電話 かけ 放題 au。 24時間かけ放題を使うならこの格安sim3社で決まり

auのガラケー料金プランを大解剖! かけ放題を最安で使う方法も解説

電話 かけ 放題 au

このページのもくじ• 最近では格安SIMでスマホ代がかなり安く使えるものの、完全な通話し放題が使える格安SIMは数少ないです。 なので通話 発信 が多い人の場合、2台持ちなど「完全かけ放題専用のガラケー ガラホ 」のニーズはまだまだあります。 更に上記は通話オプションの料金なので、ここにガラケー ガラホ の端末代や、インターネット接続料なども加算された金額が月額携帯代金として請求されます。 月額2,808円…やはりガラホはガラケーのように安く使うのは難しそうですね。 auとソフトバンクも似たような料金になるのでここでは省略 ワイモバイルで完全かけ放題の「通話専用ガラケー」にした時の料金 続いてワイモバイルでかけ放題の通話専用ガラケーを契約した場合の月額料金について見ていきます。 ワイモバイルは格安SIMに近いポジション 料金的にも ですが、ソフトバンクのグループ会社で実はガラホ 4Gガラケー も販売しています。 当然ワイモバイルではガラケー専用のプラン『ケータイベーシックプランSS』もあります。 ただし、上記の「ケータイベーシックプランSS」は使ったデータ通信分だけ料金が上がっていくので、少しでもデータ通信を行う場合には全くお勧めできません。 使わなければ0円ですが という事でどこの携帯会社で契約しても、ガラケーの完全かけ放題は3千円近くは料金が掛かる事が分かりました。 参考: 結構お勧めなワイモバイルの完全かけ放題+簡単スマホの組合せ また60歳以上の場合、ワイモバイルではこの『スーパー誰とでも定額オプション』が無料で永久利用可能な『60歳以上 通話ずーっと誰とでも無料キャンペーン』を実施しています。 個人的には使わないと言ってもGPSなどでも結構データ通信を使うので、この辺が現実的な組み合わせとしてお勧めできます。

次の

【docomo・au・SoftBank】かけ放題のみのプランを3キャリアで比較

電話 かけ 放題 au

【料金プランの仕組み】 ・ガラケーの本体料金 ・「LTE NET」料金 インターネット基本料金 ・通話プランの料金 ・データプランの料金 このうち、 本体料金と「LTE NET」料金は全員一律です。 しかし、通話プランとデータプランは自由に選択できるため、ユーザーによって料金が変わってきます。 この項目では、ガラケーの本体価格の支払い方法や、選べる通話プランとデータプランの種類をご紹介していきましょう。 本体価格は36ヶ月の分割払いが基本 ガラケーの本体価格は一括払いも選択できますが、基本的に36ヶ月の分割払いを選択する方が多いです。 auの代表的なガラケー5種類を例に、分割払いの支払いイメージをご紹介していきます。 ちなみに、分割回数は36回だけでなく24回または48回も選択できますが、最大12ヶ月分の分割残金が支払不要となる 「アップグレードプログラムNX」を適用させる場合は36回しか選択できません。 ご自身の契約状況に合わせ、最適な支払回数を選択しましょう。 通話プランは5種類から選べる auのガラケーで選択できる通話プランは以下5種類です。 また、各通話プランの月額料金は、同プラン内でも[2年自動更新・2年契約 自動更新なし ・定期契約なし]によって変動します。 データプランは3種類から選べる auガラケーのデータプランは、以下3種類から選択できます。 各プランの定めた使用データ量によって、毎月の料金が変化します。 ただし、データプランの種類によって契約できる通話プランが異なるため、注意が必要です。 各プランの詳しい解説は、 を参考にしてください。 auガラケーの通話プラン auガラケーの通話プラン auのガラケーで契約できる5つの通話プランを、ケータイのご利用状況別に紹介します。 5分以上の電話が多い人は「カケホ」がオススメ 5分以上の電話が多い人は「カケホ」がオススメ 5分以上の電話が多い方は、カケホを選択しましょう。 カケホは24時間国内通話が無料になる通話プランです。 カケホの基本内容は以下の表でご確認ください。 【カケホの内容】 月額基本使用料 「2年契約 自動更新 」適用時 2,200円 「2年契約 自動更新なし 」適用時 2,500円 各種割引サービス適用前 3,700円 国内通話料 au携帯電話宛 無料 他社携帯電話・固定電話など宛 データ通信料 国内通信料 0. スーパーカケホは24時間、1回5分以内の国内通話がかけ放題となる通話プランです。 スーパーカケホの基本内容は以下の表でご確認ください。 この3つは無料通話分だけでなく、ネットのデータ容量も少なく制限されているので、 ケータイ自体をあまり使用しない人にオススメです。 「VKプラン」「VKプランS」「VKプランM」の基本内容は、以下の表でご確認ください。 2GBを超過すると月末まで通信速度を128kbpsに制限されてしまうので、 普段Web閲覧やメールチェック程度しかデータ通信を利用しない人にオススメです。 auガラケーのデータプラン auガラケーのデータプラン auのガラケーを利用する方は、通話プランとは別に、データプランの契約が必要です。 ただし、データプランは通話プランによって利用できるものが以下のように決められています。 カケホ・スーパーカケホで利用できるデータプラン 通話プランでカケホまたはスーパーカケホを選択した方は、以下2つのデータプランから選択できます。 128kbpsはWebサイトのトップページを開くこともできない速度なので、契約時には普段の利用状況から最適なプランを選択しましょう。 ただし、データ容量が足りなくなった場合は 「データチャージ」でデータ容量を増やすことも可能です。 「データチャージ」では0. ちなみに、カケホ・スーパーカケホで契約できるもうひとつのデータプラン「ダブル定額Z」は、 500KBまでならデータ通信料のかからないプランです。 ダブル定額Z 上の図にもあるように、500KBを超えた段階から1KBにつき0. 03円が加算されていきます。 仮に使い過ぎてしまっても、料金は 最大4,200円で定額となるので安心です。 しかし、月間データ容量が2. 5GBを超えると、通信速度は月末まで128kbpsに制限されます。 500KBはYouTubeを見たりアプリをダウンロードしたりするとすぐに到達するデータ容量です。 また、最大容量の2. 5GBもネットを頻繁に使用する方にとってはすぐ到達してしまう容量なので、 ダブル定額Zはあまりネットを使わない方にオススメとのプランといえます。 VKプラン・VKプランS・VKプランMではダブル定額のみ ダブル定額 VKプラン・VKプランS・VKプランMを選択した方が利用できるデータプランは、 ダブル定額のみです。 ダブル定額は月間データ容量10MBまでなら500円で利用でき、10MB超過分からは1KBごとに0. 02円が追加されていきます。 ただし、どれだけ使っても 月額料金は4,200円から高くなることはないので、月によって利用量にバラつきがある方も安心です。 しかし、ダブル定額は月間2GBを超えると月末まで128kbpsに制限されます。 先ほどもお話したとおり、128kbpsは何もできないといってよいほど低速なので、使い過ぎには要注意です。 2GBはYouTubeを約9時間見ると到達するデータ容量なので、ダブル定額を契約した方はネット通信をあまり利用しないようにしましょう。 ・通話プラン:スーパーカケホ ・データプラン:ダブル定額Z 上記2つの契約内容で、月額料金を算出してみます。 とにかく安い料金を重視する場合 電話だけでなくネットも操作したいという方は、以下2つのプランを組み合わせることでauのガラケーを安く利用できます。 ・通話プラン:VKプラン ・データ定額:ダブル定額 上記2つの契約内容で、月額料金を算出してみましょう。 たまにネット検索をしたり、メールをチェックしたりする程度なら問題のない容量なので、ネットも通話も安く利用したい方はこちらの組み合わせがオススメです。

次の

通話のみ最安でガラケーを使いたいならオススメは4つ

電話 かけ 放題 au

かけ放題は定額制なので、毎月一定料金支払えば何時間通話をしても料金が無料になるというものです。 通話メインにガラケーやスマホを利用していた方にとっては欠かせないサービスだと思います。 これ以外にも同じキャリア同士、時間帯限定、家族限定など3大キャリアではかけ放題のプランが充実していました。 ただ気になるのは、今話題の格安スマホにもかけ放題プランがあるのか、ということです。 実は、格安スマホでもかけ放題を利用することができるので、通話派だったという方でも気軽に乗り換える事ができるのではないでしょうか。 格安スマホでかけ放題を利用したいという場合は、音声通話機能付きデータSIMを選びます。 音声通話機能付きデータSIMでは、通話時間によって通話料が発生します。 格安スマホの場合、通話料がそのまま発生するため通信量がお得になっても月額料金が高くなってしまう方は多いです。 そんな時は、MVNOのかけ放題サービスに加入すれば通話料を考えることなく格安スマホを利用することができます。 通話派の方でも毎月の通話料を気にせずに利用を続けることが可能です。 MVNOのかけ放題は、3・5・10分かけ放題の時間制が基本となります。 かけ放題は、以下の3種類になります。 ・キャリアと同じ完全かけ放題 ・時間制限のあるかけ放題 ・指定された時間分利用できる通話パック キャリアと同じ完全かけ放題 キャリアのかけ放題は定額制で完全かけ放題であることが多いです。 時間や回数制限がないので定額料金を支払っていれば、いつでも通話をすることが可能です。 ただ、注意点として、基本的に電話はキャリアと同じ電話網を使っている格安スマホですが、かけ放題の場合、一部のMVNOではIP電話を利用している場合があります。 IP電話の場合、ネット回線を利用しているため電話網に比べて回線の品質が悪いときがあります。 よりよい品質で通話を行いたい場合はIP電話ではなく電話回線のかけ放題を利用しましょう。 時間制限のあるかけ放題 MVNOの多くが、時間制限を設けたかけ放題を提供しています。 例えば、1、3、5、10分のように時間制限があります。 この中でも、5分や10分といったかけ放題を提供しているMVNOは多いです。 @モバイルくんでもオプションとして、というものがあります。 月額料金は1000円(税別)かかりますが、短時間の通話を頻繁に行うという方にはおすすめです。 指定された時間分利用できる通話パック かけ放題に近いオプションとして用意されているのが通話パックです。 メリットは主に、以下の3つになります。 ・通話料金を気にしなくてもいい ・格安スマホとガラケー2台持ちの人は1台にできる ・各キャリアと遜色なく使用することができる 格安スマホでかけ放題を利用すれば、これらのメリットを得ることができます。 それでは、各メリットをじっくりと見ていきましょう! 通話料金を気にしなくてもいい 音声機能付きデータSIMでは、通話をする際に通話時間によって金額が発生します。 各キャリアに比べると高めの料金設定のため、格安スマホを選んでもキャリアと契約しているときと月額料金が結局変わらなかった、という状況もおこり得るのです。 そこで、かけ放題を利用することで定額料金で通話料を抑えることができるため、通話料金を気にしなくてよくなります。 これは、大きなメリットのひとつでしょう。 格安スマホとガラケー2台持ちの人は1台にできる 現在、格安スマホをデータ通信契約で使用していて、ガラケーを通話専用として使っている方は多いのではないしょうか。 かけ放題のサービスを選ぶことで、2台持ちから1台にまとめることができます。 1台にすることで利便性が向上します。 2台持ちが面倒だと感じている方は、かけ放題のサービスがぴったりです。 各キャリアと遜色なく使用することができる 格安スマホの弱点といえば、やはり各主要キャリアとの差にあります。 機能面やサポート面は各キャリアに劣ると考えている方も多いでしょうが、現在の格安スマホは、かけ放題をはじめとして多くのプランで各主要キャリアと同じレベルのプランを契約することができます。 もちろん、金額は安いうえに、キャリアの縛りが嫌な方は、格安スマホを選択するといいでしょう。 格安スマホのかけ放題は、こんな方におすすめ!です。 ・チャットやメールよりも通話を多く使う方 ・仕事の関係上通話でのやりとりが多い方 ・通話料を気にせずたくさん話したい方 簡単にまとめると通話メインで使用している方にはうってつけのサービスです。 かけ放題に入っていれば通話中に料金を気にする必要はないので、思う存分通話を楽しむことができます。 また、仕事で通話が多い方にもおすすめです。 格安スマホなのでキャリアより安く通話を楽しめます。

次の