便秘 体重 増加。 便秘と体重の関係性について知ろう! 便秘になると体重が増えるのはなぜ?

便秘だと体重が増える?便秘を解消すると痩せる理由を薬剤師が解説

便秘 体重 増加

・栄養と水分を溜めこもうとする ・便秘になる ・食欲がアップする ・脂肪を溜めこみやすくなる ・運動不足になる ダイエットを頑張っていても、生理前になると体重がどうやっても落ちない、むしろ増えてしまうという悩みを持っている人は、まずは生理前になぜ太るのかを知りましょう。 実は生理前に太るのは、生理現象であり、 生理前に1~3kg太ってしまうは別に変なことではないのです。 栄養と水分を溜めこもうとする 生理前に太る原因の1つ目は、生理前になると栄養と水分を溜めこもうとすることです。 排卵後は卵巣からプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されます。 プロゲステロンは妊娠に備えて、子宮内膜を厚くする作用があります。 そして、このプロゲステロンが分泌されると、それ以外にも身体は妊娠に備えるようになるんです。 妊娠に備えるために、栄養と水分を溜めこむようになるんですね。 特に水分を溜めこむと、溜めこんだだけ体重が重くなります。 また、むくみます。 だから、生理前は太るんです。 便秘になる 生理前に太る原因のの2つ目は、便秘になることです。 プロゲステロンは胃腸の動きを鈍くする作用がありますので、生理前になると便秘になってしまうのです。 便秘になれば、それだけ体内に便が溜まるわけですから、体重は増えてしまいます。 脂肪を溜めこみやすくなる 生理前はプロゲステロンの分泌が多くなります。 プロゲステロンは、インスリンの感受性を悪くします。 つまり、生理前はインスリンの効きが悪くなるんです。 そうすると、血糖値はいつも以上に上がります。 それに対して、膵臓はさらにインスリンの分泌量を増やします。 そして、ようやく血糖値が下がり始めるのですが、糖がインスリンと結びつくと、中性脂肪として脂肪細胞の中に取り込まれます。 生理前はいつも以上に血糖値が上がりますので、いつも以上に脂肪細胞に脂肪が取り込まれて、太りやすくなるのです。 食欲がアップする 生理前になると、食欲がアップするので、どうしても食べ過ぎてしまいます。 生理前になると、甘いものを異常に欲するようになる女性は多いですよね。 この食べ過ぎるメカニズムは、先ほどの血糖値が上がる原因とつながっています。 生理前はインスリンの効き目が悪くなり、血糖値が上がり、インスリンがいつも以上に分泌されるんでしたね。 そうすると、今度は血糖値が下がりすぎてしまうのです。 これを機能性低血糖と言います。 低血糖になると、脳は危機感を覚えて、「もっと食べなければ」と思って、食欲がアップするのです。 また、生理前になると、PMS(月経前症候群)になって精神的に不安定になりますよね。 情緒不安定になってイライラしてしまうという人も多いでしょう。 イライラしてストレスが溜まると、ドカ食いして、ストレス解消をすることがあると思います。 満腹になると幸福感を感じますから、一時的にイライラしなくなるのです。 生理前に食欲がアップするので、生理前には太ってしまうのです。 運動不足になる 生理前に太る原因の5つ目は、運動不足になることです。 生理前はPMSで体がだるくなったり、体調不良になったりしますよね。 そうすると、いつもよりも動きたくなくなりますので、運動不足になりやすく、消費カロリーが低下してしまうのです。 消費カロリーが少なくなれば、太ってしまうのは当たり前のことですよね。 生理前の体重増加の5つの解消法 生理前の体重増加の解消法は5つあります。 生理前の体重増加は、生理機能の1つですので、防ぎようがないというのが本音ですが、少し工夫することで、体重増加を最小限にすること可能です。 諦める 生理前の体重増加の解消法、1つ目は諦めるです。 生理前に体重が増えるのは、生理現象の1つですので、無理に痩せようとするのは、ハッキリ言って無駄な努力です。 体重がどうやっても増える時期なのに、無理やり頑張ってダイエットをして体重を落とそうというのは、体に負担がかかり過ぎます。 また、頑張っているのに体重が増えてしまっては、ダイエットを続けるモチベーションが下がってしまいますし、ストレスになってダイエットを挫折してしまうでしょう。 それなら、いっそ諦めてしまいましょう。 この時期は太るんだから、ダイエットを一時的にやめて、自分を甘やかすんです。 もちろん、食欲に忠実にドカ食いを繰り返すのはNGですが、無理やり痩せようとせずに、少し休憩すると良いでしょう。 そして、生理後にまたダイエットを再開してください。 生理が終われば、また痩せやすい体質に戻りますので、ダイエットの努力の成果が表れやすいのです。 ダイエットを成功させるには、諦めるべきところは諦める、無駄な努力はしないことも大切です。 食物繊維を多くとる 生理前の体重増加の解消法の2つ目は、食物繊維を多く摂ることです。 食物繊維を多く摂れば、便秘を予防できますので、体重が増えにくくなります。 しかも、便秘を予防できれば、むくみにくくなりますので、体重増加を予防できます。 さらに、食物繊維は糖の吸収を穏やかにしてくれる作用があります。 血糖値の上昇スピードがゆっくりになれば、インスリンの効き目が悪くなっても、追加のインスリン分泌の必要がなくなります。 そうすると、血糖値が下がりすぎることがなくなり、血糖値の乱高下を防げますので、体重増加を予防することができるのです。 食物繊維を多く含む食品は、野菜類やきのこ類、海藻類などです。 これらは低カロリーのものですので、たくさん食べても太りにくいので、生理前でも安心して食べることができますよ! タンパク質を摂る タンパク質をしっかり摂取することでも、生理前の体重増加を解消することができます。 タンパク質は、三大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質の中で最も血糖値の上昇が緩やかになる栄養素なんです そのため、タンパク質を多めに摂取しておくと、血糖値の乱高下による機能性低血糖症が起こりにくく、ドカ食いを防ぐことができます。 ・温かいものを食べる ・体を温める生姜を食べる ・冷たい水ではなく白湯を飲む ・冷房の効いているところでは1枚羽織る ・入浴は湯船に入る ・冬の洋服はファッション性よりも機能性・保温性重視 このようにして、体を温めて、生理前の体重増加を解消しましょう。 ストレッチをする 生理前の体重増加の解消法、最後はストレッチをしましょう。 ストレッチをすると、血行を促進しますので、むくみにくくなります。 また、生理前はだるくて体を動かしたいと思いませんが、ストレッチならだるくてもできますよね。 ストレッチをすると、体がスッキリしますし、リラックス効果もあります。 リラックスるすると、自律神経のバランスが整いますので、卵巣機能がアップして、ホルモンバランスが整うので、生理前のPMSの症状が改善します。 そうすると、生理前の体重増加を最小限に抑えることができるでしょう。 生理前に太る原因と体重増加の解消法についてのまとめ.

次の

そのダイエット、便秘の原因かも!? 改善に向けて実践したい10の心得 | コーラック | 大正製薬

便秘 体重 増加

お腹の張りがすごいです。 体重も10日で44キロから48キロに増加しました(159センチ)。。 ですがこの10日間カロリーを異常に摂取したり揚げ物を食べたりした記憶がありません。 食べたものといえば 野菜 こんにゃく 水分をたくさんとったことくらいです… 日ごろから食べるものには気をつけているつもりです。 顔の浮腫みも気になりだしてひどいです。 心当たりと言えばここ1週間日課にしていた半身浴をせず。 夜に水分をとって そのまま寝た日々が続いたことくらいです、、 お腹の張りと(妊婦さんのような) 体重の増加の原因は何なんでしょうか。 食欲はなくもうなにもたべないべきですか ?食べたらそのまま体重増加する気がしてコワイです。 病院に診てもらった方がいいですか。 何科にいけばいいのでしょうか?? 心配です。 よろしくお願いします.

次の

便秘で体重はどの位増える?便秘解消するとダイエット効果が大きくある!|feely(フィーリー)

便秘 体重 増加

ダイエットのやり方によっては、便秘を引き起こしてしまうことがあります。 これは、大きく分けて3つの間違ったダイエットが原因。 1つは、食事量を極端に減らす方法です。 単純に出すものが減るだけでなく、必要な栄養素が十分に摂れなくなることで便秘になりやすくなります。 2つめは、油分の摂取量を抑えること。 脂質の元となる油を極端に減らすと、便が腸を通る際の潤滑油にならず、便が出にくくなってしまうのです。 そして3つめはストレスを溜めるダイエットのやり方。 食べることをガマンしたり、体重減少が停滞したりしてダイエット自体がストレスになるので、これが蓄積すると消化器官の働きが低下し、便秘になることもあるのです。 当然ながら便秘になれば、ダイエット以外の美容面にもさまざまな悪影響を及ぼすもの。 たとえば、基礎代謝が落ちて脂肪が燃えにくくなるため、痩せにくい身体になることがあります。 また、本来なら排出すべき便を腸内に止めておくと、便が腐敗して発生した体によくない物質が血液に溶け込み、体内を回って肌荒れなどの不調を起こしてしまうことも。 このほか、おなかが重いなどの不調を感じてイライラすると、つい食べてしまうことにも繋がりかねないので注意したいですね。 では、具体的にどんなことを実践すれば、ダイエットと便秘改善を両立できるのでしょうか? 実現に向けて役立つ心得を、以下でご紹介しましょう• 1.温かい飲み物、スープなど汁気の多い食べ物を摂る 冷たいものを飲んだり食べたりすると、身体が冷えて代謝が落ちます。 腸の働きも鈍くなってしまうので、氷入りのドリンクなどは冷たいものはできるだけ控え、温かいものを。 食事では汁気の多くて温かいスープや、みそ汁等を食べるようにしましょう。 腸を温めながら水分補給ができます。 2.その日の飲食は21時までに終える 腸が最も働く時間は午前中と言われています。 夜は胃腸を休ませて、朝しっかりと動けるようにしてあげましょう。 できるだけ、21時以降は食べたり飲んだりしないようにすること。 3.食べたいものを完全に排除しない 好きなものを断つと、その反動で食べ過ぎる可能性もあります。 便秘改善に効果的な食物繊維が摂れる野菜や、果物を食べるのがオススメです。 たとえば甘いものが食べたいなら、ケーキではなく干し芋を選んでみるなどもよいでしょう。 ちなみに干し芋は、食物繊維が豊富で血糖値が上がりにくい食べ物。 ビタミンCが豊富で、お肌にもよい効果があります。 干すことで旨みが凝縮されていて満足感が高くもあるので、ダイエット中のおやつに最適です。 4.油分を抜きすぎない 前述のとおり、ダイエット中に避けがちな油は便の潤滑油となるので、抜きすぎはNG。 血糖値の上昇を抑えるオレイン酸を含んだオリーブオイルなど、質のよい油は積極的に摂るとよいでしょう。 5.朝食は抜かない 体内時計が狂うと代謝が落ちて太りやすくなる上に、排便リズムが整わずに便秘になりやすくなったり、睡眠障害を引き起こしたりといった弊害があります。 朝食を摂ることで体内時計をリセットできるので、ぜひ食べる習慣をつけてください。 特に体内時計のスイッチを入れやすいのは、穀類+たんぱく質の組み合わせ。 つまり、たとえばラーメンや丼もののように、夜は食べない方がいいものも、摂りすぎなければ朝食には適しているのです。 6.食物繊維は不溶性と水溶性をバランスよく摂る 便秘には食物繊維、と考えがちですが、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。 食物繊維と聞くと、穀類や野菜などに多く含まれる前者を思い浮かべる人も多いかもしれません。 でも、ダイエット中に不足しがちなのは後者。 水に溶けやすく、便の排出を促す働きをもつ食物繊維で、アオサやワカメ、ところてんなどの海藻のほか、なめこなどのきのこ類にも豊富に含まれているので、意識して摂ってください。 7.善玉菌を増やして腸内環境を整える 腸内環境が乱れると肥満ホルモンが分泌されやすくなり、脂肪がつきやすくなります。 善玉菌を増やすのにオススメなのは、豆類。 大豆や豆腐のほか、みそ、納豆など昔ながらの発酵食品は積極的に摂るようにしましょう。 8.できるだけ生の状態で食べる 便果物や野菜などの植物に含まれるファイトケミカルは、健康維持や不調の改善に役立つと言われる栄養素。 身体の免疫を高め、腸内環境の改善にも繋がります。 一番よいのは、生のまま食べること。 コールドプレスジュースのように生で皮ごといただく方法だと、効率よく摂取できるのでオススメ。 9.単品ダイエットはしない ひとつの食品ばかりを食べるダイエットが話題になることはありますが、さまざまな栄養素をバランスよく摂らなくては健康的に暮らすことはできません。 栄養バランスの偏った食事を続けると、ホメオスタシスと呼ばれる「生体恒常性(生体が内外部の環境変化に対応し、体内の環境を一定の状態に保つ性質)」が乱れ、腸の機能が低下して便秘を招くこともあります。 すべての栄養素をひとつの食品でまかなうことは不可能と心得て、単品ダイエットは避けるようにしましょう。 10.運動することを心掛ける 運動不足は、便秘改善にもダイエットにも悪影響。 私がリバウンドしなくなったのはジョギングを始めてからですが、走らずに歩くだけ、あるいはいつもより立ったり座ったりを増やし始めるのでもいいと思います。 そうやって身体を動かすことで、腸に刺激が与えられ、便秘の改善にも役立ちますよ。 ただ体重を減らすだけでは、美しさは得られない!.

次の