お盆 なす きゅうり 向き。 お盆に”なす”と”きゅうり”で作る精霊馬がおもしろい!その作り方とは?

お盆になすときゅうりを飾る意味って何?精霊馬の作り方は?

お盆 なす きゅうり 向き

きゅうりとなすが使われる理由ははっきりしていません。 お盆の時期に収穫できる新鮮な食べ物、比較的用意しやすく野菜になるきゅうりと なすが使われたのではないかと言われています。 野菜を使わず馬と牛をわらで作った物もあります。 乗り物として使われる「きゅうり」と「なす」 行きと帰りの使い分けは場所によって異なるようです。 13日の迎え日にきゅうりの早い馬に乗りこの世に戻り 16日の送り日はゆっくりとなすの牛に乗って帰るよう と言う場合とは逆に 13日迎え日にゆっくりとなすの牛に乗ってこの世に戻ってきてもらい 16日の送り日はきゅうりの早い馬に乗り急いで帰ってもらう きゅうりとなすの向きには 迎え入れる13日は内側にし、送り日は外側に向ける 北海道から中部では16日に精霊馬(しょうりょううま)を作り 供え物と一緒に川や海に流すと言う事です。 きゅうりとなすを馬や牛に見立てるようにおがらをさして作ります。 おがらは麻の皮をはいだ芯の部分になります。 御先祖様のお迎えの時の「迎え火」 送る時の「送る火」の時にも使います。 おがらには古くから清浄な植物として使われていた事から悪い物を祓い清める 燃やす事で清浄ば場所にすると言う意味で使われます。 盆提灯(ぼんちょうちん) 御先祖様が迷わず家に戻れるように「目印」として家の中には 盆提灯(ぼんちょうちん)を飾ります。 もともとは迎え火の火を提灯に移し、玄関や仏壇の横に灯していたようです。 この年が新仏の場合は「白提灯」その他の場合は目印にふさわしい絵が描かれて いる提灯が多くなります。 ミソハギの花の束に綺麗な水を含ませて水の子に注ぎます。 きゅうりやなす、洗った米に水を入れるのは乾いた喉に少しでも楽に通るよう にとの祈りが込められ、餓鬼への供養を救済を表しています。 餓鬼への行いは御先祖様や他の精霊への喜びにつながると言われています。 蓮の葉 お釈迦様が瞑想しているのは蓮華(れんげ)の花の上。 蓮の花の名前は「蓮華(れんげ)」と呼ばれ、蓮華は極楽浄土を象徴する花に なります 仏教ではもっとも高い位の花であり、お盆の時期が蓮の花の開花時期にあたり 蓮の葉が使われたと言われています。 仏壇飾りとして用意する物は こも・まこもの敷物 精霊馬 しょうりょううま 盆提灯(ぼんちょうちん) 水の子(みずのこ) 閼伽水(あかみず) それ以外には 御先祖様の好物 季節の果物や食べ物 花 香炉 ろうそく 鈴(リン) 曹洞宗・浄土宗・真言宗・日蓮宗等地方や風習で変わる事もありますが ほとんどの場合共通して飾られます。 精霊棚(しょうりょうだな) 仏壇飾りを用意したらどこに飾るのかと言うと ほとんどの場合仏壇の前にテーブルを置き そのテーブルの上にこも・まこもの敷物を敷いて飾ります。 テーブルの大きさは部屋の場所や仏壇の置き場所で変わります。 テーブルがおけない時には仏壇の引き出しを使う場合もあり、テーブルの大きさや バランスをみて置き方や置く位置を変えても問題はありません。

次の

【お盆】なすときゅうりの精霊馬の意味と由来!作り方や飾り方は?

お盆 なす きゅうり 向き

お盆になすときゅうりで作る精霊馬の意味って何? お盆になすときゅうりで作る馬と牛は 精霊馬・精霊牛と呼ばれ、 お盆に、ご先祖様が行き来する乗り物として作られました。 なすときゅうりで作った精霊馬の意味は なすやきゅうりは夏野菜ということもあり、 きゅうりは足の速い馬として見立てられ、 あの世から早く家に戻って来れるように。 ナスは歩くのが遅い牛として見立てられ、 少しでもこの世から帰るのを遅らせようとしたとされています。 お盆にご先祖様を供養するお供物などを持ち帰ってもらう為に 牛にしたとも言われています。 お盆になすときゅうりの精霊馬はいつ飾るもの? 一般的には7月12日がお盆入りとなります。 13日を迎え盆とされている事が多く、 15日・16日のどちらかを送り盆とされています。 地方によって旧暦の7月や ひと月遅い8月13日から16日までのところもあります。 精霊馬をいつ飾るのかといいますと、 13日の朝に精霊棚を作り、この棚の上になすやきゅうりで作った 精霊馬を置いて飾ります。 そして13日のこの日に、ご先祖様が迷われないように 家の門口や庭先で 迎え火を炊きます。 お盆に飾るなすときゅうりは地方で違う? 精霊馬は北海道から中部日本の地方では、 16日の送り盆に精霊馬を作り、供え物と一緒に川や海へ流していました。 関東地方では、13日の迎え盆に精霊馬を作り、送り盆に流すという風習です。 また、地域によって考え方が2通りありました。 ご先祖様を丁寧に迎えるために 迎え盆に牛を作り、 早く帰ってもらうために 送り盆に馬を作るという地域と、 一般的な、早く来て貰うための馬、ゆっくり帰ってもらう為の牛、と 全く逆の考え方があるようです。 送り盆が済んだ後の精霊馬は、 現在は川や海に流すことは出来ませんので 土に埋めたり、塩などで清めて捨てると良いと言われているそうです。 まとめ 精霊馬は全国でお盆の行事の1つとして行われています。 ただ、各家で精霊馬を飾る飾らないがありますので 必ずしなくてはいけないということはありません。 また信仰している仏教にもするしないや、飾り方も違うようなので 調べてみるのもいいかもしれませんね。

次の

お盆になすときゅうりで作るお供え!地域で違いはあるの?

お盆 なす きゅうり 向き

お盆になすときゅうりで作る精霊馬の意味って何? お盆になすときゅうりで作る馬と牛は 精霊馬・精霊牛と呼ばれ、 お盆に、ご先祖様が行き来する乗り物として作られました。 なすときゅうりで作った精霊馬の意味は なすやきゅうりは夏野菜ということもあり、 きゅうりは足の速い馬として見立てられ、 あの世から早く家に戻って来れるように。 ナスは歩くのが遅い牛として見立てられ、 少しでもこの世から帰るのを遅らせようとしたとされています。 お盆にご先祖様を供養するお供物などを持ち帰ってもらう為に 牛にしたとも言われています。 お盆になすときゅうりの精霊馬はいつ飾るもの? 一般的には7月12日がお盆入りとなります。 13日を迎え盆とされている事が多く、 15日・16日のどちらかを送り盆とされています。 地方によって旧暦の7月や ひと月遅い8月13日から16日までのところもあります。 精霊馬をいつ飾るのかといいますと、 13日の朝に精霊棚を作り、この棚の上になすやきゅうりで作った 精霊馬を置いて飾ります。 そして13日のこの日に、ご先祖様が迷われないように 家の門口や庭先で 迎え火を炊きます。 お盆に飾るなすときゅうりは地方で違う? 精霊馬は北海道から中部日本の地方では、 16日の送り盆に精霊馬を作り、供え物と一緒に川や海へ流していました。 関東地方では、13日の迎え盆に精霊馬を作り、送り盆に流すという風習です。 また、地域によって考え方が2通りありました。 ご先祖様を丁寧に迎えるために 迎え盆に牛を作り、 早く帰ってもらうために 送り盆に馬を作るという地域と、 一般的な、早く来て貰うための馬、ゆっくり帰ってもらう為の牛、と 全く逆の考え方があるようです。 送り盆が済んだ後の精霊馬は、 現在は川や海に流すことは出来ませんので 土に埋めたり、塩などで清めて捨てると良いと言われているそうです。 まとめ 精霊馬は全国でお盆の行事の1つとして行われています。 ただ、各家で精霊馬を飾る飾らないがありますので 必ずしなくてはいけないということはありません。 また信仰している仏教にもするしないや、飾り方も違うようなので 調べてみるのもいいかもしれませんね。

次の