うさぎ 遊び 道具。 うさぎとの遊び方。どんな遊び方がある?

うさぎが喜ぶことまとめ。たくさん遊んでかわいがってあげよう!

うさぎ 遊び 道具

うさぎの遊び道具は100均で作れる? やんちゃで遊び好きのうさぎには、一人でも楽しく遊べるおもちゃも用意してあげると良いですね。 うさぎの持つ習性を利用したおもちゃなら、喜んで遊んでくれるはず。 例えば次のようなおもちゃはうさぎのおもちゃとして人気があります。 かじるおもちゃ げっ歯類に属するうさぎは、ハムスターなどと同じく一生歯が伸び続けるため、定期的に歯を削らなければ最終的に顎を突き破るほど伸びて大けがをすることになります。 そのためうさぎには「かじり木」が必要なのですが、これをおもちゃとして与えれば一石二鳥。 ケージの柵やテーブルの脚などをかじる代わりにおもちゃを齧って歯を整えることができるうえ、ストレス解消にもなります。 手近なところでは麻紐や木材の切れ端、藁ボールなどもオモチャになります。 一方、かじることでうさぎの健康に悪影響を与える素材もあるため、注意が必要。 例えば松脂などがでる松材や加工木材も避けた方が良いでしょう。 掘るおもちゃ あまり知られていないかもしれませんが、「土を掘る」というのも実はうさぎが持つ習性の1つ。 これは巣穴を作るための本能で、例え立派なケージに住まわせてもらっていても、やっぱりホリホリしたくなってしまうのです。 そこでうさぎのそんな欲求を満足させる、「掘るオモチャ」を用意してあげましょう。 ペットショップなどでうさぎ用の掘るオモチャも販売されていますが、手作りでも簡単。 大きめのタライにウッドチップやシュレッダーにかけた紙屑を大量に入れてあげると、うさぎはその中に入って喜んで前足を使ってホリホリします。 潜るおもちゃ 前述の通りアナウサギの習性を残すうさぎは、掘って作った暗くて狭い巣穴に潜り込むことで安心感を得ます。 そこでお勧めなのは、潜って隠れたり、時には走り回って探検できたりもする、トンネルハウス。 これも市販品がたくさんあり、うさぎがかじっても大丈夫な木製の小屋や長さを変えたりカーブを作ったりもできるジャバラタイプのトンネルなどが売られていますが、リーズナブルに手に入れたいなら段ボールを使った手作りトンネルでも構いません。 うさぎが通れるくらいの大きさの段ボール箱を複数繋げれば立派なトンネルハウスになります。 広さに余裕があれば、段ボール箱をどんどん繋いで迷路のようにしても楽しいかもしれません。 ただし、素材が段ボールですので次々とかじっていって、最終的にはボロボロになってしまうでしょう。 破損レベルに応じて定期的に作り変えてあげる必要があります。 追いかけるおもちゃ 猫や犬のように狩りの本能があるわけではないのですが、元気なうさぎは追いかけながら思いっきり走れるおもちゃも大好きです。 100均でも買える小さなボールを入れてあげると、前足をボールで軽くけりながらその動きに合わせて走り回る子もいます。 飼い主さんも一緒に遊んであげられるなら、要らなくなった靴下に綿を詰めて丸く絞り、リード紐をつけて作った手作りおもちゃもおすすめ。 愛兎の動きに合わせて紐でボールを動かしてあげましょう。 またうさぎは元気に遊びまわる時間が必要なのですが、「犬や猫と違ってどれくらい・どの時間帯にどんな風に遊ばせてあげれば良いのか分からない!」という飼い主さんも少なくないでしょう。 基本的にうさぎは夜行性なのでできれば夜に遊ばせてあげる方がよいのですが、飼い主さんの生活パターンと合わないということも。 そんな場合は無理をせず、うさぎが起きているなら日中でも遊ばせてあげることができます。 ただしせっかくケージから出してもらっても遊ぶものがなかったり走り回れるスペースがなかったりするなら不完全燃焼。 最低でも30分~1時間、おもちゃをもらって、できれば飼い主さんと一緒にしっかり遊べる時間を作ってあげましょう。 うさぎ用品も100均で手作りできる? ケージを手作りしたのなら、中にも手作りのインテリアを置いてあげたいですよね。 まずは愛兎がぐっすり眠れるベッド。 普通にペット用品として購入すると数千円しますが、100均を利用すれば200~300円で完成します。 使用するのはシートタイプの座布団とヘアゴムで、ヘアゴムはうさぎが噛んでも大丈夫なシンプルでしっかりとした素材のものを選びましょう。 作り方は簡単、シートタイプの座布団の四隅をヘアゴムでつまむように結んで薄皿のような形にするだけ。 この中にボア素材の布やふわふわのタオルを敷けば、快適なベッドになりますね。 続いてうさぎ用トイレも手作りしてしまいましょう。 こちらも100均の水切りカゴを使用します。 水切りカゴとは本来洗った食器の水を切るためにしばらく放置しておく、ザルとその受け皿となるトレーがセットにアイテムですね。 これにうさぎが乗ってトイレとして使用するわけですから、ザル部分は余計な凹凸のないできるだけ平坦なデザインになっている物を選びましょう。 この受けトレー側に、ペットのおしっこを吸収するペットシーツを敷きます。 この時シーツがトレーからはみ出ているとうさぎが噛みちぎって遊んだりするので、トレーの中に納まるように折りたたんで敷いてください。 この上にカゴを置いて完成。 トイレをひっくり返すようならS字フックでケージに固定させましょう。 トイレ掃除の際にはシートを交換し、ザルとトレーの汚れたところはクリーナーを吹きかけて軽く拭いておけばOKです。 睡眠・排泄とくれば、最後は「食事」。 うさぎの餌箱も簡単に手作りできます。 用意するのは100均で買えるプラスチックの植木鉢と家具の引き出し用ノブ、そして工具としてドリルも必要です。 ドリルで植木鉢の側面に一か所穴を開け、ネジを通して引き出し用ノブを取付けましょう。 このノブ部分をケージに引っ掛けて固定するわけです。 この時ある程度力を加えれば植木鉢が回転できるように調整しておくと、掃除の際に植木鉢を回転させて中身を捨てることができるので便利です。 うさぎのエサ=牧草ですから、餌箱を植木鉢にすると観葉植物のようで見た目にも可愛らしくなりますよ。 うさぎのケージとインテリアを100均で揃えよう! 「ケージというからにはやっぱりワイヤータイプだよね!」という人なら、某100均で「200円商品」として売られているワイヤーネットを組み合わせた手作りケージがお勧め。 勿論もう少し小さくしたければワイヤーネットを少なくすれば良いですし、逆に広くしたければ買い足せば良いでしょう。 ただし前述の通り高さは60cm強しかありませんから、うさぎが大きくなるとピョンとケージを飛び越えてしまいます。 この脱走を防ぐために屋根も設置しましょう。 屋根部分も同じワイヤーネットを組み合わせ、ケージ部分に蓋をするようにカラビナで繋ぎます。 屋根部分まで全て固定させてしまうと出し入れが大変ですから、屋根の一部分だけ開閉できるようにしておいてバネの強力な洗濯ばさみで留めておくと良いでしょう。 面倒なら屋根部分は大きめのタオルケットなどでケージを覆って大きめの洗濯ばさみで複数個所留めておくという方法もありますが、愛兎が遊んでいる姿が見えにくいですし、インテリアとしてもイマイチ。 やはりワイヤーネットで手作りする方がお勧めです。 ワイヤーよりカントリー調の雰囲気が出るのが、すのこを利用したケージ。 木材はフローリングなどにも良く合ってインテリアとしても申し分ないですし、お庭に設置しても雰囲気があります。 5cm)と結束バンド。 すのこはホームセンターなど700円程度で売っていますし、結束バンドは100円ショップで購入できます。 すのこは作りたい大きさに合わせて枚数を調節しましょう。 大体4~5枚あればある程度広さのあるケージになります。 これを結束バンドで繋げるだけ。 すのこは高さがあるのでワイヤーネットのように蓋をしなくても良いのも良いところです。 DIY上級者なら、アクリル板を使用したケージもお勧め。 ショールームのように中を観察できますし、柵とは違い密閉されているので抜け毛や草なども外に飛び散りません。 ただし密閉されている分だけ空間を広く取ってあげる必要があります。 3cmのアクリル板とプラスチックボード。 蝶番で接続することができます。 こちらも高さがあるので天井を付ける必要はありません。 まとめ うさぎを広いケージ内で遊ばせるなら心配ありませんが、ケージから出して室内で遊ばせるなら安全面にも注意が必要です。 うさぎは何でもかんでもかじってしまう習性がありますから、かじられると困るもの、あるいはかじらせるとうさぎに危険が及ぶものは排除しておかなければなりません。 特に危険なのは電気の配線。 これをかじってしまうと電化製品が壊れるだけでなく、うさぎが感電したり重金属の中毒になる危険があるため、遊ばせる空間に配線コードがあるならあらかじめ撤去しておくかカバーを付けてかじれないようにしておきましょう。 また、つるつると滑りやすいフローリングで遊ばせるのも事故の元。 夢中で走り回っているとツルっと滑ってぶつかり怪我をする危険性があります。 これは前述の自作ケージを作る時にも言えること。 できれば床面は滑りやすい素材を避け、毛足の短い絨毯やマットを敷いてあげると良いでしょう。 (2019年現在).

次の

うさぎの遊び道具に困ります

うさぎ 遊び 道具

「子供は風の子」と昔から言われるように、子供たちは季節に関係なく寒い冬空の下でも元気に走り回っています。 そこで今回は、子供が好きな外遊びについてHugKum読者のママパパ120人にアンケートを実施しました。 現代の子供たちはどんな外遊びをしているのでしょう。 子どもの外遊びのメリット まずは子供の外遊びのメリットからご紹介します。 心も体もリフレッシュ 自然の光や風、モノに実際に触れ感じることが幼少期には大切です。 五感が鍛えられ、心も体も開放的になれる外での遊びは、家の中では感じることができない刺激がたくさんあります。 日中外でいっぱい遊んだ夜は子供の寝つきがよくなるというママの話もよく耳にします。 外遊びをすることで、生活リズムにメリハリをつけることができるようですね。 社会性を育みコミュニケーションを深める 公園などでの外遊びをとおして、同世代または、年齢が違った色々なお友達と出会うことができます。 そこでの子供同士の交流は、大変貴重なもの。 親子や兄弟間とは違う関係性のなかで、おもちゃの貸し借りや遊具の順番、ルールのある集団遊びを経験することで社会性を身につけられる場でもあります。 また、ママやパパも子供と一緒に身体を動かして遊ぶことでスキンシップも増え、親子間でのコミュニケーションを深めることができます。 ・鬼ごっこでは、走りまわること自体が楽しいようです。 (40代・広島県・子ども1人) ・公園などで知らない子どもでもなにもなくてもすぐ遊べる(30代・青森県・子ども1人) ・何人でも参加できるから楽しい。 (40代・広島県・子ども2人) どろけい(ケイドロ) ドロケイまたは、ケイドロとも呼ばれ長年親しまれている外遊び。 警察と泥棒の2チームに分かれ、泥棒が警察に捕まると一定の場所(牢屋)に確保され、泥棒の仲間がタッチして助けに来てくれるまで逃げられないというルール。 泥棒が全員捕まったらゲームオーバー。 警察役と泥棒役が交代してまたゲームがスタートします。 警察から逃れるために仲間と協力し合いながらエンドレスに走り回りまわる子供たちは昔も今も変わらぬままですね。

次の

うさぎおもちゃおすすめ人気ランキングTOP10【2018年最新版】

うさぎ 遊び 道具

うさぎはいろいろなものをかじります。 興味があるもの、または自分の意思表示をするときにガシガシとかじりますが、ケージの金属や布をかじると、欠片を飲み込むこともあり危険です。 そのため、食べたり飲み込んだりしても大丈夫な素材でつくられたおもちゃで「かじる」という本能を満たす必要があります。 また「かじる」タイプのおもちゃは、歯が伸びすぎるのを抑止したり、ストレス発散になったりもしますよ。 普段からかじり癖のあるうさぎには、このタイプのおもちゃがおすすめです。 かじるおもちゃは、主に置いておくタイプ・吊るすタイプ・固定するタイプがあります。 吊るしたり固定したりするタイプは、基本的にケージの中での利用を想定していますが、置くタイプはケージ内でも外でも対応しているようです。 うさぎはおとなしいイメージがありますが、ケージの外で遊ばせると猛ダッシュで走ることがあります。 またいきなりジャンプしたり、ダッシュとストップを繰り返したりしながら、「ブーブー」と鳴き声を出して興奮していることや嬉しいことを表現することも。 このような動作が多いうさぎには、走りながら遊ぶことができるボールがおすすめです。 小さめのものからうさぎよりも大きなボールまで、サイズはさまざま。 ボールを動かし上手にコントロールしながら、ボールの周りを走り回ります。 小さいボールであれば、投げると持ってきてくれるうさぎもいますよ。 しかし、かじり癖のあるうさぎの場合、布のボールを与えると中の綿を出して飲み込んでしまう危険性もあります、その場合には、ビーチボールのようなつるつるしている素材で、噛む心配のないものが良いでしょう。 軽くてすぐ動くものであれば、うさぎも喜んで追いかけます。 うさぎが一匹で遊ぶためのおもちゃとしても良いですが、飼い主と一緒にボール遊びをしたりすることもできるので、よりうさぎとコミュニケーションを取りたい方におすすめです。 うさぎをケージの外に出すと、よく狭い場所や暗い場所に潜り込みます。 また、暗くて狭い環境が揃った場所は、うさぎにとって最高の遊び場です。 このようなうさぎの冒険心をくすぐるおもちゃとして、トンネルや迷路のようなおもちゃがあります。 ダンボールなどで自作の迷路を作ることもできますが、うさぎはダンボールを噛みやすいので、かじり癖がある場合はダンボールを食べてしまう危険性が…。 そのため木でできたものや、布製品、プラスチックのような素材でできた、市販の製品を手に入れるのが安心です。 トンネルや迷路のおもちゃの中では、隠れたり走り回ったり、または休憩することができます。 うさぎはトンネルを一気に走り抜けたりするので、おもいっきりはしゃぐのにピッタリです。 素材や大きさをチェックすし、広めの場所を確保する必要がありますが、走ったり隠れたりするのが好きなうさぎには気に入ってもらえるおもちゃですよ。 うさぎはとにかくかじる生き物。 そのため、おもちゃの素材には注意を払う必要があります。 特にかじるタイプのおもちゃを与える場合、「かじりやすい」ことと「口に入っても大丈夫」であることを確認しましょう。 素材としては、木・牧草などのチモシー・へちま・バナナの茎・パパイヤやリンゴなどがあげられます。 「無農薬・無農薬・天然素材」などの表示もありますので、安心しておもちゃをうさぎに与えたい方は素材にこだわりましょう。 しかし、うさぎごとに「好きな素材」など好みもありますので、様子を見て遊ばせてくださいね。 かじるタイプのおもちゃの場合は、「かじる」ことが難しい素材か、もしくは「口に入っても大丈夫」な素材かを選びましょう。 うさぎはとても賢い動物で、芸をできるうさぎもいるほど。 そのため、頭を使う知育グッズのようなおもちゃも人気があります。 例えば、エサを隠すおもちゃ。 エサを見せたり、匂いでおもちゃに興味を引かせたりして、紐を引っ張っる・フタを開けるなどのアクションをすると餌が見つかるという仕組みです。 簡単なものであれば、うさぎはしっかりと餌をゲットすることができるでしょう。 また、うさぎは訓練次第では、飼い主の指示で犬のようにバーを越えるジャンプを行うことができます。 これは、「ラビットホッピング」といい、人とウサギが協力して行うスポーツで、今では国際大会が行われるほどメジャーなものです。 そのために使用する柵のようなおもちゃもおすすめですよ。 餌をあげながらジャンプを覚えさせることで、飼い主との絆が深まり、うさぎの運動不足解消にもなるでしょう。 若いうさぎや元気なうさぎを飼っている方にはおすすめのおもちゃです。 このように、単純な遊び方ではないおもちゃも人気があるので、ぜひチェックしてみてくださいね! どんなに遊んであげても、ケージに入れるとケージの金属をかじるといううさぎも多いです。 お腹すいた・遊びたいなどの意思表示ですが、うさぎの体にとっては歯のかみ合わせなどに良くないため、ケージを噛むのはやめさせる必要があります。 そこでおすすめのおもちゃが、ケージに取り付けるかじり木です。 留め具含めて天然の木で出来ているため、安心して使用することができます。 また、サイズもS・Mから選ぶことができ、ケージの大きさに合わせて使用することができるでしょう。 ストレス解消にもなるので、ケージの金属部分を噛むことは減るかもしれません。 よくケージを噛んでしまううさぎにおすすめです。 遊び方 かじるおもちゃ タイプ 固定.

次の