ご無沙汰。 「ご無沙汰」の意味や期間、目上の人への使い方! メールでの返事は何て書く?|語彙力.com

「手持ち無沙汰」の意味と語源は?方言説・使い方の例文と類語も

ご無沙汰

「ご無沙汰しております」の意味とは? まず「ご無沙汰しております」の意味を、読み方と併せて紹介します。 「ご無沙汰しております」の読み方 「ご無沙汰しております」の読み方は「ごぶさたしております」です。 口語では聞きなれた言葉ですが、ビジネスメールや文章で漢字を用いて表現するときはこのように書きます。 「ご無沙汰しております」の意味 「ご無沙汰しております」の「無沙汰」は主に「久しく音信がなく、訪問がない様子」などを指す言葉で、頭に「ご」、最後に「しております」をつけて「謙譲語」となります。 ちなみに「無沙汰」には「ものごとをなおざりにする」「無関心であること」「処置をしないこと」などの意味もある言葉です。 「ご無沙汰しております」の使い方と使える期間 「ご無沙汰しております」の使い方について、「ご無沙汰」に相当する適切な期間と併せて解説しましょう。 「ご無沙汰しております」の使い方 久しぶりに連絡をしたり対面したりした時に使われる「ご無沙汰しております」は、相手に「無沙汰=久しく音信がない」をしていた状態を詫びる意図をもって使わます。 また「ご無沙汰しております」は尊敬語の謙譲語表現のため、目上の人やビジネスパートナー、取引先の相手などに用いるのが正しい使い方です。 手紙・ビジネスメールでの返事 ビジネスメールで「ご無沙汰しております」というメッセージが届いたら、そのまま「こちらこそ、ご無沙汰しております」と返信をしても失礼にあたることはありません。 両者とも敬語でメールのやりとりをしているため、文章的にもスムーズにまとまります。 「ご無沙汰」の期間の目安は3か月程度 「ご無沙汰しております」の「無沙汰」における期間は個人によってそれぞれですが、おおむね3か月程度、もしくはそれ以上、連絡をしていない時に使われるのが一般的には適切です。 長さに合わせて「大変ご無沙汰しております」「本当に長い間ご無沙汰しております」と適切に言葉を足していきましょう。 数週間から一か月程度の間、連絡をしていなかった相手に「ご無沙汰しております」と声をかけると、人によっては多少の違和感を感じる場合もあるでしょう。 場合によっては「印象が薄い」「気に留められていない」と、本意ではない解釈をされてしまうかもしれません。 「ご無沙汰しております」を目上の人に使う時は? 続いて「ご無沙汰しております」を目上の人に使う時に気を付ける点を挙げながら、簡単な例文を挙げてみます。 気遣いの言葉を添える 「ご無沙汰しております」は「久しく音信を途絶えていて、申し訳ありません」という意味のある「お詫び」の気持ちを含む表現です。 相手に「ご無沙汰しております」という時は、相手への気遣いや、連絡が途絶えていた間の状況などを思う一言を添えると良いでしょう。 ただし、いくら丁寧語であっても「ご無沙汰してます」「ご無沙汰です」という表現は目上の人には適切ではありません。 必ず「ご無沙汰しております」と尊敬語の謙譲語を使うようにしましょう。 「ご無沙汰しております」の例文 相手への気遣いの言葉を添えて、「ご無沙汰しております」の例文をいくつか挙げてみましょう。 ご無沙汰しておりますが、その後いかがお過ごしでしたか?• ご無沙汰しております。 皆さまお変わりはありませんか?• ご無沙汰しており、本当に申し訳ありません。 ご無沙汰しておりましたが、元気そうで何よりです。 ご無沙汰しております。 しばらく連絡ができず大変失礼いたしました。 「ご無沙汰しております」の英語表現 最後に「ご無沙汰しております」の英語表現をみてみましょう。 状況によっては、長い間音信を途絶えていたという「お詫び」の気持ちを「I am sorry」「I apologize」でつなげたり、「How have you been?(お元気でしたか?)」などの言葉を添えると、より綺麗な文章としてまとまります。 「ご無沙汰しております」の英語例文 「ご無沙汰しおります」の簡単な英語例文を挙げてみます。 I am sorry that I have not been in touch with you for a long time. ご無沙汰しており、申し訳ありません。 How have you been? ご無沙汰しておりますが、お元気でしたか? まとめ 「ご無沙汰しております」は日常生活でも無意識のうちに放たれる言葉の一つですが、目上の人に使う時は、 併せて気遣いの言葉を添えると良いでしょう。 また「ご無沙汰しております」に相応しい期間については厳密な決まりはありません。 しかし、一般的には3か月程度、もしくはそれ以上を目安に「ご無沙汰しております」を使うようにするのが適切です。 一年以上のブランクがあった場合は「大変ご無沙汰しております」「本当に長い間ご無沙汰しております」と表現に強弱を付けるようにしてみて下さい。

次の

「ご無沙汰しております」は英語でどう言うの?

ご無沙汰

入社したばかりの新入社員は、ビジネスの場での言葉づかいには注意が必要です。 同期の社員同士ならまだしも、先輩社員や上司、取引先、顧客にタメ口では相手に失礼となります。 急な場面では学生時代に使い慣れている言葉づかいが出てしまいがちです。 就活を始めたという方も、この春から新入社員であるという方も、日頃から敬語を使う練習をしておくでしょう。 ビジネスの場で誤った敬語を使わないよう気を付けましょう。 「ご無沙汰しております」は敬語の謙譲語にあたる 敬語には、大まかにわけて尊敬語、謙譲語、丁寧語の3つがあります。 「ご無沙汰しております」の「おります」の部分は謙譲語にあたります。 では、この「ご無沙汰」とはどういう意味なのでしょうか。 まずはこの意味の成り立ちから見てみましょう。 「沙汰」は「便り・知らせ」という意味 「沙汰」とは「便り、知らせ」という意味です。 「すっかり音沙汰がない」の「沙汰」ですね。 「ご無沙汰」とは「便り」が「無い」つまりしばらく連絡していない、という意味になります。 それでは、この「ご無沙汰しております」は、電話やメール、打ち合わせなどビジネスの場でも使ってよいものでしょうか。 「ご無沙汰しております」は目上の人にも失礼なく使える敬語 「ご無沙汰しております」は、打ち合わせなどよく顔を合わせる人や、日頃から同じ社内で働いている人に対しては使いません。 社外の取引先や顧客など、ある程度の期間があいてから顔を合わせたときに使います。 「ご無沙汰しております」は敬語として使ってよいのか迷うかもしれませんが、目上の人にも問題なく使える敬語です。 失礼にはあたりません。 2~3か月以上の期間があいたら使おう ところで、最後に会ってからどれくらいの期間が経てば、この「ご無沙汰しております」を使うべきシーンといえるでしょうか。 2~3日といったあまりにも短期間で使うのはやはり不自然です。 使うべき期間に明確な決まりはありませんが、2~3か月以上の期間があいたら使うようにしましょう。 もちろんケースによっては、1か月で使っても問題ありません。 逆に半年、1年といったように大きな期間があいた場合には「大変ご無沙汰しております」などとつけるとよいでしょう。 「ご無沙汰しております」に一言付け加えて使うとよい 「ご無沙汰しております」の使い方として、相手を気遣う一言などを付け加えるのもよいでしょう。 ビジネスの場所で失礼なく話を進めるために最初にすべき重要な挨拶と言えるでしょう。 「ご無沙汰しております」は返事で使ってもOK では、メールなどで「ご無沙汰しております」と挨拶を受け取った場合には、どのように返信すればよいでしょうか。 この場合、返信する側も「ご無沙汰しております」を使って問題ありません。 「こちらこそご無沙汰して申し訳ありません」といった使い方がよいでしょう。 また、稀に目上の人から「ご無沙汰しております」と声をかけられることがあります。 このとき慣れていないと返答の仕方に困ってしまいますが、「こちらこそご無沙汰しております」という返答でOKです。 目上の人からの「久しぶり」にも「ご無沙汰しております」で返事 打ち合わせなどの場で、目上の人から「お久しぶり」と声をかけられたときは、そのまま返すのではなく、「こちらこそご無沙汰しております」と言い換えるようにすれば、失礼なくお返事ができます。 「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の違いは使う相手 「ご無沙汰しております」とほとんど同じ意味として、「お久しぶりです」と言う言葉づかいがあります。 ビジネスシーンにおけるこれらの言葉にはどのような違いがあるでしょうか。 使い方を間違えると失礼にあたってしまうので注意してください。 「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の使い分けのポイントは、使う相手です。 「お久しぶりです」は基本的にビジネスの場では使わない 「お久しぶり」ですは「ご無沙汰しております」とは違い、くだけた表現ですから、ビジネスの場では避けるのがベターです。 仲の良い同僚同士で使ったり、目上の人が目下の人に使う場面でなければ「ご無沙汰しております」を使いましょう。 社外の方に会う場合など、基本的にビジネスの場では「ご無沙汰しております」を使うのがよいでしょう。 「ご無沙汰しております」の例文 それでは、「ご無沙汰しております」を使う場合の例文をいくつかご紹介します。 お元気でいらっしゃいますか。 おかわりございませんか。 「お世話になっております」と併用するのは不自然 長らく連絡を取っていない相手に対してメール、電話などをして、「ご無沙汰しております」と挨拶するときの注意点として「お世話になっております」との併用があります。 「お世話になっております」は、ビジネスシーンでは定番の挨拶ですが、「ご無沙汰しております」の後に続けると、「無沙汰なのにお世話になっている」という意味になり、不自然な表現になってしまいます。 もちろん、ケースによっては「いつもお世話になっております。 ご無沙汰いたしまして、申し訳ございません」と使う場合もあるかもしれませんが、基本的には「ご無沙汰しておりまして、失礼いたしました」などと使うのが無難でしょう。 敬語を正しく使いこなしてビジネスの場に活かそう 「ご無沙汰しております」のような敬語を正しく使えれば、目上の人からの印象も良くなります。 打ち合わせなどの場で、敬語がきちんと使えることで「礼儀正しい」「気遣いができる」「常識のある」人だと思われるなどいろいろなメリットがあります。 正しい敬語を、ビジネスの場で使いこなしましょう。 敬語を身に着けるには普段から使う意識が重要 敬語には他にもいろいろありますが、敬語を身に着けたいときには練習するのが一番です。 なめらかに、自然に口にできるよう慣れていけるよう、普段から使う意識を持っておきましょう。 社内での上司との関係がフランクな場合でも、肝心なシーンで違和感なく使えるように敬語で話す癖をつけておくとよいでしょう。 「ご無沙汰しております」はビジネスの場で目上の人にも使える!「お久しぶりです」は避けよう.

次の

「ご無沙汰」の意味と使い方・例文・類似表現は?新聞記者歴29年の筆者が解説!

ご無沙汰

入社したばかりの新入社員は、ビジネスの場での言葉づかいには注意が必要です。 同期の社員同士ならまだしも、先輩社員や上司、取引先、顧客にタメ口では相手に失礼となります。 急な場面では学生時代に使い慣れている言葉づかいが出てしまいがちです。 就活を始めたという方も、この春から新入社員であるという方も、日頃から敬語を使う練習をしておくでしょう。 ビジネスの場で誤った敬語を使わないよう気を付けましょう。 「ご無沙汰しております」は敬語の謙譲語にあたる 敬語には、大まかにわけて尊敬語、謙譲語、丁寧語の3つがあります。 「ご無沙汰しております」の「おります」の部分は謙譲語にあたります。 では、この「ご無沙汰」とはどういう意味なのでしょうか。 まずはこの意味の成り立ちから見てみましょう。 「沙汰」は「便り・知らせ」という意味 「沙汰」とは「便り、知らせ」という意味です。 「すっかり音沙汰がない」の「沙汰」ですね。 「ご無沙汰」とは「便り」が「無い」つまりしばらく連絡していない、という意味になります。 それでは、この「ご無沙汰しております」は、電話やメール、打ち合わせなどビジネスの場でも使ってよいものでしょうか。 「ご無沙汰しております」は目上の人にも失礼なく使える敬語 「ご無沙汰しております」は、打ち合わせなどよく顔を合わせる人や、日頃から同じ社内で働いている人に対しては使いません。 社外の取引先や顧客など、ある程度の期間があいてから顔を合わせたときに使います。 「ご無沙汰しております」は敬語として使ってよいのか迷うかもしれませんが、目上の人にも問題なく使える敬語です。 失礼にはあたりません。 2~3か月以上の期間があいたら使おう ところで、最後に会ってからどれくらいの期間が経てば、この「ご無沙汰しております」を使うべきシーンといえるでしょうか。 2~3日といったあまりにも短期間で使うのはやはり不自然です。 使うべき期間に明確な決まりはありませんが、2~3か月以上の期間があいたら使うようにしましょう。 もちろんケースによっては、1か月で使っても問題ありません。 逆に半年、1年といったように大きな期間があいた場合には「大変ご無沙汰しております」などとつけるとよいでしょう。 「ご無沙汰しております」に一言付け加えて使うとよい 「ご無沙汰しております」の使い方として、相手を気遣う一言などを付け加えるのもよいでしょう。 ビジネスの場所で失礼なく話を進めるために最初にすべき重要な挨拶と言えるでしょう。 「ご無沙汰しております」は返事で使ってもOK では、メールなどで「ご無沙汰しております」と挨拶を受け取った場合には、どのように返信すればよいでしょうか。 この場合、返信する側も「ご無沙汰しております」を使って問題ありません。 「こちらこそご無沙汰して申し訳ありません」といった使い方がよいでしょう。 また、稀に目上の人から「ご無沙汰しております」と声をかけられることがあります。 このとき慣れていないと返答の仕方に困ってしまいますが、「こちらこそご無沙汰しております」という返答でOKです。 目上の人からの「久しぶり」にも「ご無沙汰しております」で返事 打ち合わせなどの場で、目上の人から「お久しぶり」と声をかけられたときは、そのまま返すのではなく、「こちらこそご無沙汰しております」と言い換えるようにすれば、失礼なくお返事ができます。 「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の違いは使う相手 「ご無沙汰しております」とほとんど同じ意味として、「お久しぶりです」と言う言葉づかいがあります。 ビジネスシーンにおけるこれらの言葉にはどのような違いがあるでしょうか。 使い方を間違えると失礼にあたってしまうので注意してください。 「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の使い分けのポイントは、使う相手です。 「お久しぶりです」は基本的にビジネスの場では使わない 「お久しぶり」ですは「ご無沙汰しております」とは違い、くだけた表現ですから、ビジネスの場では避けるのがベターです。 仲の良い同僚同士で使ったり、目上の人が目下の人に使う場面でなければ「ご無沙汰しております」を使いましょう。 社外の方に会う場合など、基本的にビジネスの場では「ご無沙汰しております」を使うのがよいでしょう。 「ご無沙汰しております」の例文 それでは、「ご無沙汰しております」を使う場合の例文をいくつかご紹介します。 お元気でいらっしゃいますか。 おかわりございませんか。 「お世話になっております」と併用するのは不自然 長らく連絡を取っていない相手に対してメール、電話などをして、「ご無沙汰しております」と挨拶するときの注意点として「お世話になっております」との併用があります。 「お世話になっております」は、ビジネスシーンでは定番の挨拶ですが、「ご無沙汰しております」の後に続けると、「無沙汰なのにお世話になっている」という意味になり、不自然な表現になってしまいます。 もちろん、ケースによっては「いつもお世話になっております。 ご無沙汰いたしまして、申し訳ございません」と使う場合もあるかもしれませんが、基本的には「ご無沙汰しておりまして、失礼いたしました」などと使うのが無難でしょう。 敬語を正しく使いこなしてビジネスの場に活かそう 「ご無沙汰しております」のような敬語を正しく使えれば、目上の人からの印象も良くなります。 打ち合わせなどの場で、敬語がきちんと使えることで「礼儀正しい」「気遣いができる」「常識のある」人だと思われるなどいろいろなメリットがあります。 正しい敬語を、ビジネスの場で使いこなしましょう。 敬語を身に着けるには普段から使う意識が重要 敬語には他にもいろいろありますが、敬語を身に着けたいときには練習するのが一番です。 なめらかに、自然に口にできるよう慣れていけるよう、普段から使う意識を持っておきましょう。 社内での上司との関係がフランクな場合でも、肝心なシーンで違和感なく使えるように敬語で話す癖をつけておくとよいでしょう。 「ご無沙汰しております」はビジネスの場で目上の人にも使える!「お久しぶりです」は避けよう.

次の