座席未指定券。 座席未指定券とは?ひたち・ときわ・成田エクスプレスの新制度

あずさは全車指定席となってしまいました。指定席特急券が満...

座席未指定券

2015年3月14日の以降、座席未指定のというものが発売されるようになりました。 通常の指定券と同じく1ヶ月前からの発売ですので実際に今年の2月に購入してみました。 指定席と同じく運賃加算により乗車券と合わせて1葉で発券できます。 対象となる列車は規則別表第1号の2で、ひたち号・ときわ号、号、号の3群4列車 および、別に定める列車 が指定されています。 すなわち未指定は指定券の一種ということになります。 払戻手数料も自由席の220円ではなく、指定券と同額となる330円です。 また、未指定は指定席を確保することで指定席に乗車券類変更と扱われることから、指定席確保済の未指定というものは存在しません。 券面には[]が印字されます。 []が印字されてはいますが、同一列車群・同一の指定席への変更は乗車券類変更の回数に含まれませんので指定席への変更が可能です。 はこの扱いに対応していました。 実際には指定席は発券されず、原券に指定券発行済の印字を行い、指定券を追加で発券します。 指定券発行済が印字された未指定と指定券の2枚になっていますが、規定上はこれで指定席に乗車券類変更されたことになります。 この時は52号の時間に間に合わなかったため、後続列車となるかいじ123号の自由席に乗車できるかどうか伺ってみました。 の未指定では、同じであっても未指定の座席としてあずさ号・の指定席を確保できませんし、未指定のままあずさ号・自由席へも乗車できません。 しかしながら未指定で指定券の交付を受けたものは号の指定席として扱われますので、乗り遅れ時は同の後続列車の自由席に乗車できるとのことでした。 【旅客営業規則】 用語の意義 第3条 この規則におけるおもな用語の意義は、次のとおりとする。 (中略) 9 「指定券」とは、乗車日及び乗車列車を指定して発売する 以下「指定」という。 、特別車両券 指定席特別車両券 A 及び指定席特別車両券 B に限る。 以下これらを「指定特別車両券」という。 、寝台券、コンパートメント券及びをいう。 9 の2「未指定」とは、指定のうち、旅客 団体旅客又は貸切旅客を除く。 が希望する場合に乗車日、有効及び全車両指定制の1個以上の列車 以下「列車群」という。 を指定し、座席の使用を条件としないで発売する券をいう。 (以下略) 大人急行料金 第125条 大人急行料金は、次の各号に定めるとおりとする。 1 料金 イ 新幹線 (中略) ロ 新幹線以外の線区 イ 〜 ロ 略 ハ 第57条の3第2項の規定により発売する場合で、当該が ただし、別に定める場合を除く。 並びに海峡線、及び中・函館間内相互発着となる場合の料金 a b以外の料金 (中略) b 別表第1号の2第1項に定める列車群に含まれる列車に対して適用する料金 a 旅客が列車に乗車する前に発売する指定席に適用する指定席特急料金 次表に定める料金とする。 ただし、第57条の3第3項の規定により発売するものにあつては同表に定める料金から520円を低減した額とする。 地帯 50キロメートルまで 100キロメートルまで 150キロメートルまで 200キロメートルまで 300キロメートルまで 料金 750円 1,000円 1,550円 2,200円 2,500円 b 旅客が列車に乗車した後に車内で発売する指定席に適用する指定席特急料金 次表に定める料金とする。 ただし、第57条の3第3項の規定により発売するものにあつては a の表に定める料金から520円を低減した額とする。 地帯 50キロメートルまで 100キロメートルまで 150キロメートルまで 200キロメートルまで 300キロメートルまで 料金 1,010円 1,260円 1,810円 2,460円 2,760円 (中略) 2 第57条第1項第1号イの ニ の規定により発売する未指定の料金は、同条同項同号イの(イ)の規定により発売する指定席の料金と同額とする。 (以下略) の効力 第172条 指定を所持する旅客は、その券面に指定された急行列車 未指定にあつては、券面に指定された列車群に含まれる1個の列車 に限つて、券面に又は地帯が表示されているときは、当該又は当該地帯内の最遠の停車駅まで乗車することができる。 (以下略) 未指定の効力 第172条の2 未指定を所持する旅客は、前条第1項の規定によるほか、乗車した列車に空席がある場合は座席を使用することができる。 ただし、当該座席に有効な指定席を所持する他の旅客が乗車した場合又は満席の場合は、立席の利用となる。 乗車券類変更 第248条 普通乗車券、、特別車両券、寝台券、コンパートメント券又はを所持する旅客は、旅行開始前又は使用開始前に、あらかじめ係員に申し出て、その承諾を受け、1回に限つて、当該乗車券類から同種類の他の乗車券類に変更 この変更を「乗車券類変更」という。 することができる。 ただし、次の各号に定める乗車券類の変更については、これを同種類のものとみなして取り扱うことができる。 1 普通乗車券相互間の変更 2 指定以外の相互間の変更 3 自由席特別車両券 急行・自由席特別車両券 A を含む。 以下この条において同じ。 相互間の変更 4 指定券 急行・指定席特別車両券 A 、急行・寝台券、急行・コンパートメント券及び急行・を含む。 以下この条において同じ。 相互間の変更 5 指定以外の又は自由席特別車両券から指定券への変更 2 前項の規定にかかわらず、未指定から未指定以外の指定席への乗車券類変更は、当該未指定に指定された列車群に含まれる1個の列車を指定する場合であつて、かつ、未指定の有効と変更後の指定席の乗車が同一である場合に限り、乗車券類変更の回数に含まない。 ただし、未指定以外の指定券から未指定への変更を請求することができない。 (以下略) 指定券に対する料金の払いもどし 第273条 略 2 旅客は、未指定が不要となつた場合は、その券面に表示された乗車日までに駅に差し出したときに限つて、1枚につき330円の手数料を支払い、当該未指定に対する料金の払いもどしを請求することができる。 (以下略) 別表第1号の2 第57条 列車群 項 号 群名 列車 1 1 ひたち・ときわ イ ひたち号 ロ ときわ号 ハ 別に定める列車 2 イ 号 別に定める列車 2 - イ 号 ロ 別に定める列車 【旅客営業取扱基準規程】 列車出発後の指定券に対する特例扱い 第272条の2 新幹線の列車の指定席 急行・指定席特別車両券 A を含む。 又はを所持する旅客が、当該指定券に表示された列車の乗車駅出発時刻後に、乗車列車の変更を申し出た場合は、原指定券に表示された列車の乗車日に同駅を出発する他の新幹線の列車の自由席を使用するときに限り乗車 原指定券に表示された乗車内に限る。 の取扱いをすることができる。 この場合、旅客が所持する原指定券に次に掲げる印を押して取り扱うものとする。 様式略 2 略 3 新幹線以外の線区の列車の指定席 急行・指定席特別車両券 A を含む。 又はを所持する旅客が、当該指定券に表示された列車の乗車駅出発時刻後に、乗車列車の変更を申し出た場合 列車に変更し、指定席以外の座席を使用することを申し出た場合を含む。 は、前各項の規定を準用して乗車の取扱いをすることができる。 dkwsutn.

次の

常磐線特急ひたち・ときわ号 座席未指定券

座席未指定券

あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊の編成表・座席表は下の表の通りです(左右にスクロールできます)。 👈 新宿 景色が良い側(富士山・アルプス・諏訪湖) 1号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 3号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 4号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 5号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 6号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 7号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 8号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 9号車 グリーン 1 2 3 4 5 6 7 8 10号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 11号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 12号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A 甲府・松本👉 景色は普通(甲府盆地・八ヶ岳)• 8両編成は、4~12号車で運転• 特急富士回遊は1~3号車で運転 下はこだわりの表。 午前の松本方面なら、D席奇数番号がおすすめです。 景色 景色が良いのは、 往復ともDC席です。 特急富士回遊は、富士急線内でカーブが多いため、左右の差は少ないですが、DC席のほうが、やや富士山が見える時間が長くなります。 日差し 甲府~松本間は南北に走ります。 西日がまぶしいのは、午後のCD席です。 朝日がややまぶしいのは、午前のAB席です。 窓大きい 松本方面では奇数番号が窓が大きく、新宿方面では偶数番号が窓が大きいです。 コンセント 全席にあります。 トイレ 1・2号車の間。 2・3号車の間。 4・5号車の間。 6・7号車の間。 8・9号車の間。 9・10号車の間。 11・12号車の間。 赤ちゃん 上に記した、化粧室にベビーチェア、ベビーベッドあり。 トランク 荷物置き場は、1・3・5・7・9・10・12号車の甲府、松本寄り。 寝る 椅子を大きく倒せる最後列の席が良い場合、甲府・松本方面なら1番です。 新宿方面の場合、号車によって異なります 窮屈 最前列の席は、足が伸ばせません。 山梨のページ• 甲府 || ブラタモリ 河口湖 || 全車指定席の仕組み 2019年3月から、中央線の特急あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊は、全車指定席になりました。 全車指定席といっても、 新たな着席システムと言われるもので、全国にもあまり例がないものです。 指定席 … 従来と同じ仕組み。 ただし、乗車後に購入すると260円高くななる。 えきねっとチケットレスサービスなら、100円引き。 自由席 … 座席未指定券に変更。 値段は、指定席と同じ。 全車指定席だが、空いている席に乗車できる。 結論としては、同じ料金ですので、指定席がお得です。 しかし、 えきねっとを使用していれば、購入した指定券は発券前なら、原則1回に限り手数料なしで変更できます(複数回変更できる場合もあります)。 例えば17時の列車の指定席を取っておき、間に合わない場合、16時54分までは、無料で変更できます(えきねっとが止まる深夜から早朝を除く)。 ただし、えきねっとは、ログイン失敗率がかなり高いので、事前に確認が必要です。 座席の上のランプの色の意味 全車指定席のあずさ、かいじには、座席の上にランプがあります。 その意味は以下の通りです。 緑色 … すでに指定券販売済みの席。 乗り遅れていない限り、すぐに指定券を持った人が来るはずです。 黄色 … まもなく指定券発売済み区間になる席。 座席未指定券の場合は、できれば避けます。 赤色 … 今のところしばらく空いている席。 全車指定席 最新のE353系の乗り心地 デビュー日のE353系! 全車指定席の特急あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊に使用されるのは、最新のE353系。 写真は、2017年12月のデビュー日のE353系です。 全車指定席 最新のE353系は、座席が広く、コンセントもあり、乗り心地は抜群です。 JR東日本は、高速バスに勝てると踏んだ場合、全力投球をする傾向があり、全国の特急車両の中でも最上位です。 E353系の車内の様子は、次の記事に詳しいです(姉妹サイト)。

次の

富士回遊の現状と今後について | akkiの鉄道旅行記

座席未指定券

もくじ• 全車指定席になっている区間がある 新幹線には基本的に自由席と指定席が両方そなわっています。 しかし、東北地方と北海道には、自由席がない、全車指定席の列車しか走っていない区間があります。 それは、秋田新幹線の盛岡~秋田間、東北新幹線の盛岡~新青森間、北海道新幹線の新青森~新函館北斗間です。 列車名で言うと、はやぶさ号、はやて号、こまち号です。 これらの列車は全区間全車指定席です。 全車指定席の列車は、その列車の指定券を持っている人しか乗ることができません。 自由席特急券の人は「車内に立ち入ることすらできない」というのが基本中の基本です。 ここをまず理解してください。 基本はそうなのですが、これから例外の話をします。 まず最初に、座席や乗り方の種類をまとめておきます。 JR東日本・JR北海道の新幹線の座席の種類(その1) 自由席利用 (盛岡以南のみ) 立席利用 (仙台~盛岡で 途中駅に止まる はやぶさ号、 はやて号) 立席利用 (盛岡以北のみ) 立席利用 (満席の列車) 必要なきっぷ 自由席特急券 自由席特急券 特定特急券 立席特急券 乗る車両 自由席車 指定席車 指定席車 指定席車 座席の指定 しない しない しない 号車指定 JR東日本・JR北海道の新幹線の座席の種類(その2) 指定席利用 グリーン車利用 グランクラス利用 必要なきっぷ 特急券 特急券 グリーン券 特急券 グリーン券 乗る車両 指定席車 グリーン車 グランクラス車 座席の指定 する する する いずれも、上記とあわせて、乗車区間に対する乗車券が別途必要です。 うーん。 すぐに理解するのは難しそう 盛岡以北は特定特急券で立席利用できる 盛岡以南では、やまびこ号などの、自由席がある列車も走っているので、自由席に乗りたかったらそれを利用すればいいのですが、盛岡以北は自由席のある列車が走っていません。 盛岡以北では他の新幹線とは異なったシステムが採用されています。 座席の確保を必要としない人は指定席車の空席を利用できることになっています。 この利用方法のことをJRは「立席」とよんでいます。 たしかに、全車指定席の列車に座席を指定しないで乗るわけですから、座席がなくて立って乗車するのが当然のように思えます。 ところが、その名前に反して、空席があれば座って良いことになっています。 東京から北へ向かう新幹線は、北へ向かうに連れて乗る人が少なくなってきます。 とくに盛岡を出るとかなり空席が目立つようになってきます。 なので、事前に座席を指定しないでも問題がないことが多いです。 そして、さらに変な用語が出てくるので初心者は混乱してしまうと思うのですが、この区間で立席で乗車するために必要なきっぷは、「特定特急券」という名前です。 窓口で購入するときは「立ち席で」と注文すればよいでしょう。 指定席券売機で買う場合は、指定席の画面から入り、座席の種類から「立席」を選びます。 えきねっとで買うことはできません。 モバイルSuica特急券を利用する場合は、「座席を指定しない」を選択して利用することができます。 もっとも、指定席を利用しても同額で済みます。 メモこの区間ではWきっぷという、2枚セットで割引になるきっぷを使うこともできます。 盛岡以南では はやぶさ号、はやて号、こまち号は、盛岡以南も全車指定席で走っています。 盛岡以南については通常通り、指定席を取らないと乗車することはできません。 自由席に乗りたい場合は、やまびこ号などの列車を利用することになります。 仙台~盛岡間で途中の駅に停車する はやぶさ号、はやて号 ただし、仙台~盛岡間で途中の駅に停車する、はやぶさ号、はやて号に関しては自由席特急券で立席利用ができます。 この利用方法は、はやぶさ号、はやて号の乗車区間が仙台~盛岡間に収まるときに適用になります。 仙台~盛岡間には、古川、くりこま高原、一ノ関、水沢江刺、北上、新花巻の各駅があります。 例えば、東京から仙台まで、やまびこ号の自由席に乗って、仙台から一ノ関まで、はやぶさ号の立席利用をするときは、東京から一ノ関までの自由席特急券で乗れます。 もちろん、空席があれば着席できます。 メモこの区間ではWきっぷという、2枚セットで割引になるきっぷを使うこともできます。 満席の場合は立席特急券 乗りたい列車が満席になってしまった場合は、「立席特急券」というものが発売されます。 この場合は先に紹介した乗り方と違って、本当に立ち席しかありません。 これを買えば東京~盛岡間でも立席乗車することができます。 ただし、あくまで満席になった場合にしかこの措置は取られません。 おもしろいことに、この「立席特急券」は指定席の一種なので、乗る列車と乗る号車まで指定されます。 なのに座る場所はありません。 料金は(通常期の)指定席特急料金から530円マイナスした額です。 やまびこ号などの自由席と同じ料金かと思ってしまいがちですが、はやぶさ号の指定席料金は、やまびこ号の指定席よりも数百円高く設定されています。 立席特急券にもこの数百円の上乗せが含まれています。 参考までに、東京~盛岡間の料金を示します。 東京~盛岡間の特急料金 列車名 座席 東京~盛岡間 特急料金 はやぶさ号 指定席 6,430円 立席 5,900円 やまびこ号 指定席 5,910円 自由席 5,380円 いずれも特急料金のほかに運賃8,580円が必要です。 盛岡をまたいで乗る場合 たとえば、東京~新青森とか、東京~新函館北斗、東京~秋田などで利用する場合が多いと思います。 そういうときには指定席を取って乗るしかありません。 メモインターネット限定発売の、「えきねっとトクだ値」というものを利用すれば、はやぶさ号やこまち号の指定席を安く利用することができます。 やまびこ号と、はやぶさ号を盛岡で乗り継ぐ場合 盛岡以南は、やまびこ号の自由席に乗って、盛岡以北は、はやぶさ号の立席利用をする、という利用形態はできません。 盛岡で一旦打ち切って2枚の特急券を購入する形にすれば、このような利用の仕方をすることもできますが、多くの場合は指定席を取って通しで乗ったほうが安くすみます。 その場合は、やまびこ号の指定席と、はやぶさ号の指定席を両方取っても、座席指定料金に当たる部分は1回分しかかかりません。 (新幹線の特急料金は、改札を出ないで同一方向に乗り継ぐ場合は1回分の特急料金で計算するため) メモどちらかが「」に該当する場合は、盛岡で打ち切ったほうが安くなります 上級者向け 「できません」とはっきり書いてしまいましたが、実は盛岡をまたいでも全区間自由席特急料金と同額で利用する方法がないわけではありません。 乗車全区間を「列車を指定しない」立席特急券で発券し、盛岡以北の区間のみ立席の指定券を組み合わせます。 盛岡以南は自由席の利用できるやまびこ号などに乗車します。 この方法は広く周知されたものではありません。 指定席券売機やえきねっとでは発売していません。 JRの係員ですら知らない人がいるようです。 窓口で頼んでも断られることもあるようです。 よく事情がわからない人は利用しないほうが良いでしょう。 実際どうなの? 盛岡以北は空いていることが多い はやぶさ号、こまち号は、東京~仙台間しか乗らない人が大勢います。 そのため、盛岡以北では空席が結構あります。 なので、実際に座れないことはほとんどないと思います。 注意点としては、本来の指定席を取った人がもし後から来た場合は、その座席は指定席を取った人のものですから、譲らなくてはいけません。 そういったことにビクビクするのが嫌な人は指定席を取ったほうがいいかもしれませんね。 私個人の経験談としては、盛岡以北で乗るときは立席で乗るようにしていますが、座れなかったことも、座席がバッティングしたこともありません。 ただし、旅行シーズンの3連休などは大混雑することがあるようです。 東北新幹線はどちらかと言うとレジャー利用の比率が高い新幹線ですので、日程によって混雑の具合がかなり違います。 乗るときは、乗車口の列に並んでいる人が乗り終わってから乗るのが良いでしょう。 指定席券を持った人が一通り席に座るまで待っていれば、誰かの席に座ってしまう可能性も少ないと思います。 それから、人が乗ってきそうな駅に停まったら、いちおう車内の様子に気を配るようにしましょう。 万一、後から人が来たら困ってしまうので、寝てしまうのはやめたほうがいいですね。 盛岡以南の立席特急券は また、大宮~仙台間で満席の列車に立席乗車したこともあります。 立ち席で乗る号車が指定されているため、デッキの混雑が均等に分散されて、立ち席の割には快適だったと思いました。 立席乗車券の発売枚数自体も制限されていますので、すし詰め乗車状態にはならないと思います。 停車駅が少ないので、床に座ってしまってもあまり迷惑にはなりません。 丈夫なカバンであればその上に座ればよいです。 それを見越して座れるようなカバンを持っていくのも良いです。 携帯用の折り畳める座布団があるとなお良いです。 駅に止まるときは乗り降りのじゃまにならないようにしましょう。

次の