主役 は 我々 だ 漫画。 【漫画】魔界の主役は我々だ1巻の続き10話以降を無料で読む方法

魔界の主役は我々だ!

主役 は 我々 だ 漫画

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク 魔界の主役は我々だ!16話のネタバレ 華麗なるウツの踊り 「処刑玉砲本番…大先生の応援しに行かなな」 面白いものが見られそうな気がする…とチーノとショッピは観戦をしに行く。 そしてウツの様子を見てみるとーーーー…そこには華麗に踊りながらボールを避けているウツの姿があった。 爆笑するチーノとショッピ…期待以上の踊りを見れて笑い転げるのだった。 「大先生…スターだなんだのは煽りで言ってるだけのつもりやったけど…これはホンマに大物かもしれへんぞ…」 すべてのボールを踊り避けるうつにだんだんクラスメイトたちは盛り上がってくる。 トントンはウツの無駄に洗練された無駄のない無駄な動きをやめろと涙を流しながら笑う。 ゾムはいや止めてほしくない…もっとそれを見たいと笑い転げる。 シャオロンも笑いすぎてお腹がいたい…その拍子に思わずボールを離してしまいウツの手へと渡ってしまうのだったーーーー…。 結末やいかに 「僕が避け続けることで、投げ疲れたお前がボロ出すことはわかってたぜシャオロン…!」 そう言ってビシッとドヤ顔を決めるウツーーー…それにまたシャオロンは笑ってしまうのだった。 シャオロンは笑いながら腹が立っていた…ポイントは明らかに自分の方が稼いでるはずなのに、今一番注目を集めているのはウツだったからだ。 悔しそうな顔を一瞬するシャオロンーーー…しかしまだ決着はついていないとシャオロンは前を向く。 「来いよ大先生…一騎打ちや!!」 「諦めの悪い男だシャオロン いいだろう、僕の『野心 モテたい 』とお前の『野心 チヤホヤされたい ーーどちらがより強いかハッキリさせようじゃないか!!」 ウツはボールを投げるーーー…しかしそれは山なりのボールでシャオロンは簡単に受け止めてしまった。 そこでウツは初めて気づく…投げ方を教わっていないと。 一転大ピンチ…かくなる上はーーー…と、ウツはシャオロンに勝たせてくださいと土下座した。 ですよね〜〜〜〜〜…と納得なウツはGAME OVERとなるのだったーーーー…。 エンターテイナー 「結局昇級ならずか…か」 これで僕も独り身や…努力は往々にして報われない…とウツは試合後やさぐれていた。 そんなウツの横にシャオロンはドカッと座り込む。 「あ〜〜〜今回は俺の完敗やで大先生!」 シャオロンはそう話すので、ウツは嫌味でも言いにきたのか…と怪訝そうな顔をする。 今回はシャオロンも昇級はできなかったーー…チームが勝利したからといって嫌味を言うほどのことではない。 「それに今回の主役はーー間違いなくお前やったで」 シャオロンが後ろのほうを親指でくいっとするーーー… するとトントンをはじめクラスのみんながウツのほうに続々とやってきて笑いかけてきた。 シャオロンはウツがいつも予想の斜め上を飛んで、天然でみんなの注目をかっさらっていくのを知っていた。 「根っからのエンターテイナーやな 大先生は」 そう言ってシャオロンは笑いかけるが、ウツは男に褒められても嬉しくないと突っかかるのだったーーー…。 後日、ウツは昇級はできなかったもののダンス効果でまたモテだした。 女子に囲まれるウツをシャオロンはメシに行こう…と誘うが、今日のウツには先約があった。 また女か…と思うシャオロンたちだったが、相手はショッピとチーノだった。 いつの間に仲良くなったんだーーー…と驚くシャオロンたちだったが、先輩たちにはお世話になった…とウツは財布を取り出す。 先輩たちはそれに乗っかりたかっていくーーーー…シャオロンたちはそれに気づいたがウツは気づいていないようだった。 レイラー・ウツ 位階昇級ならず…代わりにウツ軍団結成となった。 場を盛り上げて最後にオチまでつけちゃうなんてーーー…大先生と言われてるのも少しうなずけます。 かっこいい…とは思いませんが、人気者にはなれそうなタイプです。 クラスに1人いたらとても楽しいでしょう。

次の

「魔界の主役は我々だ1巻」を無料で読む方法!

主役 は 我々 だ 漫画

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク 魔界の主役は我々だ!16話のネタバレ 華麗なるウツの踊り 「処刑玉砲本番…大先生の応援しに行かなな」 面白いものが見られそうな気がする…とチーノとショッピは観戦をしに行く。 そしてウツの様子を見てみるとーーーー…そこには華麗に踊りながらボールを避けているウツの姿があった。 爆笑するチーノとショッピ…期待以上の踊りを見れて笑い転げるのだった。 「大先生…スターだなんだのは煽りで言ってるだけのつもりやったけど…これはホンマに大物かもしれへんぞ…」 すべてのボールを踊り避けるうつにだんだんクラスメイトたちは盛り上がってくる。 トントンはウツの無駄に洗練された無駄のない無駄な動きをやめろと涙を流しながら笑う。 ゾムはいや止めてほしくない…もっとそれを見たいと笑い転げる。 シャオロンも笑いすぎてお腹がいたい…その拍子に思わずボールを離してしまいウツの手へと渡ってしまうのだったーーーー…。 結末やいかに 「僕が避け続けることで、投げ疲れたお前がボロ出すことはわかってたぜシャオロン…!」 そう言ってビシッとドヤ顔を決めるウツーーー…それにまたシャオロンは笑ってしまうのだった。 シャオロンは笑いながら腹が立っていた…ポイントは明らかに自分の方が稼いでるはずなのに、今一番注目を集めているのはウツだったからだ。 悔しそうな顔を一瞬するシャオロンーーー…しかしまだ決着はついていないとシャオロンは前を向く。 「来いよ大先生…一騎打ちや!!」 「諦めの悪い男だシャオロン いいだろう、僕の『野心 モテたい 』とお前の『野心 チヤホヤされたい ーーどちらがより強いかハッキリさせようじゃないか!!」 ウツはボールを投げるーーー…しかしそれは山なりのボールでシャオロンは簡単に受け止めてしまった。 そこでウツは初めて気づく…投げ方を教わっていないと。 一転大ピンチ…かくなる上はーーー…と、ウツはシャオロンに勝たせてくださいと土下座した。 ですよね〜〜〜〜〜…と納得なウツはGAME OVERとなるのだったーーーー…。 エンターテイナー 「結局昇級ならずか…か」 これで僕も独り身や…努力は往々にして報われない…とウツは試合後やさぐれていた。 そんなウツの横にシャオロンはドカッと座り込む。 「あ〜〜〜今回は俺の完敗やで大先生!」 シャオロンはそう話すので、ウツは嫌味でも言いにきたのか…と怪訝そうな顔をする。 今回はシャオロンも昇級はできなかったーー…チームが勝利したからといって嫌味を言うほどのことではない。 「それに今回の主役はーー間違いなくお前やったで」 シャオロンが後ろのほうを親指でくいっとするーーー… するとトントンをはじめクラスのみんながウツのほうに続々とやってきて笑いかけてきた。 シャオロンはウツがいつも予想の斜め上を飛んで、天然でみんなの注目をかっさらっていくのを知っていた。 「根っからのエンターテイナーやな 大先生は」 そう言ってシャオロンは笑いかけるが、ウツは男に褒められても嬉しくないと突っかかるのだったーーー…。 後日、ウツは昇級はできなかったもののダンス効果でまたモテだした。 女子に囲まれるウツをシャオロンはメシに行こう…と誘うが、今日のウツには先約があった。 また女か…と思うシャオロンたちだったが、相手はショッピとチーノだった。 いつの間に仲良くなったんだーーー…と驚くシャオロンたちだったが、先輩たちにはお世話になった…とウツは財布を取り出す。 先輩たちはそれに乗っかりたかっていくーーーー…シャオロンたちはそれに気づいたがウツは気づいていないようだった。 レイラー・ウツ 位階昇級ならず…代わりにウツ軍団結成となった。 場を盛り上げて最後にオチまでつけちゃうなんてーーー…大先生と言われてるのも少しうなずけます。 かっこいい…とは思いませんが、人気者にはなれそうなタイプです。 クラスに1人いたらとても楽しいでしょう。

次の

異世界の主役は我々だ!の漫画を見るならどこがおすすめなのか

主役 は 我々 だ 漫画

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク 魔界の主役は我々だ!16話のネタバレ 華麗なるウツの踊り 「処刑玉砲本番…大先生の応援しに行かなな」 面白いものが見られそうな気がする…とチーノとショッピは観戦をしに行く。 そしてウツの様子を見てみるとーーーー…そこには華麗に踊りながらボールを避けているウツの姿があった。 爆笑するチーノとショッピ…期待以上の踊りを見れて笑い転げるのだった。 「大先生…スターだなんだのは煽りで言ってるだけのつもりやったけど…これはホンマに大物かもしれへんぞ…」 すべてのボールを踊り避けるうつにだんだんクラスメイトたちは盛り上がってくる。 トントンはウツの無駄に洗練された無駄のない無駄な動きをやめろと涙を流しながら笑う。 ゾムはいや止めてほしくない…もっとそれを見たいと笑い転げる。 シャオロンも笑いすぎてお腹がいたい…その拍子に思わずボールを離してしまいウツの手へと渡ってしまうのだったーーーー…。 結末やいかに 「僕が避け続けることで、投げ疲れたお前がボロ出すことはわかってたぜシャオロン…!」 そう言ってビシッとドヤ顔を決めるウツーーー…それにまたシャオロンは笑ってしまうのだった。 シャオロンは笑いながら腹が立っていた…ポイントは明らかに自分の方が稼いでるはずなのに、今一番注目を集めているのはウツだったからだ。 悔しそうな顔を一瞬するシャオロンーーー…しかしまだ決着はついていないとシャオロンは前を向く。 「来いよ大先生…一騎打ちや!!」 「諦めの悪い男だシャオロン いいだろう、僕の『野心 モテたい 』とお前の『野心 チヤホヤされたい ーーどちらがより強いかハッキリさせようじゃないか!!」 ウツはボールを投げるーーー…しかしそれは山なりのボールでシャオロンは簡単に受け止めてしまった。 そこでウツは初めて気づく…投げ方を教わっていないと。 一転大ピンチ…かくなる上はーーー…と、ウツはシャオロンに勝たせてくださいと土下座した。 ですよね〜〜〜〜〜…と納得なウツはGAME OVERとなるのだったーーーー…。 エンターテイナー 「結局昇級ならずか…か」 これで僕も独り身や…努力は往々にして報われない…とウツは試合後やさぐれていた。 そんなウツの横にシャオロンはドカッと座り込む。 「あ〜〜〜今回は俺の完敗やで大先生!」 シャオロンはそう話すので、ウツは嫌味でも言いにきたのか…と怪訝そうな顔をする。 今回はシャオロンも昇級はできなかったーー…チームが勝利したからといって嫌味を言うほどのことではない。 「それに今回の主役はーー間違いなくお前やったで」 シャオロンが後ろのほうを親指でくいっとするーーー… するとトントンをはじめクラスのみんながウツのほうに続々とやってきて笑いかけてきた。 シャオロンはウツがいつも予想の斜め上を飛んで、天然でみんなの注目をかっさらっていくのを知っていた。 「根っからのエンターテイナーやな 大先生は」 そう言ってシャオロンは笑いかけるが、ウツは男に褒められても嬉しくないと突っかかるのだったーーー…。 後日、ウツは昇級はできなかったもののダンス効果でまたモテだした。 女子に囲まれるウツをシャオロンはメシに行こう…と誘うが、今日のウツには先約があった。 また女か…と思うシャオロンたちだったが、相手はショッピとチーノだった。 いつの間に仲良くなったんだーーー…と驚くシャオロンたちだったが、先輩たちにはお世話になった…とウツは財布を取り出す。 先輩たちはそれに乗っかりたかっていくーーーー…シャオロンたちはそれに気づいたがウツは気づいていないようだった。 レイラー・ウツ 位階昇級ならず…代わりにウツ軍団結成となった。 場を盛り上げて最後にオチまでつけちゃうなんてーーー…大先生と言われてるのも少しうなずけます。 かっこいい…とは思いませんが、人気者にはなれそうなタイプです。 クラスに1人いたらとても楽しいでしょう。

次の