言葉です。 男性が「いじらしい」と感じる女性の特徴の一つとして、子どもを連想させるようなかわいらしさを持っていること、小柄で華奢であることが挙げられます。 自分よりも小さく力の弱い、思わず助けてあげたくなるような女性が一生懸命がんばっている姿は、男性の目にとてもいじらしく映ることでしょう。 何事にも一生懸命 「意地らしい」という漢字表現からも読み取れるように、女性が「意地」を持って、一生懸命ひたむきにがんばっている姿というのはたいへん「いじらしい」ものです。 何事にも手を抜かず、痛々しいほどがんばろうとする姿勢はとてもけなげで、まさに「いじらしさ」そのもの。 こういった姿には、男女問わず周りの人たちはみんな共感し、「助けてあげたい」「力になってあげたい」という気持ちになることでしょう。 素直 女性が素直に喜んだり泣いたりする子どものようなあどけなさや純粋さを、「いじらしい」と感じる男性は多いことでしょう。 また「一歩下がってついてくる女性」を好むのが男性心理というもの。 男性にとって素直で従順ないじらしい女性は、たいへん魅力的であり、守ってあげたいと思う存在なのです。 優しい 人が嫌がるような仕事を嫌な顔ひとつせず引き受ける様子や、不平不満をいわず一生懸命物事に取り組む姿、自分のいい分をぐっとこらえて笑顔を見せる姿など「いじらしさ」はときとして「優しさ」とも捉えられます。 相手の気持ちを尊重し、自分を抑えるというのも「いじらしい女性」の特徴です。 周りの人は、その姿や優しさに共感し、胸を打たれることでしょう。 そんな彼女に何かあったときには、ぜひチカラになってあげたいと思うはずです。 見えないところで努力している 努力する姿というのは美しいものです。 その姿を誰かに見てもらいたい、褒めてもらいたいと思うのが人間の気質ともいえますが、いじらしさをもつ女性は決して努力をアピールするようなことはしません。 しかし、努力というのは必ず誰かが見ているものです。 結果が実を結ぶことで「あの子は見えないところで努力しているんだな」と、感心されることもあるはず。 誰に褒められなくとも、ひたむきに努力を続けることができる女性はけなげで「いじらしい」といえるでしょう。 男性が女性に求める【いじらしさ】 男性にとって「いじらしい女性」は、ただかわいいだけでなく「守ってあげたい」と強く思わせる存在です。 「いじらしい女性」が男性にモテる理由は、 男性の「守ってあげたいと感じる欲求」をかき立てるという点が大きいといえるでしょう。 最後に、男性が女性に対して求める「いじらしさ」について解説していきます。 男性の視点になって想像してみると「確かにかわいいな」と思うはず。 男性が女性に求めるいじらしさを知り、実践することは、モテる女性への第一歩です! 素直に喜んでくれる 男性が一生懸命立てたデートプランを心から楽しんでくれたり、どんなプレゼントも嬉しそうに受け取ってくれる女性というのは、男性から見てたまらなくかわいいもの。 些細なことでも喜んでくれる、無邪気な表情のかわいさや、あどけなさに男性は「いじらしさ」を感じ、愛おしいと思うのです。 子どものような素直さや純粋さは、まさに男性が求める「いじらしさ」であるといえるでしょう。 喜ぶ、笑うといった、楽しい気持ちや嬉しい気持ちを素直にあらわすことのできる表現力を磨きましょう。 信じてくれる すぐにバレてしまうような嘘でも、その場しのぎのいい訳でも、疑う気持ちをぐっとこらえて信じてくれる女性というのはとても「いじらしい」もの。 いいたいことをズバズバといったり、嫉妬心をむき出しにする女性よりも、 まず自分を信じようとしてくれるけなげで控えめな女性に男性はいじらしさを感じ、愛おしさが増すものです。 「いじらしい姿」に一度ときめいてしまうと、男性のなかに「彼女を悲しませたくない」という気持ちがわいてきます。 すると自然に、女性を悲しませるようなことをしなくなるものです。 期待通りの反応 男性が「喜ぶだろうな」と思ってしたことに対して、めいっぱい喜んでくれる。 そんな期待通りの反応をする女性もまたいじらしいものです。 男性は好きな女性ほどからかいたくなるものですよね。 それは、からかうことでスネるという期待通りの反応がいじらしいと思うからこそ。 もちろん、あまのじゃくなほうがかわいいという男性もいますが、 基本的に男性は、素直で純粋な女性が好きなものです。 ひたむき 自分よりも小柄で華奢な女性が、なにかにひたむきに取り組んでいる姿勢もまたいじらしいもの。 その姿にキュンときて、恋に落ちてしまうという男性も少なくありません。 「がんばっている」というアピールをせず、ただひたむきに一生懸命取り組む姿は、男性のみならず周りの誰もが「いじらしい」と感じることでしょう。 そんないじらしさを持つ女性は、誰からも好感を持たれるものです。 恋をしたら、いじらしくなるかも・・・ どんなに破天荒な女性でも、楽観的な女性でも好きな人の前じゃ可愛いいじらしい女性になっちゃいますよね。 そんなキュートな女性になるために、まずは恋のお相手探しから始めませんか? 累計会員数2000万を超える 「 ハッピーメール 」だからこそ、あなたの 理想の相手が見つかるはず。 さっそく、 無料登録から始めてみましょう! 男性ウケ抜群のいじらしい女性を目指してモテモテになりましょう! 女性特有の「いじらしさ」は、ときにかわいらしく、ときにけなげで、男性の「守ってあげたいと感じる欲求」をかき立てるもの。 男性が女性に求める「いじらしさ」はどれも決して特別なものではなく、 心の持ちようで手に入れることができます。 男性ウケ抜群の「いじらしい女性」を目指して、 優しさや笑顔を忘れずに毎日を過ごしましょう。 あなたも「いじらしさ」を手に入れれば、きっとステキな恋愛に出会えるはずですよ。

次の

「準拠」と「遵守」の違いとは?分かりやすく解釈

いじらしい とは

あどけなくて可愛らしい子供や弱者が、一生懸命に努める様子や気持ちが痛々しく哀れに移ることを「いじらしい」と表現します。 多くは、子供や女性に使われる言葉で、「健気」とも言い表されます。 可憐で痛々しいその姿に心を打たれる、同情したくなるその人のことを「いじらしい人」と表現します。 子供が自分より重いような荷物を一所懸命に運んでいる姿を見て懸命な姿に「助けてあげたい」「かわいそうに」「でも、その懸命な姿は愛らしい」と思う気持ちを言葉で表現すると「いじらしい」になります。 また誰かのことを一心に想い、相手の喜ぶことを懸命にする様子に、思わず同情心を寄せたときにその感情を言葉で表現すると「いじらしい」となります。 いじらしいの使い方の例 ・運動会のリレーで、転んで膝から血が出ているのに必死でバトンをつなごうとする子供の姿がいじらしい。 ・いつ帰ってくるかわからない浮気性の彼のために、毎日食事を用意し、彼のための快適な空間を整えている彼女がいじらしく目に写った。 いじらしいの「いじ」は「意地」? 意地とは、気立てや根性のことをさします。 また無理やりにでもやり遂げようと言う強い心のことをさします。 気立てや根性のことを表す際には、主に悪い意味に使われることが多く「意地の悪い」や「意地汚い」などの使い方をします。 いじらしいを漢字表記すると「意地らしい」になります。 立場の弱い人間や、幼い子、か弱い人などが、意地見せて頑張っている姿に心を動かされ、庇護したい感情が生まれるときに、相手に対して「いじらしい」と感じます。 いじらしい人というのはおしなべて、力の弱いもの、優位に立っていない社会的な弱者など立場の弱い人たちです。 その人たちが意地を通して一生懸命に頑張ろうとしている様子に対して、「いじらしい」は使われます。 いじらしいを英語で表記 pitifulは、哀れなや気の毒なという意味の形容詞です。 いじらしいの「かわいそうに」という感情を表しています。 そのほかには、「惨めな」という意味や軽蔑を含んだ「情けない」と「痛々しい」という意味もあり、いじらしいとはまた別なニュアンスで訳されます。 ・the state of being pitiful いじらしい様子 lovable lovableは「可愛らしい」「愛すべき」「愛らしい」といった意味の形容詞です。 いじらしいの「可愛い」という感情を表しています。 「愛らしい」がもっとも近い訳語でしょうか。 そのほかにも「sweet」もいじらしいの訳語にあげられますが、こちらは「優しさ」や「親切な」という意味があり、「いじらしい」の特徴部分を言い表しています。 Innocent 無邪気という意味の「Innocent」もしばしばいじらしいの訳語にあげられます。 こちらは、いじらしいというよりも、「あどけない」という訳語の方がふさわしいですが、「あどけない子供の懸命な姿がいじらしい」などの分の「あどけない子供」の部分に関連して、いじらしいの訳語にこの語が使われることがあります。 胸がキュンは英語で 胸がキュンとする、は英語では「Butterflies」と言います。 「butterfly」つまり蝶々のことです。 これだけでは、「胸キュンで、蝶?」と不思議に感じます。 この「butterfly」を使った「胸がキュンとする」は「butterfly in may stomach」の省略形です。 直訳すると「胃の中で蝶々がばたつく」で「なんだか落ち着かない気持ち」を表現しています。 キュンと感じる時の気持ちが落ち着かない様子をうまく表現しています。 そのほかは? また「ma heart skipped beat」も「胸キュン」と同じように使えますが、こちらは「どきっとする」「ときめく」という意味です。 直訳すると「私の胸が飛び跳ねる」で、butterfly同様、「落ち着かない感じ」「ドキドキと鼓動が大きくなる感じ」を表しています。 小柄な子供や女性には「守ってあげたい」という気持ちが働きます。 自分より弱い立場、また体格的に自分より劣っている人が、懸命に何かをしていると、「守ってあげたい」「助けてあげたい」という感情が沸き起こります。 また小動物や子供を見ると「愛らしい」という気持ちが働きます。 愛らしいとは「愛すべき」「可愛らしい」「愛おしい」という感情です。 この「助けてあげたい」「まもってあげたい」「愛らしい」という感情は、「いじらしい」の三大要素とも言える感情です。 だからと言って大柄な人に「いじらしい」感情が起こらないというわけではありません。 いつもしっかりした人がふとした時に見せる弱さを隠して、ひたむきに向かう姿勢も「いじらしい」と表現されます。 態度や雰囲気だけでも十分「いじらしい姿」はにじみ出ます。 反対に「見た目と違う、繊細ないじらしい気持ち」は大きな魅力になるでしょう。 何事も一生懸命 たとえできなくても、成し遂げるためにひたむきに忍耐強く打ち込む様子は、その打ち込んでいるものが難題であればあるほど、周りには「いじらしい」と映ります。 強大なものに立ち向かう様子は、時にはハラハラして見ていられなくなりますが、必死に努力し立ち向かっていく姿にいじらしい気持ちを感じます。 できなくてもひたむきに頑張っている姿は、老若男女問わず心を打ちます。 それが小さくて愛らしい子供だったり、華奢で繊細そうな女性だったりしたら、庇護欲もあいまって「いじらしい」と感じるでしょう。 素直時には騙されやすい 素直、というよりは「無垢」と言った方がわかりやすいでしょう。 潔白で純真な言動は、幼い子供を連想させ、庇護欲をそそります。 また多くの人は「素直」な態度に好感を持ちます。 しかし社会に出るとその無垢さ、素直さが仇になる場合もあります。 素直でいるということは難しいことです。 良いことでも素直に口に出し、かえって相手を傷つけてしまったり、苛立たせたりします。 また素直に相手を信じ込んでしまい、騙されるということもあります。 素直に恋人を想って尽くしているのに、相手は遊びだったりと素直さや一途さが仇になるケースもあります。 しかし素直さというのは、とても好感度が高いポイントです。 それに表現力が加わると鬼に金棒です。 ちょっとしたことにも、喜びを素直に表現する姿にいじらしさを感じます。 不平不満を口にしない どんなにつらい状況でも、弱音を吐くことなく不満があるはずでもぐっと我慢する様子に「いじらしい」と感じます。 現状でできる最大限の努力をすることや、その状況に対して不満があったらより良くするために努力をする、そんな姿にいじらしい気持ちが感じられます。 またわがままは口にしません。 無理な時は「仕方がない」と我を通さずに我慢して受け入れてくれる姿は、いじらしい気持ちを感じます。 仕事が忙しくてなかなか会う時間が取れない時に、「会えなくてさみしいけど、仕方がないね。 お仕事頑張ってね」と言われたら、グッとくるでしょう。 そんないじらしい姿に「なんとしても会う時間を捻出してやる」と仕事へのモチベーションも上がるはずです。 いつも笑顔 笑顔はそれだけで好感が持てるアイテムです。 笑顔は、周りを明るくしてくれます。 また周りを和ませることにも役立ちます。 笑顔は見る側の気持ちをふわりと明るいものにしてくれます。 笑顔は相手を包みます。 いじらしい人は、不平不満を表に出さず、いつでも笑顔でいることが多いです。 大変な状況でも、笑顔で頑張っている姿に、人は癒され「可愛い」と感じます。 また不利な状況や、自分にとって望まない状況になっても笑顔を絶やさずに、現状を打破しようとする頑張りに人はいじらしいと感じます。 笑顔は異性だけではなく、周りの人にとっても気持ちを和ませてくれる、またその場を明るいものにしてくれるアイテムです。 いつも笑顔を絶やさない人は、優しさをにじませているように感じます。 優しさは、相手を包みます。 いじらしい人というのは、庇護されているようで、実は相手を包み込んでいることが多いです。 相手のことを考えて行動する いじらし女性の特徴をあげましたが、それはどれも「相手の心掴む」要素に長けています。 いじらしいと感じる場面は人それぞれですが、いじらしい気持ちを感じるものとして共通するのが、「相手のことを想い、一生懸命に行動する」ことです。 できないことでも、相手が喜ぶのならしてあげたい、相手が楽しんでくれるなら、苦手でもやってみるというように、相手のことを第一に考えて行動することが「いじらしい」という評価につながります。 不平不満を言わない、わがままを言わないなど、一見すると従順で自分がないように思われますが、その行動の本当の意味は「相手が喜ぶと私も嬉しい」という気持ちがあり、自分が喜びを感じているため、不平不満も、わがままも我慢をすることができます。 一般的ないじらしいの意味は方言ではありません。 いじらしいの意味は、自分より立場の弱い人がひたむきに打ち込む姿を見て「気の毒」「助けてあげたい」「可愛らしい」という三つの感情が沸き起こった時に、その感情を形容するために用いられます。 それは思いやりの心を言葉で表現しています。 いじらしいの語源については定説はありませんが、いじは「意地」からきています。 意地とは「自分が思ったことをどこまでもやり通そうとする気持ち」です。 意地を持って懸命に物事へ向かう姿が「いじらしい」という感情を呼び起こすのでしょう。 多摩地方でのいじらしい 多摩地方では、「いじらしい」というと、一般的な意味ではなく「忙しくて落ち着かない」「忙しない」という意味で使われます。 「今日は朝から用事が立て込んでいじらしいわ」というように使われます。 富山県でのいじらしい 富山県での「いじらしい」は、「めんどくさい」「鬱陶しい」というニュアンスで使われます。 なんとなく思うとおりにならないときや、うまくいかない時に用いられ、「子供の相手で家事が思うとおりに進まない」というような時に「あーいじらしい」というように使われます。 いじらしいという意味の方言 いじらしいが他の意味になるのとは逆に、いじらしいという意味の方言を集めて見ました。 いじらしいは「かわいそう」「可愛らしい」「助けてあげたい」という三つの要素がある言葉ですが、方言では「気の毒」や「可愛い」のどちらかの意味が強いものになっています。 金沢のいじらしい 「かわいや」は金沢の方言で、「可愛い」ではなく「かわいそう」とか「いじらしい」「不憫な」という意味で使われます。 同じような使い方をする言葉に「いとっしゃ」というのもあり、こちらは「かわいそうに」「気の毒に」というように使い、地方によっては「いとしげ」と言います。 「かわいや」はその響きから「可愛いや」と間違いやすいですが、意味は「かわいそう」「いじらしい」ですので、使い方には注意が必要です。 また「可愛らしい」という意味では「えちゃきな」という言葉があります。 この「えちゃきな」は「子供がかわいいな」という意味の言葉です。 子供の無邪気な様子や純真な言動に目を細めて「えちゃきなんなー」と言います。 子供の言動がいじらしく感じて心に響いた時に使います。 (心から)「かわいい」と思う時に、感嘆詞のように使われます。 島根県出雲のいじらしい 出雲国でもいじらしいは、「えらしじ」と表現され、これは「いじらし」の音位転換です。 音位転換とは子供が「あったかい」を「あっかたい」と言ったり、「さかな」を「かさな」というように、音の位置を置き換えてしまう現象のことを言い、言語学では、「メタセシス」と呼ばれます。 出雲ではこの「いじらし」のメタセシスである「えらしじ」が正語として定着しました。 「えらしじ」または「いらしじ」と発音し、「いじらしい」「かわいそうな」という意味で使われます。 大分のいじらしい 大分県の北の方で使われる方言で、いじらしい、可愛らしいを「えらしー」と言います。 大分市内ではあまり用いられません。 小さな子供や赤ちゃん、動物などを見て「えらしーなー」と使います。 しかし子供や動物限定ではなく、可愛らしいと感じたもの全てに対して用いられます。 大分の「いじらしい」は「かわいそう」という意味よりも「愛くるしい」「可愛らしい」という意味で使われることが多いです。 宮城県のいじらしい もぞいやもぞこいは、宮城県のそれぞれの地方によって意味が変わりますが、宮城県仙台市では「かわいそう」、田舎の方では「哀れな」「気の毒な」北部の方では「ダサい」という意味になります。 鹿児島でも「もぞこい」「もぞい」は使われますが、こちらは「可愛い」や「可愛らしい」という意味で使われ、岩手県の気仙では「いじらしい」の意味で使われます。 もぞいは「不憫な」「気の毒な」とという意味の「無残」が転訛して「もぞい」「もぞこい」という言葉になりました。 いじらしい人はなぜ可愛いのかな いじらしい人が可愛らしく見える理由はなんでしょうか。 まずは考えられるのは、外見上の特徴です。 いじらしい人の特徴としてまず初めにあげられるのは、「小柄」なことです。 小柄な女性や子供は、強く庇護欲を感じます。 「まもってあげたい」と思う気持ちは好意の表れでもあり、それら小さきものたちが、懸命に動いているのをみると「頑張っているな」「守ってあげたいな」「可愛いな」という、いじらしい気持ちを感じやすくなります。 では小柄ではない人をいじらしいと感じる要素はなんでしょうか。 それはひたむきな姿勢や、感情の表現力が素晴らしく、喜びも悲しさも素直に表現できる素直さを持ち合わせているため、「純粋」「無邪気」という印象を相手に与え、そこから「いじらしい」という感情を相手に呼び起こさせます。 素直に喜びを表現する姿にきゅんとくる 素直さは、好感度の高いアイテムです。 その素直さに表現力をプラスすると、好感度は倍に跳ね上がります。 たとえ少額なプレゼントでも、素直に喜びを表現されると、いじらしい、と感じるでしょう。 なかなか会えなかった時間の後、「会えて嬉しい」と笑顔で素直に言ってもらえたら、「いじらしい」「可愛い」と感じる気持ちは倍増します。 好意に対して自分が思った以上の喜びの反応があれば嬉しく感じます。 そういうことへのアンテナの受信感度が高く、表情やリアクションなどの表現力が高ければ高いほど、「いじらしい」「可愛い」と言った評価が高くなります。 なんでもないようなことを最大限に喜んでくれる、それが「いじらしい」「可愛らしい」と感じる要因となります。 笑顔にきゅんとくる 嫉妬とは恋愛感情で起こすものに限ります。 彼が他の女性の話をしているときに「その人、可愛いの?」と少しいじけたそぶりを見せられると、男性は「可愛いな」と感じます。 あくまで軽い嫉妬心ならばです。 軽い嫉妬心は「彼が好き」という好意を素直に現していることが多く、「その子に取られるのが嫌だな」という彼女の独占欲を言葉にしています。 この独占欲が度を過ぎると、「可愛いな」ではなく「恐ろしい」「浅ましい」という悪い感情になります。 悪い感情は拒絶につながります。 程度を考えた嫉妬は「いじらしい」と相手に受け止められます。 あくまで「可愛いな」と思われる範疇で、素直に嫉妬心を出すのもいじらしさや可愛らしさを表出するテクニックです。 いじらしい彼女にキュンとするときは 胸がキュンとなる、は動機息切れなど病気ではありません。 これはいわゆる「ときめき」の一つです。 彼女の言動に「きゅん」とときめくとき、彼女が「いじらしい」と感じることが多いでしょう。 いじらしい姿にキュンキュンする男性も多いですが、ではどんなシュチュエーションで、どんないじらしい姿に胸が高鳴るのでしょうか。 自分のために努力する姿がいじらしい やはり一番は「自分のために努力をしてくれる」姿に「いじらしい」気持ちを感じて、きゅんと胸がときめきます。 メイクや髪型など、自分の好みに合わせようと努力する姿に「キュン」とくる男性も多いでしょう。 また普段はしないこと、例えば料理や手芸など、彼のために最大限の努力をしてする姿にハートを鷲掴みされます。 自分のできないことも最大限に努力して、慣れないことでも挑戦するのは「いじらしい人」の特徴でもあげられます。 何より「自分のため」にしてくれるというのは、とても嬉しいことです。 甘え上手なのがいじらしい いじらしい人と甘え上手は結びつきづらいですが、いじらしい人の特徴である「素直さ」というのは、「甘えたい」気持ちも素直に表現することができます。 「会えなくて、さみしいよ」「そばにいて欲しいな」など素直に口や態度で示すことで、男性は庇護欲を感じ「きゅん」と胸をときめかせます。 いじらしい人はその甘えたい希望が叶えられなくても、わがままを言いません。 忙しくて「会いたい」と言われた時に会えなくても、「わかった」と気持ちを納めてくれます。 わがままを言わないというのも、いじらしい女性の特徴です。 待っていてくれる姿がいじらしい 自分のことを待っていてくれる人がいる、それだけで嬉しくなります。 約束の時間に大幅に遅れたときに、待ち合わせ場所で待っていてくれる彼女をみると、きゅんとしてしまいます。 また、会えない期間が長くなっても、自分のことを待っていてくれる彼女がいれば、忙しい期間も乗り切れます。 「待っている」というのは、相手の心を感激させる要素の一つです。 玄関で主人の帰りを待っている飼い犬に「いじらしい」と感じるのと同じ理由で、「自分のことを待っていてくれる」彼女の行動に「きゅん」ときます。 一緒にいると嬉しそうでいじらしい 「一緒にいると楽しいな」と言われたら大概の人が「きゅん」と胸を高鳴らせるでしょう。 一緒にいるだけで嬉しいそうにニコニコと微笑んでくれる姿に、いじらしいと感じます。 どんなことでもそうですが、人は無反応や悪い反応よりも、良い反応の方が嬉しいです。 それが何もしていなくて、ただ何気なく一緒にいるだけで楽しそうな、嬉しそうな反応をしてくれたらキュンキュンと胸がときめくでしょう。 自分が好意を持っている相手ならなおさらです。 相手の喜ぶこと、楽しむことを想像してあれやこれやと手を変え品を変えて何かをするのも楽しいですが、「ただ、そばにいてくれるだけで嬉しいの」なんて言われたら、それだけでメロメロになってしまうでしょう。 男性が女性に求めるいじらしさ 男性が女性に求めるいじらしさとはどんなものがあるでしょう。 「きゅん」と感じるときにも共通しますが、男性が女性にいじらしさを感じるキーワードは「素直」「純粋」「一途」です。 これらの三つのことを踏まえると、男性が女性に求める姿が見えて来ます。 嬉しいことを素直に喜ぶ 素直さは男女ともにいじらしい性格の特徴としてあげられていました。 素直に「一緒にいること」を楽しめる女性は、それだけで好感度が上がります。 一緒にいるときに、嬉しい気持ちを上手に発露することによって「無邪気で可愛いな」「子供みたいに純粋で、可愛いな」と、庇護欲も適度にそそられます。 反応が期待通り サプライズプレゼントに期待どおりの反応が帰って来たら嬉しいでしょう。 素直な反応は「純粋」「無邪気」という印象を植え付けることができます。 感情表現は素直に表情に出すことで、相手に「もっと喜ばせたい」という気持ちを持たせることができます。 ひたむきな姿勢 一途に物事の取り組む態度は、男女問わずいじらしさを感じます。 仕事でも、恋でもひたむきに頑張る姿に「きゅん」とする男性も多いでしょう。 一途さは素直で何に対しても真面目に取り組むという印象を持たれ、信頼を呼びます。 いじらしい=一途? いじらしい人は女性男性に限らず一途な人が多いように見受けられます。 一途な人とは、芯が強く、相手を強く想っていられる人のことを言います。 一途の意味は、他を考えないで一つに打ち込むこと、ひたむきさです。 一途な恋人が、ひたむきに自分のことだけを考えて色々と尽くしてくれる状況になると、男性でも女性でも、そこに好意がある限りいじらしさを感じるでしょう。 いじらしい、という感覚はそこに相手への好意がなければ成り立たない感情です。 好意がない場合には「鬱陶しい」「ウザい」などの評価がついてしまいます。 一途な男性の特徴 恋愛において一途な男性の特徴は、芯が強いことが挙げられます。 行動が一貫的で自分の頭で物事を冷静に考えて行動する、自分を貫く芯の強さです。 芯の強い人は、自分の行動に責任を持ちます。 そのため飲み会での悪ふざけや、軽はずみな浮気はしません。 一途な男性は、研究者肌の人が多いです。 一つのことに熱中し、ひたむきに突き進みます。 恋愛に関しても同様で、一度好きになった人には熱心に愛情を注ぎ、長く愛してくれます。 それは「持ち物」に対しても同様です。 そのため、長い間大切にしているものが、「もの」にせよ「趣味」にせよあります。 一度好きだと思うと、ずっと大切に愛用します。 一途な人は誰に対しても礼儀正しい態度で接します。 相手によって態度を変えることはしません。 卑屈になることも居丈高な態度をとることもありません。 人によってコロコロと態度を変える人よりも、信頼性が高い人と言えます。 一途な人はなかなか存在しません 一途な人は見返りを求めることなく、愛してくれます。 それは自分勝手な気持ちではなく、相手を想って行動しているからです。 相手のことを尊重して、大切に接してくれているからこそ、見返りを求めずに動いてくれます。 この見返りを求めないということはとても難しいことです。 普段から褒め言葉やポジティブな言葉掛けが多い人にはこのタイプの人が多いように見受けられます。 一途な男性と一言で言うのは簡単ですが、なかなか稀有な存在です。 もし奇跡的にそんな人と出会えたならば、相手から大切にされている分だけ、相手も大切にしてあげましょう。 尊重しあえる関係というのは、とても心地よく幸せな関係です。 長く継続できるように努力しましょう。 一途な女性の特徴は? およそ8割の男性は「一途な女性」を好みます。 と言っても一途さってなんでしょう。 男性が一途な女性のイメージは、まずは一途な男性同様、芯が通っていることです。 周りからの影響を受けにくく、自分が思い定めたものに対しては誠実に妥協なく進んで行く、というイメージがあります。 一途な女性は、彼氏を優先します。 彼以外の人に食事に誘われても断る勇気があります。 そして何事にも一生懸命に取り組み、失敗してもやり遂げる強い意思を持って居ます。 恋愛に足しても同じで、彼の欠点に気がついてもそれを受け入れてくれる優しさも持って居ます。 しかし彼氏優先や真面目に一生懸命な行動が度を越してしまうと、「一途」の良い評価は一転「しつこい」「思い」「ウザい」に変わります。 なんでもほどほどが良いでしょう。 「いじらしい」の類語は? いじらしいとは、「可愛い」「かわいそう」「助けてあげたい」という三大要素によって構成され居ます。 いじらしいのイメージは「控えめでしっかりしている」です。 類語では「健気」がその筆頭にあげられ、「いじらしい」と「健気」の意味が混同している人も多くいます。 そのほかには奥ゆかしさを感じさせる「しおらしい」や、幼い子供の可愛い様子を表す「いたいけ」、行いが立派なことを表す殊勝などが類語にあげられます。 健気 健気とは、子供や女性など立場や力が弱いものが困難なことに立ち向かって行く様子を表し、心がけや態度がしっかりとしていることを意味します。 また感じのとおり健康なことも意味していますが、いじらしいと同じ意味では、弱いものが困難に立ち向かっている様子が同じ意味で使われます。 いじらしいは体が小さく儚げな人に感じる感情であることが多く「まもってあげたい」「かわいそう」という気持ちが働きますが、健気は健康で、勇ましく気丈という意味があり、しっかりと自分の意思に沿って行う行動が「健気」と評価されます。 健気といじらしいには共通点もあります。 不平不満を口にしない、他人を思いやる気持ちが強い、いつも笑顔である、これらが「いじらしい人」と「健気な人」との共通点で、最大の共通点は「人情味が豊か」でしょう。 健気の使い方の例文 ・彼女は健気に病気の母親の看病と仕事を両立させていた。 ・フルタイム勤務でワンオペ育児、母は休む暇もないのに、いつも健気な笑顔で家族のために立ち働いていた。 わたしは母が10分以上座っている姿を見たことがない。 ・彼のためにと、毎日食事を用意し、部屋を住み良い快適な空間に保ち続ける彼女が健気に感じた。 健気といじらしいの違いは? 健気の意味は、「庇護のない状態や困難な状況でも、自分の力だけで頑張っている姿」に対する「褒め言葉」です。 健気は心がけが殊勝な様子という意味もあります。 しかしいじらしいは、褒め言葉かと言われると疑問が残ります。 いじらしいは痛々しくかわいそうな様子を表します。 健気もそのような様子を表す場合もありますが、いじらしいがその「痛々しくかわいそうな」様子にだけ着目し、「まもってあげたい 」「助けてあげたい」というような庇護欲を刺激される感情です。 しかし健気は、その様子に「殊勝な行動だ」と感心する気持ちもあり、「守ってあげたい」というよりも「応援してあげたい」という気持ちを呼び起こさせます。 健気の語源も「異なり(けなり)」から来ています。 他より優っていると言う意味です。 殊勝 殊勝とは心がけや行いが、健気で感心なことを言います。 元々は、非常に優れているという意味で使われていました。 同じ意味に「奇特」があります。 どちらも特別に優れていること、行いが感心なことをさします。 殊勝な顔というような使われ方もします。 これは「謙虚」や「健気」「神妙」「しおらしい」など控えめで、相手の言うことをおとなしく聞き入れるときに作られる顔つきです。 ただ俯いて、「ソウデスネ」といいておけばいいと聞き流している顔ではありません。 殊勝の使い方の例文 ・彼は殊勝な顔でうつむいた ・殊勝な態度に私と夫は顔を見合わせた しおらしい しおらしいは、おとなしく従順で、慎み深く可愛いことを表します。 おとなしくて従順で、男性が「まもってあげたい」と庇護欲を掻き立てる女性のことを指す場合が多いです。 しおらしいといじらしいの共通点は、「従順」でしょうか。 庇護欲を掻き立てる言動という点では、同じ意味と捉えることができます。 しおらしい言動といじらしい言動での共通点は、相手を考えてのさりげない気配り、見返りを求めない行動です。 自分のために見返りのない行動をしてもらうと「いじらしいな」「しおらしい、おしとやかな女性だな」と感じます。 男性の心をくすぐるには十分な行動です。 またしおらしい女性は、素直に感情を顔に出しますが、あっぴろげに出すのではなく、嬉しいときには少しはみかみながら、恥ずかしがるような表情をします。 それが男性には「しおらしい」「いじらしい」というように映ります。 しおらしいの語源 しおらしいは、元々は「萎る」です。 萎るは「しをる」と読み、草木がしなったり、なえたりすることを表していて、それを比喩的に人間に用い、「しをらし」と用いました。 「しをらし」は人の態度が柔らかく控えめなことを表しています。 また「可憐な」や「優雅な」という意味でも使われていました。 しおらしいの例文 ・珍しくしおらしい態度で彼女は私の隣に座ると、途端にしくしくと泣き出した。 ・しおらしい顔で、彼女は彼の話を聞いていた。 いたいけ いたいけとは主に子供や幼さに対して用いる形動詞です。 幼くて可愛い様子や、幼くて痛々しくかわしそうな様子、小さくて可愛らしい様子を表します。 いたいけは「痛い」「気」の音が変化して「いたいけ」となり、心が痛むくらい可愛らしくかわいそうな様子、いじらしい様子を表します。 いたいけは、幼少の子供に用いるので、大人の女性にはふさわしくない言葉です。 大人の女性の子供っぽい一面には「無邪気な」など別な単語を用います。 いたいけを使った例文 ・両親を亡くしたそのいたいけな子供は、父母が死んだことも理解していないようだった。 ・いたいけな子供にひどいことをする。 「いじらしい」と「いじましい」の違いは? いじらしいといじましい、たった一文字違うだけで、その意味は大きく変わります。 いじらしは、どちらかといえばプラスの感情であるのに対して、いじましいはマイナスの感情を言い表すのに用いられます。 いじらしいというとまっすぐそれだけを見てひたむきに向かう姿を連想しますが、いじましいというと、物事を斜めに見て背を丸め卑屈な印象を受けるでしょう。 いじましいは人間の器が小さい人の用いられることが多い言葉です。 いじましいの意味 いじましいは、いじらしいと違ってあまりいい印象がない言葉です。 いじらしいと共通する意味もありますが、そのほかにも「意地汚い」や「了見が狭い」という意味があります。 そのため、「いじらしい」がどちらかというとプラスの意味「可愛らしい」「守ってあげたい」というように同情を寄せる感情に用いますが、「いじましい」はマイナスの感情で用いられます。 「痛々しく見苦しい」「哀れで見ていられない」「目障り」というのが「いじましい」のニュアンスになります。 またいじましいは、セコセコと細部にこだわり考え方や気持ちの持ちようが狭く、偏屈な印象があります。 いじましいは同じ意地でも「意地汚い」というニュアンスで使われます。 いじましいを使った例文 ・あの人はお金に細かくいじましい性格だった。 ・小さな子供が重い荷物を運んでいるのが、いじましく苛立たしい。 男性にも「いじらしい」と使いますか いじらしいと言うと女性に用いる印象があります。 それは、特徴でもあげたとおり外見的な要素も関係しているからです。 しかし、もちろん男性にもいじらしいと言う単語は使うことができます。 男性の場合は外見的なものよりも性格的な要素が多くなります。 見えないところで努力する姿を見たときや、感情表現が豊かで裏表がない姿に多くの人は「いじらしい」と感じます。 また自分に男性でも女性でも、自分に好意を持っている相手にはいじらしい気持ちを感じます。 相手が自分に気に入られようとして行動する姿は、自分が相手に好意を持っている場合には、いじらしい姿として受け取ることができるでしょう。 見えないところで努力する 仕事の場面では、周りに迷惑をかけないよう誰にも見られないように書類の作成をしたり、資料を読んだりと努力している姿を見たときに、いじらしいと感じます。 後輩や新入社員ならなおさらいじらしい気持ちを感じるでしょう。 人が見ていないところでも最善を尽くし、周りに迷惑をかけないように努力する姿は、いじらしく、健気に映ります。 周りに迷惑をかけないようにする、という行為は、周りに対して思いやりを持っているということです。 誰も見ていなくても全力で取り組む姿に、応援してあげたい気持ちが生まれます。 たとえ失敗したとしても、全力で取り組んでくれたことに対しては、嫌悪感は持ちません、反対に「テキトー」にこなされては「生意気」などの負の感情が生まれます。 どんなことにも諦めずにまっすぐに取り組む姿には、心を打つものがあります。 素直で裏表がない いじらしい人は、基本的に素直に自分の感情を出します。 嬉しいときには嬉しそうに、悲しいときには、隠そうとしても悲しさが表情に滲みます。 そのため言葉には裏表がない場合が多いです。 「〇〇さんと仕事ができて嬉しいです」と言ったら、一緒に仕事をして勉強になったと素直に伝えている場合が多く、そんなことを裏表のない笑顔で後輩に言われたら、「こいついじらしいな」と可愛く思うでしょう。 いじらし人は女性でも男性でも素直な人が多く、その感情を表す表現力が素晴らしく高い人が多い傾向があります。 また人によって態度を変える人には、いやらしさを感じるものですが、いじらしい人は素直にまっすぐ人に向き合うので、好感を持たれます。 場の雰囲気を読む 場の空気を読むことに長け、気配りを忘れません。 気配りができるということは、周りに対して思いやりを持っていると言えます。 そのため「周りな空気が重いな」と感じると、自ら明るくなるように行動を起こしたりします。 もちろんそれが鬱陶しく感じる人もいますが、全ては周りのことを慮っての行動で、「だれかのためにしたい」といういじらしい気持ちから出る行動です。 誠実な行動 誠実な行動は好感が持てます。 ただし、「いじらしさ」を感じるのは相手が後輩や部下の場合です。 「いじらしい」と思う気持ちは「応援したい」など「上からの立場」から出ている場合が多いため、上司や年上の男性には「いじらしい」という感情が生まれにくいです。 自分の状況が困難なものでもしっかりと真面目に物事に取り組む姿には、一生懸命さが伝わって、応援したい、手助けしたいという気持ちが生まれます。 それが「いじらしい」という感情です。 それがたとえ失敗に終わっても、負けずに立ち上がり、まっすぐに取り組む姿には、憐憫と誠実さが垣間見えます。 いじらしいは褒め言葉でしょうか いじらしい、は自分より弱い立場や力のないものに対し持つ感情です。 「いじらしいな」と感じるのはどんなときでしょう。 身の丈を考えずに幼子が重いものを持っている姿や自分の力量とは見合わない仕事を懸命にしている場合です。 いじらしいと感じる気持ちの根底にあるのは「憐憫」「優越」「同情」です。 いわゆる「上からの立場から見下げる」感情が下敷きにあります。 「いじらしさ」を感じるのは、自分より力の弱さ、立場の低さを持つ人たちに対してなので、「いじらしい」は決して悪口の類ではありませんが、「お前のことは下に見ているよ」ということなので、むやみやたらに口に出す言葉ではありません。 自分にとっては良い感情を表す言葉で、好意を示す意味で使っても受け取る相手によっては違和感を感じます。 その言葉が好意を示しているとわかっても、褒め言葉とは受け止められない、褒め言葉で使うにはふさわしくない言葉です。 いじらしさは節度を守って いじらしいの「いじ」は意地からきていると言われています。 意地とは自分が思ったことをどこまでもやり通そうとする気持ちのことです。 「いじらしい」は自分の思ったことを真摯にひた向きにやり通そうと懸命に努力する姿のことを「らしい」と婉曲に表現している様子を表しています。 いじらしいは、プラスの意味に取られますが、何事も度が過ぎるとマイナスになります。 健気に頑張っているうちならいいですが、それにひねくれた意地や見境のない執着が加わると、いじらしい姿も毒になり、恋愛においては、相手も自分も殺してしまうだけの力を持ってしまいます。 何事も「ほどほど」の状態が可愛らしいです。 いじらしい気持ちで相手を待つのもいいですが、こない相手を待っていないで、外へ出て、周りを見渡す心の余裕も持ちましょう。

次の

いじらしいとは?いじらしい男女の特徴やけなげとの違い!

いじらしい とは

いじらしいの意味・例文 まずは、言葉の意味を見ていきましょう。 これは、か弱い者や力のない者が、一生懸命に頑張っている姿やその有様、心情が 痛々しくもあわれな様子であると感じることで、放っておけないぐらいかわいそうだと思う人物のことを指します。 このいじらしいを漢字にすると 「意地らしい」となります。 つまり、か弱い人間が意地を見せて頑張ろうとする様子であり、それは周りからみると逆に憐れみを感じて応援しようと感じるものです。 どのような場面で使うか、例文としては 「泣きながらも一生懸命に立ち向かうあの子の姿はいじらしい」 「貧しい環境でも、負けずに笑って暮らしている彼らをみるといじらしさを感じる」 「子どもたちはいじらしくもその大きな人に立ち向かっていく」 これらの例文にあるように、どれも共通しているのは、主語に位置する人物たちは力のない者や立場、環境的にあまり優位な位置にいない社会的に弱い立場にある人々です。 そういった人々がその状況にも負けずに頑張ろうとしている姿に対して使うことが多いです。 いじらしいの類語 類語として挙げられるのは「しおらしい」、「いたいけな、「殊勝な」といったものでしょう。 それぞれの意味とニュアンスを見ていきましょう。 まず、 「しおらしい」は素直で従順な態度であり、控えめでしっかりとした人に対して使う言葉です。 どちらかと言えば、「謙虚」に近いものかもしれません。 これも、その素直さやまっすぐさに可愛らしさや憐れみ、応援したくなるような気持ちになります。 ただ、まったく異なるポイントは、まさに「意地」の部分があまり感じられないところでしょう。 しおらしいの方が落ち着いた大人のイメージを持っています。 次に 「いたいけな」という言葉は、弱弱しく幼い者のことを指して使う言葉です。 そのため、その幼さから可愛らしさや守ってあげたくなるような気持ちを抱いてしまうのでしょう。 少しの違いは対象となる人物が限定的になることです。 そして、 「殊勝な」とは、真面目にまっすぐに頑張ろうとしている様を表すものです。 特に一所懸命なひたむきさで優れている様子であり、決して弱弱しいものではないけれど、素直な人と指して使います。 これも意地のようなイメージはありませんが、そのまっすぐさに応援したくなる気持ちが湧いてきます。 いじらしいとけなげの違い 「けなげ」とは漢字で書くと「健気」となります。 一般的には、「いじらしい」と「けなげ」は非常に近しい意味で用いられ、あまりその区別を意識してつけることはあまりないかもしれません。 ただ、詳しくその意味を捉えると違いがあります。 「けなげ」とは、幼く力の弱い人物が難しい状況に立ち向かう姿、心がけがよく、しっかりしている様を意味しています。 どんな場面で使うかと言うと、例えば 「その少年はけなげにも兄弟たちの面倒を一人で見ていた」 「幼稚園の子供たちが一生懸命走っている姿は健気だ」 「少女が足を延ばして、高いところにあるものを取ろうとする姿はけなげだ」 などといった例文があります。 これらで共通しているのはどれも動作主に価する人物が 「幼い子ども」を指している部分です。 これは大きく異なるポイントでしょう。 「いじらしい」にも幼い子どもが動作主として指し示される場合があるけれど、他にも社会的に弱い立場であったり、大人で単純にその行動や様子が「可愛らしい」時もあります。 つまり、「けなげ」は幼い子ども限定に使うことが多く、さらに、そこには行動や様子の「かわいらしさ」は前提条件にならないという大きな違いがあります。 単純にその幼い子の行動自体に感じる感情です。 いじらしいの方言とは? 地方によっては別の言い方をするときがあります。 いくつか紹介してみましょう。 まず、 「かわいや」と言います。 これは石川県、特に金沢弁の言葉で「いじらしい」と同じ意味を持ったものです。 「かわい」の部分は「可愛いな」とか「かわいい」と思う言葉と同じです。 それに加えて、「や」を付け足すことで、感情を込める役割があります。 また、島根県では、特に出雲地方では「いじらしい」を 「えらしじ」と言うそうです。 あるいは「いらしじ」とも言うそうですが、これで「かわいらしい」とか「いじらしい」を示すそうです。 ちなみにこの「えら」の部分は他の地方でも同じように使われています。 大分の方言でも「かわいらしい」ことを 「えらしー」と言います。 これには「いじらしい」という意味も含まれています。 あとは宮城県にも 「もぞい(もぞこい)」という言葉があります。 これも「いじらしい」と同じ意味ですが、「かわいい」というニュアンスよりも「かわいそう」、「不憫な」といった意味の方が強いようです。 いじらしいは誉め言葉? もし人に対して使った場合、それは褒めことば、つまり良い意味として受け止めても良いのでしょうか。 実際、この言葉を使われる時点で、対象となる人物は少なくとも、それをを言った人から見ると、「弱い人物」と認識していると捉えることができます。 確かに、いじらしいは、相手に対して「頑張れ」とか「ほほえましいな」といった感情を持ってはいますが、その根本は同情や憐れみです。 つまり、「あんなに背伸びして、頑張っているんだな」と言うことです。 悪く言えば、言っている人は上から目線でその人のことを見ていることになります。 ただし、決してそこに悪意があるとは限りません。 例えば、自分の子ども、弟や妹、後輩や年下の人などに対して使うこともあるので、単純に立場的に下にある人に対して使うこともあります。 そのため、必ずしも悪口になるということはありませんが、やはりそうやって言われた側の人間としては、決して「いじらしいって言われた嬉しいな」とは思わないでしょう。 あらかじめ、互いの上下関係や立場、関係性がはっきりしていて納得できるのであれば、悪い気はしないでしょう。 けれども、これが褒め言葉かと言うと、そうとは言えないでしょう。 なので、あまりむやみやたらに他人に対して 使うべき言葉ではないのかもしれません。 例えば、いじらしいはか弱い姿に対しても使うことがあるので、性格や言動などは関係なく、小柄な体格をした女性に対して、「なんていじらしいんだ」と思う人は多いかもしれません。 特に、それは年齢なども関係ないので、成人した大人の女性でも、少々小柄であればそうやって思うことも多いでしょう。 それはやはり、見た目的にも非力であったり、ちょっと押したらステンとコケてしまうような存在であるからでしょう。 また、こういった小柄な女性に対していじらしいと思うのは、特に男性が多いです。 その危なっかしい姿と、小柄ながらも一生懸命にしている姿を見て 「守ってあげたい」と感じることで、男性が抱きしめたくなる衝動に駆られるのかもしれません。 「やりたくない」とか「そんなのできるわけないじゃん」などとは言わずに「頑張ります」とか「やってみます」と言う人には応援したくなります。 こうしたワガママを言わずに、言われたことを 必死にやろうとしている姿を見れば誰だって可愛いと思います。 さらに、文句も言わずに悩んだりしていると、同情や憐れみを感じることもあるでしょう。 しかし、それでもなかなか会社などでは、仕事をふられたら「それは出来ません」とは言えないものです。 もちろん言う人はいるでしょうが、中には「頑張ってやってみます」と言って挑戦する人もいます。 そういったどんなことでも 「やってみます」と言ってチャレンジする女性はなんとも可愛らしいものです。 少々難しい依頼や仕事に対しても、とにかく挑戦してみるという姿は、心配になると同時に支えてあげたくなるような気持ちになるでしょう。 いじらしいと思われる女性は、とにかく何でも挑戦しようとして、さらにそれは仕事など以外でも趣味やプライベートでも同様です。 例えば、今まで知らなかったことに対して興味を持ったり、新しい物には目を輝かせて飛びついたりします。 つまり、 好奇心旺盛な女性のことです。 彼女たちのそのまっすぐな心持ちに「可愛らしいな」と感じることは多いのかもしれません。 実際、たとえ難しいことでも「こんなのテキトーにやってればいっか」とか「本気でやるだけ体力の無駄じゃん」などという人は生意気に感じます。 しかし、たとえ失敗したとしても 全力で取り組んでくれる女性に対して、嫌な気持ちにはなりません。 むしろ、そんな難しいことに対しても諦めずに直進して取り組む姿には、心を打たれるものもあるでしょう。 だからこそ、そんな女性を見ると「いじらしい」と感じざる負えないのでしょう。 例えば、「この前、大きさが2メートルにもなる大きな魚を釣ったんだ」と言った時に、目を輝かせて「ええ、本当ですか。 それはすごいですね。 重かったですか。 見たーい」などと言ってくれると嬉しいですよね。 少々大げさで、あざといイメージがあるかもしれませんが、本気で人の言うことに対して疑うこともなく、信じてくれる女性は「また騙された」とか「素直な子だな」と同情すると同時に、そこに愛くるしさを感じるでしょう。 また、こういった人を信用しやすい人は基本的に 感情表現が豊かな傾向があります。 そして、それをそのまま疑うこともなく、表に出すので、対応している人々も悪い気はしません。 けれども、やはりそこには「すぐに信じる子だな」という憐れみの感情が湧き上がってきます。 例えば、楽しげに他の女の人と話した後に、彼女が寄ってきて「もう、あんなに楽しく話したら、嫉妬しちゃうじゃん」と言ってきたらどうでしょう。 少し悲しそうな目で、頬を膨らませている女性に対して、「可愛いな」と思うはずです。 他にも、誰かに負けた時や、欲しい物が手に入らなかった時に「ああ、悔しい、どうしてダメだったんだろう、次はやってやるからね」と感情むき出しに言う女性もまた、 素直でかわいい子だなと感じるはずです。 そういった面でも、感情、特に嫉妬心を表に素直に出せる女の人に対してはいじらしい気持ちになるのでしょう。 そのため、こういった感情は男同士よりも女性から男性に対してという方向の方が多いかもしれません。 実際、男の人の場合、いじらしいと思われるような状況にいると「男らしさ」を感じられないために評価が悪くなる時もあります。 けれども、それが年下であったり、初々しい雰囲気のある男性であれば、許されることも多いのです。 まずは、どんな時に「いじらしい」と感じるかと言えば、男性でも見えないところで努力をしている人にはそう感じる人は多いかもしれません。 例えば、新入社員や後輩の男が、他の人に迷惑をかけないように、誰も見えていないところでせっせと努力している姿をたまたま見てしまった時です。 そんな時には、きっと 「普段はあんなに情けないのに、実はこうやって頑張ってるんだ」と思うでしょう。 そして、それは放っておけない、気になる気持ちになると思います。 それがいじらしい感情になるのです。 例えば、飲み会や旅行で何かボケたり、ふざけたことをした時に、同期や先輩たちは無視をしている中、後輩の男がそれに思いっきりリアクションを取ったりすればどうでしょうか。 そんな後輩に対して「まったくかわいいやつだな」と思うかもしれません。 つまり、男同士のいじらしさには、弟や後輩が 「なんだか放っておけない」、「自分を頼ってくれている」と実感する時にそんな風に感じるのことが多いのでしょう。 裏表がないということは、自分の気持ちに直であり、そして、感情表現も豊かであるということです。 また、人によって態度を変える人には、何かしらの意図を感じてやらしい人間だなと思ってしまいますが、そういった面がなく、 素直にまっすぐに人と接する姿には、ほほえましく感じます。 それは、その男性が年下や後輩などであることです。 つまり、自分の立場やその時の状況などに関係なく、しっかりと真面目に物事に取り組もうとする姿には、普通以上に一生懸命さを感じます。 例えば、ある女性が一人の後輩の男の子から真剣な顔をして、「好きです。 何があってもあなたを裏切りません」と言って告白してきたときに、年下とか立場とか関係なく、自分の気持ちをはっきりと言えるその 一生懸命な姿には「可愛いな」と思う気持ちがあるかもしれません。 不器用でへたくそだけど、それでも立ち向かっていく姿勢に、「仕方ない手伝ってやるか」、「まったく世話のかかるやつだな」と感じるでしょう。 そういった放っておけない雰囲気を出されると、いじらしいなと感じることでしょう。 負けじと 諦めない男性には憐れみの感情と共に、放っておけないという気持ちが芽生えます。

次の