アラジン 曲 日本 語。 実写アラジン新歌詞「Arabian Nights (2019)」和訳 これまでの歌詞変更の流れも紹介

アラジンの曲を歌っている日本人は誰?日本語吹き替え版アニメの曲と歌手・声優について

アラジン 曲 日本 語

今日は大ヒット中のディズニー映画 「アラジン」の主題歌をスペイン語で 歌います! ================= 語学やる以前に絶対不可欠な知識 『日本の常識は世界の非常識!』 二つの具体的な事例を無料プレゼント! ================= 今日は、大好評 『歌で覚えるスペイン語』です。 今回は大ヒットしているディズニー映画 「アラジン」の主題歌のスペイン語版。 「Un mundo ideal」ウン ムンド イデアル です。 日本語では 「ホール・ニュー・ワールド」ですね。 スペイン語版の 『Un mundo ideal』は意味は 「理想の世界」になりますね。 映画を見に行ったと言う人も 多いでしょうし、昔アニメの映画の時に かなり流行って、その時に聞いた、 と言う人も多いでしょう。 この曲の場合、 歌詞がYoutubeの動画で出てくる バージョンにしてあるので、 歌詞を見ながら歌えます。 また、あまりにも有名な歌なので、 Youtubeで英語バージョンも 日本語バージョンもあるので、 比較しやすいですね。 JASMIN Un mundo ideal, tan deslumbrante y nuevo, donde ya vi al subir, con claridad, que ahora en un mundo ideal estoy… それでは、 実際に聞いていきましょう! 語学を長期記憶に定着させるコツは、 繰り返すことです。 何度も聞いて、何度も声に出して、 歌いましょう。 全歌詞を知りたい方はこちらから: 前回の「歌で覚えるスペイン語」はこちら: Hasta luego!

次の

音楽の魅力|『アラジン』作品紹介|劇団四季

アラジン 曲 日本 語

音楽の魅力 『アラジン』楽曲ができるまでの軌跡 ミュージカル『アラジン』の作曲は、世界的評価の高いアラン・メンケンが担当しています。 少年時代からクラシック音楽を学び、大学卒業後に舞台音楽の作曲家の道へ。 1982年、作詞家ハワード・アッシュマンと共作したミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』で一躍脚光を浴び、若手有望株の一人として、キャリアを重ねてきたメンケン。 その後の活躍は言うまでもないでしょう。 「美女と野獣」「ポカホンタス」「ノートルダムの鐘」「ヘラクレス」「塔の上のラプンツェル」など数多くのディズニーアニメーションの作曲を手掛け、また舞台音楽の分野でも、多くのクリエイターたちと様々な作品制作に取り組んでいます。 さて「アラジン」の仕事に取り掛かったのは1988年、そのきっかけは、前述の『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』の創作パートナーであるアッシュマンの企画発案からでした。 メンケンはアッシュマンとともに、作品ストーリーの概要をまとめ、計6曲の「アラジン」用の楽曲を創作。 現在、舞台でも用いられている「アリ王子のお通り」「フレンド・ライク・ミー」の名曲も、このとき既に出来上がっていたといいます。 制作体制が徐々に整い、ベースとなる脚本が仕上がったのは翌1989年。 しかし、その時、二人は同時進行で、ディズニー長編アニメーション映画「リトル・マーメイド」の楽曲も創作していました。 やがてこの映画は大ヒットし、彼らの曲の数々は、同年アカデミー賞作曲賞を受賞。 中でも、海中世界の素晴らしさを謳った「アンダー・ザ・シー」は同主題歌賞、同年のゴールデングローブ賞作曲賞/主題歌賞を受賞するなど、高く評価を受けました。 その後、「アラジン」の制作が進む1991年、旗振り役であったアッシュマンは他界。 映画の完成を待たず、40歳という短い生涯を閉じてしまいました。 彼の亡き後を継いだのは、『ジーザス・クライスト=スーパースター』『エビータ』で知られる作詞家ティム・ライス。 ライスは、アッシュマンの創り上げた作品の調和を崩さぬよう、歌詞の微妙なフィーリングを研究し、さらに彼独自の色を加えていきました。 主題歌となる「ホール・ニュー・ワールド」は、メンケンとライスの新しいコンビによって誕生しています。 こうして1992年、アッシュマンの構想を出発点にしながらも、全く新しい発想をもって制作された「アラジン」が公開され、全世界で爆発的なヒットを記録。 アカデミー賞作曲賞、「ホール・ニュー・ワールド」により同主題歌賞、同年度ゴールデングローブ賞作曲賞と主題歌賞受賞等々、数多くの輝かしい栄誉も与えられ、映画史上にその名を残す大きな成功を収めることとなりました(メンケンは、前年1991年に、映画「美女と野獣」の楽曲を担当。 この作品でもアカデミー賞作曲賞/主題歌賞を受賞している)。 なお今回の舞台化にあたっては、映画では使用されなかったメンケンとアッシュマンの未発表曲が3曲復活し、さらにメンケンと脚本担当チャド・ベグリンによる新曲4曲を追加。 作品に新たな魅力を与えています。 その大役を担うのが、大ヒットを記録したディズニー長編アニメーション映画「アナと雪の女王」で日本語訳詞を手掛けた高橋知伽江さんです。 高橋さんは東京外国語大学を卒業後、劇団四季に在籍し、『クレイジー・フォー・ユー』(和田誠氏と共同訳詞、日本語台詞)や『アスペクツ オブ ラブ』(訳詞協力)などの海外ミュージカルからオリジナルミュージカル『ジョン万次郎の夢』等の台本執筆まで、幅広く活躍しました。 (当時は、本名の「高橋由美子」名義) その後、新神戸オリエンタル劇場を経てフリーランスとなり、様々な演劇台本の執筆、翻訳、訳詞を手掛ける中で、数多くのディズニー作品にも携わってきました。 「魔法にかけられて」(2008年)、「プリンセスと魔法のキス」(2010年)、「塔の上のラプンツェル」(2011年)、「メリダとおそろしの森」(2012年)、そして2014年の「アナと雪の女王」。 ディズニー作品といえば、ファンタジックで魔法のような独特の世界が特徴ですが、英語から日本語へ翻訳する場合、言語の構造上、原詞の1/3程度の情報量しか含めることができないと言われています。 ですから、「原詞のエッセンスを正確に掴み取り、その詞のイメージを大胆に日本語として再構築する」ことが、何より大切になります。 その意味で、高橋さんはディズニーの世界を日本語で表現する第一人者。 日本語訳詞はアニメーション映画でもお馴染みですが、今回は高橋さんが手掛けることで、新しい『アラジン』が誕生するはずです。 あの名曲の数々や新曲たちが、どんな言葉で綴られるのか? ミュージカル『アラジン』では、高橋さんの訳詞によって、さらにディズニーらしさ満点の夢のような世界が広がることでしょう!.

次の

実写アラジン新歌詞「Arabian Nights (2019)」和訳 これまでの歌詞変更の流れも紹介

アラジン 曲 日本 語

実は日本のいくつかの歌はフィリピンの現地語であるタガログ語でカバーされている。 中にはフィリピンで知らない人はいないくらいの有名な曲も存在する! もちろん大半のフィリピン人はそれが元々日本の歌だとは知らないんだけどねw 今回はそんなフィリピンでカバーされている日本の曲を紹介。 カラオケで歌えばフィリピン人との距離を詰める絶好のチャンス! 最後の言い訳 徳永英明の「最後の言い訳」この曲はフィリピンではめちゃくちゃ有名。 そもそもオールドソングだから日本の若い子だと意外と知らないかもしれないけど、フィリピンの場合は若い子でも昔の曲としてかなり認知されているイメージ。 フィリピン版は「Ikaw Pa Rin」というタイトル。 甘い歌声やねー。 Remember Me チューブのRemember Meもタガログでカバーをされている。 実は原曲知らなかったんだけど良い曲やん。 タガログバージョンはこちら ちょっとジャギってる声がまた良いね。 まとめ やっぱりフィリピンパブ全盛期の時代の曲達が多いかな。 最近の曲はカバーって感じじゃなくて日本語のまま伝わってる曲も多い。 例えばアニソン系やONE OK ROCKなんかはフィリピンでもかなり知名度が高い。 でも実は日本の曲のカバーって中国だったりにも結構あって、昔中華系のツアーに参加した時に中国人がカラオケで長渕剛の「乾杯」歌ってて驚いたことがあった。 そのあとに隣の中国人に「あの曲日本の曲だよ」って言ったら「は?日本の曲じゃない。 あれは中国の曲だ!」と頑なに認めなくて「これが中華思想ってやつか、、」ってめっちゃ感じたことがあるんだけど、フィリピン人は「え?そうなの?知らなかったー!良い曲だねー」みたいな感じで和気藹々盛り上がれるから安心して欲しい。 語学学校に通ってる人は先生をカラオケに誘って歌えば盛り上がれること間違いなし!.

次の