テント おすすめ。 エアフレームテントの選び方とおすすめ8選【キャンプ初心者に人気】

ソロキャンプ用テントの選び方とおすすめ20選【ひとりキャンプに人気】

テント おすすめ

テント内で過ごす時間が長い場合、ランタンは必要 テント内を照らすランタンが必要かどうは、 過ごす時間の長さによります。 基本的には外で過ごし、テントは寝るためだけに使う、ということであれば、専用のランタンまでは必要ないかもしれません。 ヘッドライトで十分ですし、スマートフォンのライトでも十分作業はできます。 しかし テント内で団らんしたり、遊んだりするのであれば、ランタンは必要です。 とは言え、私は雨でもタープ下で過ごす人ですが、 テント内で着替えたり荷物を整理したりする時などもあるため、テント内にランタンがあると便利だと感じています。 ティピーテントの場合はセンターポールに注意 ティピーテントで使用するランタンは、 他のテントとは少し違った視点が必要になる場合があります。 多くのテントでは、テントの天井中央部分にランタンを吊るし、明るさを確保します。 テントの地面の形を見ると、丸か四角の場合が多いので、中央にランタンを吊るすことでテント内全体を照らすことができます。 しかしティピーテントの場合、 テントの中央から天井まで、大きなポールが立っています。 そのため、テントの中央に吊るそうと思っても、センターポールに引っ掛けるしか方法がなく、 ランタンが傾いてしまうことがあるのです。 スポンサーリンク テント内用ランタンの選び方 ティピーテントのテント内で使用するランタンは、どのようなものが良いでしょうか。 私の場合、基本的に 2つの観点で選んでいます。 LEDランタンを選ぶ 1つ目は、 LEDランタンを選ぶことです。 テント内は大変狭いので、ぶつけてケガをする危険性があります。 特にランタンは頭の高さにあるので、 顔を火傷する可能性もあります。 火傷しても良い場所なんてありませんが、顔についた傷は一生消えない可能性もあります。 また、ぶつかった拍子にランタンが落下することもあります。 ガスランタンやガソリンランタンは火を燃やして照らしているので、そこから 火事になり、最悪の場合命を落とす危険すらあります。 下向きに照らせるランタンを選ぶ テント内で使用するランタンは、 上から下にダウンライトのように照らします。 そのため、オーソドックスなランタン(コールマンのロゴのようなタイプ)では、うまく照らせません。 ランタン自体が影になり、肝心な部分が照らせないことがあります。 そのため、テント内で使用するランタンは下方向を照らせるものを選ぶ必要があります。 テント内で使用するのにおすすめのランタン では、テント内で使用するランタンは、たとえばどのようなものが良いのでしょうか。 世の中には無数のランタンがあるので、自分で好きなものを選べば良いのですが、参考まで私の おすすめを書いていきます。 先述の通り、私の場合はコールマンのタフワイドドームかテンマクデザインのサーカスtcを使用しているので、目安としては5人用テント程度のサイズだと思っていただければと思います。 個人的におすすめベストは「たねほおずき」 私の一番のおすすめは、スノーピーク(snowpeak)のLEDランタン、「 たねほおずき」です。 たねほおずきは想像以上の光量があり、テント内を照らすだけであれば十分です。 ポケットにも軽く入るようなサイズで携帯性も良く、デザインもとてもかわいいです。 さらに、 長押しで明るさを微調整できるため、雰囲気や気分に合わせて暗くすることもできるので、室内灯として優秀です。 また特に、ティピーテントユーザーにはたねほおずがおすすめです。 たねほおずきは引っ掛ける部分がマグネット製になっているため、 鉄製のセンターポールに直接くっつけることができるのです。 しかも磁石から延びる枝部分はゴムになっているため、斜めにならずまっすぐ下を照らすこともできます。 個人的には、 たねほおずきはテント内を照らすランタンとしてベストな性能を備えていると考えています。 屋外との併用ならgentosのランタン ファミリーキャンプであれば屋外のランタンとテント内のランタンは分けた方が良いですが、ソロや少人数のキャンプであれば、屋外用のランタンと分ける必要はない、と考える方も多いと思います。 その場合におすすめなのは、 GentosのLEDランタンです。 たとえばGentosのSOL-013Cは、配置次第ではメインランタンとしても使えます。 リンク : 更にランタンのほや(グローブ)部分を取り外すことができ、底面にあるフックを引っ掛けることで 真下を照らすことができます。 画像出典 : 楽天市場 このモードで使えば、テント内の明かりとして申し分ない機能性を発揮します。 たねほおずきと 違って斜めに曲がってしまいますが、光量が大きいので気になりません。 もし気になるとすれば、電球がむき出しになっているので、見た目がおしゃれではないことでしょうか。 裸電球でも機能が良いなら問題ないよ!と言う方にはおすすめです。 スポンサーリンク 感想、まとめ。 たねほおずきはティピーテントと相性抜群! テント内のランタンについて色々と書きましたが、 私の圧倒的なおすすめは「たねほおずき」です。 もしテント内のランタンで悩んでいる方は、大抵のテントであれば、たねほおずきを買っておけば間違いないと思います。 たねほおずきで不足するケースは、もしかしたらノルディスクのような大型のベルテントの場合で、 光量が足りない、という場合でしょうか。 光量さえ足りてしまえば、機能面でたねほおずきに不満を持つことはないような気がします。 たねほおずきを初めて点灯させた時、思わず「 明るっ!」と言ってしまいました。 それくらい、大きさから想像できないくらい明るいです。 さすがスノーピーク。 カテゴリー• 人気記事ランキング 30日• 1,650件のビュー• 1,410件のビュー• 1,200件のビュー• 930件のビュー• 780件のビュー• 720件のビュー• 660件のビュー• 600件のビュー• 570件のビュー• 570件のビュー• 540件のビュー• 450件のビュー• 450件のビュー• 450件のビュー• 450件のビュー• 450件のビュー• 420件のビュー• 420件のビュー• 390件のビュー• 390件のビュー• 390件のビュー• 360件のビュー• 330件のビュー• 330件のビュー• 330件のビュー• 330件のビュー• 330件のビュー• 300件のビュー• 300件のビュー• 270件のビュー• 270件のビュー• 270件のビュー• 240件のビュー• 240件のビュー• 210件のビュー• 210件のビュー• 210件のビュー• 180件のビュー• 180件のビュー• 180件のビュー 新着記事.

次の

【最新版】ワンタッチテントおすすめ10選!人数や使うシーンでの製品選びが重要

テント おすすめ

ソロキャンプや登山など、ひとりで自由気ままに過ごせるアクティビティで休憩所から宿泊までの用途で使うのが、ソロテントです。 ひとりで運搬、かつ設営まで行わなければいけないため、ソロテントは利用する用途やシーンに応じて適切な製品を選びましょう。 初めてソロテントを購入したい人にも参考になる、上手にソロテントを選ぶポイントと、おすすめ製品を紹介していきます。 ソロテントを選ぶ4つのポイント ソロテントは、サイズや重量など選ぶうえで重視したいポイントが活用するシーンや気候、運搬方法や環境によっても異なってきます。 テント自体を初めて取り扱う初心者の人や、ソロで取り扱うのは初めて、という人まで参考にしてほしい、ソロテントの選び方のポイントを4つ紹介します。 気軽なシングルウォールと居住性抜群のダブルウォール テントには、テントの生地がインナーテント1枚のみのシングルウォールテントと、インナーテントにフライシートが被さった2枚構造のダブルウォールテントがあります。 シングルウォールテントはテント自体の設営がしやすい、軽量というメリットがある一方、居住性が低く結露しやすいなどのデメリットがあります。 ダブルウォールテントは、雨風や結露を防ぐため暑さ寒さに強い、かつテント内部のまえにキャンプのほかのギアや、ツーリングバイクを置いておける前室があるものもあり、居住性が高くなっています。 一方で、テント自体の設営に時間がかかるのとシングルウォールよりも重量があるのがデメリットです。 日帰りや設営のしやすさ、重量を重視するならシングルウォール、宿泊をともなう登山や冬場のソロキャンプなど居住性を重視したい場合はダブルウォールを選びましょう。 テント設営や撤収のしやすさで選ぶ 初めてソロキャンプを行う人でも、家族や友人同士でキャンプを行っていてテントの取り扱いに慣れている人と、テントそのものの取り扱いに慣れていない人がいます。 自分ひとりでアクティビティをする場合は、テントの設営や撤収まで自分で行わなければいけません。 自分のテントへの熟練度と相談しながら、設営や撤収のしやすいものを選びましょう。 簡単に設営できるものなら、自立式のポップアップ式やワンタッチ式、ワンポール式などが選択肢に入ります。 ただし、自立式でも撤収は慣れるまでやや手間取るため、あらかじめ撤収方法を練習しておくのがおすすめです。 一方で、ある程度取り扱いには慣れている人なら、ペグやトレッキングポールを通す非自立式のテントも選択肢に入りますが、ポールを通すガイドがあったり、テープの色が分かれていたりなど、設営しやすい工夫のあるものを選ぶと、ひとりでもスムーズに設営や撤収ができるようになるでしょう。 ソロでも余裕を持つならサイズは2人用以上がおすすめ ソロテント、というと1人用のテントをイメージする人が多いでしょう。 実際に、テントに記載されている「〇人用」とは、最大収納可能人数です。 そのため、ソロキャンプやツーリング、登山などひとりで使用する場合でも、余裕を持って使いたいのなら2人用以上を選ぶようにしましょう。 また、テントを利用する人の体型や一緒に持っていくギアやツールによっても、適切なテントのサイズは異なってきます。 後述の収納サイズや運搬方法との兼ね合いを見つつ、快適に過ごせるサイズかを確認して購入しましょう。 運搬方法によって軽量性・収納性を重視する ひとりでソロテントを持っていかなければいけないため、運搬方法によっては軽量性や収納性を重視する必要があります。 たとえば、登山の場合は自分でパッキングして担いだ状態で登山もしなければいけないため、できるだけ体に負担がかからない、本体重量が軽いソロテントを選ぶ必要があります。 またツーリングの場合はバイクの積載量が決まっているため、コンパクトに収納できるものを選びましょう。 軽量性や収納性を決めるポイントは、シングルウォールやダブルウォールのほかにも、実際にソロテントに使われている生地やポールの素材によっても左右されます。 ソロテントのおすすめ10製品を紹介します ひとりで運搬、設営、撤収まで行うソロテントだからこそ、使用する用途やシーンによって選び方で重視するポイントは異なってきます。 紹介した選び方を踏まえて、ソロテントのおすすめ10製品を厳選し、紹介します。 ひとりでアウトドアを快適に楽しめるソロテント選びに、ぜひ役立ててください。 モンベル• ムーンライトテント1型(1122286)• 税込み24,200円• モンベルの歴史あるソロテントならこれ• ダブルウォールテントながら軽量のため、ソロの登山や宿泊をともなうキャンプなどでも選択肢に入る製品です。 モンベルのなかでも一番歴史の古い、ロングセラーモデルでもあります。 多くのテントをリリースするアウトドアブランド「モンベル」のなかで、最も古い歴史を持つ人気テントシリーズの、1~2人用が「ムーンライトテント1型(1122286)」です。 ダブルウォールテントながら、本体重量はわずか2. 1kg。 名前の通り、月明かりの下でもすばやく設営できる、取り扱いやすいソロテントになっています。 雨が多い日本の気候に合わせた優れた防水性や通気性を兼ね備えた、居住性も高い製品です。 モンベル• クロノスドーム2型(1122491)• 税込み31,800円• 独自構造でコンパクトながら広々としたサイズ• モンベル独自の技術を採用し、収納のコンパクトさと設営時の居住空間の広さを両立させるのに成功したモデルです。 3シーズン対応なので、幅広い用途で使えます。 テントのポールを直角に交差させる、モンベル独自の特許取得済み技術「バーティカル・クロス・システム」を採用したテントが「クロノスドーム2型(1122491)」です。 ポールを交差させた分、広い居住空間の確保を実現させました。 また、テントのポールとソケットがショックコードで一体になっているため、設営も撤収もスムーズに行えるのも魅力です。 3シーズン活躍、付属のスタックバックにコンパクトに収納できるので、幅広い用途で使えるでしょう。 コールマン• ツーリングドームST(170T16400J)• 税込み12,327円• コンパクトで前室も広くツーリングにぴったり• コールマンのコンパクトシリーズで、ツーリングにぴったりのテントです。 1~2人用ながら、前室を広く確保しているため、開放感が抜群でバイクも置けます。 アウトドアブランド「コールマン」のコンパクトテントシリーズで、ツーリングの用途に特に向いている製品が「ツーリングドームST(170T16400J)」です。 コンパクトサイズながら、従来モデルよりも前室が広くなり、開放感がアップしています。 2つあるメッシュドアや、湿気を逃がすベンチレーションシステムも採用されているため、通気性も抜群です。 コンパクトに収納して持ち運べるため、夏場のツーリングにも活躍するでしょう。 コールマン• クイックアップドーム/W+(2000033136)• 税込み13,798円• 日光を遮断、簡単に設営できるポップアップ式• 光を90%以上ブロックできる素材を採用したテントで、テント内のまぶしさや温度上昇を防げます。 ポップアップ式のため設営も簡単で、夏場のいろいろなシーンに役立ちます。 遮光性にすぐれた素材を使用した、「ダークルームテクノロジー」を採用した「クイックアップドーム/W+(2000033136)」。 光を90%以上ブロクできるため、昼間に中で眠りたいときや、温度の上昇をおさえたいときにも便利に使用できます。 また、必要に応じて室内に光を取り入れられる、クリアルーフウィンドウも設置されています。 設営も簡単にできるポップアップ式の2人用テントのため、夏場のソロキャンプやフェスにも活躍する製品です。 キャプテンスタッグ• リベロ ツーリングテントUV(UA-3)• 税込み7,502円• 結露しにくく、出入りもしやすい• ツーリング用からソロキャンプまで活用できるテントです。 結露しにくい隙間やベンチレーションのほか、前後で出入りでき、前室としても使える利便性も兼ね備えています。 梅雨の時期だけでなく、高温多湿になりがちな日本では、テントの中が結露してしまうことも多いです。 結露しにくさで選びたいときにおすすめなのが「リベロ ツーリングテントUV(UA-3)」です。 テント内の湿気を逃がすベンチレーションや、インナーテントとフライシートの隙間を確保するなどの機能性がほどこされています。 フライシートは前、後両方で出入り可能なため、前室としても、出入り口としても使いやすく便利です。 スノーピーク• ランドブリーズ2 2人用(SD-632)• 税込み62,000円• ソロでもぜいたくな空間を得たい人に• 室内の温度調節がしやすく、ソロキャンプでも快適な空間を保ちたい人におすすめのテントです。 耐水圧1,800mmミニマムのフライシートは、急な天候の変化にも対応できます。 居住性の高い空間に、天候の変化に強い本体素材を使用した「ランドブリーズ2 2人用(SD-632)」。 後室には大型パネル、冷え込み対策のマッドスカートと室内の温度調節がしやすい機能が豊富にあります。 スノーピーク独自の耐水圧表記「ミニマム」は、最低の耐水圧を保証する、という意味があります。 こちらの商品は耐水圧1,800mmミニマム。 急な雨にも対応できるため、幅広いアウトドアシーンのソロテントとしての選択肢にも入ります。 スノーピーク• ファル Pro. air 2(SSD-702)• 税込み49,702円• プロラインへ移行した登山用テント• プロラインに移行したファルシリーズの2人用テントです。 登山用に特化した軽量性をほこり、吊り下げ式インナーテントやベンチレーションなどの機能も充実しています。 スノーピークがほこる登山用テント「ファル」シリーズがプロラインに移行した「ファル Pro. air 2(SSD-702)」。 本体とフレームのみの重量は約1. 7kgと、軽量性をほこるためソロの登山でも運搬の負担がかかりにくくなっています。 吊り下げ式のダブルウォール、開閉可能なベンチレーションなど、結露を防ぐ設備も充実。 また、インナーテントは取り外しができるため、フライシートのみをシェルターとして使うこともできます。 テンマクデザイン• PANDA VC• 税込み32,780円• 新素材VCを採用したソロ用ワンポールテント• ワンポール式のソロテントを求める人におすすめの製品です。 新素材VCを採用し、高い耐久性と居住性を両立させています。 男性がひとりで寝ても十分な広さがあるテントです。 設営しやすいワンポール式のソロテントを求める人の選択肢に入る「PANDA VC」。 PANDAシリーズで、穴が空きにくく耐久性の高い新素材VCを採用しました。 ダブルウォールテントとしても、フライシートのみでシェルターとしても使用可能です。 前後にドアのある構造のため通気性の確保や出入りもしやすくなっています。 インナーテント上部にランプや小物を収納できるポケットもついています。 ケシュア• 税込み23,536円• 日帰りキャンプ用にぴったりの簡単設営テント• 2秒のスピーディ設営、かつ撤収もひとりで簡単に行えるポップアップ式のテントです。 遮光性や耐久性の高さ、ウォータープルーフ仕様と機能も充実でデイキャンプ用にも最適でしょう。 設営だけでなく、折りたたみもしやすい「EASY」ガイドシステムも搭載しているため、撤収もひとりで簡単に行えます。 デイキャンプ用のソロテントや、気軽に使えるテントを求める人におすすめです。 DOD• ヌノイチS(T2-593-TN)• 税込み18,800円• ソロ上級者向け!テントにもタープにもなる一品• 名前の通り、切れ込みの入った一枚布です。 付属のロープやポールを使ってテントやタープを始め、いろいろな形状にできます。 上級者向けですが、自分にあったスタイルが作れます。 その名前の通り、ただの布一枚の形状になっているユニークな「ヌノイチS(T2-593-TN)」。 布の切れ込みとループに、付属のポールとロープを組み合わせることで、いろいろな使い方ができます。 1~2人が入れるフルクローズのテントから、タープスタイル、別売りの蚊帳と組み合わせて夏場のテントなど、千差万別のスタイルが作れるでしょう。 素材は燃えにくいポリコットンを採用しているため、焚き火を楽しみたいソロキャンパーにもおすすめです。 ぴったりのソロテントでキャンプやツーリングを楽しもう.

次の

初めてのワンポールテント!おすすめ比較25選【選び方も解説】

テント おすすめ

代表取締役 1987年5月8日生まれ。 一橋大学大学院商学研究科経営学修士 MBA コース修了。 学生時代に外食事業の株式会社設立を経験する傍ら、外食サービススキル鍛錬のために、有名シャンパンバーなどで修行を積む。 マーケティング部ではコニャック「ヘネシー」のブランドマネジャー、営業部では新宿区重要顧客担当を経験。 2016年11月に退職、2017年3月に株式会社 Wonder Wanderersを設立。 1987年5月8日生まれ。 一橋大学大学院商学研究科経営学修士 MBA コース修了。 学生時代に外食事業の株式会社設立を経験する傍ら、外食サービススキル鍛錬のために、有名シャンパンバーなどで修行を積む。 マーケティング部ではコニャック「ヘネシー」のブランドマネジャー、営業部では新宿区重要顧客担当を経験。 2016年11月に退職、2017年3月に株式会社 Wonder Wanderersを設立。 コンパクトに持ち歩きたい人は使う人数のサイズでもOK。 どのテントも床面積と高さが記載されているので、購入前にスペックを確認してどのくらいの広さなのかイメージしておくとよいでしょう。 家族が多い場合は、2ルーム型テントがおすすめ。 荷物をリビングにおけて寝室を広く使うことができます。 テント内の高さが気になる人は、ティピー型がおすすめ。 センターポールが高いのでテント内で立ち上がることもできます。 6人以上で使用する場合、大型のテントだと重いので持ち運びも設営も大変です。 大型のテントを1つ用意するよりも、2~3人用のテントをいくつか用意するのがおすすめ。 設営のしやすさならドーム型がおすすめ なぜこのスノーピークのテントが選ばれたのか アメニティドームは、スノーピークならではの高品質と永久保証で安心して保有できる1台。 使い勝手も非常に良く、入門用としても問題ないベストセラーモデルです。 初めてテントを購入する人でも、問題なく設営ができるように工夫された設計。 前室が広くタープがなくても完結可能な仕様です。 また、スノーピークらしい地上高を抑え風によるダメージを受けにくくした、耐久性の高さにも注目。 耐水圧はミニマム 最低 1800mmと比較的高く、防水性も問題ありません。 高い全高とサークルベンチレーション 外気を取り込みテント内の空気を循環させる機能 が優れた快適性を実現しています。 天井高は185cmと大人が立っても問題ない高さ。 耐水圧は約2000mmあるので、急な大雨でも安心して使用することができます。 入門者にも人気のモデル。 6kg 収容人数 4~6人 なぜこのテントが選ばれたのか ブラウンと緑が大半を占めるキャンプ場の中で、ちょっと異なる色味でまわりにアピールできるのがこちら。 それでいて形はアメニティドームのような、かわいいドームテントです。 もちろん見た目だけではなく、設営のしやすさとハイスペックな機能も兼ね揃えています。 ポール、スリーブ、アタッチメントテープが同色で統一されているカラーアシストにより、初めての設営でも迷うことがありません。 天井高は170cmと高く快適に過ごすことができ、耐水圧も3000mmと高めです。 さまざまなシチュエーションに対応可能で、トンネル型ゆえにテントとタープを分けて立てる必要がなく、ポール数も少なく済むため設営が簡単です。 ひとつのテントで完結させたい人向けのテント。 また、テント内は日光が遮断されるため昼間でも窓を閉め切ると、室内を暗くすることができます。 さらに、天井や側面から採光ができるため、好みの明るに調整することもできます。 スノーピークならではの高い品質と、さまざまなアレンジを実現する細かな仕様。 高価だが、その分の見返りはしっかりと得られるテントです。 インナールームの天井高は190cmと高く、大人でも屈むことなく移動が可能です。 また、天井にはループが付いており、ライトなどを引っかけて使うこともできます。 ベンチレーションは大型で快適性が確保されており、室内には小物を入れられるポケットもついています。 汎用性が高いのでさまざまなシチュエーションにも活用できます。 インナーテントの高さは130cmあるので、座って過ごす分には問題ありません。 ポール2本でできたシンプル構造のため設営が簡単なことも高ポイント。 許容人数は4人で重量は4300gと比較的軽いです。 テント上部には通気性のある素材を使用しており、テント内を快適に保ってくれます。 ファミリーキャンプにもおすすめのテントです。 3kg 収容人数 4人 テントおすすめランキングTOP5【楽に設営できる】 なぜこのテントが選ばれたのか ワンタッチテントでは珍しい5人用仕様。 可愛いデザイン性が定評のDODが販売しており、通常のドームテントに遜色ないデザイン性がよいです。 天井高は190cmとワンタッチテントの中では最大級の高さ。 付属のキャノピーポールを使用すればタープ代わりに日陰エリアを作ることもできます。 テントの前後に大きなD型ドアが2つ設定されており、出入りがしやすい構造になっています。 耐水圧は2000mmと高く、大雨でも安心なテントです。 現在、生産終了になっており在庫分のみ販売中。 7kg 収容人数 5名 なぜこのテントが選ばれたのか ベンチレーションやペグポイントもあり、快適性が高いモデル。 ケシュアならではのデザインも特徴的でかっこいいです。 2 SECONDS 2秒 の名のとおり、まさにワンタッチで簡単に設営ができるのが1番のポイント。 遮光性が高いため昼間でもテントの中は暗く、室内を涼しく保つことができます。 テントは自立可能で風のない場所であればペグを打つ必要もありません。 ベッドルームには小物を入れるポケットも完備。 許容人数は3人で重量は4. 02kg。 価格もお手頃でどこでも使える仕様のため、ついつい欲しくなる商品です。 02kg 収容人数 3人 なぜこのテントが選ばれたのか ドイツの本格派・アウトドアブランドであるQEEDO キィード 製という品質の安定感と、山岳テントのような形がワンタッチテントの概念を覆す商品。 「ヨーロッパのカリスマブランド」と呼ばれるだけあり、デザイン性も高く、見た目にも特徴のあるテントです。 設営時間は約60秒。 キャノピーが入り口と天井に設置され、通気性を確保しています。 台風に遭遇しても倒壊しない風に強いモデル。 土砂降りの雨でも問題ない耐水圧2000mmのテントです。 許容人数は3人で重量は4. 7kg。 他のワンタッチテント同様、お求めやすい価格となっています。 7kg 収容人数 3人 なぜこのテントが選ばれたのか 「フェスに行きたいからテントを買う」といったライトな動機であれば、このテントで問題ないでしょう。 こちらも1万円でお釣りがくる高コスパモデル。 テントの前後には大きなD型の入り口が設けられており、出入りがしやすいです。 ベンチレーションも搭載されており、室内の空気を入れ替えることが可能。 耐水圧は2000mm以上。 シルバーコーティング加工により、遮熱性もアップさせています。 相棒として長い付き合いになりそうなテントです。 その美しいデザインのみならず、素材や使用パーツ、縫製方法までLOCUS GEARのノウハウが盛り込まれたテントです。 縫い目にはシームテープ 防水テープ が施されており、水の侵入を防ぎます。 最大許容人数は4人ですが、軽量で設営も比較的ラクなためソロキャンプに持って行っても快適に使用することができます。 1度見たら忘れられないフォルムにも注目。 名前のとおり、ツーリングキャンプのときにはこの前室が重宝すること間違いなし。 ポールポケット式 テントにポールを挿すフックがついている を採用しており、1人でも設営がしやすい仕様になっています。 耐水圧は1500mmで問題なし。 もちろんベンチレーションもついています。 コールマン特有のオリーブカラーも見逃せないディテール。 お求めやすい価格となっており、迷ったら買って良しのテントです。 山岳用なので品質も申し分ありません。 ポールを直角に交差させて、広い居住スペースを確保する仕様。 テント用の雨よけ布であるフライシートには、テントの中から開閉できるベンチレーションが前後2箇所に設置されており、効果的な換気が可能です。 通気性が高いためキャンプだけでなく、ツーリングやトレッキングなど幅広い用途に使えるテントです。 また、難燃加工が施されているため、通常のテントより燃えにくく、火の粉にも強い仕様となっています。 18kg 収容人数 2人 なぜこのスノーピークのテントが選ばれたのか キャンプ用品の一流ブランドが考えるソロキャンプテント。 同社の人気商品「ラゴ」よりも安価で設営が容易なので、スノーピーク品質の安心したソロキャンプをすることが可能です。 耐水圧はSnowpeak特有のミニマム1500mmと特殊な単位表記で、これは生地のどの部分を測っても1500mm以上耐水圧が確保されているという意味になります。 開閉可能なベンチレーションを装備。 インナーテントを取り外すとシェルターとして利用することもできます。 総重量1710gで持ち運びも苦になりません。 ソロ向け万能テント フォルムと実用性を兼ね揃えたテント ツーリングにも最適の大きな前室 設営簡単。 高クオリティ山岳テント 軽量コンパクトなソロキャンプテント 商品画像 2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。 2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

次の