ポケモン ブルンゲル 育成 論。 【ポケモン剣盾】ブルンゲルの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ブルンゲル/対戦

ポケモン ブルンゲル 育成 論

皆さんポケモン剣盾は楽しんでいらっしゃるでしょうか。 技マシンのラインナップがしょぼくなったり、使い切りの 技レコードを集めるために レイドバトルをひたすら周回したり、そもそも メタモン狩りに勤しんでいたり。 今作は「育成自体」は簡単になりましたが、育成をするための前準備がかなり大変になったと思われます。 その時の流れをまとめましたので、今から育成を始めたい、という方の参考になれば幸いです。 ちなみに、 個体値と 努力値、 性格補正等のパラメータについては知っている、という前提でお話しします。 以上のパラメータについて知らないという方は Google等で調べてから見ていただくとより理解できると思います。 個体値や 努力値等はすでに色々な方が分かりやすく解説してくれているので、 Wikiや Youtubeを利用して勉強しておくと良いでしょう。 ポケモン剣盾用の耐久努力値調整ツールを作成しました! ぜひ使ってみてください!• 検討フェーズ ポケモン育成をする上で絶対に必要になるのがこの「 検討フェーズ」です。 大げさに言っておりますが、簡単に言うと「 何を育てるか考える」だけです。 自身のパーティの弱点を補ったり、長所を伸ばしたり、エースを育てたり。 対戦においてどのような役割をさせたいかを検討して、それに合うポケモンを検討しましょう。 単純に、「 このポケモンが好きだから育てたい!」でも良いです。 というかそっちのほうが健全。 私はBWのころ、 ナットレイと合わせてよく使っていた ブルンゲルを育てることにしました。 優秀な耐性と耐久、そして新たに獲得した「 ちからをすいとる」が非常に面白そうだったので、一番に育ててみたいと感じたからです。 ちからをすいとるを使いたい、ということは物理攻撃に対して強くなれるということ。 幸いにも ブルンゲルには おにびや ねっとう等、物理アタッカーに対して強く出られる技を豊富に持っていますので、物理耐久は種族値以上に高いポケモンです。 よって、今回は 物理受けポケモンとして育てることにしました。 必要な能力は HPと 防御。 他の値も高いに越したことはありませんが、物理受けとして使用するならこの2点が重要。 一番要らない能力は 攻撃。 ブルンゲルの物理技はそこまで選択肢も広くなく、 種族値的にも高いほうではありません。 よって、理想的な 個体値は 31-x-31-31-31-31の5V。 そして、 性格補正は物理受けということで防御アップの性格が良いでしょう。 一番要らないのは攻撃なので、攻撃下降、防御上昇の性格である「 ずぶとい」を狙っていきます。 これを孵化厳選で粘っていきましょう。 準備フェーズ 事前準備 事前準備はどの物事に対しても重要。 ポケモン育成に対しても例に違いません。 厳選、育成を始める前に最低限以下は準備しておきましょう。 あかいいと• かわらずのいし• 高個体値 メタモン複数体(V箇所を補完し合っているもの)• お金(50万円以上(リアルマネーじゃないよ)) 何故必要なのか、方法等は以下の記事にちょっとだけ紹介しておりますので、そちらをご参照ください。 上記リストを準備し終わったら、ようやく準備フェーズ本番です。 親ポケモンの準備 育成の方法は色々あるのですが、タマゴを生むことができるポケモンは基本的に孵化厳選を行うことを推奨します。 理由は2点。 タマゴから生まれたポケモンは 親ポケモンの個体値をランダムで引き継ぐので、 高個体値の親ポケモンを用意できれば簡単に高個体値のポケモンが厳選できること。 そしてもう1つが、 タマゴ技と呼ばれる タマゴから生まれたポケモン限定で使用できる技があること。 この タマゴ技を覚えさせるにはいくつか条件があるのですが、詳細は省きますので各自調べてみてください。 今回使用したい技である「 ちからをすいとる」も ブルンゲルは自力で覚えることができないので、タマゴ技によって覚えさせる必要があります。 というわけで、今回準備すべき親ポケモンはこちら• 用意する方法はなんでもよいのですが、一番オーソドックスな方法は野生ポケモンの捕獲でしょう。 プルリル、そして フワライドは両方 ワイルドエリアのシンボルでエンカウントできるので、割と簡単に捕獲することができます。 というわけでサクッと捕獲。 進化前のポケモンは クイックボールを利用すると割と簡単に捕獲できます。 50個ぐらいは常に持っておくと良いかもしれませんね。 捕獲した フワライドに ちからをすいとるを覚えさせます。 技の思い出しで覚えさせることができるので、こちらもサクッと準備。 ハートのうろこを集めなくても良くなったのはマジで便利ですね。 RTAやるとしてもかなり重宝しそうです。 ここまで準備できたら、 5番道路もしくは ワイルドエリアの育て屋に2匹を預けてひたすら自転車でうろうろします。 タマゴが見つかると、育て屋の外にいる人が考える人のようなポーズをとるので、そうなったら話しかけてタマゴを貰いましょう。 あとは孵化するだけです。 これで、 ちからをすいとるを覚えた プルリルが用意できます。 今後はこのポケモンを核として、どんどん個体値をよい世代を孵化させていくことになります。 厳選フェーズ お目当ての技を覚えた プルリルを用意できたので、どんどん世代を進めて高個体の プルリルにしていきましょう。 そのために必須なのが高個体の メタモン、そして目当ての性格の メタモンの2匹です。 今回はちょうど目当て性格である「 ずぶとい」かつC欠け5Vの メタモンがいたので、この子を使っていきましょう。 メタモンに かわらずのいしを持たせ、 プルリルに あかいいとを持たせて育て屋にあずけましょう。 そして孵化。 HPと攻撃がVの ずぶといプルリルが生まれました。 おそらく、 メタモンからHPと攻撃の個体値が遺伝されたのでしょう。 こちらの方が良い個体なので、現在預けている プルリルとこの プルリルを親スイッチ。 再度孵化作業です。 第3世代 第4世代 親を入れ替わり差し変わりして、ようやくC欠け5Vの プルリルが生まれました。 しかし、今回の目標はA欠け プルリル。 今回の親の組み合わせだとこれ以上理想個体を粘るのは難しいので、 メタモン側をスイッチします。 こちらも都合の良いことにA欠け5V メタモンがいたので(というかこいつがいたから ブルンゲル育成に着手したのですが)この メタモンを親に孵化をしていきます。 これで、Cを メタモンから、HBDSをどっちかの親から遺伝すれば、無事理想個体の誕生です。 OK! 育成フェーズ 正直に言って、厳選が終わったらポケモン育成のほぼすべては終了。 あとは ウィニングランだったりします。 努力値振り まず初めに努力値振り。 レベルを上げる前にやっておかないと、邪魔な努力値が降られてしまい、後で努力値を下げることが面倒になります。 よって、取りあえず真っ先に努力値を振っておくことをお勧めします。 今回は物理受け ブルンゲルなので、H252 B252 S4の割合で振っていきたいと思います。 んで、前作までは、同じポケモンを倒し続けて努力値を獲得していたのですが、今作は違います。 薬漬けにしてしまいましょう。 おっと・・・ 今作から、マックスアップやタウリン等、1つで10の努力値を稼ぐことができる薬の努力値上限がなくなりました。 つまり、薬だけで252まで努力値を振れてしまいます。 と言うわけで、薬で一気に振ってみました。 まずはHP。 HPの努力値はマックスアップで上げることができます。 ので、 マックスアップを26個プルリルに与えます。 この時点で254,800円の出費。 防御を上げるにはブロムヘキシンですね。 ので、 マックスアップと同様に26個与えます。 同様に256,800円の出費。 これでHとBに努力値が振り終わったので、最後にSを上げるインドメタシンを使用。 これは1個で良いですね。 9,800円の出費です。 これで努力値振りは完了です。 ぶっぱ振りならこの薬振りがかなり楽ですね。 お金は519,400円飛びますが。 レベル上げ 努力値が振り終わったら次はレベル上げ。 主な対戦では50フラットルールが主流なので、最低でも50までは育てておきましょう。 けいけんアメを与えて一気にレベルを上げるのが最高効率でしょう。 今回は消費した 519,400円を稼ぐためにも、トーナメントにてレベル上げをしました。 やり方は簡単。 プルリルに しあわせたまごを持たせてひたすらトーナメントを行うだけです。 普通に控えに入れてトーナメントを2周ぐらいすればレベル48ぐらいまで育ちましたので、あとはけいけんアメで調整。 無事にレベル50の ブルンゲルまで育てることが完了しました。 技の整理 あとは技を覚えさせていくだけです。 技を覚えさせる行為自体は 技マシンや 思い出しで簡単にできるので、好きに覚えさせていきましょう。 今回は物理を受けやすくなる おにび、そして物理アタッカーを逃がさない うずしお。 あとは技範囲優秀なゴースト技である シャドーボールを選択しました。 特性は のろわれボディ。 耐久方にはもってこいの特性ですね。 ダイマックスレベル上げ 前作までならこれで育成終了だったのですが、今作からは ダイマックスレベルというものも上げないといけません。 とは言いつつも、このレベルはアイテム、 ダイマックスアメを使用することでしか上げることができないので、 マックスレイドバトルを行って集めておきましょう。 これにて育成終了です! まとめ• 最初は遺伝技や性格一致の親ポケモンを用意することを目指す• 最低でも4Vのメタモンを2匹は持っておくこと• 努力値は薬が楽• ダイマックスレベル上げを忘れずに! 特にダイマックスレベル上げは今までポケモンをプレイした人ほど忘れそうな気がするので、新しい要素としてしっかりと身に着けておきたいですね。

次の

【ポケモン剣盾】ブルンゲル物理受け・耐久潰し育成論!

ポケモン ブルンゲル 育成 論

こんにちは hamuwoです。 第 5世代から登場したみず・ゴーストタイプ、ブルンゲルの物理受け・耐久潰し型についてまとめていきます! ブルンゲル …この得体の知れない生物感が良いですよね~。 わたしは第 5世代 BWの対戦でも、ナットレイと合わせて使用していました。 さて、ポケモンは剣盾環境になってブルンゲルはどうなったかというと … ちからをすいとるを習得しました! かくとう・みずタイプ受けとして優秀だったブルンゲルですが、回復とこうげきダウンを兼ねた超凶悪技を覚えるなんて …! 「これは物理受けブルンゲルを作るしかない!」と思い立ち、作成した型になります。 えっ、サニーゴの方が固い? いえいえ、今回紹介するブルンゲルは、単なる物理受けだけではありません。 HP H :100• こうげき A: 60• ぼうぎょ B: 70• とくこう C: 85• とくぼう D: 105• すばやさ S: 60 Hと Dが高く、一見特殊受けが向いてそうな種族値ですが、 みず・ゴーストタイプを活かすなら特殊受けは向いていません。 なぜなら、環境に多いドラパルト・ミミッキュ・ギャラドスへの対策として採用されていることが多い、 あくのはどう、シャドーボール、ボルトチェンジなどがひっきりなしに飛んでくるからです。 優秀な物理アタッカーが多い剣盾環境に対して、みず・ゴーストという独自のタイプと、新規で取得した「ちからをすいとる」を活かして、 物理かくとう・みず・ほのお・こおり技を受けていきます。 ナイトヘッド• ちょうはつ• ちからをすいとる• おにび 非常にサニーゴと似ていますが、ちょうはつが一番の差別化ポイントになります。 役割的には、ほぼこれで確定ですが、他の候補技についても解説します。 ナイトヘッド どんなポケモンに対しても 50ダメージを与える超安定技。 ただ、 追い込むまでが非常に遅い。 シャドーボールに変えるのも無くはないですが、火力が低いです。 環境にエスパータイプが少なく、ゴーストタイプ同士の打ち合いになるとほぼ負けるので、交代読みで打つのみ。 耐久ポケモンに対しても、じれったくなるほどダメージが通らないのでナイトヘッドがおすすめです。 ちょうはつ 相手の変化技を封じます。 サニーゴとの差別化ポイントで、耐久ポケモンキラーになる今回のコンセプトの 1つ。 ブルンゲルは有利な相手を非常に流しやすいですが、交代先に積まれたりすると手に負えなくなります。 交代読みでちょうはつを打って行動を制限すると、後続の負担を減らすことができます。 主にトゲキッス 3. ちからをすいとる 回復とこうげきダウンを兼ねた、 物理弱点をしのいで押し返せる優秀な技。 物理アタッカーに対面して、 おにびの命中が不安なときに打つと確実に有利を取れる が、相手の交代も多い。 代わりにじこさいせいを搭載した場合、一見特殊も受けれそうですが、環境的に出てくる特殊アタッカーがロトム・サザンドラ・ドラパルトなので逃げた方がいいです。 おにび 物理アタッカーを機能停止させる技。 悠長に居座ってきた相手に打ちます。 耐久はギリギリなので、これを外すと壊滅しがちなのがネック。 ヒヒダルマ ガラル ようき A252 じしん 39. が、9割とんぼがえり。 笑 対面からでも殴ってくる可能性がある、 ウインディ・ローブシン・ルチャブル・ナットレイにはちからをすいとるから入ることで安定します。 トゲキッスなどへの交代読みでちょうはつを連打しつつ、変えない場合は隙を見てナイトヘッドで OKです。 こちらから積極的に叩かないので、だっしゅつボタンの発動を防ぎ、壁ターンを稼ぐことも可能です。 ナットレイはパワーウィップがあって一見不利に見えますが、単純な A252振りだと確実に耐えます。 こだわりハチマキを持っているとひんしになりますが、ナットレイの型に気付けば、先制ちからをすいとる orおにびで受けることができます。 vs耐久ポケモン ダメージ計算 そもそも相手からの有効打がないので、計算する理由はないですが、念の為まとめます。 ヌオー ずぶとい A0 じしん 21. ヌオー・ドヒドイデ・サニーゴが打つ、ねっとうを半減するので、かなり有利に立ち回れます。 ただし、 ちからをすいとるで HPが回復しきらないことが多いので、相手の交代には注意です。 ブルンゲルが不利なポケモン ブルンゲルが絶対勝てない、交代するべき相手をまとめます。 これらのポケモンに対して受けられる、相性補間相手を用意しておく必要があります。 物理でもゴースト・あくには弱く、 ドラパルトとバンギラスは天敵です。 上からちょうはつを打たれるバルジーナや、 3つの変化技を返してくるブリムオンなどにも為す術はありません。 ブルンゲルとの有利不利を決めづらいポケモン 技構成などで有利不利が入れ替わる相手をまとめます。 ナットレイ BW世代に流行った組み合わせ。 当時はあく・ゴースト技をはがねで受けられたが、今は等倍なってしまったので若干性能は下がった。 それでもブルンゲルが苦手なでんき・くさ技受けとして機能し、ナットレイが苦手なほのおをブルンゲルが受けられる。 ブルンゲルへの対策 このブルンゲルに対面した相手目線で考えてみます。 まず、特筆する耐久ステータスがないので、 一致弱点技なら倒し切れます。 ただし、 有効打が 1つしかない場合は、のろわれボディに注意。 あえて別の技を打って縛らせたりする戦術もあり。 弱点をつけるからといって不一致技を打つと、おにび・ちからをすいとるで返される。 物理アタッカーは居座らないのがベスト。 後出しが苦手なので、 耐久ポケモンでも交代読みでどくどくを打つと機能停止させられる。 まとめ 最後にこのブルンゲルの強いポイントと弱いポイントをまとめます。 ブルンゲル 物理受け・耐久潰し が強いポイント• 有効打の無い物理アタッカーや、火力の低い耐久ポケモンを完封して流せる。 有利不利がはっきりしているので、呼ぶ相手が分かりやすく対策しやすい。 ブルンゲル 物理受け・耐久潰し の弱いポイント• 耐久はサニーゴより低いので、受け出し性能は低め。 おにびを外すと壊滅しがち。 流した相手の後続に負担をかける技がほぼないので、交代読み交代や優秀な相性補完ポケモンが必要。

次の

ポケモンに詳しい方、ブルンゲルの育成論教えてください。

ポケモン ブルンゲル 育成 論

耐久重視ブルンゲル育成論概要 メガガルーラが環境トップにする環境では必然的にゴーストタイプの価値が上がっていきます。 今回はそのメガガルーラに強いゴーストタイプであり、加えてみずタイプの耐性も持っているブルンゲルについて紹介します。 ブルンゲルは特性のろわれボディを持っているため、じこさいせいと合わせることによって 相手がブルンゲルに対して打点をなくす場面を作ったり、相手のメイン技を使えなくすることが出来ます。 耐性が優秀でそれらの動きと非常にマッチしたポケモンだといえます。 運用方法 ブルンゲルはその耐性と特性、おにびとじこさいせいをあわせて状態異常やけどをばら撒き、相手の物理のポケモンを弱体化させつつ戦うことが出来ます。 また、じこさいせいを持っているため、場持ちがよく相手にとって嫌らしい存在になります。 特にヒードランのねっぷうやニンフィアのハイパーボイスなどの全体技がブルンゲルに当たってのろわれボディが発動してしまうと相手はメイン技を失い、交代せざるおえません。 相手にどんどんハラスを仕掛けていくことが重要になってくるでしょう。 HPの配分についてはたべのこしの回復効率を重視したものにするよりも耐久値をじこさいせいで回復する量を優先し、実数値207 16n-1 調整としました。 今回のブルンゲルは耐久振りで相手に状態異常やけどを撒く役割を持っているため、メイン技となる水タイプの技はハイドロポンプなどの火力を意識したものではなく、3割の確立で相手をやけどにすることができる ねっとうが採用されました。 おにびはねっとうが3割の確立で相手をやけどに出来るといってもメガガルーラの前ではふいうちがあるため、迂闊に攻撃技を選択することができません。 そのため、相手を確実にやけどにする上でもおにびは外すことのできない技でしょう。 じこさいせいはブルンゲルの耐久と特性を最大限に生かすことの出来る技です。 相手の攻撃を受けて、じこさいせいを選択し続けることでのろわれボディを発動し、優位に立つこともできます。 やけどによる定数ダメージを稼ぐ上でも重要になって来るでしょう。 まもるを採用することで攻撃技がねっとうのみになってしまい、一部のポケモンに対して打点を持つことが出来ませんが、それらのポケモンはブルンゲルに対して打点を持つことができないポケモンが多かったため、定数ダメージを稼いだり、集中攻撃をいなすことが出来るまもるが採用されました。 火力 ねっとう H4ファイアロー ダメージ: 162〜192 割合: 105. ブルンゲルは耐久面においては優秀ですが攻撃面では火力がなく、ブルンゲルの横に並んでいるポケモンが集中攻撃をされやすいため、隣のポケモンも耐久が高くある必要性があります。 特に耐性が優秀なナットレイや種族値の高いメガメタグロスやメガボーマンダなどと相性がいいといえるでしょう。 この記事は、地紋さんに書いて頂きました。 記事の記事のアイディア 書いて欲しいポケモン、構築のなど)・質問があればリプライをこちらまでお願いします。

次の