最上 も が うつ。 薬を使わずに「うつ」を治す本

精神科医 最上 悠のブログ

最上 も が うつ

精神医学の先進地域である欧米では、薬を飲むこと以外の選択肢がたくさんある! 「病院に行く前に自らできること」をわかりやすく解説。 精神科に行くと、まず薬をすすめられる。 だから病院には行きにくい。 あるいは、すでに医者に薬を処方されているが、この状態が一生続くのだろうかと不安に思ってしまう。 そんな人のために、「まず自分自身でできること」を指し示した本。 第1章「病院へ行く前にできること」では、上手な気分転換法や、サプリメント・漢方薬の使い方などを紹介。 第2章「心がどうなったら『うつ』なのか」では、うつ病の9つのサインを挙げる。 第3章~第5章は本書の中心となる「現代精神療法」の紹介で、それぞれ「『考え方』の歪みを修正する」(認知療法)、「『行動』の歪みを修正する」(行動療法)、「『人間関係』の歪みを修正する」(対人関係療法)の、具体的実践法である。 症例を見ながらわかりやすく解説している。 最終第6章「それでも薬が必要なときは」では、薬との上手な付き合い方とやめ方を教えてくれる。 治療前、治療中いずれの人にとっても必読の書。 軽めのうつや抑うつ状態になることが何度かあり、 SSRIや薬以外の療法(光を浴びる、運動する等)はたしかに効果があるけど、 なぜ忘れた頃にぶり返してしまうんだろう?? と思っていました。 著者によると、うつの原因は 1 生理学的なもの(脳内や身体の問題) 2 心理的なもの(歪んだ考え方など) 3 社会的なもの(環境・人間関係) があるそうです。 薬などで 1 が解決されても 2 や 3 がそのままでは再発するわけですよね! やっぱり対処療法だけではダメなんですね。 そして具体的な解決策として、認知療法・行動療法・対人関係療法が わかりやすく丁寧に紹介されています。 1つの療法に偏らず、うつの治療全体についての考え方が わかりやすく説明されている点も好感が持てました。 同じように薬以外での治療について考えている 『フランス式「うつ」「ストレス」完全撃退法』もオススメです。 (やはり人間関係、愛情の大切さも説かれています) ただし、こちらは学術的な雰囲気で今現在うつに悩む人には 読むのはきついかも…。

次の

マンション最上階の住み心地はどう?メリットとデメリットで徹底解説!

最上 も が うつ

うつ予報について うつ病になると、なんとなく憂うつであり、気分がはれない状態になります。 何を見ても無感動な状態になったり、イライラする場合もあります。 専門用語では「抑うつ気分」といいます。 本予報では、抑うつ気分とはいえないまでも、軽い憂うつな気分をうつ気分としています。 うつ気分予報は、みなさんの快適な生活に寄与するため、気温、風速、気圧、湿度、雲量、降水量などを使って行っています。 とってもブルーな気分になりやすい とってもブルーな気分になりやすい気象状況です。 あせらずなるべくおだやかに過ごしましょう。 また、悩みはためず、周りの人に気軽に相談してみましょう。 ブルーな気分になるかもしれません 趣味やリラクゼーションなどで気分転換しながら過ごしましょう。 ブルーな気分になりにくい ブルーな気分にはなりにくいですが、日頃からストレスを発散し、心身のリラクゼーションを心がけましょう。 爽やかな1日でしょう 今日はさわやかな1日でしょう。 散歩したり、お買い物をしたり、外に出てリフレッシュしてみましょう。

次の

最上もがさんの勇気ある告白

最上 も が うつ

歴史 [ ] 出自 [ ] 最上氏の起源である斯波氏は、本来足利宗家となるはずだったもののの介入によってされ分家したを祖とする。 の期(1356年 - 1360年)に斯波氏傍流のの子、が出羽国と称して出羽国山形(現・)に入部し、を築城し本拠とする。 そして、よりを許されて 最上屋形と称したことを機に所領の最上郡に因んで最上氏を称することとなった。 なお、山形を領したことから、山形氏と表記されることがある(『姓氏家系大辞典』)。 南北朝・室町 [ ] 最上氏初代兼頼以降、を討伐して出羽国最上郡の南朝勢力を一掃し()、2代・3代が最上郡・各地へ子らを分散配置することにより勢力を伸張するなど、に最初の最盛期を迎える。 しかし、5代の4年()、討伐のが最上氏とともににも届けられるなど、分散配置した一族が独立傾向を強めた。 また、庄内地方を治める大宝寺氏が出羽守を得るなど、中央での斯波氏の勢力低下の影響がこの地方にも見られる。 が元年()家督を継ぐと、後継者争いをする寒河江氏に3度攻め込み、実質的な傘下に置いた。 永正9年()庄内でとが争うと、勝者の村山地方への進出を警戒し、義定は寒河江まで軍を進めた。 永正11年()侵攻したとで戦って敗北し、の妹を義定が 娶 ( めと )り和睦した。 義定が後継男子を成さないまま死去すると、庶流から迎えた当時2歳のを 傀儡 ( かいらい )として、伊達氏の介入を招いた。 戦国・桃山 [ ] に入って伊達氏内部にが起こると、成人した最上義守は伊達氏から長谷堂城を奪還して独立しの道を歩み始める。 義守の勢力拡張戦略は3年()の寒河江氏攻めの失敗で頓挫するが、外交面では嫡男に将軍の偏諱を賜り拝謁し、またを賜る など一定の成果をあげた。 また、娘のをへ嫁がせ、義姫はを生んでいる。 最上義光の家督相続の際に父子相克の争い()が起こるが、義光が家督相続を果たす。 以後、庶族の天童氏、近隣の・寒河江氏を滅ぼし最上郡および村山郡を平定する。 さらには15年から16年( - )をめぐり・と争い、またを攻めた伊達氏を破り壊滅寸前まで追い詰めた。 しかし、同時期で敗れへの影響力を失う。 義光は違反を訴えたが庄内は上杉氏領となり この裁定は両家に禍根を残した。 (天正18年)に覇業を推し進めるのを機に臣従して本領を安堵され、を居城にして24万石を領する。 (天正19年)には4万石余を獲得し、28万石(実高では50万石とも )を超え、豊臣政権下では第12位の大名となる。 その後、義光は娘を・のにしぶしぶ差し出す羽目に陥ったが、彼女は秀吉により秀次もろとも斬処されてしまった。 これ以前より義光はに接近していたが、さらにと距離を置きへの傾倒を強めた。 関ヶ原から江戸時代 [ ] 秀吉の死後が起こると東軍にくみし、西軍の雄であるの侵攻を退けた()。 さらに翌年、上杉氏の本領から隔絶していたへ攻め込み、上杉勢を駆逐した。 戦後にその恩賞で加増され、を除く現在の全土と周辺((慶長7年)、との領土交換により・と引き換えた)を手に入れ、計57万石(実高は100万石とも称する)を領する大大名になり、2度目の最盛期を迎える。 に入ると、義光の後継をめぐって争いが起き、のの事件が起こる。 以降も家中の内紛はやまず、義光の孫の代にはが起こった。 義俊は家中の信望を失っており、(元和8年)、最上氏は騒動を理由に幕命によりされることとなった。 宗家のが滅亡していたので、斯波氏の流れをくむ最上氏は断絶を惜しまれ、蒲生郡に1万石のを改めて与えられた。 しかし義俊の死後、子のが幼少であったために5000石に減知され(参勤交代等で財政が逼迫し、藩からの願いもあった)、子孫はとして存続した。 義光の四男は最終的にはのに抜擢され、子孫はに次ぐ重臣として藩政に重きをなした。 また、義光の甥にあたるの子孫はの家老家として続き、幕末にはを補佐したが出ている。 の弟子で俳人のは図書の孫である。 最上一門(最上氏改易前まで) [ ]• ((分家)に入嗣)• (鳴沢兼義とも表記)• (大久保満頼とも表記)• (歴代当主には数えられていないが、満家の後家督相続したと云われている)• (中野氏から入嗣)• (中野氏から入嗣)• (実在が疑わしい)• (最大版図・全盛期)• 最上氏主要支族 [ ]• (鳴沢氏とも)• 最上氏主要家臣団 [ ] (戦国期)• 系図 [ ] 実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。 最上氏系図異説 [ ] 最上氏の系図には異説がある。 特に4代満家の死後、義定に至るまでの系図は信憑性が低いとされる。 以下に主な異説を紹介する。 の死後、家督を継いだのはではなく兄ので、義春は頼宗の死後に家督を継いだ。 は頼宗・義春の弟ではなく、義春の子である。 は義秋の養子ではなく実子である。 は満氏の弟である。 満氏は義秋を殺害して主家を乗っ取った(論拠として、義秋に最も血統が近い・兄弟は分家していることが挙げられている)。 以降は異説は少なくなるが、は実在しないとの説が有力となるなど異論は存在する。 その他 [ ]• 現在の当主は( - )で、としてを拠点に海外でも活動している。 最上氏がから初期にかけて拠点としたに、最上義光歴史館があり、第11代当主・を中心とした資料が集められている。 家紋:丸二引両筋、丸内竹雀• 幕:菊桐、丸二引両、三布白引両• 勅許紋:五七桐、十六葉八重菊• 馬印:金之軍配図、金之五輪• 指物:鳥毛ニ金之短冊五枚 脚注 [ ] [].

次の