アロマ オレンジ 郡山。 安眠に効果的!アロマのプロが選ぶ、眠りを誘う10種の香り

オレンジの香りと効能・使い方

アロマ オレンジ 郡山

オレンジにアロマオイルの効果・効能とは!? 心 オレンジのアロマオイルには リラックス効果があると言われています。 中には完璧主義者の人もいますが、そういった人はストレスをためがちになります。 オレンジのアロマオイルには、 考え方に柔軟性を与え楽しむという感情を与えてくれるそうです。 体 消化器系の不調に働きかける効果が期待できるようです。 消化器系の働きが悪いときにオレンジのアロマは循環を促す効果が期待でき、 消化促進、食欲増進、腹痛、悪心嘔吐、便秘、過敏性腸症候群などによいと言われています。 そのほかには緊張を和らげる効果もあることから、緊張からくる頭痛にもよいと言われています。 オレンジのアロマはゴキブリ対策に効果はある!? オレンジ・スイートには、ゴキブリを寄せ付けない効果があるようです。 ゴキブリだけでなく虫全般が柑橘類の香りを嫌う傾向にあり、柑橘類に含まれる「d-リモネン」が苦手です。 オレンジ・スイートの香りをゴキブリがいるところに広めておけば、近づけないため対策になります。 しかし、本気で駆除したいという場合には「ハッカ油」などをブレンドするとより効果を発揮してくれるでしょう。 犬にオレンジのアロマは使っても大丈夫なの? オレンジのアロマには食欲不振、消化不良、便秘、気分を明るくする効果が期待でき、犬もオレンジの香りを好むようです。 しかし、マッサージなどには使用しない方が良いそうです。 愛犬と一緒にアロマを楽しみたいという人も多いようです。 オレンジの香りを好む犬もおおいですが、中には性格や耐性によって体調を崩してしまう犬もいます。 アロマの香りでストレスを感じてしまい、いつもと違う様子が見られた場合にはすぐに中止してあげることをおすすめします。 スポンサードリンク オレンジのアロマオイルの使い方とは!? アロマバス、玄関に置く、リビング、トイレ、バスルーム、手作り石鹸、クレンジングオイルに混ぜるなど様々な使い方があります。 精油:オレンジ・スイート、ラベンダー、アングスティフォリア• 50mlほどのスプレー容器• 50mlのスプレー容器にエタノールを約 10ml入れます。 エタノールを入れた容器にオレンジ・スイートを 20滴ほど入れます。 蓋をしてよく振り、エタノールが溶けたら水道水を容器の肩まで入れます。 これで完成です。 使用するたびに良く振ってから噴霧してください。 オレンジや柑橘系のオイルは色味がしっかり付いてしまう事があり、色味が付くという事は新鮮な証拠ですが、部屋に使用した場合、高温多湿の環境ではむわっと香りがこもってしまう場合があります。 そういった場合、暑苦しい印象になることがあるので注意が必要です。 オレンジのアロマブレンドで相性がいいのは何!? オレンジ・スイートはっても良い香りを発揮しますが、長い間香りを保つ事ができません。 オレンジ・スイートと相性の良い精油を混ぜる事で、上品な香りを少しでも長く保つ事ができるそうです。 オレンジ・スイートと相性の良い精油は、オレンジ以外の柑橘系、クラリセージ、フランキンセンス、ネロリ、ラベンダー、スパイス系、ミルラなどがあります。 一番おすすめの精油は ラベンダーで、ブレンドする割合を変えることでいろいろな香りを楽しむことができます。 スポンサードリンク まとめ 今回は、オレンジのアロマオイルの効能やアロマオイルの使い方などについてご紹介しました。 今はアロマオイル専門店があるほど人気があり、リラックス効果があるものなど種類によってさまざまで 1日の疲れをリフレッシュさせてくれるものなどもあります。 オレンジのアロマオイルと他のアロマオイルをブレンドすると良いのかについてまとめてみます。 本気でゴキブリの駆除を考えている人はオレンジ・スイートにハッカ油をブレンドすると良いそうです。 しかし、犬の鼻は人間の何倍もの嗅覚があるので、アロマオイルの香りがストレスとなり体調を崩してしまう場合もあるようです。 その場合にはすぐに中止してあげるようにしてください。 自分のお好みに合わせてブレンドするといいかもしれませんね! オレンジだけでなくアロマオイルは、体や心などいろいろな場所にいろんな効果が発揮してくれるので、疲れが溜まっている時などにはリラックスできるアロマオイルを使用してみてはいかがでしょうか? スポンサードリンク.

次の

【アロマ】オレンジスイート|特徴・精油に期待される効果とは

アロマ オレンジ 郡山

誰をも笑顔にしてくれるような、オレンジの香り。 日本人は昔からミカンを食べているため、オレンジの香りにはなじみがあるとも言われています。 子供から大人まで幅広く好まれる、万人受けの香りと言っても過言ではありません。 アロマセラピーだけでなく、食べ物や日用品など、広く香料としても使われています。 香り選びに迷ったら、まずはオレンジからはじめてみてください。 オレンジの基本情報 甘く爽やかななじみやすい香り 学名:Citrus sinensis 科名:ミカン科 抽出部位:果皮 抽出方法:圧搾法 どんな香りの印象? オレンジのエッセンシャルオイルは、スイートオレンジの果皮に含まれています。 果実を圧搾すると、果汁とエッセンシャルオイルが抽出されます。 熱を加えずに、果皮に力を加えて抽出する「圧搾法」という抽出方法のため、成分は植物のエッセンスそのもの。 フレッシュで爽やかな、まさに「オレンジ」の香りです。 それゆえに、香りの劣化が早いという面もあるので、早めに使い切りたいオイルです。 数多くのエッセンシャルオイルの中でも、親しみやすさやなじみやすさは抜群で、太陽のように暖かく明るいイメージをもっています。 気分を明るく元気にしてくれます。 嬉しいことに安価に手に入るので、毎日の生活の中で使いたい、毎日嗅いでいても飽きない香りです。 爽やかな香りでリフレッシュ作用もありますが、明るく甘い香りは心を落ちつかせ、安心感をもたせてくれるような、リラックス作用も期待できます。 胃腸の働きを整え食欲を高めてくれたり、元気のない時には明るさや幸福感を感じさせてくれる香りです。 使用する際の注意点は? オレンジのみならず、柑橘系オイルは、色味がしっかりとつく場合があります。 オレンジ色の色味は、新鮮な証拠でもありますが、ハンカチなどに垂らして使うときや、エアミストにして使うときには、多少注意が必要です。 また、空間演出の際には、高温多湿の環境下で使用すると、むわっと香りがこもるような暑苦しい印象になる場合もありますので、使用する環境の特性などには注意してお使いください。 オレンジと相性のいいオイル 同じシトラス系はもちろん、ウッドやハーブ、フローラルなど、どの香りとでも相性がよく、非常に使いやすい香りです。 ブレンドの中にオレンジを加えることで、香りがなじみやすくなり、受け入れられやすい香りになります。 オレンジを使ったブレンドオイル 使うシーンや季節 一年中使える香りではありますが、夏の暑い季節には、こもったような印象にもなりがちなので、同じシトラス系でも、グレープフルーツやレモンなど違う香りを活用してみて。 子供から年配の方まで使える香りなので、お家で使う場合は、子供部屋やリビングでの使用もおすすめです。 好き嫌いがあまりなく、たくさんの方がいる空間でも、みんなが居心地よく、明るく元気にしてくれる香りです。 日々の生活の中にうまく取り入れてみてください。

次の

【アロマ】オレンジスイート|特徴・精油に期待される効果とは

アロマ オレンジ 郡山

Contents• オレンジスイートとは オレンジスイートの特徴・歴史 フルーティーで甘酸っぱい、柑橘系の香りが楽しめるオレンジスイートの精油。 スイートオレンジというのは食用に適したオレンジのことを指しているので、果物として普段食べているオレンジそのものの香りと言っても過言ではないでしょう。 オレンジの香りはお菓子や飲料類から入浴剤・芳香剤など様々なシーンで馴染みのある香りですし、苦手な方もほとんどいないオレンジ精油は老若男女問わずに人気があるアロマオイルの代表格とも言われていますよ。 また刺激が少ないことからお子様に対する使用にも適しており、アロマテラピーでもと並んで入門編・初心者向けオイルとされています。 オレンジなど柑橘類の原種はインドのアッサム地方原産と考えられています。 オレンジがヨーロッパに伝えられた時代・経路については諸説ありますが、2世紀頃に中国からローマへと伝わり、7世紀頃にイスラムを通じてヨーロッパに持ち込まれたという説が有力なようです。 余談ですがギリシャ神話で最も美しい女神に捧げられた「黄金のリンゴ」の正体はオレンジだったのではないかという説もあります。 スイートオレンジは15~16世紀にインドで誕生したと言われており、中国からポルトガルを経由し地中海沿岸に広がった・17世紀頃に十字軍遠征の戦利品としてヨーロッパにもたらされた説があるそう。 現在は原産地のインドよりもアメリカ西海岸やフロリダ、地中海沿岸などが主要産地となっており、世界で最も多く栽培されている果樹とも言われるほど世界中で愛されている存在です。 ペストはさておき、現在でも抗菌・抗ウイルス作用があることから、ヨーロッパの病院ではオレンジのアロマを散布しているところもあるのだとか。 市販されている精油 エッセンシャルオイル も一年中安定の地位ではありますが、冬場により需要が高まると言われています。 万人受けする香り・価格も安め・妊娠中の方やお子さんが居ても希釈濃度に気をつければ利用できると、デイリーに色々と活躍してくれるオレンジスイートの精油。 様々な精油が販売されていますが、品質には結構バラつきがあるため注意が必要なんだとか。 というのも精油を作るためだけにオレンジを使用したものだけではなく、 ジュースを絞った後のオレンジ果皮を蒸留して精油を抽出している場合もあるからだとか。 廃棄物の再利用とも言えますから、こちらの方が安値。 品質・香りともに劣るとは言われているものの、アロマオイルや芳香剤・食品用の香料などに広く活用されています。 皮膚利用に適した精油として水蒸気蒸留されたオレンジスイート精油も販売されていますが、悪質なメーカーでは再利用オレンジ果皮のものを販売しているケースもあるそうです。 精油の場合は品種に関わりなくスイートオレンジと呼ばれていますが、バレンジアオレンジを原料として抽出されたものが多いようです。 ブラッドオレンジやネーブルオレンジ果皮を原料にしたものは販売社によってスイートオレンジとして販売しているもの・品種名を商品名として表記しているもの、両方の場合があります。 基本的な組成は大きく変わりませんが、品種や産地などによって各成分の含有量・香りは若干異なります。 ちなみにビターオレンジはとが主に利用されています。 専門家の指示のもとで利用されたり、食品や芳香商品などの製品用として用いられることが多くなっています。 香りにも、オレンジそのものにも、明るさやポジディブさを連想される方が多いのではないでしょうか。 2014年に『Journal of Complimentary Therapy of Medicine』に発表された女子大学生20人を対象に行われた研究報告では、 オレンジオイルによる嗅覚刺激が生理学的・心理的緩和を誘発することを示唆しています。 このためオレンジスイートは不安や落ち込んでしまった状態から、気持ちを切り替えるサポートをしてくれると考えられています。 緩和作用によってイライラや怒りを落ち着ける働きも期待できますので、精神的な不快感全般に役立ってくれるでしょう。 明るい香りはリフレッシュにも効果が期待できますし、気持ちを前向き・明るくするサポートをしてくれることから完璧主義で常に気を張っていたりストレスを溜め込みやすい方に適しているとも言われています。 気持ちが落ち込みがちな時だけではなく、仕事や心配事が頭から離れない時などに使用してみては如何でしょうか。 安眠のサポーターとしても オレンジスイートの精油は気分を明るくポジティブにしてくれる精油と称されていますが、脳を刺激して活性化させるようなタイプではありません。 このため一日の終りに使用することで神経系を落ち着け、寝付きを良くしたり睡眠の質を高めてくれる働きも期待されていますよ。 2015年に発表されたでも、不眠緩和に使用するエッセンシャルオイルの一つとしてスイートオレンジが掲載されています。 肉体面への作用と効果 オレンジスイートの主成分である リモネンは健胃・消化促進・整腸など胃腸機能サポートに役立つと考えられています。 そのほかに血行促進作用や唾液分泌を高めることで食欲増進効果も期待できますから、食欲不振・消化不良・便秘・下痢・お腹の張りなど幅広い胃腸トラブルの緩和に役立ってくれるでしょう。 精神面への働きかけと合わせて特にストレス等に起因する胃腸不調に高い効果が期待されており、神経性の胃痛・消化不良・胸のつっかえ感などの軽減に有効とされています。 ただし 胃腸機能を活発にすることで食欲増進作用を持つと考えられますから、ダイエット中の方や過食傾向の方であれば注意して使用してみてください。 その他には血流を良くすることで高血圧改善、精神面の働きかけと合わせてPMS 月経前症候群 の諸症状軽減、抗炎症作用と合わせて気管支炎や花粉症などのアレルギー性の呼吸器疾患・関節痛や神経痛などの痛みの軽減にも効果が期待されています。 また精神面への働きかけによるものか、性ホルモン系に働きかけるかはハッキリしていないようですが、欧米では軽度の催淫作用があるという見方もあるようです。 風邪予防や回復サポートにも リモネンは抗菌・抗ウィルス作用や、免疫細胞の働きを正常に整え免疫力を高める働きが報告されています。 血行を促すことで体を温める働きも期待できるため、オレンジスイート精油は風邪やインフルエンザなどの感染症予防としてもは活用されています。 赤ちゃんやお子様にも利用できる精油でもありますから、家族みんなの健康のためにディフューザーなどで室内に拡散するのも良いでしょう。 抗炎症作用があるとも言われていますし、血行促進作用から解熱にも繋がりますから、風邪などの初期症状時のケア・回復促進用としてもにも役立ってくれるでしょう。 その他に期待される作用 肌への働きかけに オレンジスイート精油は血行を良くすることで発汗促進・老廃物排出促進 デトックス 効果があると考えられており、血行不良による肌のくすみ改善や、むくみ・セルライト対策などにも有効とされています。 また皮膚へ直接塗ることでも抗炎症作用や殺菌作用を発揮すると考えられており、保湿・皮脂分泌調整の両方に役立つという見解もあります。 こうした働きから ニキビケア用の化粧品などにもオレンジ精油が配合されています。 ローションのような形で利用するだけではなく、ボディウォッシュなどに加えると使いやすいでしょう。 加えてオレンジスイート精油はビタミンCの含有量が多くコラーゲン形成を促進する。 メラニン色素を抑制するという説もあり、肌のアンチエイジング用としても注目されています。 血液循環が良くなり肌に栄養が行き渡ることからも肌の新陳代謝向上にも繋がりますから、肌を若々しく滑らかな状態に保つ働きも期待できるでしょう。 頭皮・髪への働きかけ リモネンは髪の健康な成長をサポートし、抜け毛を予防する働きが期待されています。 このためリモネンが主成分であるオレンジスイートの精油についても、シャンプーやヘアトニックなどに加えることで抜け毛予防に役立つのではないかと考えられています。 またオレンジスイート精油には血行を良くすることで髪に栄養を行き渡らせる・頭皮に詰まった油や汚れを取り除くなどの働きも期待できますから、フケや髪のベタつき・パサつきなどが気になる方にも適しているでしょう。 オレンジスイートが利用されるシーンまとめ オレンジスイートの利用と注意点について 相性の良い香り ハーブ系、フローラル系との相性が良いとされています。 オレンジスイート単体で使用すると香りが抜けやすいため、ベースノート系のオイルとブレンドして香りの持続時間を伸ばすのもおすすめ。 余談ですがオレンジスイートはビンに入ってても開封したものは酸化が早く、時間が経つほど香りも失われてしまいます。 開封後はできるだけ早めに、長くても半年以内を目安に使い切るようにしましょう。 オレンジスイートのブレンド例• 妊娠中の方やお子さんには、低低濃度 0. 1〜0. 3%程度 希釈で使用してください。 長期間もしくは多量に使用した場合は肌を刺激することがあります。 一般的にオレンジスイート精油には光毒性はないと言われています。 しかし毒性を示す場合も稀にあるという指摘がありますから、念の為に使用後は紫外線を避けたほうが確実です。 アロマテラピーは医療ではありません。 効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。 参考元• Advertisement 関連する記事• 2017. 01 どこかノスタルジックな甘くスパイシーな香りを持つキンモクセイアブソリュート。 あまり流通しておらずアロマテラピーでも用いられませんが、リナロールやゲラニ[…]• 2016. 02 白樺エキスが血行促進・老廃物排泄促進に役立つと紹介された関係もあり、美容面で注目されるホワイトバーチ精油。 セルライトケアに適しているのは若芽から採油さ[…]• 2017. 12 近年和アロマの一つとして注目される榧 カヤ の精油。 柑橘系のスッキリとした香りで、かつ持続性が比較的長いことが特徴です。 2015. 10 ユーカリ・ディベスはペパーミントユーカリとも呼ばれるように、メントール感のある香りが特徴。 主成分はピぺリトンというケトン類で、神経毒性や皮膚刺激性など[…]• 2015. 09 ヒソップは和名ヤナギハッカというシソ科ハーブで、甘みのあるハッカのような香りが特徴。 古くから神聖なハーブとして大切にされてきた存在で、厄除けや魔除けに[…].

次の