クエン 酸 回路 覚え 方。 クエン酸回路でNADH・FADH2が生成する反応

大学受験生物「呼吸」解糖系→クエン酸回路→電子伝達系

クエン 酸 回路 覚え 方

解糖系 呼吸の第一段階です。 細胞質基質で行われる反応で、 酸素を必要としません。 反応は発酵と全く同じで、 1分子のグルコースが2分子のピルビン酸になります。 クエン酸回路 呼吸の第二段階目です。 解糖系で生じたピルビン酸がクエン酸回路に投入されます。 詳細は後述するとして、 ピルビン酸1分子当たり、水3分子が使われ、二酸化炭素3分子と水5分子に分解されます。 参考 参考 電子伝達系 呼吸の最終段階です。 この電子伝達系の反応では、 最大で34分子のATPが生成されます。 最終的に24個の水素原子Hは6分子の酸素O 2と結合して12分子の水H 2Oになります。 参考 呼吸の全体の反応 グルコース1分子が呼吸で分解された場合、解糖系、クエン酸回路、電子伝達系での反応式をすべて足し合わせると次のような反応式が得られます。 最大で38ATP生成されます。 呼吸の第1段階である解糖系はどこで行われるか。 解糖系では1分子のグルコースから何分子のATPが生成されるか。 解糖系は酸素が無い場合でも機能するか、それとも停止するか。 解糖系では1分子のグルコースが分解されると、何分子のピルビン酸が生じるか。 クエン酸回路はどこで行われるか。 クエン酸回路では2分子のピルビン酸から何分子のATPが生じるか。 クエン酸回路は酸素が無い場合機能するか、それとも停止するか。 電子伝達系にはグルコース1分子当たり何個の水素原子が送られてくるか。 電子伝達系はどこで行われるか。 電子伝達系ではグルコース1分子当たり、何分子のATPが生じるか。 呼吸全体の反応を表す化学反応式をかけ。 細胞質基質• 2分子のATP• 機能する• 2分子のピルビン酸• ミトコンドリアのマトリックス• 2分子のATP• 停止する• FAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)• 24個の水素原子• ミトコンドリアの内膜• 34分子のATP•

次の

解糖系について分かりやすく説明してみた

クエン 酸 回路 覚え 方

ピルビン酸からアセチルCoAの合成 アセチルCoAとは アセチルCoAとは、補酵素A CoA にアセチル基(CH3COO が結合した物質のことです。 このピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体という酵素は、解糖とクエン酸回路をつなぐ鍵酵素であり、3種類の酵素の巨大な 多酵素複合体となっています。 クエン酸回路の反応 まずは、クエン酸回路の全体の流れを確認しましょう。 クエン酸回路の全体像 この8つの反応段階で、高エネルギー化合物であるアセチルCoAが完全に酸化されて、 2 CO2を生じるとともに 3 NADH、 FADH2、 GTP が生じます。 これは、次の脱炭酸反応のための OH- ヒドロキシ基 の分子内転位反応になっています。 この反応は酸化的脱炭酸なので、 NADH 酸化 と CO 2 脱炭酸 が生じます。 この反応も酸化的脱炭酸なので、 NADH 酸化 と CO 2 脱炭酸 が生じます。 この反応は逆反応から名前が付いており、シンテターゼはATP GTP を用いる反応であると覚えおきましょう。 FADH 2はユビキノン 補酵素 Q に受け渡されQH2として、電子伝達系に入ります。 そのため、コハク酸デヒドロゲナーゼは 電子伝達系複合体 II と呼ばれることもあります。 この補酵素 Qは ユビキノンまたはコエンザイムQとも呼ばれ、QH2は ユビキノールと呼ばれています。 この段階では NADHが生じます。 ゴロで覚える方が覚えやすいという方は参考にしてみてください。 クエン酸回路の反応についてはこれで以上です。 次は「」について学んでいきましょう。

次の

TCA回路|栄養と代謝

クエン 酸 回路 覚え 方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。 復習ロボットには適用されない内容の可能性があります クエン酸回路は、酸素呼吸を行う生物にみられる、好気的代謝を行うための重要な生化学反応回路です。 TCA回路やカルビン・ベンソン回路などとも呼ばれます。 この回路は、アセチルCoAを原料とした反応回路であり、ATPや電子伝達系にて使われるNADHなどのエネルギー物質を生産し、生体活動に使用するエネルギーの生成を担っています。 クエン酸回路 画像より、クエン酸回路の各反応では、次のような物質が生成されるのが見て取れます。 クエン酸• アコニット酸• イソクエン酸• オキサロコハク酸• ケトグルタル酸• スクシニルCoA• コハク酸• フマル酸• リンゴ酸• オキサロ酢酸 最後のオキサロ酢酸がアセチルCoAと反応し、クエン酸が生成され、クエン酸回路の初めに戻ります。 クエン酸回路は、生化学における基本中の基本であり、大学受験でも使われる知識です。 覚えなきゃいけない人も多いはずです。 今回は、 記憶の宮殿を使った、このクエン酸回路の 覚え方を紹介します。 記憶の宮殿での、クエン酸回路の覚え方 クエン酸回路の、各段階での生成物を、記憶の宮殿に配置していきます。 なお、ほかの図と同様に、以下の図も1つの例です。 背景画像は、ご自身の親しみのある場所に変更してください。 また、置換画像も、より適したものがありましたら、そちらを採用してください。 覚えたい内容は、図において、0時方向から時計回りに配置していきます。 クエン酸・アコニット酸・イソクエン酸・オキサロコハク酸の覚え方 クエン酸・アコニット酸・イソクエン酸・オキサロコハク酸の覚え方• クエン酸は、クエン酸を多く含むレモンを置換画像とします。 アコニット酸は、ニットの画像を置換画像とします。 イソクエン酸は、磯 いそ の画像を置換画像とします。 オキサロコハク酸は、琥珀 こはく の画像を置換画像とします。 おきざりにされた、琥珀と覚えます。 ケトグルタル酸・スクシニルCoA・コハク酸の覚え方 ケトグルタル酸・スクシニルCoA・コハク酸の覚え方• ケトグルタル酸は、ボールを蹴飛ばすところを置換画像とします。 スクルシニルCoAは、割れたスクリーンを置換画像とします。 スクリーンが死んだ スクシニル というこじつけです。 コハク酸は、琥珀 こはく を置換画像とします。 フマル酸・リンゴ酸・オキサロ酢酸の覚え方 フマル酸・リンゴ酸・オキサロ酢酸の覚え方• フマル酸は、盛り上がった土を置換画像とします。 何かが埋まる フマル 状態です。 リンゴ酸は、そのまま林檎を置換画像とします。 オキサロ酢酸は、置き去りにされた酢を置換画像とします。 クエン酸回路の記憶の宮殿へのコメント 原則的に、1つの覚えたいことに対し、置換画像は1つとします。 置換画像が1つ以上に増えると、場所に配置した内容を覚えづらくなります。 しかしながら、複数の置換画像を1つの場所に置くと、後で思いだす際、それを想起することが難しくなります。 おそらく、複雑度があがることで、場所とモノの関連付けが薄くなっているものと思われます。 これでは、記憶の宮殿の強みがなくなってしまいます。 繰り返しますが、1つの覚える内容に置換画像は1つです。 覚えたいことを置換画像で、完全に表現しようとするのは悪手です。 完璧主義にならないよう注意してください。 置換画像は、思いだすためのトリガーとなればいいのですから。 画像引用元 投稿日: 作成者 カテゴリー タグ ,.

次の