慈しみとは。 慈しみとはどういう意味?

慈しみハウス【尼崎市】サービス付き高齢者向け住宅【料金と空き状況】

慈しみとは

人の死に直面した時や病気の人と接する時に、その人が元気であった時の事を想って過去の戻れない時を想って慈しむ事ができます。 例えば、夫婦である場合には旦那さんがもうすぐ死ぬという場面で、過去にもう少し優しくしてあげれば良かった、もっと色々な場所に出掛けたかったという風に相手の事を想いながら思い出します。 その時というのは、自然と相手の事を想いながらあれこれ思い出すものです。 人は、人を愛するという事に限界を感じにくいものです。 どれだけ愛しても愛しきれないという言葉があるように、過去の戻れない日々を想って慈しみ、相手を想うという事に限界はありません。 もっと愛してあげれば良かったという風に感じる時こそ、過去の戻れない日々に思いを馳せているという時に慈しみを感じるという事なのかもしれませんね。 愛し合うと混同してしまう事もあるかもしれませんが、愛し合うよりももっとお互いの事を心から想い、自分よりも相手を優先するような気持ちが心情に表れているという事も言えます。 また、「慈しみ」というのは、古来から日本らしい奥ゆかしい心情を表現する表現法として使用されてきました。 その為、この言葉を使った俳句や歌などが多く残されています。 愛する相手に対して贈る歌を作る際には、必要不可欠な言葉であった事がこの事からもわかりますよね。 そして、その歌を受け取った相手もまた、相手の事を想い、慈しみという言葉を使って歌を返すというやり取りがなんとも、奥ゆかしいですよね。 相手の事を大切に想う気持ちが、込められた言葉であると言えます。 しかし、慈しみの心を持った人というのは、他者を責めるという事はまず、しません。 子供が何か悪い事をした時に、親は叱る事はあっても責めるという事はしませんよね。 それは、親が子供に対して惜しげもない慈しみの心を持って接している事が関係しています。 親は、子供の為を想っての気持ちが子を叱るという事に繋がっているのです。 この感情を他人に対して持つという事は、容易な事ではありません。 しかし、この気持ちを他人に対して持つ事ができれば、自然と相手の事を慈しみ接していく事で、自然と相手もあなたに対してそうしたいという風に感じてくるという可能性もあります。 血のつながりがあったとしても、子供も一人の人間です。 その為、自分と全く同じ価値観を持っているという事はまず、あり得ません。 自分とは違う人間の考えをそのまま受け入れようとするには、まず相手の話をよく聞く事です。 相手と懇意になってくると、自然と相手の事を理解しようとしなくても理解できているかのような錯覚に陥ってしまうので、そういう意味でも意見の食い違いが起こってしまうという事も否めません。 その為、どんなに親しくなった間柄であっても、必ず面と向かって話し合うという事は大事な事です。 相手の本音を聞こうとする姿勢こそが、相手にもあなたが本当に自分の事を理解しようとしているんだという風に思わせる第一歩です。 もし、仲の良い相手と最近、イマイチ理解し合っていないような感じがあるのであれば、一度話し合ってみるというのもおすすめです。 他者の本音が、必ずしもあなたの考えていたものだとは限りませんよね。 その為、あなたが聞きたくなかった事も聞く事になってしまう事もあるでしょう。 慈しみというのは、相手のそのままを受け入れる事です。 そして、その事を聞いたうえで相手を受け入れながらも愛すという事になります。 これは、子供と親の間でのやり取りでも多く見られますよね。 しかし、子供も一人の人間として認識し、自分の思い通りに動かないという事であっても頭ごなしに怒っては相手も余計に話を聞いてくれません。 そういう意味でも、一人の人間としてしっかりと見つめ、「この子はこういう性格なんだ」という風に理解しましょう。 そして、それも一つの個性として認める事も大事な事です。 相手の個性を認めるという事は、案外難しい事ですが、その事で相手とも意思疎通ができるようになる事も少なくありません。 ぜひ、お互いの事を認め合うという事を意識した行動を心掛けましょう。 それは、あなたの事を想って言ってくれているという風に感じているからです。 中には、そうは思わないという人もいると思いますが、その場合には理不尽な怒り方をされたり、自分の感情のまま怒りをぶつけられた事があるからではないでしょうか?そうなれば、あなたに対しての愛情を感じる事もなく、疑念しか残りません。 そうではなく、愛情を感じる叱り方はしっかりとあなたに残ります。 慈しみを感じる怒り方で育てられた子供は、親に対して安心感を感じて育つという事です。 両親の愛情を感じながら育った子供は、自分の子供に対しても同様に慈しみを持って接する事ができるのです。 慈しみという言葉は、一見すると特別な人しか身に着ける事ができない精神であるという風に感じる人もいると思いますが、ちょっとした意識を変えるだけで身に着ける事もできるんです。 相手を想う気持ちが強ければ強いほど、相手に対してしてあげたいという気持ちが強くなりますよね。 そういう意味でも、慈しみの精神を身に着けるという事は、難しいようで実は簡単な場合もあります。 子供を産むと考え方が変わるとよく言いますが、それと同じで守るべきものができると途端にできるようになる事もあります。 もし、慈しみの気持ちを持って相手と接したいという場合には、まずは自分自身の考え方を改める事が大事な事です。 そうする事で、相手に対して無償の愛を注ぐ事ができるはずです。

次の

こころが洗われる?!慈しみの効果と体験のすすめ

慈しみとは

聖ヨハネ・パウロ2世教皇は、2002年6月13日の教皇庁内赦院謁見の際に、「神のいつくしみの主日」に免償を付与するための文書を認可されました。 教皇庁内赦院は、教皇様の意向に従い、2002年8月3日に、その文書を発行し、この主日に全免償を受けることができると発表しています。 免償とは、既にゆるしの秘跡を受けて赦された罪に対する償いを免除する、というものです。 自分自身のための他に、死者のため(煉獄の霊魂のため)に免償を受けることができます(『』1498参照)。 免償には部分免償と全免償があります。 免償を受けるためには、教会が定めた条件を満たすことが必要です。 神のいつくしみの主日に全免償を受けるには まず全免償を受けるための通常の3つの条件を満たすことが必要です。 1)ゆるしの秘跡に与る。 (神のいつくしみの主日の前後1週間程度の間に) 2)聖体拝領をする。 3)教皇様の意向のための祈りを唱える。 (主の祈り、アヴェ・マリアの祈り1回ずつで十分ですが、他の祈りを選んで祈ることもできます) 3つの条件を満たし、どんな小さな罪をも退ける決心を持ち、全免償を受けたいとの望みを持った上で、神のいつくしみの主日に次のいずれかを行います。 以上の条件を満たした場合、神のいつくしみの主日の全免償をいただくことができます。 神のいつくしみの主日に部分免償を受けるには 痛悔の心を持ち、いつくしみ深い主イエスへの適切な祈りを唱える場合、部分免償をいただくことができます。 また、全免償の条件を満たせなかった場合にも、部分免償をいただくことができます。 事情があって教会に行けない方や病気の方は 罪を退ける決心を持ち、全免償を受けるための通常の3つの条件をできるだけ早く満たそうとの意向の上で、「主の祈り」「使徒信条」「いつくしみ深い主イエスに信頼する祈り」(例:「イエスよ、あなたに信頼します!」)を唱えることで、全免償をいただくことができます。 (内赦院は、教会に行けない事情として、遠洋漁業などの長期航海中、戦地にいる、闘病中、病人の看護がある、暴動に巻き込まれている、暴動で故郷を追われている等を挙げています) 一人でも多くの方が主のいつくしみの泉から水を汲むなら、主はとても喜んで下さることでしょう。 与えられたこの機会を十分に生かすことができますように。 = 参考記事 = ・ [Vatican] ・ [カトリック中央協議会] = 関連聖品 = ・ [WEBショップ] ・ [WEBショップ] ・ [WEBショップ].

次の

宣教 「神の慈しみと厳しさ」

慈しみとは

「慈しみ」の読み方や意味とは? 聞き慣れない語句で、意味や読み方が分からないという方もいるでしょう。 「慈しみ」について説明します。 読み方 「慈しみ」は「 いつくしみ」と読みます。 元々は「慈しむ」という動詞で、語句の末尾が変化して 連用形になっています。 意味 「慈しみ」とは、 心の内から自然と相手に対する深い愛情がこみ上げて、 大切に思ったり、 愛しいと感じたりすることです。 子供や弱い立場の人に使うことがあります。 目上の人から立場が下の人に感じる、守りたいという保護者のような親愛の情を指すこともあります。 王などの権力者が国民に対して使うこともありますし、神様や仏様の言葉として、信者や人間一般に対して用いられていることもあります。 「思いやり」との違い 「慈しみ」と「思いやり」は似ていると思う方もいるかもしれません。 「思いやり」の方は、 他者に対して様子を見て気遣って行動することです。 最初に相手を 意識して気遣う所から始まる「思いやり」は、愛情や見守る気持ちが自然とわき起こってくる「慈しみ」とは、意味合いが違います。 「慈しみ」を使う場面 どのような所で「慈しみ」を用いるか、予想される場面を挙げてみます。 子供や孫を大切に思って可愛がる感情を、「慈しみ」としています。 人によっては、姪や甥などの兄弟の子供に対しても慈愛の心を感じられることでしょう。 誰に強制されるでもなく、愛情を感じて大事に思う気持ちを指しています。 神や仏自らが自分の立場を上に上げているのではありません。 宗教家や信者にとっては、教えを説いた神様や仏様は上の立場に立ち、尊敬の対象になります。 宗教家が偉大な存在と考える神様や仏様の教えとして、 信者や人間全般を見守って教え導く意味で、説話の中で「 慈しみ」と使うこともあります。 夫婦は、一緒に家庭を作り上げて生活を共にしていきます。 夫婦は他人同士なので、恋愛よりも深い信頼やいたわり、愛情の気持ちを持ち続けないと上手くいきません。 お互いを思い合う優しい穏やかな深い感情を「慈しみ」という言葉で表しています。 王様などの為政者が、 自分を支えてくれる国民や民衆に愛情を持って見守ることを表すのに「慈しみ」を使うこともあるでしょう。 国家などの広い意味でなくても、 集団のリーダーが自分のグループに属している慕って付いてきてくれる人に対して、優しく接して守るという意味で使われることもあります。 年を重ねた女性や 目上の穏やかな女性に使われることが多く、上品で尊敬の対象として見られていることもあるでしょう。 「慈しみ深い態度」・「慈しみに満ちた笑顔」などのように用いられます。 慈しみ深い心を持つ人の特徴 慈しみ深い心の持ち主はどのような特質があるか、例を挙げます。 寛大な心の持ち主• 分け隔てなく他人の良さを認める• 弱い立場の人に優しい• 人のために動く• 穏やかで怒らない• 欲張らずに独り占めしない• 自分よりも周囲の人を優先する その人となりを、項目ごとに詳しく紹介します。 細かいことにこだわらず、人が失敗をしてもいったんは許して見守るような性格をしています。 ミスすると厳しく責めて、人前で怒りをぶつける人もいます。 慈しみの心を持つ人は、 相手の成長を願っています。 注意をしなくてはいけない場合も、声高にストレスのはけ口のように怒ることはなく、一対一でプライドを傷つけないように配慮し、 教え諭すでしょう。 多くの人は、あまり好きではない人の行動を批判的に見る傾向があります。 さもないことでも好意を持っていない相手の短所が目に付き、余計に嫌悪感を抱くこともあるでしょう。 慈しみ深い人は、 行き過ぎている短所を逆に見て、自然と長所の方を見ています。 「自己主張の強い人」であれば、「自分をアピールできる人」と感じ、「決断力がない人」なら、「慎重な人」と言うように良い方に見方を変えられます。 良い所を認められるため、慈愛の心が強くなり、優しい印象を与えるでしょう。 率先してボランティアをし、 社会貢献をすることもあります。 普段でも道に迷っている人や、障害があって先に進めない人などの困った状態に陥っている人に声をかけ、上手くできるように手伝うこともあるでしょう。 弱者に対してとっさに行動できる強さも持ち合わせています。 例えば、職場の掃除やゴミ捨て、来客のお茶の用意や片付けなど、面倒に思われる作業があります。 お給料の中に含まれない仕事を自主的にやるのは嫌とか、仕事を中断してまでやるのは気が進まないということで、やらないでおく人もいます。 嫌がる作業も率先して他の人のために動きます。 やらない人について愚痴をこぼすこともありません。 周囲の人は良く見ているので、文句も言わずに嫌がる仕事を率先してやる人のことを感心して見ていることがあります。 嫌な人に気分を害することをされたとしても、やり返して感情をぶつけ合うことはしないでしょう。 感情をあらわにするのをはしたないと考えることもあるでしょう。 嫌がらせや嫌みなどを言う人をかわいそうと、 哀れみの目で見ていることもあります。 大人の対応ができる素敵な人と評価されることも多いです。 大勢の人に教えたり、他の人の利益になるように動いたりします。 普通の人は自分だけ得をしたいあまり、情報を独り占めして他の人に分け与えないこともあります。 自分一人だけのことしか考えない所があるでしょう。 皆に行き渡るように心がけ、幸せなことを分け与えられるので、多くの人に感謝されるでしょう。 大変なトラブルに見舞われた時に、自分が助かるだけでなく、 周囲の人も助かる方法を考えて優先させようとします。 周囲の人が難しい状態になっている時も、関係ないと放っておくこともせず、一緒になって解決法を見いだすようにサポートする場合もあります。 慈しみの気持ちが強い人は、 リーダーシップを兼ね添えている人とも言えます。 慈しみの心を持つ人になる方法 人に対して慈しみの心を持てるようになるにはどうすべきなのか考えてみます。 相手の良い所を見つける• 悪意を持って接してくる相手にも穏やかに対応• 苦手な相手でもないがしろにしない• 自分の良い所を把握する 方法について、項目ごとに具体的に説明します。 人の良い面を見て嫌な気持ちになる人はいません。 相手への態度も 友好的になります。 相手も優しく慈愛に満ちた態度を取られれば、こちらに好意を持つと考えられ、嫌な態度は取らないでしょう。 周囲の人のことを優しく思えるようになれば、慈愛の気持ちを持てるようになっていきます。 相手にとっても自分にとってもやりやすい環境になります。 慈しみ深くあろうとも、どんなに礼儀をもって尽くしても、こちらを嫌う相手もいます。 嫌な対応をされても、感情的に応対せずに 他の人に対するのと同じ穏やかな態度でいるのがおすすめです。 相手に「慈しみ深い人になれるために 修行の機会を与えてくれてありがとう」と思いながら接すると良いでしょう。 好意的に見てくれる人から、慈しみ深い立派な人という印象を持たれて、さらに評価が上がるでしょう。 早々に切り上げたり、意見の対立を避けるために黙ってしまったりすることもあるでしょう。 例え苦手な相手であっても、ないがしろにしないことです。 慈しみの心で相手に対応しましょう。 にこやかに挨拶をした後、相手の言い分を全部聞きます。 相手が話をしやすいように、適度に相づちをうって言い返さずにじっと耳を傾けます。 途中で自分の意見を差し挟まずに、相手の気持ちを察して親切に優しく振る舞えるようになれば、自然と慈愛の気持ちが湧くようになってくるでしょう。 苦手であった人も認めてくれて、 良き理解者になることも考えられます。 自分のことを好きで自信があるのなら、 自然と相手のことをプラス評価できるようになるため、慈しみの心を持てるようになります。 しかし、自分を罰するように悪い所しか見られないのであれば、人の良い面を見るのは難しいでしょう。 自分の短所だと思う所を挙げて、プラスの評価に変え長所だと思えるようにしましょう。 まず 自分の気持ちや考え方を変えていくのがおすすめです。 慈しみ深い名言集 深い慈しみの心を感じる著名人の言葉をいくつか紹介します。 あなたの愛が表情や眼差し、微笑み、言葉にあらわれるようにするのです。 法王に聖人と認められたマザー・テレサの名言です。 常に人に対して親切な気持ちと慈しみの心を持って接するようにという言葉です。 表情や発する言葉などに表して慈愛の心を示すことにより、相手が気分を良く過ごせることになります。 当事者ではない周囲の人も、愛情深く対応する様子を見ていて、非常に良い気分になるでしょう。 巡り巡って、 皆が自分に対してより良く対応してくれるようになる場合があります。 大企業の経営者である松下幸之助の言葉です。 相対した人の良い点が目に付く人は、幸せな人生を送っていることを言い表しています。 短所は長所の行き過ぎた所だと良く言われています。 悪い所ではなく良い所が目に付くということは、誰に対しても慈しみ深く優しいまなざしで見ていると考えられます。 プラス思考で前向きな生き方をしていることにもなるでしょう。 優しく人を見ていれば、嫌なことを目にせず幸せな気持ちでいられますし、相手も嬉しく好意を持ってくれることでしょう。 三重苦の障害を負ったヘレン・ケラーの言葉です。 どのような人であっても、誰かの苦しみを和らげられる存在であれば生きている意味があると言うことです。 自分自身の存在を念頭に置いて発した言葉と思われます。 しかし、誰の役にも立っていない、生きる価値がないと落ち込んでいる人がいれば、自分自身が救われる言葉でしょう。 孤独な人であっても、仕事や趣味、日頃の活動を通じて誰かの役に立っていると思われます。 全ての人に対して、慈しみ深い気持ちを込めた優しい名言です。 だから、人々は彼のことを好きだった。 アメリカの作家マーク・トウェインの言葉です。 人に慈しみの気持ちを接していれば、好意で返してくれるということです。 まず、 自分から慈しみの気持ちを表に出して人に接することが大事ということでしょう。 人間関係で悩んでいるのであれば、自分から慈愛の気持ちを示してみるといいでしょう。 すぐには無理かもしれませんが、取りあえず挨拶から明るくはきはきとしてみるとよいかもしれません。 相手の身になって考えれば、結びつきが生まれる。 相手の身になって与えれば、愛が芽生える。 中国の思想家の老子の言葉です。 優しい言葉をかけたり、相手の身になって対応したりして信頼や強い結びつきが生じることを言っています。 更に、 相手に慈しみ深い気持ちを持って接すると 愛情が芽生えると説いています。 相手を包み込むように深く慈愛の気持ちを持つことが、愛情に繋がるのでしょう。 悲しみの感情や、独占して欲しいと願う気持ち、怒りの心は非常に強いマイナスの感情です。 マイナスの感情を持ち続けると、悪い影響を受けることがあります。 悪い気持ちを、その人の持つ能力や慈しみの心、知恵という前向きな力に変えていけるように持って行けば、幸せになれるということを示しています。 初めのうちは切り替えが難しいかもしれません。 前向きで幸せな生き方ができるように、少しずつでも努力しましょう。

次の