キャッチ コピー と は。 大手企業の秀逸なキャッチコピー【40選】

バカ売れキャッチフレーズ・キャッチコピーのカンタンな作り方

キャッチ コピー と は

(ライザップ) アクション型のキャッチコピーはその商品から得られるモノ、つまり 「ベネフィット」を強く打ち出すことで、聞き手の購買意欲を誘います。 短さも大切ですが、具体的に 「何が得られるのか」分かりやすさが重要となります。 このように、商品やサービスの認知度を上げたいのか、購入までのスピードを上げたいのかで、使うキャッチコピーが異なってくるワケですね。 どちらの型で作るのかは、そのキャッチコピーで「何をしたいのか」という戦略的な選択となります。 これからビジネスを展開していく、特にスタートアップの方には、まずはアクション型で作ることをオススメします。 例えば、 No Music No Life(タワーレコード)。 ドラマティックで印象に残りますが、それで何が得られるのかは、読み手によって受け取り方が違うと思います。 言い換えれば、その商品・サービスが「どんなものなのか」「なんの役に立つのか」は明確に伝わらず、お客様からしたら何を伝えたいのか「分からない」のです。 伝える側が自分が専門家であるがゆえに、その言葉が 「当たり前に通じる」と思って使ってしまうパターンです。 「ミクロジンクピリチオン配合!」(メリット)と言われても、多くの人はそれがどんなにスゴイのか分からないのです。 ですが、あまり不安を煽りすぎると「胡散臭い」と感じて逆効果となります。 また、人は 「正しいことよりも、楽しいことに心惹かれる。 」それを忘れてはいけません。 なので、見たことある、聞いたことあるでは、お客様は気にも止めないのです。 また、「ひとつひとつ丁寧に・・・」「お客様の立場になって・・・」は、誰でも言えるというだけでなく、お客様からしたら 「それ、仕事なら当たり前ですよね?」のレベルなので、まったく魅力がないのです。 成果が出るキャッチコピーに必要なモノ キャッチコピーではあなたの商品・サービスの特徴を端的に表現しますが、そのために有効なのが USPという考え方です。 USPとは1940年代にアメリカで活躍した広告の神様 ロッサー・リーブス氏が編み出したマーケティングの法則で、「USPがなければ商品は売れない!」とまで言われています。 USPとは・・・ UNIQUE(独自の) SELLING(販売) PROPOSITION(提案) つまり、 「独自の販売提案」。 そして、USPは次の 3つ条件を満たさなければなりません。 キャッチコピーの作り方手順 1)ペルソナ(お客様)の設定 まずは誰に伝えたいのか、お客様を設定しましょう。 特に アクション型のキャッチコピーは「誰に役立つのか」が明確でないと伝わりません。 そして、ペルソナ設定のポイントは「たった一人」に決めること。 その一人に確実に伝わり、アクションを起こすにはどんな要素が必要なのかを徹底的に考えます。 ペルソナの設定は性別や年齢はもちろん、職業・年収・家族構成・性格や趣味に至るまで、まるで漫画やアニメのキャラ設定のように明確にしていきます。 ちなみに、ペルソナは実在しなくてもけっこう。 妄想で構いません。 2)問題の掘り起こし ペルソナを設定したら、そのペルソナが抱える 不満・不安・不便について考えていきます。 お客様が興味を持つのは 「自分にとって役に立つコト」だけです。 つまり、お客様が 自分が抱く不満・不安・不便が「解消できるかも?!」と思わなければ振り向いてもくれません。 なので、お客様が抱える不満・不安・不便をどれだけ多く知っているかがポイントになります。 3)商品・サービスの特徴を書き出す お客様の不満・不安・不便を掘り下げる一方で、商品・サービスの特徴、お客様が得られるメリット、差別化ポイント、自慢できること・・・などなどをリストアップします。 商品・サービスを購入したお客様が手にする未来像、などでもいいでしょう。 4)USPを創る 掘り下げたお客様不満・不安・不便と、商品・サービスの特徴とを比較して、キャッチコピーで訴求するポイントを1つを選びます。 ここで欲張って「なんでも解消できます!」ではイケマセン。 解消するポイントは1つです。 その1つについて、商品・サービスで提供できる 「独自の販売提案」をしてください。 これが、商品・サービスのUSPとなりますので、USPの3つの条件を満たすようにしてくださいね。 5)言葉を整理する USPを決めたら、キャッチコピーも8割型できあがっています。 あとは、ペルソナが目にした時にスルーできないような単語や言い回しを組み合わせてキャッチコピーにしていきます。 以下に今すぐ使えるキャッチコピーのコツをご紹介していますので参考にしてください。 なお、キャッチコピーはブラッシュアップを重ねて育て上げていくことが大切です。 キャッチコピー5つのコツ 1)ベネフィットを言う 例えば、「500MBの大容量」と言われるより、 「1,000曲をポケットに」(スティーブ・ジョブス)と言われた方が、「それが欲しい!!」というキモチになりませんか? 人は、モノではなくコトに惹きつけられます。 つまり、性能や品質ではなく、ソレを使ったら「どうなれるのか?」というライフスタイル。 つまり、未来の青写真を提示するのです。 2)数字を使う 数字は印象に残り、また、人の注意を惹きつけます。 キャッチコピーに数字を入れることで、聞き手はより具体的に頭の中でイメージすることができるからです。 3)短く!! 短い=覚えやすい、ということ。 覚えてもらえるキャッチコピー=良いコピーということになります。 4)名作のモデリング 名作と言われるキャッチコピーを、敬意を持って真似てみましょう。 何事も、真似ることから始まります。 まず、なぜ名作と言われるのか、自分はどんな印象を持ったのか、好きも嫌いも一度「なぜ?」を分析してみると、惹きつけるコピーのポイントが見えてきます。 5)育て上げる キャッチコピーは一度作れば完成!!ということはありません。 特にアクション型は、実際に使用してみて、お客様の反応を確認し、修正を加えることもしばしばです。 修正を重ねることで、お客様を惹きつけるキャッチコピーが生まれるのです。 まとめ キャッチコピーは2種類あり、「認知」を目的とするならイメージ型。 「行動」を目的としたアクション型が向いています。 「なぜキャッチコピーを創るのか」「そのキャッチコピーでお客様にどうして欲しいのか」という目的を明確にしてkら創りましょう。 キャッチコピーはUSPを明確にすることで、お客様を惹きつける「成果が上がるキャッチコピー」となります。 ぜひ皆さんも効果的なキャッチコピーを創ってみてくださいね! 関連する記事•

次の

キャッチコピーとは?ボディーコピー・リードコピーなど広告コピーの種類

キャッチ コピー と は

「刺さるキャッチコピーを作りましょう! 「心理学を使ってキャッチコピーを考えよう! 「センスのいいキャッチコピーこそ必要です! 」 ネットで集客を考え始めると、キャッチコピーをどうするかと悩み始めることが多いのではないでしょうか。 いろいろなポイントや必要だと言われること。 あれもこれも、見た情報すべてが「必要」だと思えてしまって・・・、頭がこんがらがり思考停止に陥ってしまう。 そんなケースをよくお聞きします。 で、結局どうすれば良いのか思い返すと、残念なことに時間だけが過ぎていて「なにも覚えてないよ・・・」という方も多いです。 ネットは情報の宝庫ですが、情報がありすぎて迷ってしまうことも多い場所。 そこで今回は、この記事だけで 効果的なキャッチコピーを作る方法をお伝えします。 他のページへジャンプする必要はありません。 ただ、下へ下へとスクロールしながら読み進めてもらうだけでOK。 代表的なキャッチコピー、その考え方や作り方のコツを、順を追って紹介していきますから、一歩一歩進んで行ってくださいね。 それでは、さっそくはじめていきます! 目次• 1: キャッチコピーとは まず「キャッチコピー」とは何か。 このあいまいな言葉の定義をはっきりさせておきましょう。 キャッチコピーは「Catch Copy」なのかもしれません。 キャッチーなコピーということかもしれません。 実は「キャッチコピー」は和製英語です。 ですから英語圏での単語ではありません。 日本でイメージから作り出された言葉だといえます。 和製英語である「キャッチコピー」の意味は• 商品や作品の広告• 告知や宣伝の「うたい文句」「あおり文句」 と言えます。 短いものなら1単語。 1文の場合もあれば、1行の場合もあります。 とくに形式に決まりはありません。 キャッチコピーに共通して言えるのは、 コピーによって商品の印象が左右されたり、売れ行きが変わること。 キャッチコピーは商品や作品、告知や宣伝に興味を持ってもらう「きっかけ」を作り出す、大変重要な役割だと言えます。 この「きっかけ」を作る文は、すでに江戸時代には行われていたようで「平賀源内」による戯文が始まりだと言われています。 キャッチコピーは、いろいろな使われ方をしています。 商品や作品の広告・告知• 企業のスローガン• アスリートや芸能人に対するキャッチフレーズ また、意識したわけではないのに、結果的に作品を表す言葉になる場合もあります。 例えば、スターウォーズの始まり部分。 「A long time ago, in a galaxy far, far away…」 ターミネータの決めセリフ。 このようにキャッチコピーとは「絶対にコレ」という決まりがありません。 ですから、 キャッチコピーの仕事(役割)をはっきりと覚えておくことが重要になってきます。 ここがブレると、ビジネスとキャッチコピーがつながらなくなってしまい「おもしろいキャッチコピー」だけで終わってしまいます。 テレビやラジオでもありますよね。 CMはおもしろい、でも、企業や商品を覚えてない。 最悪なのは、同じ商品を扱っているライバル企業を思い出すきっかけになること。 気をつけておきたい部分ですね。 2: 企業のキャッチコピーを見てみる どんなことでも、良いものを作るには、良い手本に触れるのが近道です。 わざわざ良いかどうかわからないものよりも、良いことがわかっているものに触れましょう。 ここでは、世間で評価を得ている「企業のキャッチコピー」を紹介します。 長く愛されているキャッチコピーもありますから、こういうコピーに触れることが大切です。 まずは有名なキャッチコピーから。 吉野家 引用:吉野家『はやい、やすい、うまい』 アサヒビール 引用:アサヒビール『すべては、お客様の「うまい」のために。 』 丸大食品 引用:丸大食品『わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい』 マスターカード 引用:マスターカード『お金で買えない価値がある』 インテル 引用:インテル『インテル入ってる』 JR東海 引用:JR東海『そうだ 京都、行こう。 』 タワーレコード 引用:タワーレコード『no music no life』 ファミリーマート 引用:ファミリーマート『あなたと、コンビに』 ユニクロ 引用:ユニクロ『ちょっと欲しいが、たくさんある』 小林製薬 引用:小林製薬『あったらいいなをカタチにする』 駿台予備校 引用:駿台予備校『第一志望はゆずれない』 ちょっと、違った感じなら、 セコム 引用:セコム『家は路上に放置されている』 マイナビ 引用:マイナビ『やれるもんなら、やってみよう』 リクルート 引用:リクルート『会社を知るつもりだった。 自分を知った。 』 サントリー 引用:サントリー『今年最後に乾杯する人が、たぶん一番大事な人』 大塚製薬 引用:大塚製薬『それは、小さな栄養士』 成旺印刷 引用:成旺印刷『えらい人たちの反省の色は、何色だろう』 ワープヘアークラフト 引用:ワープヘアークラフト『総理大臣や大統領がかわるより、前髪1ミリでわたしの世界はかわる』 住友生命保険相互会社 引用:住友生命保険相互会社『好きこそ、無敵』 宝島社 引用:宝島社『あたらしい服を、さがそう』 立川ブラインド 引用:立川ブラインド『通りすがりの他人ほど、好奇心旺盛である。 』 資生堂 引用:資生堂『生き方が、これからの顔になる』 富士タクシー 引用:富士タクシー『駅もない、バス停もない。 地図上のほとんどは、中途半端なとこ。 』 ナイキ 引用:ナイキ『ルールを、すこし、曲げてみよう。 』 生涯学習のユーキャン 引用:生涯学習のユーキャン『踏み出さなくても人生は進むけど。 』 大塚製薬 引用:大塚製薬『暑さで、女子力は蒸発しました。 』 このように集めて見てみると、どれも思わずキャッチコピーに目を止めて読んでしまいます。 文章の長さよりも、リズム感にも注意しておきたいところですね。 こういったキャッチコピーは、普段の生活の中で目にする機会が多いのですが、意識していないとサラッと流れておわりです。 ペンとメモ帳を持ち歩いて、自分が目をとめたキャッチコピーを集めておくと、非常に便利な自分だけの「キャッチコピー辞典」が出来上がります。 キャッチコピーのヒントが欲しいときに、自分だけの辞典を見るだけで、簡単にヒントやアイデアが手に入るようにしておきましょう。 3: キャッチコピーの作り方 それでは、こんなキャッチコピーをどうやって作ればいいのでしょう。 センスが必要? 語彙力? それとも、才能? 確かに世の中には、天才的なキャッチコピーを作る人もいます。 しかしセンスや才能、語彙力が全てではありません。 いくつかのポイントを押さえておくと、グサッと刺さるキャッチコピーが作れるようになります。 それでは、そのポイントをお話しします。 1: 「誰」をハッキリする キャッチコピーに限らず、 全てのことのベースは「誰」に向けて「何」を伝えるのか。 この1点に集約されてきます。 「誰」をハッキリと決めておかないと、いくらキャッチコピーに時間とお金を使っても、「誰」にも刺さりません。 (まれに、刺さることもあります。 でも、それは、まぐれです。 ) 3. 2: どこをアピールするのかをハッキリする 自分の強みをアピールしないといけません。 そうは言っても、自分の強みって・・・と思われたのなら「 QPC分析」という方法を使ってみてください。 この方法は、• 品質(Quality)• 価格(Price)• 利便性(Convenience) の3つから、ターゲットにどのような価値を提供できるのかを分析する方法です。 QPC分析を行うと、自社の強みがハッキリとして、キャッチコピーに入れる言葉が自然と浮かび上がってきます。 例えば、ターゲットが「ダイエットしたい女性」で、提供するのが「サプリメント」だとします。 そうするとキャッチコピーに入れる言葉は• 品質をアピールするなら、 「アルプス生まれの天然素材」• 価格をアピールするなら、 「天然素材のダイエットサプリが今なら半額」• 利便性をアピールするなら、 「飲んでゴロ寝するだけで脂肪の分解率が2. 5倍アップ」 というように出てきます。 こういう、強みをハッキリさせると、迷うことが少なくなります。 3: ターゲットの思考に忍び込む あなたが電車に乗っているところを思い出してください。 あなたの前で新聞を読んでいるサラリーマン。 ふと視線を上げると、電車の中の女性ファッション誌の吊り広告。 週プレなどの男性向け週刊誌の吊り広告。 よ~く思い出してください。 同じような言い回しがあることに気づくと思います。 これは、 ターゲットの思いの中にある「気持ち」を喚起させるのにぴったりな言い回しなのです。 コンプレックスを言い当て、解決方法があることを教える。 簡単にできそうと思わせる。 自分に向けて発信されたメッセージだと思わせる。 よく見る言い回しは 効果がある証拠です。 あなたが見たときに感じた感覚を覚えておくのもいいですね。 4: アンケートから読み解く アンケートは宝の山です。 すでにあなたへ興味を持ってくれた人から聞くのですから、決め手となった理由や言葉を教えてもらいましょう。 自分たちではわからない、思わぬことが出てくるかもしれません。 5: 心理学を活用する 世界各国で研究が行われている心理学。 研究結果から、人が興味をもつ普遍的なパターンがわかってきています。 「完売間近」とか「残数限り」などで心理的に急がせる、スノップ効果。 「大人気」「今話題の」などで流行から遅れている気分を喚起する、バンドワゴン効果。 「見ちゃダメ」など、ダメと言われると気になる、カリギュラ効果。 などなど、心理学の進歩によってこれからも効果が発表されることでしょう。 心理学ばかりに気を取られると、リアリティーのある人間味が少なくなり退屈なものになってしまいますが、キャッチコピーを考えるヒントに使うのは効果的です。 6: 訪問者が使ったキーワードを調査 キャッチコピーをネットで使う場合、より多くの人に見てもらうことが必要です。 そのためには、GoogleやYahooで、どのような言葉で検索されているかを知ることが重要です。 同じような言葉、例えば「車 キズ」と「車 傷」。 カタカナか漢字かの差ですが、検索すると「傷」の方が順位が上がってきます。 細かなことですが、キャッチコピーを作るときには、気にしておきたいところです。 7: 今のままの不安や恐怖を伝える 良い面を伝えたい。 そう考えがちですが、 逆の部分を伝えると効果的です。 人は「良い」ことよりも「悪い」ことを無意識では考えやすい生き物です。 これは生命を維持するために必要な本能的なことなのですが、この思考パターンは人間が知性をもった今でも生き続けています。 その証拠に、 人は「得する」ことよりも「損しない」ことに行動します。 このパターンを使うと、「失われる」ことをキャッチコピーに入れるのは効果的だと言えます。 「 今のままだと、損しますよ」。 この言葉、気になりますよね。 8: 未来のイメージを伝える このキャッチコピーの先には、どんな未来があるのか。 未来をイメージできるキャッチコピーは強いです。 吉野家の「はやい、やすい、うまい」なら、なんだか「美味しく、お腹いっぱい食べて、得している」自分がイメージできます。 どんな素晴らしい未来が待っているのかをイメージさせましょう。 9: 数字を見方につける 数字は具体性をアピールします。 明確さ、正確さ、目線を引き込む、という効果もあります。 キャッチコピーには数字を使うことも検討してみてください。 10: 簡単であることは正義 簡単で楽、人は手間がかかったり、面倒なことがきらいです。 次の行動へブレーキをかける原因になりますから、 可能なら簡単であることをキャッチコピーに入れておきましょう。 11: ギャップこそ好奇心 「えっ」という驚きは好奇心になります。 「えっ」を生み出すのに必要なのは「ギャップ」です。 ターゲットが「こうだ」と思っていることの逆を言う。 常識ではありえないようなことを言う。 ギャップを言うときに守ることは「事実である」ということです。 事実でないことを言うのなら、誰が聞いても「それはナイ」というくらい大きすぎることを言うと「笑い」に変わることもあります。 12: リズム感は隠れたポイント 吉野家のキャッチコピーを思い出してください。 「はやい、やすい、うまい」 このリズムです。 リズム感がいいと、読みやすいので耳に残ります。 目だけでなく、耳と声の3つの感覚を使わせれば、覚えてもらいやすくなります。 13: 文字のデザイン デザインと言っても装飾ではありません。 同じ言葉でも、漢字・ローマ字・カタカナ・ひらがな、どれを使うかで目で見た印象やリズムが変わってきます。 漢字はむずかしそうなイメージになりがち。 どの言葉で、ひらがな・カタカナを使うのか。 あえて漢字にするのか。 意外性でローマ字で興味を引くのか。 「誰」によって変わってくる部分ですね。 14: ターゲットと同じ行動をしてみる いろいろな方法や手段をお伝えしましたが、根本的なキャッチコピーのアイデアが浮かばない。 もし、そんな悩みをお持ちなら、この方法が最適です。 『 ターゲットと同じ行動をする』です。 ターゲットが行くお店に足を運ぶ。 ターゲットが行くカフェに行って周りの会話を聞く。 ターゲットが住んでいる地域を見てみる。 どんなものを買うのか、どんなものと比較しているのか。 実際に体験してみると、キャッチコピーのヒントが具体的に出てきやすくなります。 4: 作りやすいキャッチコピーの型 いきなりセンス溢れるキャッチコピーを作るのは、正直なところ簡単ではありません。 私たちに求められているのは、そんなに秀逸なキャッチコピーではないはずです。 そこで使いやすい「 キャッチコピーの型」を紹介します。 この型を活用して作っていくと、紹介した企業のキャッチコピーのような秀逸なものに近づいていくことができるでしょう。 キャッチコピーは数を作ることがポイントでもあります。 そのためには、まずは書くことが重要。 普段からキャッチコピーを作り続けることで、秀逸なキャッチコピーを閃くヒントが手に入ります。 5 「重ねる」 ひとつのキャッチコピーの中に同じ単語を重ねていれる。 これを使えると、なんとなくカッコよくなり、企業ならスローガンなどにも使える表現となります。 例えば、日産販売会社 「あなたの顔が、日産の顔になる。 」 これ、普通に言うと「あなたの顔が日産です。 」 言葉って不思議な力を持っていますよね。 5: 当たり前なら、軽く脅そう 当たり前のことを伝えたい。 でも、そのままだったら、誰も気に留めない。 そういうときに使えるのが「軽く脅す」キャッチコピーです。 そこで、どうしてもお伝えしておきたいキャッチコピーがあります。 このキャッチコピーは、ちょっとだけ脅しています。 受け手のことを思ったうえで、ちょっとだけ脅しています。 キャッチコピーで脅すとき、気を抜くと「命令」「押しつけ」が強くなりキャッチーではなく「嫌い」と判断されることもあります。 では、どうしてもお伝えしたいキャッチコピーをどうぞ。 朝日新聞 引用:朝日新聞『このままじゃ、私、可愛いだけだ。 』 高校生に新聞を読んで欲しい。 というキャッチコピーです。 「新聞、読みなさい! 」という押しつけじゃなく、自主性を刺激しています。 「可愛い」にプラスアルファ。 この感じは最高です。 もうひとつの代表作 パナソニック 引用:パナソニック『きれいなおねえさんは、好きですか。 』 質問してますが、答えの選択肢は1つしかありません。 十分に脅迫です。 「NO」とは言わせないキャッチコピーの代表例ですね。 6: まとめ キャッチコピーは、読むのは簡単、書くのは簡単じゃないです。 そうは言っても、 ほとんどの記事やブログなども、キャッチコピーであるタイトルで読まれる率が変化します。 考えてみれば当たり前なのですが、あなたも「えっ? 」て思わないとスルーしますよね。 とはいえ、キャッチコピーは、全ての人に「えっ? 」と思わせることが目的ではありません。 自分がターゲットとした人を「えっ? 」と思わせればOKです。 この記事も「キャッチコピー」に興味のない人はスルーします。 でも興味がある人は、あなたのように読んでくれます。 これがキャッチコピーの力であり、仕事(役割)と言えます。 あなたのターゲットが「前のめり」になるキャッチーなコピーを、この記事の考え方や作り方を活用して、どんどんと発表していってください。 キャッチコピーは数を作らないと、秀逸なものができません。 コピーライター糸井重里さんでも、過去の取材でこう言われていました。 コピーは1つの案件で100とか200とか作って持って行きます。 おそらく取材での回答ですから100とか200と話されているのでしょうが、実際はもっと作って、その中の100、200なんだと思います。 一流のコピーライターも数をこなしているのですから、私たちもキャッチコピーを作るときは、 考え込まずに思いつくままノートへガンガン書き込んで「数で勝負」することが必要ではないでしょうか。 考え込んで時間が過ぎていくのを待つよりも、なんでも思いついたことをノートへ書き込む方が、秀逸なキャッチコピーにたどり着く近道なのでしょう。 これからは、ノートとペンを用意して思いつくまま書いてくださいね。 書き終わってから、この記事で紹介した考え方や作り方と比較して、秀逸なキャッチコピーに編集していきましょう。 「書かないままじゃ、私、昨日と同じだ。 」 覚えておいてくださいね。 集客力が10倍アップするホームぺージ 「ホームぺージを作ったのに集客につながらない」 と嘆いているあなたへ このレポートでは、ホームぺージから成果を出すための原動力となった 「ホームページ集客成功の最大の秘訣」について公開しています。 プラス、あなたのホームページを嫌われるセールスマンから売れるセールスマンにするために必ず知っておくべきこと… などなど、36ページにわたって解説しています。 今なら、このレポートを読んでくれた人限定で 「シークレット・プレゼント」をご用意しています。 プレゼントの内容は読んでからのお楽しみですが、商品の割引とかクーポンとか、そういったオファーではありません。 完全無料のプレゼントです。 きっと喜んでいただけると思いますが、実はかなり労力がかかる代物なので(笑)、正直に言って、いつまで続けられるかわかりません、、、.

次の

超実践的!キャッチコピーの作り方とコツ

キャッチ コピー と は

普段からテレビCMなどでよく目にしているキャッチコピー。 どれもセンスにあふれていて、すごく魅力的に思えます。 ただ、いざ自分でキャッチコピーを考えようとすると、なかなかいいアイデアは浮かんでこないもの。 高い成果を出すキャッチコピーとなるとなおさらです。 しかし、例えセンスがなかったとしても、いくつかのポイントを押さえるだけでキャッチコピーはグッとユーザーの心に刺さりやすくなります。 本記事では、キャッチコピーの作り方について書かれた25個のエントリーを徹底調査し、最も頻繁に紹介されていた7つのテクニックをピックアップしました。 あわせて、サイトのキャッチコピーを変更しただけで成約率がUPした事例もご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。 どれも今すぐ取り入れられるテクニックになっていますので、ぜひキャッチコピー作りのヒントにしてみてください。 () 目次• キャッチコピーはユーザーとあなたのサイトとの最初の接点となります。 そのため、出会ったその一瞬でユーザーの心をとらえることが、クリックしてもらえるか、サイトを読み進めてもらえるかの分かれ目となります。 この事例では、画像やデザインの変更はせず、サイトのトップページのキャッチコピーを変えることで、大幅なコンバージョン率の改善に成功しています。 () 引用: 今すぐ使えるキャッチコピー7大テクニック 1、ターゲットを明確にする キャッチコピーを作る際に、まず考えなければいけないのがターゲットです。 誰からも好かれるキャッチコピーを作ろうとすると、結局は誰の心にも届かないものです。 ターゲット像は具体的に、そして明確に設定するようにしましょう。 ターゲットを明確にする際に押さえておきたいポイントが2つあります。 それは、「悩みを明示すること」と「緊急の問題に応える」です。 2、恐怖や不安をあおる キャッチコピーを作成する際、いい面ばかりをアピールしていませんか?実は一般的に言って、人間は「新たな利益を得る」ために行動するよりも、「現在の損失を回避する」ための行動をとる傾向があります。 これは、プロスペクト理論といって学術的にも知られています。 キャッチコピー作成のテクニックとしては、あえて問題点を指摘することで、ユーザーに「損失」をイメージさせます。 商品を手にしなかったがために「失われてしまう未来」をイメージさせるのです。 また、疑問を投げかけられると人は自然と考えてしまうため、キャッチコピーを疑問形にするというのも有効です。 例 あなたは大丈夫?新入社員が間違いやすい基本のビジネスマナー (正しいと自分で思っていたビジネスマナーの知識に、もしも間違いがあったらどうしよう、と不安な気持ちにさせます。 ) 3、数字がもつ具体性を活用する キャッチコピーに数字を入れることで、具体性がアップします。 その結果、ユーザーが明確なイメージをもてるようになります。 明確なイメージをもたせるというところが非常に重要です。 また、数字には人の目線を引き付ける力があります。 以下の例を見比べてみてください。 また、例のように数字を細かく刻むことで数字によりリアリティーを出すことができます。 こうすることで、もう一段階、キャッチコピーの具体性をアップさせることができます。 4、メリットではなくベネフィットを示す 商品の特徴だけを並べたキャッチコピーはいけません。 なぜならば、機能や特徴などの商品のメリットそのものにユーザーは魅力を感じないからです。 ユーザーは自分の悩みや問題が解決されるのか?という点に最大の関心があります。 そのため、商品により悩みや問題が解決されることで、いったいどんな未来が訪れるのか、を示してあげることが重要になります。 ユーザーに、商品を使うことで素晴らしい未来が手に入ることをイメージさせるのです。 そこで、「めんどくさい」「私には続かない」といった、行動にブレーキをかける要素を取り除いてあげる必要があります。 つまり、簡易性を伝えるのです。 思わず目がとまってしまうような、そんなキャッチコピーを目指しましょう。 そのためのテクニックとしては、ギャップを見せることが効果的です。 常識ではありえないような結果や成果については、誰でも知りたくなってしまうものです。 ギャップをうまく演出して、ユーザーの好奇心を刺激することができれば、反応率は高くなります。 ただ、事実とは異なった、あまりに過激な表現はしないことをおすすめします。 例 1日3食好きなだけ食べても痩せる方法 学年ビリだった私が半年で全国模試1位をとった勉強方法 7、ノウハウを伝える ユーザーが何らかの悩みを抱えているのならば、その解決方法を探しているはず。 悩みを抱えたユーザーには問題を解決するためのノウハウを与えてあげましょう。 ~の方法、~のひみつ、~のテクニックと書くことで、役に立つ情報であることをダイレクトに伝えることができます。 例 No1営業マンが教える、売れるセールストークのひみつ たった2週間でTOEICスコアを150点アップさせる方法 結論 今回の記事では、キャッチコピー作りに使える7大テクニックをご紹介しました。 特に広告においては、キャッチコピーに選んだ言葉しだいで売り上げや成果が大きく変化します。 この記事にある7つのテクニックを最大限に活用して、読者を「おっ!」と思わせるようなキャッチコピーを作ってみてください。

次の