ドラミドロ 育成論。 ドラミドロの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ドラミドロの進化と入手方法【鎧の孤島】|ゲームエイト

ドラミドロ 育成論

ドラミドロの歴史 第六世代 実戦で通用するようになったのはでが解禁されて以降だが、同じてきおうりょく持ちで考えるとドラミドロのりゅうせいぐん2発分(2発目はの2段階下降込み)の火力指数はシザリガーのクラブハンマー2発分に劣るため、火力的に圧倒的かと言われるとそうでもなかったのが実情。 さらに、一致技の抜群範囲は・・の僅か3種類と極めて狭く、使いづらい面が目立った。 そうでなくともによってメインウエポンを無効化されてしまうため、環境的に非常に恵まれなかった。 それでも、抜群範囲が非常に狭いという欠点は等倍受けが常である相手の場合は元々弱点を突かれにくいという意味で機能せず、実際のところドラミドロが倒したポケモン上位にウォッシュロトムが入ることがざらであった。 バシャーモの主力技の内、などの、などの、などのを全て半減にできるなど、独特の耐性が活きる場合もあった。 PGLレーティングバトル統計データからは、、、、というフルアタック構成が主流であったとうかがえ、は、が、持ち物は、がメインであった。 上からのでに対処されてデメリットだけが目立ってしまう事態を防ぐために、とを同時採用するケースもあった。 単体では若干微妙であったが、この世代ではギャラドスとの相性補完を活かした「ギャラミドロ」構築が一定数使用された。 第七世代 同複合タイプに特攻と素早さで勝る上にでの積み、だいもんじによる役割破壊が売りのアーゴヨンがで実装された。 あちらに需要を奪われた格好となったが、ハイドロポンプ、シャドーボール、きあいだまなどアーゴヨンが覚えない技で差別化可能であり、一致火力と耐久でもこちらが勝っているためあちらの下位互換ではない。 最遅同士で抜かれが実現できるのも差別化点。 目の上のタンコブであったはの弱体化によって環境から死滅したが、同複合タイプのはまだまだ現役なので大した救済になっていないのが実情。 大きく構成は変わっていないが、の登場によって型、型など瞬間火力を追求した構成が成立している。 特にカクトウZ型はアーゴヨンが覚えないきあいだまを最大限生かせる型として差別化戦略に取り入れられている。 第八世代 『』配信に伴い解禁。 を獲得。 元々耐性は優秀なため、サイクル戦がより得意になった。 主力攻撃技は威力が主体のため、ベースとなる技のにの威力が左右される上に通常技としての効果をダイマックスわざが上書きして消してしまうダイマックスとの相性は良い。 のとを半減できる耐性、高い火力から解禁されるなりで流行。 一般的な育成論 、の複合タイプを持つ数少ないポケモン 他はで登場したと第八世代で登場した。 ドラゴンタイプの弱点であるタイプの技をどくタイプで半減して等倍にし、かつ一致のどく技でフェアリータイプのポケモンに弱点を突ける。 種族値はが高いが、は低め、残りは平均的な能力。 素早さはドラゴンタイプの中で、についで3番目に遅く、もあまり高くないため安定性が微妙なところである。 内や、控えポケモンのなどでサポートしてから出せばより安定性が増す。 素早さに下降補正を掛ければ最遅ギルガルドに後攻で攻撃を仕掛けることが可能で、逆に素早さに努力値を振ればマリルリやニンフィアなどを抜くことができる。 が高いため特殊技を揃えるのが一般的。 メインウエポンは、、、が候補。 サブウエポンは、、、など。 、などのタイプの技は覚えない点に注意。 やを強く意識するなら、ほのおタイプのを入れたい。 サブに関してはどくとドラゴンだけでは鋼に対抗し辛いため、特にきあいだまの優先度は非常に高い。 ただし後述する特性てきおうりょくの対象外でもあり火力が不足しがちなため、過信は禁物。 補助技は少ないが、は効果てき面。 どくタイプのポケモンなので相手の回避を問わず必中になるのが大きな魅力。 特防の高さを活かして特殊耐久型にし、どくどくとのコンボを使うのもよい。 また、を取得できるので特防に特化したときは特に役に立つ。 通常特性はどちらも相手を状態にできる特性を持つが、非常に扱い辛い。 であればドラゴンテールを使ってどくを与えつつ強制交代、はとのコンボを狙って相手が毒になる確率を上げたいときに使える程度。 どくを撒き散らす型でない限り採用の余地はない。 隠れ特性は(でのみ野生で入手可能)。 アタッカーとして採用するならこの特性が必須。 こだわりメガネ以外にもを利用したアタッカーにしてもよい。 ドラミドロを相手にする場合、特防の高いポケモンで対策してくることが多いため、てきおうりょくを活かした奇襲策としてやなどの物理技を採用するのも面白い。 無振りでも一定の威力は期待できるため、両刀型が十分に機能する。

次の

イーブイズの育成論と特徴まとめ【可愛い!強い!最強の一族】

ドラミドロ 育成論

全国 No. 8 m 重さ : 81. 隠れ特性 夢特性 てきおうりょく 自分のタイプと同じタイプのわざの威力が2倍になる。 ドラミドロのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ドラミドロの特徴 【良いところ】• ドラミドロはポケモンXYで新登場したドラゴンポケモン。 メインウェポンのドラゴン技はフェアリーポケモンに無効化されてしまいますが、ドラミドロはタイプ一致の毒技でフェアリーの弱点をつけます。 ドラミドロは水・電気・格闘といったメジャータイプに耐性を持ちます。 特に特殊耐久は高めで、水や電気ポケモン相手に繰り出して流す役割に期待できます。 水や電気ポケモンは「れいとうビーム」「めざめるパワー氷」などでドラゴンの弱点をついてきますが、ドラミドロは特防が高いおかげでタイプ不一致弱点技のダメージを抑えることができます。 ドラミドロは毒ポケモンのため、場に出るだけで相手に撒かれた「どくびし」を撤去できます。 また毒状態にならないため、相手の「どくどく」で耐久を下げられることがありません。 【悪いところ】• ドラミドロは攻撃面の種族値が高くなく、素早さも遅いためアタッカーとしては微妙です。 高威力の技を色々と覚えられるため、素早さが高ければアタッカーとしても期待できただけに残念です。 またドラミドロは他のドラゴンよりもフェアリーポケモンに強いですが、素早さの低さからフェアリーに先制で毒技を当てられません。 ドラミドロはアタッカー路線に向いていないため、バトル序盤~中盤に水や電気といった得意な相手に繰り出して流す役割が無難です。 しかしドラミドロは回復技を「ねむる」以外覚えないため、「じこさいせい」などの回復技を覚えるポケモンと比べて繰り出せる回数がかなり限られます。 素早さの低さにより流せる相手が限られることも問題です。 ドラミドロの素早さがもっと高ければ格闘ポケモンにも繰り出しやすかったのですが、素早さが低いため格闘相手に繰り出しても先制「ストーンエッジ」等で倒されてしまいがちです。 特殊耐久が高めのドラゴンポケモンには他にもラティアス・ラティオス・カイリューなどのポケモンがいます。 これらのポケモンはドラミドロと同様に水相手などに繰り出すことができ、加えて火力と素早さが高いためアタッカーとしても強力なポケモンです。 ドラミドロの差別化点となりえることはタイプ一致の毒技を持つことでフェアリーポケモンに強いことです。 しかしフェアリーはサブウェポンやパーティの別なポケモンでも十分対処できるため、毒技の攻撃範囲が狭いこともあって、強い差別化点にはなりません。 バトル序盤~中盤に、水や電気といった有利な相手に繰り出します。 回復を絡めれば、メガゲンガーなどドラミドロの弱点技を使ってこない相手にも繰り出せなくはないです。 相手は交代してくることが多いため、交代先の相手を読んで技を使い、ダメージを与えます。 ドラミドロは特殊耐久が高く「れいとうビーム」などタイプ不一致の弱点技を2発耐えやすいです。 しかし相手が「いのちのたま」などを持つアタッカーの場合、2発は耐えられないことが多いです。 「ハイドロポンプ」「かみなり」を使う場合、天気が雨になっているとサポートになります。 特性「どくのトゲ」なら、直接技を受けたとき相手を毒状態にできることがあります。 ただし格闘ポケモンの特性「こんじょう」を発動させてしまうことがあるので注意。 ドラミドロは直接技を使わず、「どくしゅ」は役に立ちません。 隠れ特性「てきおうりょく」にするとラティオスよりも強力な「りゅうせいぐん」を放てるようになります。 隠れ特性は残念ながらまだ未解禁です。 努力値はHPに振って耐久を確保します。 相手が交換してきたとき交代先になるべくダメージを与えるために、ひかえめ特攻特化がベースです。 ドラミドロは素早さ44族ですが、すぐ上に素早さ47族のカバルドンがいます。 素早さに少し振ると無振りカバルドンを抜くことができるため調整してもOKです。 くろいヘドロ: ドラミドロが倒されにくくなるため、繰り出せる相手や回数が増えます。 「たべのこし」と異なりパーティの他のポケモンと取り合いになりにくいアイテムです。 カゴのみ: 「ねむる」とセットでねむカゴし、一度だけドラミドロを全回復できます。 こだわりメガネ: タイマン戦に弱く、撃ち逃げ戦法になりがちなドラミドロと合ったアイテムです。 とつげきチョッキ: ドラミドロの特殊耐久を上げることで、タイプ不一致の氷技などにより強くなります。 りゅうせいぐん・りゅうのはどう: タイプ一致のメインウェポン。 水や電気といったポケモンへの遂行技にもなります。 ドラミドロは素早さが遅くタイマン戦に弱いため、場に長く居座ることができません。 そのため「りゅうせいぐん」の撃ち逃げがオススメできます。 「りゅうのはどう」では威力が低く、電気技を使わなければ高耐久の水ポケモンを流しきれません。 ヘドロウェーブ・ヘドロばくだん: タイプ一致の毒技はフェアリーポケモンへの牽制技。 「りゅうせいぐん」と異なり連打できるため、ドラミドロが場に居座れるときはメインウェポンにもなります。 「ヘドロウェーブ」は威力95で、相手を1割の確率でどく状態にします。 威力を重視するならコチラ。 「ヘドロばくだん」は威力90で、相手を3割の確率でどく状態にします。 状態異常を重視するならコチラです。 かみなり・10まんボルト: 水ポケモンへの強力な遂行技です。 「りゅうせいぐん」と異なり連打できるため、回復技や「オボンのみ」を持つ水ポケモンにも強いです。 ドラミドロは炎技を覚えないため、電気技などを入れておかないと鋼ポケモンに対して何もできません。 ハイドロポンプ・なみのり・ねっとう: 水技は地面ポケモンへの牽制技です。 「ハイドロポンプ」は高威力なので強めの牽制になります。 「なみのり」は少し威力が下がりますが命中安定です。 ドラミドロの特攻では「ハイドロポンプ」でも相手を1発で倒せなかったりするため「なみのり」を選択する手もあります。 「ねっとう」はやけどの追加効果が期待できます。 特殊耐久の高いドラミドロには物理アタッカーが繰り出されることが多い関係で相性がいい技ですが、やけどが発動するかは運が絡みます。 ドラミドロは素の火力が低く、「ねっとう」だとかなり低威力なのも問題です。 きあいだま: 鋼ポケモンに効果抜群で、バンギラスの4倍弱点をつける強力な牽制技。 鋼相手に最も効果的な技ですが、命中率が70と低いのが難点です。 めざめるパワー炎: ドラミドロが覚える唯一の炎技で、鋼ポケモンが攻撃対象です。 ナットレイやハッサムの4倍弱点をつくことができます。 4倍弱点の鋼ポケモン以外には等倍「かみなり」「ハイドロポンプ」と同威力のため優先度は低いです。 シャドーボール: ギルガルドに効果抜群で、ゲンガーへの安定した攻撃手段でもあります。 対象範囲が狭く、普通のゴーストにはドラゴン技が等倍で通るため優先度は低いです。 ドラゴンテール: 「どくびし」などと組み合わせて相手に交代ダメージを与えられますが、強制交換時に相手のエースが無償降臨してくる危険があります。 どくびし: 相手がポケモンを場に出すたびに毒状態にできる技。 相手の耐久ポケモンの耐久を落とすことで、味方のエースが止まりにくくなります。 1回撒けばどく状態に、2回撒けばもうどく状態にできます。 「こうそくスピン」「きりばらい」を使われたり、毒タイプのポケモンを出されると撤去されてしまうので注意。 ねむる: ドラミドロの唯一の回復技。 「カゴのみ」とセットで使い、一度だけドラミドロを全回復できます。 どくどく: ドラミドロは他のポケモンと比べて鋼タイプのポケモンを呼び寄せやすいため、相性は微妙です。 役割関係.

次の

ドラミドロ育成論

ドラミドロ 育成論

全国 No. 8 m 重さ : 81. 隠れ特性 夢特性 てきおうりょく 自分のタイプと同じタイプのわざの威力が2倍になる。 ドラミドロのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ドラミドロの特徴 【良いところ】• ドラミドロはポケモンXYで新登場したドラゴンポケモン。 メインウェポンのドラゴン技はフェアリーポケモンに無効化されてしまいますが、ドラミドロはタイプ一致の毒技でフェアリーの弱点をつけます。 ドラミドロは水・電気・格闘といったメジャータイプに耐性を持ちます。 特に特殊耐久は高めで、水や電気ポケモン相手に繰り出して流す役割に期待できます。 水や電気ポケモンは「れいとうビーム」「めざめるパワー氷」などでドラゴンの弱点をついてきますが、ドラミドロは特防が高いおかげでタイプ不一致弱点技のダメージを抑えることができます。 ドラミドロは毒ポケモンのため、場に出るだけで相手に撒かれた「どくびし」を撤去できます。 また毒状態にならないため、相手の「どくどく」で耐久を下げられることがありません。 【悪いところ】• ドラミドロは攻撃面の種族値が高くなく、素早さも遅いためアタッカーとしては微妙です。 高威力の技を色々と覚えられるため、素早さが高ければアタッカーとしても期待できただけに残念です。 またドラミドロは他のドラゴンよりもフェアリーポケモンに強いですが、素早さの低さからフェアリーに先制で毒技を当てられません。 ドラミドロはアタッカー路線に向いていないため、バトル序盤~中盤に水や電気といった得意な相手に繰り出して流す役割が無難です。 しかしドラミドロは回復技を「ねむる」以外覚えないため、「じこさいせい」などの回復技を覚えるポケモンと比べて繰り出せる回数がかなり限られます。 素早さの低さにより流せる相手が限られることも問題です。 ドラミドロの素早さがもっと高ければ格闘ポケモンにも繰り出しやすかったのですが、素早さが低いため格闘相手に繰り出しても先制「ストーンエッジ」等で倒されてしまいがちです。 特殊耐久が高めのドラゴンポケモンには他にもラティアス・ラティオス・カイリューなどのポケモンがいます。 これらのポケモンはドラミドロと同様に水相手などに繰り出すことができ、加えて火力と素早さが高いためアタッカーとしても強力なポケモンです。 ドラミドロの差別化点となりえることはタイプ一致の毒技を持つことでフェアリーポケモンに強いことです。 しかしフェアリーはサブウェポンやパーティの別なポケモンでも十分対処できるため、毒技の攻撃範囲が狭いこともあって、強い差別化点にはなりません。 バトル序盤~中盤に、水や電気といった有利な相手に繰り出します。 回復を絡めれば、メガゲンガーなどドラミドロの弱点技を使ってこない相手にも繰り出せなくはないです。 相手は交代してくることが多いため、交代先の相手を読んで技を使い、ダメージを与えます。 ドラミドロは特殊耐久が高く「れいとうビーム」などタイプ不一致の弱点技を2発耐えやすいです。 しかし相手が「いのちのたま」などを持つアタッカーの場合、2発は耐えられないことが多いです。 「ハイドロポンプ」「かみなり」を使う場合、天気が雨になっているとサポートになります。 特性「どくのトゲ」なら、直接技を受けたとき相手を毒状態にできることがあります。 ただし格闘ポケモンの特性「こんじょう」を発動させてしまうことがあるので注意。 ドラミドロは直接技を使わず、「どくしゅ」は役に立ちません。 隠れ特性「てきおうりょく」にするとラティオスよりも強力な「りゅうせいぐん」を放てるようになります。 隠れ特性は残念ながらまだ未解禁です。 努力値はHPに振って耐久を確保します。 相手が交換してきたとき交代先になるべくダメージを与えるために、ひかえめ特攻特化がベースです。 ドラミドロは素早さ44族ですが、すぐ上に素早さ47族のカバルドンがいます。 素早さに少し振ると無振りカバルドンを抜くことができるため調整してもOKです。 くろいヘドロ: ドラミドロが倒されにくくなるため、繰り出せる相手や回数が増えます。 「たべのこし」と異なりパーティの他のポケモンと取り合いになりにくいアイテムです。 カゴのみ: 「ねむる」とセットでねむカゴし、一度だけドラミドロを全回復できます。 こだわりメガネ: タイマン戦に弱く、撃ち逃げ戦法になりがちなドラミドロと合ったアイテムです。 とつげきチョッキ: ドラミドロの特殊耐久を上げることで、タイプ不一致の氷技などにより強くなります。 りゅうせいぐん・りゅうのはどう: タイプ一致のメインウェポン。 水や電気といったポケモンへの遂行技にもなります。 ドラミドロは素早さが遅くタイマン戦に弱いため、場に長く居座ることができません。 そのため「りゅうせいぐん」の撃ち逃げがオススメできます。 「りゅうのはどう」では威力が低く、電気技を使わなければ高耐久の水ポケモンを流しきれません。 ヘドロウェーブ・ヘドロばくだん: タイプ一致の毒技はフェアリーポケモンへの牽制技。 「りゅうせいぐん」と異なり連打できるため、ドラミドロが場に居座れるときはメインウェポンにもなります。 「ヘドロウェーブ」は威力95で、相手を1割の確率でどく状態にします。 威力を重視するならコチラ。 「ヘドロばくだん」は威力90で、相手を3割の確率でどく状態にします。 状態異常を重視するならコチラです。 かみなり・10まんボルト: 水ポケモンへの強力な遂行技です。 「りゅうせいぐん」と異なり連打できるため、回復技や「オボンのみ」を持つ水ポケモンにも強いです。 ドラミドロは炎技を覚えないため、電気技などを入れておかないと鋼ポケモンに対して何もできません。 ハイドロポンプ・なみのり・ねっとう: 水技は地面ポケモンへの牽制技です。 「ハイドロポンプ」は高威力なので強めの牽制になります。 「なみのり」は少し威力が下がりますが命中安定です。 ドラミドロの特攻では「ハイドロポンプ」でも相手を1発で倒せなかったりするため「なみのり」を選択する手もあります。 「ねっとう」はやけどの追加効果が期待できます。 特殊耐久の高いドラミドロには物理アタッカーが繰り出されることが多い関係で相性がいい技ですが、やけどが発動するかは運が絡みます。 ドラミドロは素の火力が低く、「ねっとう」だとかなり低威力なのも問題です。 きあいだま: 鋼ポケモンに効果抜群で、バンギラスの4倍弱点をつける強力な牽制技。 鋼相手に最も効果的な技ですが、命中率が70と低いのが難点です。 めざめるパワー炎: ドラミドロが覚える唯一の炎技で、鋼ポケモンが攻撃対象です。 ナットレイやハッサムの4倍弱点をつくことができます。 4倍弱点の鋼ポケモン以外には等倍「かみなり」「ハイドロポンプ」と同威力のため優先度は低いです。 シャドーボール: ギルガルドに効果抜群で、ゲンガーへの安定した攻撃手段でもあります。 対象範囲が狭く、普通のゴーストにはドラゴン技が等倍で通るため優先度は低いです。 ドラゴンテール: 「どくびし」などと組み合わせて相手に交代ダメージを与えられますが、強制交換時に相手のエースが無償降臨してくる危険があります。 どくびし: 相手がポケモンを場に出すたびに毒状態にできる技。 相手の耐久ポケモンの耐久を落とすことで、味方のエースが止まりにくくなります。 1回撒けばどく状態に、2回撒けばもうどく状態にできます。 「こうそくスピン」「きりばらい」を使われたり、毒タイプのポケモンを出されると撤去されてしまうので注意。 ねむる: ドラミドロの唯一の回復技。 「カゴのみ」とセットで使い、一度だけドラミドロを全回復できます。 どくどく: ドラミドロは他のポケモンと比べて鋼タイプのポケモンを呼び寄せやすいため、相性は微妙です。 役割関係.

次の