イオン の 株価。 イオン(株)【8267】:株主優待

イオン (8267) : 株主優待・優待利回り [AEON]

イオン の 株価

本業は小売業のイオン、真の稼ぎ頭は金融事業と不動産賃貸業のディベロッパー事業です。 これらの主力事業が好調で、イオンの株が上がります。 ただし、本格的な不景気で業績が崩れると、一気に下落トレンドに転換する可能性も秘めています。 株価の上がるスピードが速くなっている為で、 買うのであれば、急落・暴落に備えて、いつでも撤退できる準備が必要です。 イオンのポイント• 10年上昇トレンドが続くが、株価上昇スピードが上がりバブル的な値動きに• 今後の下落トレンド転換に備え、いつでも撤退できる準備をしておくべき• 2018年末の暴落で下落トレンドに転換する銘柄が多い中で、イオンに投資家の資金が集まっているように見えます。 ただ、 年始の底値から株価が上がっていますので、今の株価水準ではでは買いません。 仮に購入した場合、損切価格を2,000円に設定する為、想定外に株が下がって撤退した場合の損失が大きくなるからです。 では、いつイオン株を買うべきだったかと言いますと、2017年中旬を起点にした支持線 赤矢印 上の、2019年末の暴落で耐えた価格 青印 が投資チャンスでした。 ただ、この時の暴落で管理人はイオン株を買えていません。 単純にイオンの株価をチェックしていなかったからです。 とは言え、当時の急落具合が極めて大きかったので、買えなかったと思います。 緩やかな下落であれば、購入を検討していたと思います。 なお、イオン株を保有する人は保有継続で良いと思います。 トレンドが崩れていないので、まだ上がりそうに見えるからです。 ただし、長期の上昇トレンド 赤点線 を下に抜けた場合は、下落トレンドに転換する可能性が高いので、1800円くらいを損切り価格にした方が良いかもしれません。 管理人であれば、損切価格に設定します。 イオンの真の姿は、金融業と不動産業で稼ぐ事業構造だった イオンは、国内有数の総合小売グループです。 2018年の営業収益では国内小売業トップ、営業利益は同2位の位置づけです。 多角化経営が特色で、小売系のGMS事業 総合スーパー 、SM 小型店 事業と、小売以外の総合金融事業、ディベロッパー事業、サービス・専門店事業、アセアン事業、中国事業が収益の柱です。 イオンの実に注目すべき点は、 売上比率が1割程度の総合金融事業とディベロッパー事業で、全社の営業利益の大半を稼ぎ出していることにあります。 総合金融事業は、イオン銀行、クレジット・住宅ローン・保険サービスなどです。 ディベロッパー事業は、イオンモール、イオンタウンなどの店舗からの賃貸収入が主な利益の源泉です。 小売事業は、売上の割りに、ほとんど儲かっていないという事ですね。 一般大衆が想像するイオンは小売の会社ですが、その実態は金融や不動産の賃貸業の会社ということです。 不動産の賃貸業は、堅実な商売の部類に入るので商売の領域として悪くはないです。 稼ぎ頭の総合金融事業とディベロッパー事業が好調.

次の

イオンの株価が大幅に下落!優待目的で買い時か、危険なのか?|投資の達人

イオン の 株価

5 2,709. 5 2,528,800 2,709. 5 2020年8月12日 2,637 2,671. 5 2,623 2,658 1,864,800 2,658 2020年8月11日 2,596. 5 2,655. 5 2,596 2,636. 5 2,493,300 2,636. 5 2020年8月7日 2,568. 5 2,576. 5 2,557 2,571. 5 1,045,500 2,571. 5 2020年8月6日 2,578. 5 2,578. 5 2,551. 5 2,561. 5 1,102,200 2,561. 5 2020年8月5日 2,578. 5 2,594 2,553 2,582. 5 1,207,600 2,582. 5 2020年8月4日 2,559 2,588. 5 2,556 2,571 1,664,100 2,571 2020年8月3日 2,513 2,533. 5 2,500 2,522. 5 1,430,500 2,522. 5 2020年7月31日 2,531 2,537. 5 2,486. 5 2,490 2,436,600 2,490 2020年7月30日 2,575 2,584 2,545 2,548 1,310,200 2,548 2020年7月29日 2,544 2,591 2,541 2,573. 5 1,930,000 2,573. 5 2020年7月28日 2,539 2,565 2,526 2,552. 5 1,691,200 2,552. 5 2020年7月27日 2,477. 5 2,552 2,473. 5 2,552 1,696,000 2,552 2020年7月22日 2,545 2,545 2,509. 5 2,509. 5 1,216,100 2,509. 5 2020年7月21日 2,501. 5 2,537. 5 2,501. 5 2,530. 5 1,683,500 2,530. 5 2020年7月20日 2,489 2,495 2,471 2,494. 5 866,400 2,494. 5 2020年7月17日 2,482. 5 2,496 2,472 2,481. 5 1,113,500 2,481. 5 2020年7月16日 2,464. 5 2,485 2,447 2,477 2,218,800 2,477 2020年7月15日 2,458 2,487 2,446. 5 2,485. 5 1,670,500 2,485. 5 2020年7月14日 2,446. 5 2,450 2,420. ・ 信用残時系列データは、信用銘柄でない場合、表示されません。 ・ 信用残時系列データは、週1回の発表で、金曜日時点のデータを翌週火曜日に更新します 祝日などにより変動することがあります。 ・ 年初来高値・安値は、1月1日から3月31日までは昨年来高値・安値(前年1月1日からの最高値・最安値)を表示しています。 ・ 用語の意味については「」「」をご覧ください。 ・ 時系列データは東京証券取引所 ・ 大阪取引所 ・ 名古屋証券取引所 ・ 野村総合研究所 ・ モーニングスター ・ リフィニティブ・ジャパンからの提供を受けています。

次の

イオン株価分析。社長「イオンラウンジ優待廃止するかも」

イオン の 株価

前日終値 2,658. 0 09:00 高値 2,715. 0 09:20 安値 2,688. 5 09:03 終値 2,709. 5 15:00 出来高 2,528,800 株 売買代金 6,839 百万円 VWAP 2,704. 6 211. 7 0. 5 264. 3 0. 9 241. 7 0. 4 233. 4 0. 3 322. 5 0. 25 情報提供 株価予想 業績予想.

次の