葬式 マナー。 【お通夜のマナー】服装や香典マナー、通夜の流れなどを解説

お葬式に供える供花の手配やマナーと相場

葬式 マナー

葬儀は故人を葬り供養するための儀式と認識している人は多くいらっしゃいます。 もちろん故人を葬り供養する意味がありますが、ほかにもいくつか意味を持って行われます。 葬儀の意味合いについては、さまざまなメディアで3つから5つくらいのいくつかの項目に分けて紹介されています。 ここでは、ごく簡単にご説明します。 遺族の心の整理をつけるため 現在では葬儀を行う際に、ほとんどの人は 心理的な意味や家族・親族的な意味を重視しています。 心理的な意味というのは、身近な人が亡くなったことに対する心の整理をつけることです。 身近な人が亡くなるのは非常に辛いため、亡くなったという事実を受け入れられない人も少なくありません。 葬儀を行うことで、事実として少しずつ受け入れられるようになってきます。 故人の死を完全に受け入れるには時間がかかります。 葬儀だけでなく、例えば仏式の葬儀の後に行われる 初七日や四十九日をはじめとした法要は、遺族が故人の死を受け入れるために、心の整理を助ける大切な仕組みとも考えられています。 家族や親族のきずなを確認できる 家族や親族的な意味というのは、親せき同士で集まる機会ができるという意味です。 親せき同士で集まれる機会はそう多くはありません。 近くに住んでいれば会うこともありますが、遠方の地域に住んでいる親せきと会う機会はほとんどないでしょう。 長期間会う機会がないと、関係が希薄になってしまいがちですが、葬儀や法要などがあることで、改めて関係を深めることができます。 宗教的な意味 一方で、宗教的な意味合いもあります。 生死に関する考え方は宗教によってさまざまですが、 主に死者を供養し、あの世へ送り出す意味があります。 現在においては地域性や遺族の考え方にもよりますが、宗教的な意味合いはやや薄れている傾向があるようです。 ただし、明治時代に葬儀から宗教的な意味合いを除こうといったことから告別式が登場した際もそうですが、葬儀における宗教的な意味合いというのは、歴史の中で薄くなったり濃くなったりを繰り返しているようです。 社会的な意味 葬儀は社会的な意味も果たしています。 人が亡くなると訃報を出して親せきや仕事関係の人に知らせます。 葬儀は訃報を受けた人たちが、集まって改めて故人が亡くなったことを認識するための儀式です。 死亡届を出すなど行政機関での手続きも行います。 また、かつては地域のコミュニティーの中で、 葬儀を行うことで世代の交代を知らしめるという役割もありました。 このほか 火葬や土葬を行い、遺体を処理することも、葬儀の重要な役割です。 通夜では、参列者たちが集まります。 通夜に先だって、故人を納める納棺の儀式などが行われます。 生前によく着ていた衣服やよく使っていた小物などを一緒に入れますが、 火葬の関係から副葬品としてふさわしくないものもあります。 詳しくは葬儀の担当者に確認しましょう。 始まる30分くらい前から受付を行います。 導師(僧侶)が入場し、通夜がはじまります。 僧侶の読経、焼香を行うという流れです。 僧侶が退場するタイミングは読経の後の場合と、焼香の後の場合があります。 焼香は基本的に故人と縁が深い順に行います。 喪主が最初に行い、続いて親族が順番に焼香をします。 会場が比較的広ければ、起立して焼香台のところに1人ずつ歩いて行って行うのが一般的です。 会場等の都合によっては 回し焼香という形で小さな焼香炉を1人ずつ回しながら焼香することもあります。 全員の焼香が終わったら、通夜振る舞いの会場へ移動します。 地域によっては、焼香が終わった人から順次、通夜振る舞いの席に移動することもあります。 また、通夜振る舞いは親族やごく親しい友人や知人だけで行うといった地域もあります。 詳しくは葬儀の担当者に確認しましょう。 葬儀・告別式は通夜式から日をまたいで行います。 参列者が全員着席してから導師(僧侶)が入場します。 開式の辞の後に読経を行い、弔辞や弔電を紹介します。 弔電が多い場合には、何通かを選んで読み上げ、他は名前のみを紹介することが多いです。 焼香は、僧侶が最初に焼香を行い、喪主がそれに続きます。 故人と関係が深い人から先に行う点は、通夜式のときと同じです。 参列者全員が焼香を終えたら閉会の辞です。 故人に最後の別れを告げますが、親族や生前親しくしていた友人など1人ずつ棺の前でお別れをします。 棺のふたを閉め、棺を霊柩車に乗せて火葬場に向けて出棺します。 喪主や親族、故人と特に親しかった人は火葬場に同行します。 火葬にかかる時間は1時間から2時間くらいです。 火葬場には控え室が用意されているので、火葬が終わるまで待ちます。 火葬が済んだら骨上げを行い、骨壺に遺骨を納めるという流れです。 骨上げの際には、喪主が先立って行い、故人との縁が深い順に続きます。 骨上げの後は精進落としで葬式当日の一連の流れが終了します。 *東京近郊の例です。 お葬式の流れは地域によっても異なります。 詳細は葬儀社の担当者にご確認ください。 ただし通夜に参列する場合は、通常のスーツや黒い服で参列しても問題ありません。 職場から直接駆けつける人も多いです。 男性の場合はネクタイと靴下は黒いものに替えておくとよいでしょう。 「亡くなることを想定し、前もって準備していた」といわれるので、喪服を着ることは避けるという説もありますが、 通夜にのみ参列する人も増えています。 地域性などもありますが、あまり気にする必要はないようです。 葬儀・告別式に参列する際には黒い礼服を着用します。 子どもの場合には、 学校の制服がある場合は、制服が正装です。 小学生は制服がない学校がほとんどであるため、なるべく黒い衣服を着て行きましょう。 大学生はスーツで問題ありません。 礼服を持っているのであれば、礼服が望ましいです。 香典に関するマナーも押さえておきましょう。 仏式の葬儀に参列する場合には、「御霊前」と書くことがもっとも多いようです。 ただし浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。 このほか 「御香典」「御香料」と書く場合もあります。 また、 キリスト教式の場合には「御花料」、神式の場合は「御玉串料」とするのが一般的です。 夫婦で連名にしたり、団体などで1つの香典袋を使ったりすることもできます。 香典の金額の相場は故人と縁が深いほど高くなります。 両親の場合には5万円から10万円で、親族であれば1万円から5万円くらいの範囲内です。 友人や知人、同僚などであれば、5,000円から1万円くらいでしょう。 また、きれいなお札を入れるのは避けましょう。 新札しかない場合には、折り目を付けて入れます。 もちろん、汚れたお札やよれよれのお札も避けた方がよいでしょう。 主に祖父母や叔父、叔母など近い親族が亡くなったのであれば、仕事を休んででも葬儀に出席する人が多いです。 家によっても、出席するべきとされる親せきの範囲に差があります。 これまで自分が出席したことのある葬儀を基準に判断するのが無難でしょう。 親族の葬儀に出られなかった場合に、 香典は現金書留で郵送します。 ほかの親族に香典を預けて代わりに渡してもらう方法でも問題ありません。 さらにお悔やみ状を添えると気持ちが伝わります。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

葬儀・葬式のマナー

葬式 マナー

平服の場合には、次のことに注意しましょう。 男性は地味なスーツと黒のネクタイ、黒の靴、女性の場合も 地味なスーツかワンピースに黒の靴を選びましょう。 なお女性の場合、アクセサリーについては、弔事にはつけないのが一般的ですが、パールのネックレスやブローチなどは用いてもよいとされています。 また、お通夜の際は、喪服姿だと、故人の不幸をあらかじめ予測していたかのような印象を与えるため、嫌がる方もがいらっしゃいます。 そのため、地味な平服の方が無難かもしれませんが、最近では、お通夜だけに出席する人も増えており、そのような場合には、喪服で出席した方がよいでしょう。 いずれにせよ、どのような服装にするかについては、こうでなければならない、という決まりはありません。 地域性も多少ありますが、一番大切なのはご遺族の気持ちを第一に考え、その上で自分のお悔やみの気持ちをどう表すかということを判断の基準にすることです。 それぞれの状況、場面に合わせながらその場の雰囲気に合った服装を心掛けることが重要になります。 通夜・告別式の服装についてご不明な点などございましたらお気軽に公益社ご葬儀相談センターへお電話ください。 葬儀のマナーをもっと見る.

次の

天理教の葬儀

葬式 マナー

葬式・葬儀 のマナー!親族・遺族 のマナー と服装・香典・受付 のマナー は? 身内に不幸があり、葬式 葬儀 を執り行うことは誰にでも起こりえます。 その際の、葬式・葬儀の作法やマナーといったことは、事前に誰かが教えてくれる訳ではありません。 いざ、当日になって、慌てて葬式のマナーを調べるよりも、 事前に作法を知っておいて通夜・告別式 葬儀 当日を迎えるほうがスマートにを執り行えます。 今回は、そんな葬式 葬儀 を執り行う上で押さえておきたい「作法」や「マナー」をご紹介いたしましょう。 葬式 葬儀 での 受付や 香典の取り扱い、 お布施に関するマナーもご紹介しますので、是非 参考にして下さいね。 葬式 葬儀 の遺族・親族の服装・靴や化粧のマナー! まずは、葬式・葬儀において、遺族・親族などの葬家としての「服装のマナー」をご紹介しましょう。 服装や立ち振る舞いや、葬式 葬儀 に協力してくださる関係者へのお礼など、 葬家や遺族・親族として気をつけるべきマナーはしっかりと押さえておきたいものです。 遺族 親族 も、葬式を執り行う側として葬儀の 関係者・会葬者に礼を尽くすことは当たり前であり、 マナーや態度次第では、今後、故人と親交があった方々との関係も変わってきます。 遺族は、準備で慌しく目まぐるしい中だと思いますが、葬儀に参列してくださる方や葬式を執り行ってくれる御僧侶が故人をしっかりと供養できるよう服装などのマナーの配慮に努めて下さいね。 葬式・葬儀における服装・靴・髪型やお化粧のマナー! まず、葬式・葬儀における葬家、および、遺族・親族として相応しい服装・靴や髪型とお化粧についてです。 葬式 葬儀 において、男性の服装は、 略礼服(黒のフォーマルスーツ・白シャツ・黒無地のネクタイ)を着用し、 靴は黒の金具が付いていないものを選ぶようにしてください。 葬式・葬儀の持ち物は、数珠とハンカチ程度で構いません。 女性は葬儀での服装は、 黒のフォーマルウェア(アンサンブル・スーツ・ワンピース等)を着用し、黒のストッキング、靴は黒のパンプスが好ましく ヒールが低く飾りのないものを選んでください。 葬式・葬儀での持ち物は、数珠と黒のフォーマルバック・アクセサリー類は基本的には不要ですが、 着用の際は結婚指輪や真珠の一連のネックレスなどでしたらマナー違反にはなりません。 髪型は 清潔 に見えるように整え、お化粧は ナチュラルメイク が葬式 葬儀 では一般的です。 葬式 葬儀 での数珠や服装 スーツ の選び方・マナー 葬式・葬儀の数珠を選ぶ際ですが、最近では様々な種類が売られるようになりました。 一度、葬儀を経験した事がある方は、既にお持ちの数珠で構いませんが、はじめて葬式 通夜・告別式 を執り行う方は、仏具屋さんに行って購入する事をお勧めします。 数珠も 昔ながらの、珠が108個の物もあれば、珠の数が少ない略式数珠もありますので、ご自身の都合に合わせて購入してください。 葬式・葬儀での遺族・親族の立ち振る舞いのマナー 次に、遺族・親族の立ち振る舞いやマナーについてですが、葬式 葬儀 には多くの方が関わることになります。 葬式において、 会葬者や 受付をお願いした方、 葬儀社関係者、葬儀を執り行ってくれる 御僧侶など、遺族・親族は様々な方と顔を合わせます。 その際には、遺族・親族としてしっかりとした立ち振る舞い、 その場に合ったマナーを心がけましょう。 遺族 親族 は、葬式の開式までの間に、最低限のマナーとしてすることが幾つかあります。 まず、葬式の 開式一時間前には、受付をお願いした方への所へと出向き、挨拶と当日受付を手伝ってくれることへの感謝を述べるのがマナー! 葬式・葬儀において、挨拶や御礼といったことは、マナー以前に一般常識として当たり前のことですね。 挨拶をすました後は、葬儀社の方から式の手順や焼香の順番、焼香のマナーをレクチャーされますので、些細なことでもいいので分からない事があれば、葬式開始までに疑問は残さず全て聞くようにしてください。 葬儀社の方との打ち合わせをしていると、葬式 通夜・告別式 を執り行ってくれる御僧侶が到着する頃です。 葬式 葬儀 の打ち合わせが終わり次第、僧侶控え室へ出向き挨拶と御礼を述べるのがマナーですが、この際に、 お布施も渡しますので忘れず持参してください。 開式以降は、葬儀社の方との打ち合わせ通りに葬式 通夜・告別式 を進め、焼香が終わり御僧侶が退席した後に遺族を代表して喪主が挨拶を行います。 挨拶の時、喪主は「故人への思い」や「葬式に参列してくださった方への御礼」「滞りなく葬儀を終えることができたことへの御礼」を述べることがマナーです。 葬式 葬儀 の締めくくりに、故人同様のお付き合いをお願いし喪主の挨拶は終わりとなります。 遺族・親族は様々な方へ心遣い・心配を求められますが、それらを単にマナーとして漫然とこなすのではなく、参列してくださる方が安心して故人を見送れるよう努めて下さいね。 葬式・葬儀での受付のマナーと香典の取り扱い 受付は、遺族に代わって会葬者を迎える 葬式・葬儀の 顔役です。 一般的に葬式の受付は、「 故人と親交のあった方」や「 会社関係の方」が受け持つ事が多いのですが、近年の家族葬の増加により「 親族・身内の方」が受け持つ場合も増えています。 そんな葬式 葬儀 の 受付の役割と 香典の取り扱いのマナーをご紹介しましょう。 葬式の受付の役割と挨拶や御礼のマナーについて 葬式において、受付の主な役割は、香典を預かり芳名録に記帳のお願いをするというものです。 しかし、葬式での受付は忙しい遺族に代わって会葬者を迎える重要な役割を担っていますので、受け付け以外の仕事やマナーも多々あります。 遺族が安心して葬儀を執り行えるようサポートする事も、葬式の受付の役割といっても過言ではありません。 会葬者の来訪が始まれば、葬式の受付の仕事は慌しくなります。 葬式の受付では、香典の受け取りや会葬者の記帳のお声かけ、手荷物の預かりと番号札のお渡し、返礼品の引換券のお渡しなど主務と雑務が一気に舞い込み、頭と体が追いつかなくなる状態になるでしょう。 しかし、ここで徹底して頂きたいのが、葬式 通夜・告別式[葬儀]に参列いただいた 会葬者への 挨拶と 参列へのお礼です。 一般常識として、 挨拶と御礼は葬式 葬儀 での当然のマナーと言えます。 葬式・通夜への参列に対して 「本日はご多忙中のところ、お越しくださりまして誠に有難うございます。 」など、会葬者に対する挨拶と御礼は受付係の厳守すべきマナーです。 葬式 葬儀 の葬家の代わりとして対応するからには、マナーだからと漫然とするのではなく真心を込めて対応して下さい。 また、葬式 葬儀 の受付として、黙って身振りだけで対応するのでなく、 常に心を込めた一言を添えるという気遣いもマナー・心得としてお忘れなく。 葬儀 葬式 での香典の管理と金額確認のマナー 葬式での受付で「香典」をお預かりした際、 間違いが起きないようにしっかりと管理をする必要があります。 芳名録に書かれている 番号を香典にも記載し、 誰から頂いたのかをわかりやすく管理することは、葬式の受付として香典を取り扱う上で非常に重要なマナーです。 香典返しの際に、葬式・葬儀に参列してくださった方に失礼のないようにするためにも、受付での香典の管理のマナーは徹底して行って下さい。 また、葬式の受付では、氏名と金額を確認し、記載されている金額と中身の金額が合っているか確認をするのですが、この時に、 会葬者の前で香典をあけるのは絶対にしてはいけないマナー違反です。 トラブルを回避するための香典の確認ですが、会葬者の前で行うのは大変失礼ですので、葬式・葬儀の弔問の列が一段落したあたりで確認するのが一般的なマナーとなります。 葬式の受付業務はお願いされて受けるものですが、葬儀に参列する側からすれば 遺族も同然です。 葬式の受付は、遺族に代わって葬儀に参列いただいた会葬者を迎える重要な役割ですので、その心構えと自覚はしっかりと持つことが最大のマナーと言っても過言ではありません。 葬式・葬儀でお布施を用意する際のマナーと正しい渡し方 葬式 葬儀 でのお布施ですが、御僧侶に お渡しする際や 表書き・ 上包み・ 包み方などマナーは多々あります。 葬儀でのお布施は、あくまでも葬式を執り行ってくれる 御僧侶への感謝と、 菩提寺の本尊へ捧げるものです。 些細な事であっても、礼を尽くすべきでしょう。 葬式 葬儀 のお布施のお金の入れ方と包む中包み・上包みのマナー それでは、葬式・葬儀のお布施に関するマナーはどういったものかご紹介しましょう。 まず、葬式 葬儀 において、お布施を包む際の紙幣の向きですが、 紙幣に印刷されている肖像側が表書き側を向くように入れ、 この際に、 肖像の頭側が、表書きの文字の左側に向くような形で包むのもマナーとなります。 葬式 葬儀 でのお布施を包む際のマナーや作法ですが、紙幣は 中包みで包み、更に、その中包みを 上包みで包むのが一般的です。 中包みは、半紙で包むのが丁寧な作法なのですが、最近では 封筒で包むことも多くなっています。 お布施を半紙で包む際は、半紙の折り方にも決まりがあり、 弔事 ちょうじ の折り方ではなく、 慶事 けいじ の折り方で半紙を折って下さい。 中包みを包む上包みですが、最も丁寧な作法で包む場合は、 奉書紙(ほうしょし)で包むことが 最上級の作法 マナー とされています。 奉書紙とは白の厚手の和紙のことを指しており、その歴史は長く、中世日本の時代から公用紙として長く用いられてきました。 しかし、最近では、葬式 葬儀 のお布施においても奉書紙ではなく 封筒で包むことが一般的となっています。 葬式 葬儀 のお布施を 封筒で包む際は、白の無地の封筒を使うこともマナーです。 葬式 葬儀 の場で渡すということで、不祝儀袋でお布施を包む方もいますが、渡す相手は不幸のあった相手ではなく御僧侶ですので、 不祝儀袋や 水引は要りません。 また、 封筒が二重になっているものは、「不幸が重なる」といった縁起の悪い意味を持ちますので、葬式 葬儀 のお布施においては避けるようにするのがマナーです。 葬式 葬儀 では 「 お布施」「 御礼」と書くのが一般的なマナーですが、宗派によっては表書きの書き方も変わるので、不安な場合は、菩提寺の御僧侶に確認を取る事をお勧めします。 また、葬式 葬儀 のお布施の表書きは、香典の表書きを書くときに使用する 薄墨ではなく、 普通の墨を使用し、筆または筆ペンで書くことがマナーですのでお気を付けください。 のお布施の表書きを、 ボールペンや マジックで書くことは、 非常に無礼ですので正しいマナーを守りましょう。 葬式 葬儀 でのお布施の正しい渡し方とマナー!ふくさ 袱紗 ・切手盆とは? 葬式 葬儀 で僧侶にお布施を渡す際のマナーとして、決して裸で渡してはいけません。 上記でも述べたマナーである中包み・上包みで紙幣を包んでから、葬式 葬儀 で僧侶にお布施を渡すようにしてください。 葬儀において、御僧侶が故人の為にあげてくださる 読経などは、決して対価を求めて行っているわけではありません。 その上で感謝の気持ちを込め、作法やマナーに則り、葬式 葬儀 のお布施をお渡しするようにして下さい。 お布施は御僧侶が葬式・葬儀の式場に到着し、葬家が挨拶をする際にお渡しするのが近頃一般的となっています。 葬式 葬儀 でお布施をお渡しする際は、 切手盆(きってぼん)にのせるか、 袱紗(ふくさ)に包んでお渡しするのがマナーです。 葬式・葬儀でのお布施は菩提寺の本尊へ捧げるものであり、僧侶への感謝を込めたものですので雑に扱うことは、マナー以前に一般常識としてありえません。 切手盆 とは、 黒の小さい長方形のお盆のことで、お布施を渡す際に一番用いられる道具です。 普段の生活の中ではあまり見かけませんが、葬式・葬儀の際は葬儀社の方が用意してくださるので購入する必要はありません。 袱紗 とは、 絹や縮緬 ちりめん で正方形に作った布のことを指しており、大きさは風呂敷よりも小さい位の大きさが一般的です。 葬式 葬儀 での布施や香典はもちろん、祝儀袋など包む際に使われ、袱紗で包むことは、物を包む際に最も丁寧な作法・マナーとして挙げられています。 葬式 葬儀 で僧侶にお布施をお渡しする際の作法・マナーですが、切手盆にお布施を乗せ、 表書きを自分からみて読める方向で手元に置きます。 次に、切手盆の右上と左下を両手で持ち時計回りに90度、再度切手盆の右上左下を持ち直し時計周りに90度回転させ、 御僧侶から見て表書きが読める位置でお渡ししましょう。 袱紗で包んでいる場合は、 最後に袱紗をあけるようにして下さい。 葬儀でお布施をお渡しする際の作法やマナーは、非常に細々したものですが、故人の供養のお礼と感謝を込めたのものですので、 漫然と行うのではなく心を込めてお渡ししましょう。 葬式・葬儀における遺族・親族や受付のマナーは、一つ一つ守ろうと思えば大変ですが、 故人の訃報にかけつけてくれる会葬者の方々や故人を心から供養する為にも、これら最低限のことだけは厳守して下さいね。 ご紹介したマナーの数々が、この記事を読むあなたの参考になれば幸いです!.

次の