トヨタ 電気 自動車。 トヨタ EV・電気自動車の中古車

トヨタ新型EV(電気自動車)最新情報!開発事情やマツダとの競合から発売日予想まで

トヨタ 電気 自動車

トヨタ自動車が日本市場に投入する電気自動車 EV の概要が判明した。 大きさは軽自動車より小さい「超小型」で、乗車定員は2名。 最高速度は時速60キロで、フル充電の走行可能距離は約100キロだ。 発売は2020年を予定している。 トヨタはなぜ、小さなEVを日本に投入するのだろうか。 トヨタは6月7日、MEGA WEB ライドスタジオ 東京都江東区 にて「トヨタの電動車普及チャレンジ」説明会を開催。 日本向け超小型EVの概要を明らかにした 軽より小さい新規格のEVを開発中 トヨタは2017年の東京モーターショーに展示した小型コンセプトカー「i RIDE」をベースとし、日本市場で市販する超小型EVを開発中。 サイズは全長約2,500mm、全幅約1,300mm、全高約1,500mmとなる。 現時点で、日本には軽自動車よりも小さいクルマの規格自体が存在しないが、国土交通省では現在、規格の整備が進んでいるらしい。 新しい規格のクルマとなるので、自動車税の金額なども軽自動車とは違う基準になるかもしれない。 トヨタの「i RIDE」 トヨタの説明員によれば、このクルマの開発では、小さいながらも可能な限り室内のスペースを確保するのに苦労したそう。 基本的には自宅周辺で乗るクルマとして開発しているが、安全面にも手を抜くつもりはないというのが同説明員の解説。 エアバッグはもちろんのこと、最近は軽自動車でも充実してきている先進安全装備の搭載についても検討しているとのことだ。 トヨタは今回の説明会で、超小型EVの商用車についても構想を発表した。 まだコンセプトカーを作った段階で、市販の計画は「現時点でない」 前出の解説員 とのことだったが、「i RIDE」が市販車になった経緯を考えると、商用の超小型EVが発売となっても不思議ではない。 超小型商用EVのコンセプトカー トヨタはなぜ、日本向けに軽自動車よりも小さいEVを作るのだろうか。 その理由は、当然ではあるが、そこに商機を見出したからだ。 トヨタによれば、日本の顧客はEVに対し、「近所の用事を済ませられること」であったり、「訪問先でも駐車場に困らない大きさ」であったりといった商品性を期待しているとのこと。 EVでは航続距離 フル充電で走行できる距離 が注目されがちだが、顧客は必ずしも、EVで長い距離を走りたいと思っているわけではないというのがトヨタの見立てだ。 トヨタが集めたEVに対する顧客の声 日本では、まず超小型EVで需要を開拓しようとしているトヨタだが、EVのグローバル展開に向けては、2020年以降に10車種以上のモデルを用意する方針。 コンパクトEVではスズキおよびダイハツ工業と、ミディアムSUVではスバルとクルマを共同企画する。 中国、米国、欧州など、大きな需要が見込まれるグローバル市場に向けては、2020年以降に10車種以上のEVをラインアップするというのがトヨタの考え。 説明会場にはグローバル市場向けEVのクレイモデルも展示してあった トヨタは2030年の目標として、ハイブリッド車 HV およびプラグインハイブリッド車 PHV で計450万台以上、EVおよび燃料電池自動車 FCV、水素で走るクルマ で計100万台以上を販売したいとの考えを示している。 同目標の達成は5年程度、前倒しになるかもしれないとのことだ。 ただし、この数値目標をトヨタが達成できるかどうかは、実際に顧客が電動車両を買ってくれるかどうかにかかっている。 トヨタとしては超小型から大型までEVを幅広くラインアップすることで、顧客に豊富な選択肢を提供したいという思いなのだろう。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

トヨタ ラインナップ

トヨタ 電気 自動車

トヨタ 電気自動車のスペックは? まだまだ詳細なスペックは判明していませんが、プラットフォームはTNGA-Cを採用してきます。 新型プリウスと同じプラットフォームで、他所の電気自動車同様に駆動用リチウムイオンバッテリーは床下に敷き詰められる。 室内空間の犠牲を最小限に抑えながら、低重心による走りにも期待が出来る。 室内フロアとヒップポイントは、バッテリーの影響でプリウスより若干高めに設定されます。 デザインはTOYOTA Concept-愛iをモチーフに CES2017で公開されたコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」のINSIDE OUTと呼ばれるデザインを元にされます。 米国にあるデザインスタジオ「CALTY」が担当して、インパネの意匠からエクステリアまで繋がるようにデザインされています。 全長:4,430mm• 全幅:1,830mm• 全高:1,475mm TOYOTA Concept-愛iの特徴は以下の通り。 「人を理解する」技術(Learn) 最新の人工知能技術を応用し、感情認識や嗜好性蓄積といった人を理解するための複合技術を確立。 ドライバーの表情や動作、覚醒度などをデータ化することや、SNS発信や行動・会話履歴によって、ドライバーの嗜好を推定する。 この人を理解する技術を起点に、安全・安心やFun to Driveの領域で、新発想のユーザーエクスペリエンスを提供する。 「安全・安心」(Protect) 「人を理解する」技術と自動運転技術を組み合わせることで、ドライバーを安全・安心に導く。 ドライバーの感情、疲労度、覚醒状態に応じて、視覚や触覚などの五感に働きかけ自律神経を刺激し、より安全運転に誘導する *1。 また、クルマの周辺状況に加えて、ドライバーの感情や自動運転への信頼度をモニターすることで、ドライバーが危険な状態(例 : 路外逸脱の危機等)に陥った際には、自動運転モードに切り替わり、クルマが自動で安全状態に導く。 「新しいFun to Drive」(Inspire) 「人を理解する」技術とエージェント技術を組み合わせることで、ドライバーの気持ちを先回りした提案を可能とし、ドライバーに新たな体験をもたらす。 ドライバーの感情・覚醒度に応じて、クルマが会話を誘導。 ドライバーの嗜好に応じた話題や、関心の高いニュースをクルマ側から提案するなど、従来にない双方向の自由会話を実現する。 さらに、その時々のドライバーの感情と走行データを掛け合わせる「Emotion Map」により、個人の感情・嗜好性を集積しビッグデータとして活用。 少し遠回りしてでも楽しめるルートを提案するなど、他のドライバーのデータを共有することで、未知なる体験や安全な社会づくりに貢献する。 引用元 このコンセプトの機能の一部を搭載した車両を、数年以内に日本国内の公道実証実験をする予定になっています。 各メーカーとも自動運転技術には力を入れており、2020年には当たり前のように搭載されているかもしれませんね。 トヨタの電気自動車は販売されていた。 トヨタから電気自動車が販売されていたの知っていましたか? 超小型EV「コムス」は一人乗りようで、主に宅配や商業利用がメインなっている。 そのほかにiQをベースにした電気自動車「eQ」が2012年に100台限定で販売されていました。 全長:3115mm• 全幅:1680mm• 全高:1535mm• ホイールベース:2000mm• 最小回転半径:4. 車両重量:1080kg• モーター最高出力:47kW• 最大トルク:163Nm• 最高速度:125km• 総容量:12kWhのリチウムイオン電池• 走行可能距離:100km 充電時間は100vで8時間・200vで3時間となっています。 またテスラとトヨタが共同開発して北米専用「RAV4-EV」なんて車もありました。 満充電での走行距離は150kmで、スポーツモードでの0-100加速は7秒を記録していましたが、一年半で生産と販売が終了しています。 まとめ 「トヨタ 新型電気自動車 2020年頃発売予定!東京モーターショーでコンセプト出品」はいかがでしたか? 今後増えていくと思われる電気自動車は、各メーカーとも開発を進めているようです。 リチウムイオンバッテリーの生産コストが低下することで、高価だった電気自動車が道仮名存在になってきています。 あとは電気スタンドのインフラ整備が勧めば、電気自動車のデメリットが解消されます。 住宅とも連動して災害時での活用など、ガソリン車にはない魅力が存在しています。

次の

2020年 トヨタ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

トヨタ 電気 自動車

トヨタ自動車が電気自動車 EV の普及に本腰を入れ始めた。 今後6年で100万台近くを販売するという意欲的な数値目標を掲げ、どの市場にどんなクルマを投入するのかについても、その方向性を明らかにしたのだ。 トヨタが表明したEV普及策をつぶさにみていくと、EVを取り巻く世の中の状況やクリアすべき課題についても明確になってくる。 説明会でトヨタが展示した「グローバルEV」のクレイモデル 数値目標達成には相当な努力が必要 トヨタは2019年6月7日、『~トヨタのチャレンジ~EVの普及を目指して』と題した報道向けの説明会を行った。 「なぜ、この時期にこうした記者会見を開いたのか」と記者から質問を受けた寺師茂樹副社長は、「トヨタはこれまで、『ハイブリッドカーで築いてきた電動化技術を持っているので、電気自動車 EV は作れるといってきたが、まだ1台もクルマがないではないか』といわれ続けているので、具体的な説明会を開いた」と答えた。 トヨタの寺師副社長 具体的な説明会の内容は、日本とその他の地域 中国、米国、欧州 に分けたEV導入計画であり、また、そのために世界上位3位までのリチウムイオンバッテリーメーカーと提携することも改めて明らかにした。 その上で、EVのみならず燃料電池車 FCV 、プラグインハイブリッド車 PHV 、ハイブリッド車 HV の販売台数計画を、当初の2030年目標から5年、前倒しにすると発表した。 電動車両の普及に向けたロードマップでは、2025年にEVとFCVで100万台以上、HVとPHVで450万台以上という販売目標を示した。 ここでは、「EVとFCVで100万台以上」という数値に的を絞って規模を考察してみたい。 トヨタは2030年に電動車両550万台を販売するとしていたが、目標達成は5年程度、前倒しになりそうだ まず、水素ステーションの整備が進んでいない現状を考えると、水素を充填して走るFCVの販売台数が数年で飛躍的に伸びるとは考えづらい。 では、EVはどうかというと、トヨタに先行し、2010年に初代「リーフ」を発売した日産自動車は、約10年をかけて世界累計40万台を販売している。 トヨタは今後6年で、リーフの累計販売台数の2. 5倍にあたる100万台規模のEVを販売するというのだから、この数値目標は、かなり頑張らなければ達成の難しいものだということが見えてくる。 EVづくりにも重要な「仲間づくり」 この目標を達成するため、トヨタでは「仲間づくり」に余念がない。 大手リチウムイオンバッテリーメーカー数社のほか、部品メーカー、商社、自治体、そして、提携関係にあるダイハツ工業、スバル、スズキなどの自動車メーカーと協力し、大量にEVを作り、販売する組織づくりを行っているのだ。 大量生産を実現することにより、EVの原価を下げ、収益を確実に見込みながら拡販に努める。 フォルクスワーゲンら世界最大規模の自動車メーカーを相手に競争を繰り広げるトヨタらしい壮大な戦略だ。 EVづくりでトヨタは、他社と共通の部品を利用する「モジュール設計」の部分と、商品ごとに各社が特徴づけを行う部分とを明確に分け、仕向け市場やターゲットとする顧客層に合わせた開発を行う手法を構築している。 プラットフォームに限らず、モーターやリチウムイオンバッテリーなどもモジュールによる開発を行う。 これをトヨタは「e-TNGA」と名付ける。 「TNGA」とは、近年のトヨタのクルマづくりを特徴づけるのこと。 そのEV版がe-TNGAだ。 「固定部位」と「変動部位」を決めてEVを開発する「e-TNGA」 トヨタが市場投入を予定するEVについての具体像も分かってきた。 次ページ以降で仕向け地ごとに見ていきたい。 予めご了承ください。

次の